FC2ブログ

2009.12/18(Fri)

【11eyes】「11滅亡という選択」 全部ゆかの妄想だったってオチなのか?

11eyes「11滅亡という選択」、ゆかどころかアニメ事態が滅亡しかけてます。

どういう感想を書いたらいいか、もうわかりません。
…「どこからつっこめばいいのかすらわからない」ってよく聞きますが、まさにそんな感じ。

以下ネタバレあり。
まあ、もうネタバレがあろうと無かろうと関係ないんですけれど。


全員死亡

えーと、リーゼロッテたん以外の主要キャラが全員死亡しました。
死に様は、

・アワリティア様:リーゼロッテたんに負けて「戦死」
・スペルビア/操:リーゼロッテたんを羽交い締めにして、アワリティア様のブレスに焼かれて瀕死、駆くんと美鈴ちんに余分な一言を言ってから死亡
・ゆか:リーゼロッテたんに欠片を抜かれて死亡
・菊里:よくわからないけれど、リーゼロッテたんにやられたらしい
・栞:リーゼロッテたんに欠片を抜かれそうになって自殺
・美鈴ちん:何だかよくわからないけれど、リーゼロッテたんが呼んだ黒い霧に包まれて死亡?
・駆くん:ゆかに化けたリーゼロッテたんに刺されて死亡、「劫の目」をリーゼロッテたんに抜かれる

なんかもうアニメ版のシナリオを書いたライターが、自暴自棄になったとしか思えません。

はいはい、妄想乙

はい、次回予告で駆くんが「違うっ!!!!」って叫んでましたんで、これは現実ではないというオチがつくんでしょうね、きっと。

ゆかの妄想世界だったってオチか、それともゆかの作った並行世界だったってオチか、どちらにしたってろくなもんじゃありません。
欠片を抜く直前、「お前の願いを叶えてやろう」ってゆかに向かってリーゼロッテたんが言った台詞もあることですし、ラストでゆかの姿をしたキャラが劫の目に頬ずりしているシーンがありましたので、どっちにしたってゆかが絡んでいることは間違いなさそうです。

とにかく、ゲームをクリアした自分にとってすらもはやストーリーは理解不能の域に達しています。もうシナリオを書いたライターさんにしかわからないのでは。もしかしたらライターさんにもわかっていないかもしれません。

もしかして、リーゼロッテたん×ヴェラードをゆか×駆くんの関係にオーバーラップさせたかったのでしょうか。
そのためにゆかを思い切りヤンデレにしてしまったとか。


美鈴ちんが駆くんに抱かれて腹筋が崩壊した

きっとエロシーンを入れる必要があったのでしょう、衝撃の超展開で美鈴ちんが駆くんに抱かれてしまいました。

「能力を飛躍的に高める方法がひとつだけある」
「草壁の血を持つもの同士が結ばれることだ」
「契りを、男女の関係を交わすことだ」
「次の戦いで、私は駆の盾となって死ぬだろう」
「せめて愛する者の手で、私を一人の女にして欲しい」

「…愛している、駆」

そして、「赤い夜への道を開いたのだ 私達の力で」

ごめんなさい、あまりに唐突で、ずっと笑いが止まりませんでした。
何というテンプレート。何というご都合主義。

私達の力で赤い夜への道を開いたって、おまえらセクロスしてただけだろうがwww

あと2話しかありません

欠片がバラバラの並行世界に散逸した、っていう設定は、ゲームではラストで見事に活かされています。
「劫の目」の能力、無数の可能性の中から自分の望む可能性を選び取る能力、これもラストバトルでなかなかカコイイ演出と共に、きっちりと説明が付いてカタルシスを感じさせてくれました。

このアニメ、あと2話でちゃんと話に片が付くのでしょうか。
ゲーム版のラストのようなエンディングはもはや望むべくもありませんが、まさか「並行世界」を引っ張り出してゆかに「菊里エンド」の菊里役みたいなことをやらせて無理矢理ハッピーエンドって展開にしちゃうのか?

タイトルの意味は?

ところで、タイトルの「滅亡という選択」の意味がよくわかりません。
滅亡を選択したのは?ヴェラードの望みを叶えるべく滅亡を選択したリーゼロッテたんってつもりなのかな?
関連記事

テーマ : 11eyes - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 11eyesCrossOver

03:14  |  11eyes CrossOver  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/617-1fe3c23e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |