FC2ブログ

2010.09/03(Fri)

【アイマス】【ネタバレ】アイドルマスターXENOGLOSSIA(ゼノグラシア)第15話「格納庫天国」 第16話「アイドルとアイドル」第17話「迷子の兎」

アイドルマスターXENOGLOSSIA(ゼノグラシア)、6巻まで視聴終了。
4巻から5巻が2ヶ月、そして5巻からこの6巻が3ヶ月半とどんどんペースが落ちてきています。
アイドルマスターXENOGLOSSIA 6巻パッケージはやよいが主役
もともと、毎朝身支度をしながら時計代わりにTVを見るともなしに見ている時間がもったいないと思っていました。そこで、TVを点けるのを止めて、代わりにPCを立ち上げて、TVClockを表示させながらDVDを見ることにしたのです。
集中しながら見ているわけではなくチラ見ですし、モニタの前を離れることも多々ありますし、1日に見られる時間はだいたい15分ぐらいですし、キリが悪くても部屋を出る時間になれば視聴を中止しなければいけません。そんな見方ですので、少なくとも3回ぐらいはリピートしないとお話の内容が飲み込めません。

結局、1巻3話あたり大体1ヶ月ぐらいかかるのが普通です。

でも、ここのところしばらくTHE IDOLM@STER STATION!!! SECOND TRAVEL~Seaside Date~の「特典DVD《とっておきの映像集!!!》」がPCのDVDドライブを占有していたので、1巻3話を見終わるのに3ヶ月以上かかってしまいましたよ、というお話。

第15話 格納庫天国

アイドルマスターXENOGLOSSIA 6巻パッケージ(裏)
脇役回。

整備チームの女の子7人には春の七草にちなんだ名字が設定され、毎回ほとんど出番がないにもかかわらずCVにわざわざ声優さんが割り振られています。たまにはこの子達に出番を作ってやろう、という回みたい。

たまには活躍させてやろうと言うことなのかも知れませんが、そもそも名字は設定されているものの下の名前まで設定されておらず、キャラも立っていない整備チームの女の子なんかどれがどの子なのか区別できません。とりあえず声優さんをたくさん出しておけば、その人に付いているファンが見るだろうという安易な考えが見て取れます。

超音波で整備用アイが壊せるのならトゥリアビータのアイドルが出てきたときに同じ手を使えばいいんじゃね?とか、なんで伊織にゴキブリの着ぐるみを着せるの?とか、まあそんなことを気にして巨大ロボットアニメを見ていても仕方がないのですが、ツッコミどころ満載。

第16話 アイドルとアイドル

「アイドルマスター」だからキャラはアイドルでなければならないだろう、とばかりに、何だかよく分からないうちに「春香」さんがアイドルデビューするお話。
インベルの気を惹くために、やよいに無理矢理連れられて「サンタガールコンテスト」に出場した「春香」さんはあれよあれよといううちにアイドルデビューし、やよいとともにラジオのレギュラーパーソナリティーに抜擢されてしまいます。

「アイドルマスター」を冠し、公式から「PROJECT IM@S」のお墨付きをもらっているのにアイマスファンからは徹底的に嫌われているこのアニメの悪いところを全部集めたようなお話です。「春香」さんのアイドルに対する思いはそんな軽いものじゃないだろ。

第17話 迷子の兎

見どころは雪歩の動向。

おそらくトゥリアビータから(もしくは嫁に似た人から個人的に)送り込まれているスパイ、「雪歩」。
これまでは表立って活動していなかった彼女でしたが、機を見て本格的にモンデンキント内部での破壊活動を始めます。
「春香」がアイドルデビューしてインベルと過ごす時間が減り、ハーモナイズの数値が落ちてきたこと、そして朔響に正体を見抜かれたことを悟ったこと。そんなタイミングで彼女は、インベルに何か致命的な破壊活動をしてトゥリアビータの嫁みたいな人の元に帰ることを決断したようです。

どうやら彼女は、嫁みたいな人に救われた過去がある様子です。初めてできた友達、「春香」さんを裏切ってでも嫁みたいな人への思いを貫き通すことを決意した彼女は、モンデンキントの仲間が用意してくれたパーティーに背を向けて歩み去ります。

ビクビクしているようでいったん決意をするとどこまででも強くなれるという雪歩らしさが出ています。嫁みたいな人からもらった携帯ストラップを落としてしまって焦る彼女に、それを「春香」さんが拾って渡してあげるというエピソードで恩義と友情の間で揺れる彼女の心が表されています。
アイドルマスターXENOGLOSSIA 6巻パッケージ(中)

ペースを上げよう

せっかくストーリーが緊迫の度合いを増しているのに、見ている自分の気持ちがだれてきてしまいました。
もともと、「面白そうだから」ではなく、「あんなに嫌われているアニメってどんなものだろう」という好奇心で見始めたアニメですから、意識して視聴しないと放置してしまいそうです。11月で購入から1年経ってしまいますので、できればそれぐらいまでには一通り見終わるように、気合いを入れたいと思います。
関連記事

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : アイドルマスター アイドルマスターXENOGLOSSIA

11:50  |  アイドルマスターXENOGLOSSIA  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ネタバレになりますので詳しくは伏せますけど最終話のインベルさんはガチでイケメン。それまでは盗撮マニアでロリコンの変態ロボですが。
操縦者も盗撮されて喜んじゃうという。

いや、ロボのデザインは好きですけど。
唯野 香 | 2010.09.03(金) 19:59 | URL | コメント編集

それでも最終話直前のアイドル対決はなかなか熱い展開。
何も考えず一気に見てしまうのも手かも。
まと | 2010.09.04(土) 00:03 | URL | コメント編集

●>みなさま

実は、ゼノグラシアを買うつもりなんか全然無かった頃にあらすじを見てしまっているので、ネタバレ上等であります。

>唯野 香さん
インベルって本当に変態ですよねー。マジストーカー。
「春香」さんの性格は、まあわりとどうでもいいです。ゼノグラシアの性格付けって適当ですからねえ。

>まとさん
最終話あたりは燃えるらしいですね。
1巻3ヶ月はさすがに時間をかけすぎなので、頑張ってペースを上げることにします。一気に見るならお盆休みがチャンスだったんですけどね…。
はね | 2010.09.04(土) 02:54 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/883-c38ac103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |