FC2ブログ

2008.12/13(Sat)

マナケミアPORTABLE+を序盤まで進めてみました

メディアインストールを試してみたPSPの「マナケミアPORTABLE+ ~学園の錬金術師~(どこまでがタイトルなんでしょう)」を、序盤まで進めてみました。
ガストのアトリエシリーズは「マリーのアトリエ プラス ~ザールブルグの錬金術士~(ああ、最初の頃からタイトルが長かったんですね)」「エリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術士2~」の2本を遊んで以来、ずいぶん久しぶりのプレイです。

最初にお断りしておきますが、面白いです
自分ネガティブなんで、気になったり嫌だったりする感想が目立ちますが、それでも面白いと思います。

ゲームはアトリエシリーズのクエストをイベントと組み合わせたRPG。自由度が低くなったのはちょっと残念かもしれません。

起動して最初の印象はロード。とにかくロードが長いこと長いこと。
学園俯瞰
タイトルにあるとおり学園ものですので、この画面に左に出ているメニューから行き先を選んでアイテムを買ったり、「!」の付いている場所に行くとイベントが始まったりするのですが、この移動のロードが長い。特にイベントがある場所へ移動すると、フリーズが心配になるくらいロードします。

せっかくメディアインストールを採用しているのになぜこんなに長いロードを放置しているのか、と苛立ちましたが、もしかしてPSP-1000とPSP-2000以降ではだいぶ違うんじゃないのかと思って、メイン機のPSP-1000からソフトとメモステをサブ機のPSP-2000に差し替えて、再度起動してみました。
今度はかなりマシになりました。ロードがなくなったわけではありませんが、メニューで移動先を選択してから、実際に移動先の画面になるまで2拍開く位の感じです。メインメモリが倍増しているPSP-2000以降向けに調整してあるのでしょう。

それにしても、メモリースティックの使用量を倍にしてもいいから、ここのロードはメディアインストールで緩和して欲しかったと思います。

シリーズの華、調合はなにやらややこしくなっています。
調合画面
「エーテル値」って何?「錬金円環」って、「エーテル効果」って??
チュートリアルで華麗にスルーされてしまったのでマニュアルを読んでみたのですが、もう一つ上手く飲み込めません。
エリーのアトリエで「品質」の概念が出てきたときは「おお、調合っぽいぞこれ」とか喜んでいた覚えがあるのですが、ちょっと複雑にしすぎではないでしょうか。だいたい、「錬金円環」のなかで何やらシンボルがくるくる回って、どうやら目押しが必要なようなのですが、アイテム一つ調合するたびに2回も3回も目押しするのは面倒です。それとも、細かい要素はあまり気にしなくてもいいのでしょうか?品質が問われるイベントの時だけ気にすればいいのでしょうか?もう少し進めれば詳しいチュートリアルがあるのでしょうか?
うーん、調合に関しては「?」ばかりですね。こういうのはなんか「プレイヤー置いてけぼり」感があっていやだなあ。

戦闘はシンボルエンカウント、コマンド選択式ですが、特徴があります。
マップ上のシンボルは大きさ、形状、色でプレイヤーキャラに対する強さの見当がつきます。
マップには昼夜の区別があり、リアルタイムで時間が経過しマップ上の昼夜の別も変化します。昼と夜で難易度が大きく変わります。

昼間は、マップ上でのシンボルの動きも鈍いためすべてのシンボルを避けて目的地に到着することも可能です。また、戦闘に突入してもほぼ確実に逃走することができます。ただし、初期マップの入り口近くにかなりバランスの悪い強敵が配置されていることがあります。
夜間は素早く動くシンボルはかわしきれず、逃走も失敗することが多いため、戦闘が必須です。強敵と戦闘に入ってしまうと危険です。
戦闘
戦闘はコマンド選択式、画面上部に「アクティブコストカードバー(ACCB)」(笑)が表示されており、戦闘に参加しているキャラクターはカード化されて、ここに行動番の順に表示されます。
なんとなくどこかで見たようなシステムですが、こういう仕組みは大好きです。行動結果をほぼ読み切って戦闘を完全に支配できる、コマンド選択式の利点が最大限に活きる仕組みだと思います。
「ノックバック」という相手の行動順を下げられるシステムや、使用すると行動結果がカードとしてACCBに表示されるスキルなど、このシステムを利用した工夫も戦闘を面白くしています。
あと、メディアインストールは戦闘のボイスやエフェクトに使っているようで、戦闘中にストレスを感じることはありません。マップの探索中も気になるほどのロードはありません。
ついつい雑魚を狩りに行きたくなります。

ショックだったのはキャラクター。
ヒロインはDQN
このピンクの髪が現状のヒロインみたいなのですが、こいつDQNです。
自分のミスで調合器具を壊してしまうイベントの後、「どこかのアトリエから同じ器具を持ってきて員数を合わせよう」と提案して、主人公を無理矢理引き込んで実際に器具泥棒を働く傍若無人ぶりです。
ガストは何を思ってヒロインをこんなDQNに設定したのでしょうか。

なんにせよ、PSPに向いている種類のゲームではないかと思います。
ロードとDQNにイライラしながら、もう少し進めてみようと思います。

【More・・・】

【今日のコタツ】
一人用コタツ、やっぱりポチってしまいました。
どうやって使うのでしょうかww
一人用コタツ
それにしても、尼ってこんなものまで売ってるのね…
関連記事

テーマ : マナケミア - ジャンル : ゲーム

21:28  |  PSP  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

主人公以外は基本的にどのキャラもぶっとんでるんで、フィロメールさんの悪口を言うのはゲーム中盤以降にしてもらおうか。
キャラクターを楽しむRPGとしては個人的に最高峰ですね。
まと | 2008.12.14(日) 18:09 | URL | コメント編集

●>まとさん

他のキャラもみんなDQNだと言うのかwww
まあ夏休み終了時点でティティルミミニケメレさんもいい勝負だと言うことがよく分かりましたw

細かいイベントの積み重ねで話が進むので止め時に困りますね。
羽根 | 2008.12.14(日) 20:19 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/227-ac408a42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |