FC2ブログ

2009.11/15(Sun)

【アイマスDS】THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 Dazzling Starを聴いてみました

THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 Dazzling World、2曲目に収録されている「ヒミツの珊瑚礁」のリピートが止まりません。11月5日に買ってきて、しばらく放置してからiPodに放り込んで聴いていたのですが、iTunesに歌詞を入力するためにきちんと読んでからは「ヒミツの珊瑚礁」ばかりリピートしています。

ジャケットのイラストは杏仁豆腐さん

ジャケットの表側。
THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 Dazzling World 表
こちらは裏。
THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 Dazzling World 裏
アイマスのキャラクターはいろいろな人に描かれていますが、アイドルマスターディアリースターズの3人は登場してまだ間もないためか、杏仁豆腐さんのイラストでイメージが固定されてしまったような気がします。
タイトル曲の「Dazzling World」の歌詞からか、地球っぽいイラストと星っぽいイラストが涼ちんの回りに配されています。裏面は「ヒミツの珊瑚礁」のイメージからか、涼ちんの回りに描かれているのはフルーツと、右側で螺旋になっているのはきっとトロピカルドリンクに添えられているストローじゃないかな。

特典は全巻購入者対象応募券とヴァイスシュヴァルツのPRカード

THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 Dazzling World 開封したところ
開封してみました。
特典は下段右からTHE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY シリーズ全巻購入者対象 応募券と、ヴァイスシュヴァルツのPRカード「アイドルのいとこ涼」。
内訳はドリームシンフォニー01と同じです。

ところで、ヴァイスシュヴァルツのカード、一番下に「POWER 3000」とか、「アイドルのいとこ涼」とか描いてあって、その下にオレンジの枠の中に二つ、キーワードみたいなのが書いてあるのですが、それが「音楽」と「女装」。

そりゃ女装だけど、なんかこんなところに「女装」って書かれているのを見るとついつい吹き出してしまいます。

聴いてみました

収録されているのは、「Dazzling World」、「ヒミツの珊瑚礁」、「エージェント夜を往く」、「shiny smile」、「"Hello!!"」の5曲。
「Dazzling World」はアイドルマスターDearlyStarsの隠し機能で、ステージモードでLかRを押しながら曲を選択すると聴ける男声バージョンも収録して欲しかったかな。せっかく収録したんだからフルコーラスCDで聴いてみたかったと思います。
もともとはボクっ娘真の持ち歌、「エージェント夜を往く」は男の娘が歌っても似合います。

構成は曲が5曲入って、最後にボーナストラックとしてドラマパートが入っています。
アイマス初期のCD、MASTER PIECEシリーズと同じ構成で、ドラマパートもMASTER ARTISTシリーズやMASTER SPECIALシリーズとは雰囲気が異なり、キャラ紹介的な内容です。
ゲームが発売になってまだ日が浅く、キャラクターが定着していないという判断なのかもしれません。ドラマパートには涼ちんの「ぎゃおおおおおん」も収録されています。

「ヒミツの珊瑚礁」

なにより気に入ってしまったのは「ヒミツの珊瑚礁」。
Aメロ、Bメロ、サビ、いずれも同じメロディーラインが繰り返されるという構成になっていて、サビの疾走感(陳腐な表現ですが、語彙が少ないので…)が半端ではありません。「蒼と碧が融けて交じる」「緋と紅が融けて交じる」などの押韻、「波に爆ぜた」「琥珀の地平線」「瑠璃の水平線」といった堅めの言葉が使われていることも、これに拍車をかけています。

そして、歌詞。
「太陽のジェラシー」みたいなリゾートでカップルがじゃれ合っているラブソングに聞こえますが、歌詞をよく読むとこれ、妄想ソングです。
「ごはん食べ終えたら ふたり旅に出よう」が伏線、そして感想の後の「見慣れた風景さえ 特別になる」が種明かし。実際の珊瑚礁ではないけれど、二人でいっしょに過ごす時間なら見慣れた景色でも南の島、珊瑚礁に感じられる、っていうそういうストーリーです。

さらに、「夢と夢が恋に落ちる」は夢子ちゃんの暗喩だと読むのは深読みをしすぎでしょうか。

Bメロの後、サビに入る前にちょっとだけ間奏があるのですが、例えばこの曲のPVを作るとしたら、ここできっと画面にキラキラっと光るような効果が入って、見慣れた景色がみるみるリゾートに変わっていく場面が描かれるに違いありません。
2コーラス目はAメロの繰り返しの回数が1コーラス目の半分ですが、ヒミツの珊瑚礁に連れてきてもらった「キミ」が要領がわかってきて、すんなり空想のヒミツの珊瑚礁に入り込めるようになったからでしょうか、そして、Bメロの後の間奏が、2コーラス目はちょっと長くなっているのは、空想がさらに詳細になって、見慣れた景色がより細部までくっきりと南の島に変容していっているんでしょう。

と、そんな妄想を垂れ流しながら聴いていたら、再生回数があっという間に50回を突破。カラオケ収録されたらヒトカラで歌ってこよう。
関連記事

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスター アイドルマスターDearlyStars

19:32  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

出だしが歌い辛そうですよねサンゴ礁
まと | 2009.11.16(月) 01:06 | URL | コメント編集

●>まとさん

最初はタイミングがあわせにくそうです。
あと、2回目のサビでフライングしそう。
羽根 | 2009.11.16(月) 01:53 | URL | コメント編集

●ヒミツの珊瑚礁

ああ、なるほど、ヒミツの珊瑚礁はそういう捉え方が一番作者の意図っぽいですね。
見慣れた風景がごはんを食べてるような普段の風景にかかってたとは。
つまり、キミに風景を見せるときに目をつむらせたのも、そういう意図があったんでしょうか。

DS01と比べるとちょっと…っていう人もいましたが、ちゃんとした解釈ができれば引けず劣らずの曲ですね。参りました。
さすが遠藤フビト、やってくれますね。

最近アイマスのファン全体でこの人の株が跳ね上がっている気がします。
まさかKosmos,Cosmosの人がここまでやり手だったとは、と今さらならが恐れ入りました。

最近アイマスが下火になっているという声をよく聞きますが、作品のクオリティはまだまだ維持できてますね。
頑張ってファン活動をして、この良さをもっと広めていきたいものです。
MAST | 2009.11.16(月) 21:51 | URL | コメント編集

●>MASTさん

メロディーラインだけでもお気に入りだったのですが、歌詞をきちんと見て、より好きになってしまいました。

情景はきっと、「ボク」が、「この風景って南の島、珊瑚礁っぽくね?」って場所を見つけたところから始まります。
普通の町の中、例えばビルの屋上なのか、街を流れている川の河川敷なのか、そんな「町中でちょっといい景色が見られるところ」に立って、「あ、あれを椰子の木に、あれをデッキチェアに見立てれば、ここって南の島みたいだよな」って「ボク」は気が付いたのです。

3回繰り返されるサビは、最初が朝、次が昼、そして最後は夕方ですから、最初に出てくる「ごはん」は朝ご飯。「ボク」と「キミ」は朝ご飯を一緒に食べる間柄です。

まだ夜明け前、「ボク」のベッドでふと目を覚ました「キミ」は、隣に「ボク」の姿がないことに気が付きます。キッチンからはコーヒーの香り。

キミ「こんな朝早くからどうしたの?」
ボク「朝ご飯食べたら旅行に行かない?」

驚く「キミ」を説き伏せて、まだ日の出前、「ボク」は「ボク」が見つけた「南の島的な場所」の近くまで「キミ」を連れていきます。

自分のイメージでは、河口近くの河川敷、「ボク」の部屋からは自転車で行ける距離です。

二人乗りをしてきた自転車を川の堤防の下に止めて、「ボク」は「キミ」に言います。

ボク「ちょっと目をつぶって。手を引いて上げるから付いてきてね。いいって言うまで、目を開けちゃダメだよ」

目を閉じた「キミ」の手を引いて、「ボク」は堤防への階段を昇ります。

一気に見通しが開ける堤防の上、そして、見立て方によっては南の島に見えないことはないところまで「キミ」の手を引いてきた「ボク」は、言うのです。

ボク「ホラ見てもいいよ・・・」

河口近くの広い川、その流れて行く先は琥珀色をした水面と空が融け合っていて、そこにちょうど朝日が昇ってきます。


…ああ、また妄想が暴走してしまいました。
羽根 | 2009.11.17(火) 02:15 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/584-7e3a2e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |