FC2ブログ

2008.10/03(Fri)

Live For You!スコアアタック覚え書き 2

サボっていると某フレさんに置いていかれそうなので、3時間必死に叩いて更新してみた。
アイドルマスターLive For You! 「My Best Friend」 難易度HARDで22,756pts
93.77%、125位で目標達成。精度93.77%は自己新記録だったりする。で、頑張ったのにまだ200点くらい届かないとかちょっと^^;;。次こそはGO MY WAY!!…うーん、蒼い鳥にしようかな。

昨日のエントリの続き。

アイドルマスターLive For You!(L4U)のスコアタのコツは、
  1. 難易度HARDでフルコンボすること
  2. NORMAL判定を減らすこと
  3. 曲の最後のほうで頑張ること
と言われています。これは、スコアの計算方法から導かれた結論です。

アイドルマスターLive For You! スコア計算方法

スコアの計算方法はこうなっています。(以下L4Uリザルトから引用)

スコア計算式:(基本点+コンボ点)×判定係数=加算スコア(端数切捨)

【基本点】
easy
:20点
medium
:30点
hard
:40点
【コンボ点】
easy
:(0.2×コンボ数)点(端数切捨)
medium
:(0.3×コンボ数)点(端数切捨)
hard
:(0.4×コンボ数)点(端数切捨)
【判定係数】
easy
:perfect=1 good=0.5 normal=0.25 ok=0.1
medium
:perfect=1 good=0.5 normal=0.25
hard
:perfect=1 good=0.5 normal=0.1
【ボーナス点】
50コンボごとに765点加算

上に写真がある難易度HARDのMy Best Friend(フルコンボで241コンボ)で試算をしてみます。
  • 一番最初のノートは…

  • perfectなら
    :(40+0.4×0)×1=40pts
    goodなら
    :(40+0.4×0)×0.5=20pts
    normalなら
    :(40+0.4×0)×0.1=4pts
  • フルコンボしたとき、一番最後のノートは…

  • perfectなら
    :(40+0.4×241)×1=136pts
    goodなら
    :(40+0.4×241)×0.5=68pts
    normalなら
    :(40+0.4×241)×0.1=13pts
フルコンボの最後のノートの重要さは一番最初のノートの3.4倍、フルコンボの最後のノートで判定がperfectかnormalかで123ptsの差が出ます。

ここから上の3つのコツが出てくるのです…が。
そこから先、例えば、どうすればフルコンボできるのか、normalを減らすコツは何か、のノウハウをあんまり見かけたことがありませんので、ちょっとメモしておこうと思います。

アイドルマスターLive For You! スコアアタックのコツ

  1. ボタン配置を覚えること

  2. ノートが流れてくるたびにコントローラを見ていたら、フルコンボなんかできないですよね。慣れて、体で覚えてしまいましょう。
    ちなみにABXYの文字よりも、緑赤青黄の色で覚えるといいと思います。覚えてしまえば、ボイスレッスンやミニオンの指揮なんかも余裕を持ってできるようになるはず。


  3. 譜面の難しいところは、とりあえずボタンの色は無視してもいいから、リズムだけは取れるようになること
  4. 例えばエージェント夜を往くの「そうよ み~~だれる よろこびを~」のところ。譜面は「A BAA B ABAA B…」これがテンポが速い2ボタンの連打なのでパニックになってついていけない。リズムは「たんたたたんたん」の繰り返しで難しくないので、とりあえずやばくなったら全部Aで叩いておきます。

    難易度HARDではVOLTAGEが0%になると強制的にステージ終了になってしまいますが、ボタンの色が違っても、ノートのタイミングに合わせてボタンが押せてさえいればVOLTAGEは下がりません。最初のうちは、練習で曲の最後まで叩きたいと思いますので、「ボタンの色で混乱したらとりあえずAを押してリズムだけ取っておく」と覚えておくといいのではないでしょうか。

    例えばDo-Daiの「こ~んなチャンス~」のところ。譜面は「Y  X XXXX  Y YY A」ですが、これがなかなか叩けない。X XXXX(んたんたたたたん)のリズムが取れなかったので、しばらく全部一番最初のYで叩いてました。


  5. 連打の最後のほうでコンボが切れてしまうときは、自分の連打が早すぎるのか、遅すぎるのか把握して、意識して{早め/遅め}に連打すること
  6. 例えば私はアイドル♡の「AA AAAA」連打なんかは、最初のうちは体感リズムで押すことが多いと思いますが、体感リズムが微妙にずれていて、連打の最後でコンボが切れることがあります。慣れてくると目押しでズレを修正するのですが、フルコンボを目指している段階では、体感リズムが早すぎるのか遅すぎるのかを何とか把握して、{連打は必死で/ゆっくり}と意識しながら打つと意外といい感じで体感リズムと譜面が合ったりします。


  7. ボタン2種類以上を連打するときは、指を完全に持ち上げず、こするように押すこと

  8. エージェント夜を往くとかiとかふるふるフューチャー☆では必須。ABとか、XAとか隣り合っているボタンならあまり意識しなくても大丈夫かもしれないけれど、YA、XBの対角線の組み合わせは押しかたを考えないと譜面についていけなくなる。


  9. ←→で間違えるときは、覚えてしまうこと
  10. 色が付いていないので、間違えることがよくあります。shiny smileの最後の「→ → → ← ←」を「→ → →  ←」と叩いてしまって泣いたファン代表も多いのでは。


  11. 鬼譜面は、譜面を覚えること
  12. アイマスwikiの「攻略法 - IDOLM@STER 360@wiki」に、譜面があります(ふるふるフューチャー☆だけ載っていないんですが><どなたか親切な方、譜面あげていただけませんか?)。 譜面を覚えるといっても、曲全体でなく難しいところだけ、それも実際に譜面を見てみると、規則性があって丸暗記しなくてもいいことが多いです。

    例えば、my songのサビの「とわなーきとーわへ~」の「XYAYXYA」。ノートが流れてきたのを見た瞬間、「鬼~」と叫びたくなりますが、これ、直前で叩いていた3連打「XYA」の間にYが挟まっているだけ、「XYA」+「Y」+「XYA」です。こうやってみると叩けるような気がしませんか?
    例えばFirst Stageの間奏「A BBY  A BAY  A XAY  A XBY」これは覚えてしまった方が早そうです。


だいたいこんなところでしょうか。

…あのぅ、ヘタレで情弱の私が偉そうにこんなエントリを書いてよかったのでしょうか…。

前後は…
Live For You!スコアアタック覚え書き
Live For You!スコアアタック覚え書き 3
関連記事

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : Xbox360 アイドルマスター アイドルマスターLiveForYou

02:12  |  アイドルマスター Live For You!  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

リミックス曲によっても左右されるんですよね。

わたドル♡やエージェントあたりはAが打ちやすいです個人的に。
打音リズムに集中できるってのもあるんですけどね。ごまえーのBとか。

こすり打ちは必須ですね。とりあえずまた200ちょっと
離してしまいました。よろしくお願いしますw
モザ | 2008.10.03(金) 07:38 | URL | コメント編集

考え方もやり方もすごくてビックリしました
自分の場合は布団で寝転んでやってます
「いおりん、いおりん」って考えながらやると気合入ってスコア更新します
ash | 2008.10.03(金) 20:29 | URL | コメント編集

勤務先から失礼します。
亜種さんとは約1万点差か...今のレベルでは
追いつけんなorzしかも寝ながらっすかw

なんて強者なんだw俺はとりあえず正座して頑張ってます。
モザ | 2008.10.03(金) 22:49 | URL | コメント編集

●>モザさん、ashさん

>モザさん
とりあえず抜いておきましたが、蒼い鳥きついんでしばらくは抜かれるがままだと思います。
あと、REM@STERはおっしゃるとおり。

>ashさん
これはいいことを聞きました。
ちょっと真似してみますね。

「いおりん、いおりん」。あれ?何か違くね?
羽根 | 2008.10.04(土) 16:42 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/35-ed4e602b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |