FC2ブログ

2010.07/03(Sat)

【アイマス】不安なライブ前日~明日はアイマス5周年ライブ「THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !!」

気が付いたら明日、いや、日付が変わっているので今日はアイマス5周年ライブ、「THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !!」の日です。

いつもアイマスのことを何か書こう書こう、書きたいんだけど、と思いつつも、「考えをきちんとまとめないとなー」なんて考え始めるとどうしても手が止まってしまいます。言いたいことは色々あるんですけれど、でもそれを言ってどうなるなんて思うと、溜まっていく一方です。

溜め込んだままでは気持ちが悪いので、思いつくままに書きたいことを羅列しておきます。
多分に独りよがりですし、まとまりもないし、読みづらいと思いますがご容赦を。

不安が大きい次回作「2ndVISION」の発表

前回の4周年ライブではアイドルマスターディアリースターズが、前々回の3周年ライブではアイドルマスターSPの発表がありました。
今回は次回作2ndVISIONの発表があります。おそらく、据置機での続編となるでしょう。

この次回作の内容を考えると、不安になってしまうのです。

久しぶりに今井麻美さんの歌を生で聴けるというのに、それを楽しみにするより前に不安が先に立つなんて、もったいない話ですよね。でも、会場で「私たち765プロのアイドルは、これで卒業してしまいますが、これからもアイマスを応援してくださいね」なんて言われたら、立ち直れなくなっちゃうじゃないですか。

前回の4周年ライブのときは情報管理が甘く、ライブでの発表以前に新作の概要はある程度分かっていました。機種がDSだと言うことがバレバレでしたし、ステージに上がったガミPはアイマスDSの話をする時には苦笑混じりだったように思います。

今回は情報管理が徹底しているようで、新作の内容は公式に発表されたもの以外には全く聞こえてきません。

でも、去年のライブの直前に開発開始が正式決定し、概要発表が今年の夏だということ(ライブ会場でガミPが話した内容です)=開発期間が1年半以上であること、を考えると据置での正式続編になるのは間違いないと思っています。

ほめライブのときの話や、最近の公式での「新しいステージへ」みたいな発表をみていると、機種はPS3なんだろうなと思っています。箱○でのマルチがあるかどうかは分かりませんが、ないんじゃないかな。

あと、765プロ所属のアイドルたちが出演するかどうかが心配ですが、確か「出演します」ってガミPが去年のライブで言っていたような気が…。

なら、機種以外特に心配することはないじゃない、と言われるかもしれませんが、心配なのは内容です。

これまでのアイマスは、ずっと何かを切り捨ててきた

アイマスってアーケードからずっと移植を続けていただけで、「続編」って出ていないじゃないですか。
その移植も、アイドル1人と多数の楽曲が追加され、HD画質になった箱○の無印が頂点で、その後は何かが切り捨てられて犠牲になった移植ばかり。

L4Uはステージ・PV撮影に大胆に絞って、育成やオーディションをばっさり切り捨てました。切り捨てたものは大きかったと思いますが、多くの人が高画質のPVをアイマスのコアコンピタンスだと思っていることもあって、それなりに支持されました。

SPはPSPに機種が代わり、高画質のPVとトリオでの育成、ネットでの対戦、そして美希が切り捨てられました。数曲の新曲、貴音と響という新キャラ、テンポのよい育成、そして燃えるストーリーといった追加要素はありましたが、切り捨てられた要素がカバーできるほどの力はなかったように思います。

能力的に劣るハードへの移植だと言うことを考えれば良移植だと思いますし、個人的にはすごく楽しんだソフトでしたが、でも客観的にみればまあ劣化移植と言うことになってしまうでしょう。
戦場のヴァルキュリア2みたいに続編にしてしまわずに、アケや無印の内容を可能な限り再現しようとしているので、かえって劣化部分が目立ってしまったような気がします。さらに最大の弱点のPV部分に関しては、半年後発の初音ミクProject DIVAが同じPSPでここまでやれるということを示してしまいました。

DSは…移植と言うより外伝ですが、切り捨てたものが多すぎます。高画質のPV、育成、オーディションでの読み合い、765プロのアイドルといっしょに積み重ねた時間、そしてプロデューサーというユーザーの立ち位置。

今度発表される次回作が本当に「続編」と言うことであるならば、切捨は最小限であることを求められるはず。そうでなければ、絶対不満に感じるプロデューサーさんが出てきます。

765プロと旧961プロのアイドル12人は誰か一人でも欠けてしまえば大きな不満を持つ人=アンチを抱え込むことになります。今度こそ据置のHD機でなければ「アイマスのPVは異様にハイクオリティ」という伝説も崩壊するでしょう。これまでと同等以上の戦略性を育成とオーディションに持たせなければ、アーケードや無印での対戦に魅力を感じていたプレイヤーはがっかりすることでしょう。もちろん、L4U以上のPV撮影ができて当たり前と思っている人も多いことでしょう。

そんなことを考えると、これまでのアイマスに入っていた要素「全部入り」であることが必要条件であるように思えます。それに加えて新鮮さや驚きを感じられなければ、続編としての飛躍は臨めないでしょう。

でも、本当に制作サイドがそう思っているのかどうか、それが一番不安です。

これまでに、アイマスは新展開を求めての失敗をしています。

XENOGLOSSIAとディアリースターズです。
ゼノグラシアはアイドルのキャラクターが変わってしまっています。アニメ自体はいい出来なのですが、アイドルのキャラクターが変わってしまえば、アイマスのファンに受け入れられないのは当たり前です。
そして、DSは、765プロのアイドルのキャラクターは尊重されていますが、ゲームとしてのアイマスに感じていた面白さの源泉が切り捨てられてしまっています。ゼノみたいにそっぽを向かれることはなかったかもしれませんが、じゃあ楽しめたかと言うと、少なくとも自分はあまり楽しめませんでした。

製作サイドは、ユーザーがアイマスのどこを面白いと思っているか、本当に把握しているのかな。

ガミPは分かっていると思うんですが…。

笑顔でライブ会場から出てこられるといいな

こんな所でグチグチと文句を並べていても何にもならないんですけれど、ね。
ライブ会場から笑顔で出てきて、ミンゴスの太ももと次回作への期待で盛り上がるオフができるといいなぁ。
関連記事

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : アイドルマスター

11:50  |  アイドルマスター(その他)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/820-9e47c6fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |