FC2ブログ

2008.10/20(Mon)

明日へのキャプチャー2

以前のエントリの続き。キャプチャに成功したのはこのエントリのとおりなんだけど、自分用の覚えにそこに至るまでの経過を書いておくことにする。
あまりにも動作に納得がいかないことが多く、ハードウェアのせいにしたくてたまらなかった前回。しかし、MonsterX自体の動作確認をしたくても、その手段がない。普通はボードを買ったショップに持ち込むんだろうけど、今回はアマゾンのいかにも怪しげなショップで買ったものだ。

【追記2010/11/12】
購入したのは「ペイフォワード・ジャパン株式会社」というところだったのですが、ここって、2008年の12月頃にamazonから消えています。このエントリを書いたときはamazonの同社のショップへのリンクが貼ってあったのですが、当然リンク切れです。

ちょっと検索してみたら同じ社名の会社で悪い評判が出ること出ること。

自分が注文した「ペイフォワード・ジャパン株式会社」は名古屋市東区泉2-26-1が所在地の会社で、同じ会社なのかどうかは分かりませんが、かつて存在した同社のホームページも消滅しています。

当然サポートを受けるなんてことは望めませんね。

初期不良の交換期間の2週間もとっくに過ぎている(2週間って短すぎると思いませんか?)。PCI-eの使えるPCがもう1台あればいいんだけど、そんなのあるわけがない。
そこで考えたのが「どうせ中古で売るんだし」作戦。

中古屋に持ち込んで、「正常動作しないならジャンクで売ります、正常動作するなら持って帰ります」って言ってみようかな、って考えました。

ただ、中古屋に持ち込む前に、最後にこれだけ試しておこうと思ったのが2点。

  1. EIST/C1Eをオフにする

  2. WMEを試してみる

結論から言うと2が当たりでした。
結論を書くその前に1.から。

EIST/C1Eを切ってみる


ガクガクする、ドロップするときはEIST/C1Eを切れ、って書き込みはたくさん見たんだけれど、「そもそもガクガクするとかじゃなくて録画できないし。だいたいBIOSいじるの怖いです><」って思っていたんだけれど、どうせ中古で売るなら最後に試してやるか、って思ってやってみました。

まず、マザーボードP5Qのマニュアルを読んでみます。マニュアルはASUSの公式からダウンロードできます。

ASUSTeK Computer Inc.-Support-

でも、必要な情報を見つけるのに手間取ってイライラする。読むのをやめてググったらとってもありがたいページがヒットした。

ASUSマザーボード友の会 Wiki

ここを参考にしながら設定しました。

初めて見るP5QのBIOS設定画面。
マザーボードP5QのBIOS設定画面 迂闊に触ると起動しなくなりそうで恐い
このメニューから入って、各機能の設定をします。

EISTの設定。
マザーボードP5Qの設定画面 EISTの設定 最下段「Intel(R) SpeedStep(TM) Tech」を[Disabled]に変更
最下段「Intel(R) SpeedStep(TM) Tech」を[Disabled]に変更します。

C1Eの設定。
マザーボードP5Qの設定画面 C1Eの設定 「C1E Support」を[Disabled]に変更
「C1E Support」を[Disabled]に変更します。

ACPI 2.0の設定。
マザーボードP5Qの設定画面 ACPI 2.0の設定 「ACPI 2.0 Support」を[Enabled]に変更
「ACPI 2.0 Support」を[Enabled]に変更します。

この3つの設定を変更すればいいらしい…。正直、書いてあるとおりにやっているだけで、内容を理解しているわけではないので結構恐いと思います。
ACPI2.0って、「EISTを無効にする場合でもDualCoreではEnableにしておく」って書いてあるけどそういうものなの?

設定が終わって起動。
無事立ち上がったが、違いが分からない。
ので、CPU-Zってソフトをこのあたりから落としてみた。

【追記2010/11/12】
当時ダウンロードに使ったサイト(http://cowscorpion.com/CPU/CPU-Z.html" target="_blank" title="http://cowscorpion.com/CPU/CPU-Z.html)はリンク切れ。
作者のホームページから直接ダウンロードするのがいいのかな。
CPUID - System & hardware benchmark, monitoring, reporting

日本語化するパッチも出ているみたいですね。
CPU-Zのアーカイブ - KENCOM.BIZ

CPU-Zで見たCPUの動作状況。「Core Speed」が3GHzと2GHzの間を行ったり来たりしている
画面を眺めていると3GHzと2GHzの間を行ったり来たりしている。なぜだろうorz
つくづくMxCaptureが使えればと思う。

肝心のキャプチャなんですけど、やっぱりEIST/C1Eとは関係ありませんでした。信号検出中から進まない状況は変わらず。

長くなったので感動の初キャプチャーは次回。



今日の「アイドルマスター Live For You!」スコアアタック

今日のスコアタ。
アイドルマスターLive For You! 「First Stage」 難易度HARDで23,054pts
先週はほとんど起動しなかったので頑張ってみた。
92.39%、249位wwで一応目標達成。92%で250位ギリギリとかボーダー高すぎるだろjk。
そろそろ伸び代のある曲が無くなってきたよ…次はいよいよとかちつくちて。

今日の「オーバーロード:魔王サマ 復活ノ時」

Overlord オーバーロード:魔王サマ 復活ノ時 協力サバイバルで30分生き延びて解除される実績「サバイバル モードの達人」
今日の「オーバーロード:魔王サマ 復活ノ時」の進捗状況。
実績「サバイバル モードの達人」 サバイバル モードで 30分間生き残った
土曜日に魔王サマ祭りの第2弾があった。発起人さまに感謝。
協力サバイバル・ロッキーレースに的を絞って付き合ってもらった。だいぶ要領が分かってきて30分達成。次回があれば45分行けるような気がする。

関連記事

テーマ : キャプチャー - ジャンル : コンピュータ

タグ : MonsterX キャプチャー アイドルマスター アイドルマスターLiveForYou OverLord

01:36  |  キャプチャー  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>3GHzと2GHzの間を行ったり来たりしている
パワーが必要な時は周波数を上げる、不要な時は下げて電力の使用を抑制する・・・ような機能かと。知ったかですがw

あと、動作確認を兼ねて買い取りに行かれる際には、ほかに売れるもの(売っても良いもの)を用意しておくとお互い吉です。うちのマザーボードがグラフィックボードとよく相性問題を起こすタイプだったのでそれはもう世話に・・・。ええ、余計なお世話ですね。
成功談楽しみにしてます。
まるちろうる | 2008.10.20(月) 03:26 | URL | コメント編集

●>まるちろうるさん

「中古屋で売却する振りをしてそっと動作確認」作戦って、結構メジャーなんですね。安心しましたw

あと、EIST/C1Eを切ったのは、クロックの切り替わりのタイミングでガクガクするらしいので、常に最高周波数で動作して欲しかったからなんです><
まだサボっているということは他にも設定すべきところがあるのかもしれません。
羽根 | 2008.10.21(火) 01:56 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/59-cb0845ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |