FC2ブログ

2010.09/23(Thu)

【アイマス】アイドルマスター2、バンナムが隠している最後の爆弾はこれだ

『765プロダクション2010年度決起集会』に端を発し、一向に収まる気配を見せないTHE IDOLM@STER2に関する騒動。TGS2010で発表になったアイドルマスター2の新要素が、ほぼすべてプレイヤーの逆鱗に触れるものであったため、ネットを中心にファンがアイマス2を一斉に批判し始めたこの騒動、「9.18事件」なんて名前までついているようです。

東京ゲームショウでの発表以後のアイマス組の反発まとめ

自分にとっても、アイドルマスター2の内容は到底容認できるものではありません。ですが、石原章弘(ディレ1)さんのインタビューを読みながら、どうしてユーザーに喧嘩を売っているようなゲームを世に出そうとしているのかを考えていたら、なんとなく一つのキーワードで色々なことの説明がつくような気がしてきました。

あれですよ、「アニメ化」。

バンダイナムコゲームスの経営不振が根本にあるのは想像に難くない

アイドルマスター2の発売元であるバンダイナムコゲームスは「家庭用ゲームソフト販売などが厳しく」リストラを実施しています。アイマス関係でも、ディアリースターズのディレクターだった梶岡俊彦さん、プロデューサーだった田中文啓さんがバンダイナムコゲームスを去っています。

そのような状況で、アイドルマスターというコンテンツが、より少ない人数で、より大きな利益を出すことを、会社から求められたのではないか、とは考えられないでしょうか。

1月10日のライブには「隠し球」はないのか?

ところで、そもそも「アニメ化」なんて突拍子もないことを思いついたのは、「1月10日のライブで発表される隠し球はもうないのか?」と疑問に思ったからです。

『決起集会』で発表された1月10日のライブの会場は、3rd ANNIVERSARY LIVEが行われたのと同じ「パシフィコ横浜」。 5th ANNIVERSARY LIVEとは比ぶべくもありませんが、それでも4,500人収容のそれなりに大きな会場です。

そして、最近のアイマスイベント(小規模なものを除いて)では新要素の発表があるのが通例になっています。3rdライブではアイドルマスターSPが、4thライブではアイドルマスターディアリースターズが、そして5thライブではアイドルマスター2のPVのお披露目と萩原雪歩役の声優さんの交代が発表されました。

それでは、今回発表された1月10日のライブ(「新春ライブ」)では、何か発表されるのでしょうか。

とりあえず、シングルCD「The world is all one!!」を歌うユニットの選抜レースの結果(いわゆる「AKB商法」ですね)が発表されるそうです。

なお、選抜レースの結果は2010年1月10日に行なわれるライブで発表されるようだ。

「東京ゲームショウ2010」レポート 「アイドルマスター2 Presents 765プロダクション 2010年度決起集会」開催!- GAME Watch

…でも、それだけ?
『決起集会』ではずいぶん色々な情報が公表されました。公式の発表によると、もう大きな爆弾は、「ゲームに関しては」ないようです。

今回の発表で「アイマス2」の基本的な世界観設定・キャラクターがすべて公開されたことになります。
今後のゲーム情報は、「アイマス2」の一新されたゲームシステムの中で「キャラクターたち」がどう動いてゆくのか?「プレイヤーであるプロデューサー」は何をすべきで、どう面白いのか?という、より踏み込んだゲームプレイの詳細なご説明になってゆくと思います。

■TGS2010へのご来場、そして「フューチャー賞」の受賞、ありがとうございました|アイドルマスター公式ブログ

基本的な世界観設定・キャラクターを全て『決起集会』で発表して、新春ライブでは何もないの?本当に?

どうしてもそうは思えないのです。
それに、今回の『決起集会』では、「悪い情報をあえて全て」公表したように聞こえるのです。

坂上陽三総合プロデューサー(ガミP)は「9人をプロデュース」するなどと「9人」を連発したうえ、ステージを降りる間際に、思い出したかのように「今回は律子と竜宮小町の3人はプロデュースできませんが」と念を押しました。ディレ1は「ただ、本作では、竜宮小町メンバーをプロデュースすることはできません。765プロメンバーとしてある条件を満たすと、5人ユニット曲のメンバーとして、彼女たちの姿を見ることはできますが、プロデューサーとその担当アイドルという見せかたは本作ではしていません。2周目からプロデュースできるといったシステムの解放もありません。」とこれでもかと言うほど強調しました。

それは、本当に「とにかく、こっそり言うのはイヤだったんです。さらっとこの情報を言うと、逆にこの情報を後ろめたい雰囲気に取られちゃうかなと思って」にあるように「イヤだった」からだけなの?

そうではなく、あえて悪い情報を全て出したことで、新春ライブで可能な限り効果的に演出した新情報を公開するためなのではないですか?例えば、アニメ化のような。

なぜストーリーに拘るのか

ディレ1はインタビューでこんなことも言っています。

  • いままでの『アイマス』は、カメラ視点でいうとFPS(一人称視点のシューティング)に近い視点で、自分が見ている視界に近いものにしてきました。この視点が『アイマス』というゲームの距離感で、特徴でもありました。


  • ユーザーさんが世界観を拡張していき、ゲーム世界という閉じた世界から、現実の世界にキャラクターが広がっていくということは、それまでほとんどなかったことだったんです。これには驚いたのと同時に、さまざまなメディアで活躍させるということがアイドルというキャラクターを最大に活かす方法論で、そして、それこそが春香たちにとっても、最大の望みなのかもしれないなと、思うようになりました。ただ、僕らが箱庭を作って皆さんに付加してもらうという、いわばユーザーさん頼みでヒットを狙うのは企業の姿勢としてありえません。皆さんとともに作り上げていくためにも、先頭を切って荒野を開拓していくのが、ウチの役目だと思います。


アイマスの最大の魅力の一つは、担当アイドルとプロデューサーとの間に紡がれる物語です。

無印アイマスにはストーリーらしいストーリーはありません。断片のようなエピソードを「営業」を選ぶことで見ることができますが、アイマスのストーリーは担当アイドルを苦労して育て上げる間に、プレイヤーの脳内で紡がれるものです。

アイマスの思い出の話になると、多くのプロデューサーが自分のアイドルがランクCで引退した悔しさを語り、初めてランクAまで連れて行くことができた喜びを語ります。

それを、ディレ1は、分かっていながらあえて切り捨てる、と言っているのです。
なぜか。「ただ、僕らが箱庭を作って皆さんに付加してもらうという、いわばユーザーさん頼みでヒットを狙うのは企業の姿勢としてありえません。」
いや、そんなことはないでしょう。箱庭を作ってプレイヤーに自由に遊ばせるゲームは世の中にたくさんあります。自由度の高い箱庭を作ってユーザーを放り出すというのは、むしろ最近の流行ではないですか?

プレイヤーがそれぞれのストーリーを紡ぐのをあえて阻止してまで、ディレ1が用意したストーリーの枠内でプレイヤーに遊ばせたいという意味、それは「さまざまなメディア」のなかにカッチリしたストーリーを必要とするものがあるからではないでしょうか。例えば、アニメのような。

誰が得をしたのか

今回『決起集会』で公表された情報は「誰得」です。真面目な言い方をすれば、誰をターゲットにしてこんな内容にしたのかよく分からないのです。

アーケード以降のアイマスは、常に既存の要素を切り捨てつつ、新規層を獲得しようとしてきました。

Xbox360版への移植では、ゲームセンターに足を運ばないゲーマーがターゲットになり、対戦の厳しさが切り捨てられました。

Live For You!は、コンテンツにお金を落とさずに動画共有サイトで騒いでいる層がターゲットになりました。切り捨てられたのは、育成というアイマスの本質ですが、L4U自体が「ゲームの中で人気のある部分(=ステージシーン)だけを「切り出した」形で提供されたこと、続編ではなくファンディスクだと受け取られたこともあり、あまり「切り捨てられた」というイメージはないかもしれません。でも、L4Uに対して「アイドルをプロデュースしたい」という声は間違いなく存在しています。

SPは、Xbox360より母数がはるかに多いPSPのユーザーがターゲット。切り捨てられたのはアイマスを特徴づける美麗なグラフィック、3人ユニットでのプロデュース、そして美希の専属プロデューサー。システムがアーケード版に近くなり、さらに新キャラとして追加された二人もアーケード版で没になったキャラクターだったという、既存プレイヤーも受け入れやすい仕掛けがあった一方、ライブのテーマが「はじめまして」だったことで分かるように、PlayStatonユーザからの新規層の獲得に本腰を入れて取り組んだ作品となりました。

ディアリースターズは、PSPよりさらに母数が多いニンテンドーDSのユーザー、それもライトユーザーがターゲット。ライトユーザーの中には女性も含まれているのでしょう。切り捨てられたのは、実在の声優さんをプロデュースしているような気になれる仕掛け、プロデューサーというプレイヤーの立ち位置、既存の10人のアイドルたち、美麗なグラフィック、オーディションの面白さ。
切り捨てられたものが多すぎる一方で新たに提供されたもののクオリティが新キャラ達以外は低く、成功とは言い難い結果となりました。ただ、ファンは「外伝」として受けとめたため、DearlyStars自体に対する不満がアイマスシリーズ全体に対する不満には発展しませんでした。

そして、今回のアイドルマスター2。ターゲットがさっぱり分かりません。

5thライブで発表がある前は、多くの人が「PS3で発売になる」と思っていましたよね。PlayStation陣営が一時の低迷を脱して勢いを付けていたこと、そして、PlayStation Homeでライブがあったことから、ハードをPS3に乗り換えて新規層を取りにいくと考えるのは自然な考え方です。

それが蓋を開けてみたらXbox360オンリーです。

では、原点回帰して既存層を大切にするつもりになったのかといえば、発表の内容は既存層の気持ちを逆なでするものばかり。

そうすると、男性ユニットを新たに登場させて女性層を取りに来たのでしょうか。
それにしてはJupiterをあまりプッシュしている様子がありません(これから大プッシュを始めるつもりなのかもしれませんが)。そもそも、女性ユーザーがそうそうXbox360を買ってまでアイマスに手を出すとは思いづらい。

『決起集会』での発表内容は、こうしてみるといかにも不思議です。

まるで、ゲームをプレイする人は眼中にないみたい。

ゲーマーからはもう新規層を大きく増やすことは難しいかもしれません。でも、「ゲームはしないけれどアニメなら見る」層からは?

そう考えると、「混ぜるな危険」と言いつつ、同じゲームに男性ユニットを登場させたのもうなずけます。
ゲームならGirl's Sideを別に作ることはできるでしょうが、男性向け、女性向けのアニメを別々に作ることは現実的ではありません。男性向けアニメの中にではあっても、強くて魅力的な敵役として男性ユニットが登場したら女性からの支持が得られるのではないでしょうか。

クロスメディア展開はバンダイナムコゲームスの方針です

最初のほうにバンナムのリストラの話を書きましたが、バンナムのリストラって別に人員を整理しただけではありません。
「ゲーム事業とコンテンツ事業の統合するなど、組織・体勢の変更も実施」されています。

具体的には、現在のゲームコンテンツ事業と映像音楽コンテンツ事業を「コンテンツ事業」に統合する。コンテンツの創出を目指す「プロデュース集団」と、プラットフォーム向けにコンテンツを提供する「パブリッシャー機能」という2つのバーチャル組織で事業を運営する。

 ゲームと映像音楽に分けている現在の「出口」別組織では「コンテンツの展開エリアが限定される弊害が起きる可能性がある」といった反省に立ち、会社の枠にとらわれないバーチャル組織で事業体の内部を集約。創出機能を強化し、市場変化に合わせて迅速かつ柔軟にコンテンツを提供できる体制を構築するのが狙いだ。

バンダイナムコゲームス、希望退職200人募集 ゲーム・映像音楽の統合で「リスタート」 - ITmedia News


2010年4月より、グループ再編の一環として、コンテンツを取り扱うゲームコンテンツ事業と映像音楽コンテンツ事業を統合し「コンテンツ事業」とします。
コンテンツ事業では、環境変化が激しくコンテンツの出口が多様化する状況にスピーディかつ柔軟に対応するため、従来のコンテンツ出口を軸とした縦割組織から、コンテンツに軸足を置いた横軸で機能する組織体制とします。
具体的にはコンテンツの創出と価値最大化戦略を推進する「プロデュース集団」、プラットフォームに向けコンテンツをスピーディに提供する「パブリッシャー機能」、の2つのバーチャル組織にて事業運営を行います。
この体制により、創出機能を強化するとともに、新たに創出するコンテンツを市場の変化や顧客ニーズにあわせスピーディかつ柔軟に製品・サービスとして提供します。

バンダイナムコグループ・リスタートプランについて

小難しいことが書いてありますが、「プロデュース集団」がネタを考えたら「パブリッシャー機能」が他機種に移植したり、クロスメディア展開をする、ってことなんでしょうかね。

いずれにせよ、今後はクロスメディア展開が盛んになると予想できそうですし、ディレ1が「『アイマス2』では、長期展開、クロスメディア化なども考え、より多くのメディアに対応していくために、初めからどんどんと、いろいろな新しい『アイマス』の見せかたを提案していくつもりです。」と、ゲームが発売されてもいないうちから、クロスメディア展開をします、って公言しています。

アイマスに関しては、これまで多数のCDが発売され、ノベライズやコミカライズ作品も発表されています。
そんな中で、クロスメディアといえば真っ先に思いつきそうなアニメ化が語られていないのは「アイドルマスターXENOGLOSSIA」でかつて大失敗しているからでしょう。

でも、新体制のもと、もう一度アニメ化してみようか、って話がでても不思議ではないのでは?

またつまらぬものを書いてしまった

まあ、アイマス2を取り巻く現在の状況は、既存ファンを放置してアニメ化による新規層を取りに行っているから、と思えば説明がつきやすいんじゃないですかね?という話です。

ソースを明示したところ以外は自分が勝手に妄想しただけですので誤解のなきよう。まあ、誤解する人もいないでしょうけれど。

で、もし本当にアニメ化発表があったとしても、それって自分はあんまり嬉しくないです。そんなのいいから普通にプロデュースしたいです。

【More・・・】

馬鹿みたいな長文を延々と書いて本当に馬鹿みたいですね。でも、こんなことしてると多少は気が紛れるんで。
関連記事

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : アイドルマスター アイドルマスター2 Xbox360 伊集院北斗

11:50  |  アイドルマスター2  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●竜宮

はじめまして
別の方のブログにも似たようなことが書いていたので、同じこと考える人いたんだなって驚いて書き込みました
別の方の意見では、竜宮分離の真相も、アニメ化視野故じゃないかって書かれてましたね
ぶっちゃけ、釘パゥワーじゃないとメインヒロイン力が足りないんじゃないかって説
中村先生は芸人声優ではあっても、未だアニメでは未知数の方ですからねぇ…

だとしたら、まさかのクロスメディアでは伊織主役になるので、良し悪しはともかく
おもしろそうとは思います。 良 し 悪 し は と も か く
NARASI | 2010.09.24(金) 02:38 | URL | コメント編集

●>NARASIさん

なるほど、中の人から考えたのか。
そういえば、たかはし智秋さんも下田麻美さんもちょこちょこアニメに出ていますね。あと、その説を発展させると、中の人がメジャーな876組の出番も作れそうです。

伊織主役のアニメは確かに面白そうではあります。
善し悪しはともかく。

よかったらその「別の方のブログ」教えていただけませんか?
はね | 2010.09.24(金) 02:49 | URL | コメント編集

千早が可愛くて寝れない!
……普通の「爆弾」なら盛り上がってよいのですが、中には質の悪い「核爆弾」てのもありますもんね。
怖いところですよ。
唯野 香 | 2010.09.24(金) 04:26 | URL | コメント編集

●お返事ありがとうございます

管理人様、返答ありがとうございます
自分が見たのブログは、「まこTP」という方のブログです
今アイマス界隈、敵も仲間もわからず、ネガティブポジティブ意見が混沌としているので
前向きな意見は貴重ですわ。前向きな意見見るだけで、元気になりますねぇ…ははは
NARASI | 2010.09.24(金) 08:23 | URL | コメント編集

しかし、私としては「アイドルマスター」=「アイドルをプロデュースするゲーム」、これが私の原点。だからアイドルマスターXENOGLOSSIA、アイドルマスターL4U!、アイドルマスターDSみたいなシリーズ何だか違和感が感じる。

もし本当にアニメ化にするなら、アニメなんで全然嬉しくない、これはただのファンです。自分は亜美真美、伊織、律子のファンであり、でもプロデューサー(P)として、やはり彼女達をプロデュースしたいです。
今の私はただのアイマス1のP、アイマス2のファン・・・かな

きもい話ですみません、お恥ずかしい
ただのアイマスファン | 2010.09.24(金) 11:25 | URL | コメント編集

●>みなさま

>NARASIさん

教えていただき、ありがとうございました。

ついこの間まで同じゲームが好きだったファン同士がいがみ合っているのは寂しいですよねぇ。
いい情報があるなら、早く発表して欲しいものです。現状では精神的にしんどすぎます。

>ただのアイマスファンさん
別に恥ずかしいことは何もないです。

アイマスはアイドルをプロデュースするゲームなんだから、絶対自分の手で律っちゃんと竜宮小町の3人をプロデュースしたいと思っている人は、本当にたくさんいるはずです。

アニメは悪い前例もあるし、仮にそういう発表があったとしても、手放しで歓迎できる話でないのは間違いありませんね。
はね | 2010.09.25(土) 03:17 | URL | コメント編集

●>唯野 香さん

コメ返し漏れてました。すみません。

アイマスアニメは核地雷というのはPの共通認識ですよねw。仮に本当にアニメ化が来たとしても手放しで喜べないのは間違いありませんね。

とりあえず新春ライブはチケットが取れるか、そしてその前に、その日は休みになるのかが今から心配だったりします。
はね | 2010.09.28(火) 02:05 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/903-8ee1838b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |