FC2ブログ

2010.11/28(Sun)

【torne】トルネ面白いです2~初期設定、外付けHDDの設定編

PS3用の地デジレコーダー、torne(トルネ)を開封して設置したところまでだった前回のエントリの続き。

同梱されている「地上デジタル視聴・録画アプリケーション」をPS3にインストールし、設定をすませてtorneで地上デジタル放送を視聴・録画できるようになりました。

設置状態

その前に、torneの設置状態を載せておきます。
torneの設置状態 モニタ裏のケーブルが雑然ととぐろを巻いている中にただ置いてある
サイズが小さく、操作等のためにtorne本体が手の届くところにある必要もないので、モニタ裏側のケーブルが雑然と積み重なっている中に突っ込んであります。そのうちちゃんとした置き場所を作ろうと思ってはいますが、多分思っているだけ。

PS3を起動します

torneと外付けHDDをUSBで接続した状態でPS3を起動します。
外付けHDDは特に何もしなくても「USB機器(External)」として認識されている
外付けHDDは特に何もしなくても、既に「USB機器(External)」としてPS3に認識されています。

torneはまだXMBにメニューが出てきていません。
torneのパッケージに同梱されていた「地上デジタル視聴・録画アプリケーション」をPS3にインストールする必要があります。
「地上デジタル視聴・録画アプリケーション」 起動はXMB画面の「ゲーム」の列から行う
ディスクをPS3に突っ込んで、XMB(クロスメディアバー)画面の「ゲーム」の列から起動してやります。
torne同梱の「地上デジタル視聴・録画アプリケーション」 タイトル画面。 呼びにくいんで名前付けて欲しい
タイトル画面。
torne 初期設定画面 その1「使用上の注意」
初期設定画面が現れました。
画面上側、バーの中のオレンジ色のタブの位置で全体の進捗状況が分かるみたいです。
最初の画面は「使用上の注意」。HDDにアクセスしている時は電源を切るな。
torne 初期設定画面 その2「セーフエリア設定」
初期設定画面その2、「セーフエリア設定」。
モニタに画面をどれくらいの大きさで表示するかの設定みたいです。初期値は85%のようですが、100%にしておきました。
torne 初期設定画面 その3「地域選択」
初期設定画面その3、「地域選択」。
選択した時のズームアップが楽しくて、不必要にあっちこっちを選んで遊んでしまいました。
torne 初期設定画面 その4「チャンネルスキャン」
初期設定画面その4、「チャンネルスキャン」。
選択した地域と電波状況を合わせて、チャンネルスキャンをして受信できるチャンネルを捜してくれます。
少し待たされます。
torne 初期設定画面 その5「チャンネル設定」
初期設定画面その5、「チャンネル設定」。受信できるチャンネルに何番を割り当てるか設定します。
面倒なのでそのまま。
torne 初期設定画面 その6「ゲーム中の同時録画機能に関して」 説明画面
初期設定画面その6、「ゲーム中の同時録画機能に関して」。
PS3でゲームをしながら、裏でtorneの予約録画をすることができます。機能の説明が表示されて、
torne 初期設定画面 その6「ゲーム中の同時録画機能に関して」 選択画面
同時録画機能を有効にするかどうか選択します。特に無効にする必要はないので、「有効にする」のまま。
torne 初期設定画面 その7「トルミル情報の表示機能について」 説明画面
初期設定画面その7、「トルミル情報の表示機能について」。
「トルミル情報」って、番組ごとの予約者の人数、視聴中の人数が表示される仕組みです。
ネットに接続していて、PlayStationNetworkのアカウントを持っている必要があります。
torneを使い始めて、画面でこの「トルミル情報」を見てるとなかなか面白いです。有効にしておくのがオススメ。
torne 初期設定画面 その7「トルミル情報の表示機能について」 選択画面
自分は有効にしておきました。
torne 初期設定画面 その8「初期設定完了」
初期設定完了。
簡単でした。

ここまで設定をすませると、XMB画面の一番上の階層、「ビデオ」とゲームの間に「テレビ」の項目が追加されます。以後、torneを起動するときは「ゲーム」ではなく「テレビ」から起動します。
また、「地上デジタル視聴・録画アプリケーション」のBlu-rayディスクも不要です。HDDにインストールしたデータだけで動作しますので、ディスクはケースに入れて押入の奥にしまっちゃっても問題ありません。


早めにPS3の時間を合わせておきましょう

この時点で一つだけすませておいたほうがいいのが、PS3の時間設定。

torneは、地デジ電波経由で獲得した、「放送局の時間」と、PS3内蔵の時計で管理されている「PS3ローカルの時間」を別々に管理しているようです。
例えば、PS3の時計が放送局の時間に対して10分遅れたまま使っているときに、23時からの番組を録画予約すると、PS3の時計が23時の10分前の22時50分になったら自動的にPS3が起動します。

PS3の時計が多少遅れていても進んでいても、録画予約に失敗することがない仕組みになっているのですが、PS3の時計がズレているのが気になって、時計あわせを行った場合には、この機能が裏目に出て録画予約に失敗することがあるみたいです。

上の例で言えば、PS3の時計を合わせた後でも、23時からの番組を録画予約すると、PS3は22時50分に起動してしまうようなのです。これだと、録画の開始が早過ぎて、番組の最後が切れてしまいます。

PS3の時計あわせをしたら録画予約をし直せばこういう問題を回避できるそうなのですが、そもそもPS3の時計をちゃんと合わせておけばこんな問題で悩まなくてすみます。
ということで、録画予約をする前に、まずPS3の時計をちゃんと合わせておくのがオススメです。

なお、PS3をネットにつなげているなら、ときどきXMBの「設定」→「日付と時刻設定」→「日付と時刻」→「インターネット経由で設定する」で時計を合わせておくといいと思います。

外付けHDDの設定

さて、USBでPS3に接続してある外付けHDDの設定です。
USBで接続しただけでPS3に認識されているのは上に書いたとおりですし、torne自体にも何もしなくても「登録されていないHDD」として、認識はしてくれました。
torne 外付けHDDの設定 何もしなくても「登録されていないHDD」として認識してくれる
字が小さくて見難いのですが、torne起動時に、外付けHDDを「登録されていないHDDが接続されました」と認識しています。

この、認識だけされている状態の外付けHDDを、torneに「登録」してやる必要があります。
torne 外付けHDDの登録 メインメニューの「セッテイ SETTINGS」から
外付けHDDの登録は、torneのメインメニューの「セッテイ SETTINGS」から
torne 外付けHDDの登録 「セッテイ SETTINGS」→「録画設定」
「セッテイ SETTINGS」→「録画設定」
torne 外付けHDDの登録 「セッテイ SETTINGS」→「録画設定」→「ハードディスク情報」
「セッテイ SETTINGS」→「録画設定」→「ハードディスク情報」
torne 外付けHDDの登録 「セッテイ SETTINGS」→「録画設定」→「ハードディスク情報」→「未登録ハードディスク」
「セッテイ SETTINGS」→「録画設定」→「ハードディスク情報」→「未登録ハードディスク」とメニューを進んで、「ハードディスクの登録」画面にたどり着きます。
torne 「ハードディスクの登録」。外付けHDD一つずつ、登録名を付けて「登録」するとtorneで使えるようになる
この画面で外付けHDDに「登録名」をつけて「登録」することで、そのHDDがtorneで使えるようになります。
外付けのHDDを2台以上使う場合には、別々の「登録名」を付けて別のHDDとして登録する必要があるようです。

なお、ユーザーは「登録名」で外付けHDDを区別することになるので、複数の外付けHDDを使うときは、混乱しないような名前をつけておきましょう。
自分はデフォルトの「外付HDD1」のまま使っています。

登録した外付けHDDに録画する

登録したHDDを録画に使うには、録画予約の画面で指定します。

録画予約はいろいろな指定の仕方ができるのですが、「番組表」から指定してみます。
torne 外付けHDDに録画予約 メインメニュー「バングミヒョウ GUIDE」
トルネのメインメニュー、「バングミヒョウ GUIDE」から。
なお、最初に起動してから番組表のデータが100%になるまでには30分以上時間がかかりました。
torne 外付けHDDに録画予約 メインメニュー「バングミヒョウ GUIDE」でお目当ての番組を捜して選択すると、設定画面が開く 「録画先」で「外付HDD1」を選択
番組表でお目当ての番組を捜して選択してやると、設定画面が開きます。
「録画先」を選択することができるので、ここで、「外付HDD1」を選んでやると、外付けHDDに録画してくれます。
torne 「バングミヒョウ GUIDE」で録画予約する番組を選択し、設定画面を開く。 「繰り返し録画」で「毎週」を選んでおけばあとは毎週録画してくれる
ついでに、「繰り返し録画」で「毎週」を選んでおきます。
放送予定時間が変わっても自動で追随してくれるらしいです。HDDレコーダーって初めて使うんですが、こんなに便利なんですねw。
torne 「バングミヒョウ GUIDE」で録画予約する番組を選択し、設定画面を開く。 「録画モード」は「DRモード(高画質)」と3倍モード(標準)」から選択
最後に「録画モード」を「DRモード(高画質)」と「3倍モード(標準)」から選択して、録画予約は完了。
torne 「バングミヒョウ GUIDE」で録画予約 録画先と繰り返し録画、録画モードを設定して「予約する」で録画予約終了
「予約する」で録画予約が完了です。
torne 録画予約の完了画面
なお、録画予約の一覧は「ヨヤクカクニン SCEDULE」から確認することができます。
torne 「ヨヤクカクニン SCEDULE」で見た録画予約の一覧
こんな感じです。

触っているだけで楽しい

テレビのリモコンではなく、PS3のコントローラを使う前提で設計されているのであろうユーザーインターフェイスがよく手に馴染みます。レスポンスがきびきび「しているように見える」演出が各所に用いられており、触っているだけでも楽しいです。

もう少し続きます

USBハブを使った時の外付けHDDの使い勝手が良くないので、ちょっと調べてみました。
以後のエントリに続きます。

あ、あとPSPへの書き出しとリモートプレイを試してみないといけませんね。
関連記事

テーマ : torne(トルネ) PS3用地デジレコーダー - ジャンル : ゲーム

タグ : PS3 torne

20:30  |  torne/トルネ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/969-ced95b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |