FC2ブログ

2009.12/25(Fri)

【11eyes】「12闇夜の暁」えっと、これ本当に最終回なんですか?

11eyes「12闇夜の暁」、最終回…なのか?
あれですね、きっとDVDとBlu-rayを発売するときに、映像特典で13話を追加するって言うオチですね。

ゲーム版の面白さを全て殺しているアニメでした

Xbox360版の11eyesCrossOverをプレイしたときの楽しさは何よりもまずその異能バトル。とくに、主力の美鈴ちんの、陰陽の術を使った華麗な戦闘。

さらに、各キャラの見せ場。
菊里たんの「キュキュッ」という効果音とスケッチブックに書かれる筆談の文字と下手くそなイラスト、雪子の異常な能力、ゆかの壊れっぷり、リーゼロッテとリゼットのギャップ。

そして、黒騎士、特に草壁美鈴の圧倒的な強さを目の当たりにしたときの絶望感。
真相がわかって、「世界を救うために自殺しろ」って言われたときの美鈴ちんの苦悩、ラストバトル前に敷かれた伏線、大逆転、そして、操の頭蓋を両断したときに感じるカタルシス。

主人公の駆くんは、ギャルゲの主人公ですから空気でもいいのですが、ラストバトルでのリーゼロッテ戦、劫の目の真の能力を発揮したときの演出も最高でした。

加えて、トゥルーエンド的な位置づけの菊里エンドとそのエピローグでのいちゃつきっぷり。


アニメでは、全部ぜーんぶダメにしちゃってました。
シナリオライターと演出を担当した人はゲーム遊んでないんじゃないのか?

どうして最後黒騎士と共闘しちゃうんだよ。
操vs美鈴戦はゲーム中の最高最大の見せ場だろうに。

どうしてリーゼロッテをヴェラードに殺させてやらないんだよ。
あれがなければ、あまりにもリーゼロッテが救われなさすぎだろうに。

どうして菊里たんが最初から最後まで空気なんだよ。
世界の成り立ちに深く関わっているところだろうに。

どうして劫の目と魔石の欠片が光るとリーゼロッテが時空の狭間に封印されるんだよ。
劫の目の真の能力は「無数の可能性の中から望む可能性をつかみ取る能力」だったはずだろうに。

大人の事情…なのか?

「各キャラにファンが付いているから、全員に出番を」っていう方針なのでしょうか。
尺が絶対的に足りないのに、彩子先生どころか、照屋匡と奈月香央里まで出演させて、足りない時間をさらに削ってしまっています。切られたのはツィベリアダのマスターだけ。

あの程度の出番だったら、賢久と雪子も、そして空気だった菊里たんも切らないと、絶対まともなストーリーになるわけがありません。

そして、まとめきれないストーリーを強引にまとめるために、都合よく使われた並行世界設定で、ストーリーは混沌の極みに突入してしまいました。
「ゆかの並行世界」に「駆を呼んだ」ってどういうことなのさ。
もう絶対ライターも世界の成り立ちについて説明できないだろこれ。

エロと萌えだけあればいいの?

最近の深夜アニメは「萌えとエロさえあればいい」って話を聞いたのですが、そういうものなのでしょうか。
確かに、エロシーンだけは充実していましたね。
てか、どうしてラストバトルでのゆかは下着姿になっていたんでしょうか?

個人的には、お金を取ってはいけないレベルのアニメだと思うのですが、一般的には萌えとエロがあるからこれでもDVDとBlu-rayが売れるの?本当に買う人いるの?

PSP版の11eyes CrossOverは予約をしていますが、アニメのDVDは絶対にスルー。
関連記事

テーマ : 11eyes - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 11eyesCrossOver

03:14  |  11eyes CrossOver  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/627-ba2d0dde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |