FC2ブログ

2009.12/31(Thu)

【FF13】【ネタバレ】ファイナルファンタジー13プレイ日記~クリアしました

FINAL FANTASY XIII トロフィー「未来への希望」
FINAL FANTASY XIII、クリアしました。
プレイ時間は76時間55分。画像はクリアでもらえるトロフィー「未来への希望」。

雑魚が異常に固かった

ラストダンジョンに入ってからは、これまで以上に雑魚が異様に固くなりました。

雑魚との戦闘1回で5分以上かかるのが普通です。ブレイクできても、「スマッシュアッパー」で空中に打ち上げた雑魚のHPを削りきるまでに相当な時間がかかります。バトル中に寝落ちしかかったことも複数回ありました。
正直面倒でたまりませんでしたが「年内クリア」という目標があったため、なんとかラスボスまで辿り着きました。こんなにいいタイミングでラストダンジョンをプレイしていなかったら、投げてしまったかもしれません。

普通のRPGなら、雑魚戦でこれだけ苦労するようであれば、絶対に経験値を稼ぎに行くところなのですが、クリスタリウムにキャップがかかっていて、いくらCP(クリスタルポイント=経験値)を稼いでも、成長が頭打ちです。
「雑魚戦で苦労するのはお前が下手なんだろ、FF13の戦闘はヌルゲーマーには難しいからな」と言われると返す言葉がないのですが、でも例え敵をブレイクした後でもあれだけ時間がかかるのはどうなんだろうって思います。

ラスボスも固かった

ラスボスは3連戦。
1戦目のバルトアンデルスは雑魚なみ。絶対2戦目があると思わせる弱さ。

2戦目のオーファン第一形態が面倒でした。
HPの半分以上を持って行かれる全体攻撃で全滅させられるのが怖くて、エンハンサー中心にタラタラ戦っていたらいきなり「死の宣告」をされる始末。

ボス戦に限らず、バトルが長引くと「死の宣告」をされる仕様っぽいですが、コンシューマーのRPGでどうしてこんな仕様を入れたのかよくわかりません。延々20分バトルを続けた後に「死の宣告」で殺されるのはどう考えてもムカつきますよね。

この時は、「死の宣告」をされた後、初めて召喚獣を呼び出した後、全員回復無視で特攻をかけて、なんとか残り数秒で倒すことができました。

3戦目のオーファン第二形態は「ブレイクしなければダメージを与えられない」+「死の宣告」というほぼイベント戦闘。
FINAL FANTASY XIII ラスボス戦 戦闘結果
スノウ君+ライトニングさん+ホープ君で挑んで無事に倒せました。
ホープ君の「ヘイスト」が鍵ですね。ヘイストをかけてもらったら全員ブラスターの「トライディザスター」でブレイク狙い。ブレイクしたら「ラッシュアサルト」でダメージを入れて、ブレイクが切れた瞬間にディフェンダー+ヒーラー+ヒーラーの「フェニックス」で回復。この繰り返しでした。
ホープ君がなかなか「ヘイスト」をかけてくれなくてイラっとしたのですが、後から考えると、リーダーをホープ君にして自分で「ヘイスト」をかけておけばよかったような気がします。

エンディングは意外と短かった

ラスボス戦後、長大なエンディングのムービーを見ないといけないのかと思いましたが、思ったより短くてホッとしました。
それにしても、エンドロールなんかを見ていると、映画を意識しているんだろうなぁと思います。

個人的には映画を観たかったらゲームをせずに、DVD借りて来るなり映画館に行くなりするので「映画のようなゲーム」って全然嬉しくないのですが…。
なんか制作者の映画に対するコンプレックスみたいなものをちょっと感じたりしました。
関連記事

テーマ : FF13 ファイナルファンタジー13 について - ジャンル : ゲーム

タグ : PS3 ファイナルファンタジー

23:53  |  ファイナルファンタジー13/FINAL FANTASY XIII  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/633-7a2579c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |