FC2ブログ

2018.01/19(Fri)

【モンスターレーダー】【ネタバレ】マーケットと「リモートハンド3M」を活用してモンスター100種類コンプリートしました

PlayStation Vitaの「near」機能の2017年7月末でのサポート終了に間に合わせるように遊び始めた、PlayStation Vita本体同時発売ソフト(ローンチタイトル)のうちの一本、モンスターレーダーのプレイ日記です。

昨日トロフィーコンプリートしましたので、最後に超潤沢な研究資金を投入して一気にモンスターをコンプリートしてしまおうと思います。

「ご当地」以外はマーケットで

マーケットに出てくる確率が低い「ご当地族」以外はゲーム内ショップの「マーケット」で狙います。
足跡マークのアイコンから「マーケット」に入り直せば品揃えが変わるので、淡々とシャッフルを続けて、30分ほどで揃いました。

「生活族」をコンプリートして[モンスターのある生活大賞」を受賞。
PlayStation Vita モンスターレーダー 「生活族」コンプリートで「モンスターのある生活大賞」を受賞
「自然族」をコンプリートして「ネイチャー賞」を受賞。
PlayStation Vita モンスターレーダー 「自然族」コンプリートで「ネイチャー賞」を受賞
「買い物族」をコンプリートして「ショッピングアワード 金賞」を受賞。
PlayStation Vita モンスターレーダー 「買い物族」コンプリートで「ショッピングアワード 金賞」を受賞
そして「遊び族」をコンプリートして「アソビニスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
なお、「遊び族」の最後、「ジョーカク」種だけはいくらリロードを繰り返してもマーケットに出てこなかったので、リモートハンド3Mを使いました。
PlayStation Vita モンスターレーダー 「遊び族」コンプリートで「アソビニスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞
なお、これらの賞を受賞すると「トロフィー」がもらえます。
PlayStation Vita モンスターレーダー それぞれ「トロフィー」がもらえます。これ、そのままPSNのトロフィーに連動させればいいのに…
でも、これゲーム内だけで、PSNのトロフィーはもらえません。
どうしてアイテムコンプリートなんかにトロフィーを割り振るのではなく、このモンスター種類コンプリートにトロフィーを割り当てなかったのか、理解に苦しみます。

「ご当地族」はリモートハンド3Mで

そして「ご当地族」は躊躇なく公式チートアイテム「リモートハンド3M」を投入してコンプリート。
ご当地研究家西田さん主催の「西田杯大賞」を受賞しました。
PlayStation Vita モンスターレーダー 「ご当地族」コンプリートで「西田杯大賞」を受賞
なお、背景がこれまでと違うのでわかるように、このまま100種類コンプリートの祝賀会に突入。
100種類コンプリートすると、何とスウェーデンのモーベルさんから「モーベル賞」がもらえます。
PlayStation Vita モンスターレーダー 100種類コンプリートで「モーベル賞」受賞

ただし、モーベルさんの祝辞が超微妙。
「こんなゲームに」
PlayStation Vita モンスターレーダー 「こんなゲームに」
「ムキになっちゃって」
PlayStation Vita モンスターレーダー 「ムキになっちゃって」
「エライ!」
PlayStation Vita モンスターレーダー 「エライ!」
これ、元ネタはご承知のとおり「クソゲー」としてあまりに有名なたけしの挑戦状のエンディングメッセージ「こんなげーむに まじになっちゃって どうするの」ですね。
つまらないのに一生懸命遊んだプレイヤーを馬鹿にしたような物言いである点と、このゲームがクソゲーであることを自ら認めているという点で、とっても不愉快です。なかなかこんな不愉快なエンディングはありません。

なお、100種類コンプリートで「所長」に昇進。いらんし。
PlayStation Vita モンスターレーダー 「所長」に昇進

最後の台詞は…
「我々の研究は」
PlayStation Vita モンスターレーダー 「我々の研究は」
「始まったばかりだからね!」
PlayStation Vita モンスターレーダー 「始まったばかりだからね!」
これもご承知のとおり、「打ち切り最終回」のお約束の台詞です。上の「たけしの挑戦状」同様、製作サイドが自らクソゲーであることを認めていると思って間違いないのではないでしょうか…。

ラストのクレジット画面でようやくまともに祝ってもらえます。
モーベル賞受賞を報じる新聞。
PlayStation Vita モンスターレーダー モーベル賞受賞を報じる新聞
「祝!100」
PlayStation Vita モンスターレーダー 「祝!100」
そしてこれまでの移動距離。4,748kmだったようです。ラストだけは位置ゲーっぽく締めてくれました。
PlayStation Vita モンスターレーダー 累計の移動距離は4,748kmだったようです

レビューのようなものその2

まず、前回のレビューの冒頭、このゲームを「ダメゲー」と評しましたが、訂正します。上記のとおり、自覚があるようですから、謹んで「クソゲー」の評価を差し上げたいと思います。
では、少しだけ前回のレビューの続きを。

4.アピールできなかった「いいところ」
ここまで、このゲームはそもそもコンセプトがダメなので、その先がgdgdになったている、ということを書いたつもりです。
ところで、gdgdになるのは、先に進めば進むほど。モンスターを100種類コンプリートしようと思ったり、トロフィーのコンプリートを目指したり、旅行の思い出に旅先のランドマークをモンスターとして残しておきたいと思ったり、いずれにせよ「もっと」「全部」という切り口で楽しもうとするとダメなところが牙を剥きます。

だけど、そこまで行く前、ちょっと遊ぶだけだったらいいところもあるんです。

まずは、ゼンリンの住宅地図(そのものかどうか分かりませんが、おそらく同じ)レベルの地図がオフラインで利用できること。ナビの機能はありませんし、オフラインということは更新されないということですが、それでもたいしたものです。GPSが載っていないWi-fiモデルのVitaでも、アクセスポイントの情報から現在地を把握できるようです。

そして、自分の現在地の周りにモンスターが生息しているという拡張現実感は、プレイを始めてしばらくの間ならばわくわくすることができます。目の前のコンビニがちゃんとVitaの画面にコンビニとして認識されていて、そこに生息するモンスターがいる、というのは評価されていいと思います。リアルの今、2018年1月に実現しているのではなく、6年前に実現していたというのは忘れてはいけないと思います。

最後に、無料で遊べたところ。
GPS機能の紹介ソフトの位置付けになったのか、しばらく「モンスターレーダープラス」として無料で配信されていました。どうせだったら、モンスターやトロフィーのコンプリート条件をもっと緩和したらよかったのにね。

ようやく、ようやく開放されました

モンスター100種類コンプリートして、あとやるべきことはコンプリートしたモンスターをすべて見た目の進化の限界まで育成することくらいですが、もう画面をこするだけの作業からは卒業したいと思います。
ていうか、ようやくあの無味乾燥な作業をもうこれ以上やらなくてすむと思うと、開放感でいっぱいです。
Vita君もようやく他のゲームをやってもらえそうです。待たせたな。
関連記事

テーマ : PlayStation Vita - ジャンル : ゲーム

タグ : Vita モンスターレーダー

23:59  |  モンスターレーダー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/2390-f2e46d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |