FC2ブログ

2010.04/06(Tue)

【アイマス】THE IDOLM@STER MASTER BOX VIを聴いてみました

THE IDOLM@STER MASTER BOX VI買ってきてから1週間。
積みゲーやら積みコミックスやら積み電撃ラブプラスやらといった開封されずに積まれている数々の積みアイテムを放置して優先的に開封、リッピングして聴いてみました。
THE IDOLM@STER MASTER BOX VI

MASTER BOXシリーズにはあんまりいい思い出はないけれど

アイマスCDはほとんど全て購入している自分ですが、ことMASTER BOXシリーズに関してはあまりいい思い出がありません。アイマス4周年ライブ「THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR'S!!」での物販限定発売とされていたTHE IDOLM@STER MASTER BOX catalog 08,09,11 COMPLETEは、後日アニメイトのWEBで通信販売されていましたし、MASTER BOX IVは、売れ行きを見ての措置でしょうか、発売日をだいぶ過ぎてから購入者に「MASTER LIVE ミニのぼりセット」の特典が付くことになりました。
いずれも物販の長蛇の列に並んだり、発売日前日にアニメイトに駆けつけたりして購入したファンを馬鹿にしたやり方だと、今でも思っています。こんな仕打ちをされるんだったら、MASTER BOXシリーズを発売日に購入するのはもうやめようと思っていたのですけれど。

でも、MB6はちょっと例外です。
無印では使えなかった、そしてLive For You!ではずいぶん遅くなってから配信されたMASTER ARTISTの曲が、響、貴音の分を含めて全曲、全員分収録されています。
ショートバージョンのMA曲、それも持ち歌ではない、他のアイドルが歌っているバージョンは、ゲーム中ではあまり聴き込んでいないので、繰り返し聴いてみたいと思っていたのです。

CDDBは製作サイドで登録しておいて欲しい…

で、CD3枚組をさっそくiTunesに取り込んだのですが…。
MBシリーズみたいな複数枚組のCDって、たいていCDDBから取り込んだ曲データがおかしなことになっています。このMB6も、アーティスト名がきちんと登録されておらず、CD1枚取り込むごとに曲情報を手打ちで修正しなければぐちゃぐちゃになるところでした。
CDなんてもうMP3プレイヤーで聴くのが半ば常識なのですから、CDDBのデータと、Cover Flow用の画像は予め準備しておいてもらいたいものです。CDを買ってくるたびに同じことを感じるのですが…。

聴き応えあり

THE IDOLM@STER MASTER BOX VI
iTunesで聴けるようになるまでにいろいろと不満があったCDですが、実際に聴いてみると聴き応えがあります。
特に事務所モードでしか歌声の聴けない響と貴音のMA曲は新鮮です。沼倉愛美さんと原由実さんは歌が上手ですし、響が「スタ→トスタ→」で「なんくるないさー」って叫んでいるって初めて気がつきました。
それ以外ではくぎゅ。アイドルマスターSPでは比較的早いうちにサラッとプロデュースしてしまったので、伊織にはあまり他のアイドルのMA曲を歌ってもらっていなかったのですが、改めて、まとめて聴いてみると釘宮ボイスが脊髄を直撃してくれました。
他のアイドルも、やっぱりMA曲をまとめて聴くとずいぶん違います。おなかいっぱいになるまで堪能させてもらいました。

ブックレットの「アイマス『MASTER ARTIST』コンポーザー座談会!」が面白い

ブックレットには、「『MASTER ARTIST』で各アイドルに新曲を提供したコンポーザー(作曲家)に集まって頂いての座談会」収録されている「アイマス『MASTER ARTIST』コンポーザー座談会!」が充実していてお得感があります。
裏話的なものが満載です。てか、

(キラメキラリについて)
Linda:デモテープが面白かったんだよね。
神前:ああ、僕が自分でギターソロでーすってテンション低く入れていて、スタジオで受けたのでそのまま「ギターソロカモン!」を入れました。

(空について)
佐々木:神前歌唱バージョンの仮歌、好きだったなぁ(笑)。テンション低いよね。神前君の仮歌はいつか後悔したい(笑)

とかってやり取りがあって、神前さんの仮歌をぜひ聴いてみたくなりました。どんだけテンション低いんだろう。

あとは、

中川:そのキャラに沿った方向にブラッシュアップしていくのと同時に、新しい方向に挑戦して、新たな魅力を創っていくことが一時コンテンツとしての宿命で、新しいものと王道の両方をバランスよくやっていかないとな、とは思います。
佐々木:ファン活動や趣味でやってくれている人より先を行っていなければならない。

のは本当にそのとおりだと思います。
アンケートで意見を聞いてくれるのはうれしいですけれど、でもファンの要望を反映したものって結局ファンが想像できるものしか出てこないわけですから。できれば想像の上を行くものをお願いしたいと思います。

ちょっと気になったのが、歌詞が「歌詩」、作詞が「作詩」になっていたこと。特に意図があってそうしているようには読めないので、誤字だと思うのですが。CDのブックレットとか歌詞カードって、全然校正しないんでしょうかね。

あんまり不安にさせないでください

最後に「アイドルマスターの総括的な何か」というコラムを石原章弘=ディレ1さんが書いています。
内容が、

だから『アイマスちゃん』にも、同じように、おもしろさをどん欲に求めてもらうためにも、今年は色々なモノを終わらせ、そして、始めます。間違いなくこの5年間で最大の変化です。

という、続編での大きな変化を想像させるもので、発売直後にちょっと話題になりました。
なんとなく、PS3での発売と、ゲームシステムの大きな変化を想像させるもの(765プロのアイドルが出演することについては、ガミPが、ライブで「全員登場します」と言い切っていたので、あんまり心配していません)になっています。
プラットフォームの変更はやむを得ないとして、全体を通して流れている「これまでのファン切り捨て」感がものすごく気になりました。

……ただ『アイマスちゃん』が5歳になった現在、そろそろ『アイマスちゃん』が、親離れをしないといけない時期に、来ているのかな?とも思います。

とか、

そして5年後の『アイマスちゃん』の育ての親である、まだ見ぬ新しいプロデューサーさんが、5年前にも、多くの育ての親がいたんだなあと確認できるように。

とか。

お願いです。アイマスは、もうあなたたち製作サイドだけのものではないということだけは忘れないで下さい。面白さを追求するために、新しいことに挑戦すると聞くといいことのように思えますが、その結果できあがったものが製作サイドの独りよがりの産物ではないことを祈ります。――かのアイドルマスターXENOGLOSSIAのように。
関連記事

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : アイドルマスター アイドルマスターSP

11:50  |  アイドルマスター(その他)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

無印が箱○に移植決定したときを思い出しますね。
あの時自分も「新キャラ」「新曲」に対してファンを裏切ってくれるなよという不安でいっぱいになってた記憶があります。
個人的には今回も、あの時不安を一撃で吹き飛ばしたGO MY WAY!!のような鮮烈な大発表になることを期待しています。
風パワー | 2010.04.06(火) 13:31 | URL | コメント編集

●>風パワーさん

詳細がわからないうちから心配しても仕方がないとは思っています。でも、やっぱり気になります。大きな前科があるだけに。
気になっている状態を楽しめればいいのかもしれませんけど。
はね | 2010.04.07(水) 02:05 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/730-faabe1df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |