2017.06/04(Sun)

【地獄の軍団】【ネタバレ】地獄の軍団レビュー~3:「兵種について」

PlayStation Vita本体同時発売ソフト(ローンチタイトル)の一本、「地獄の軍団」のレビュー、前回前々回のつづきです。

魔王について
【仕様】
  • 魔王は、引き連れているゴブリンに指示をして敵を攻撃させます。魔王自身が敵を攻撃することはできません。
  • 魔王は、一定時間以内に近くに行けば気絶(後述)したゴブリンを救助することができます。
  • 魔王自身が直接ダメージを受けるとHPが減り、HPが0になるとゲームオーバーです。
【実際】
  • 「気絶したゴブリンの救助」がこのゲームの1つのキモです。
    補充できるゴブリンは無限ではないのでできるだけゴブリンを減らしたくない、クリア評価を上げたい(時間内に救助できれば「死んだゴブリン」にはカウントされない)、ゴブリンに思い入れがある、などの理由で、気絶したゴブリンはすぐに救助に行きたくなりますが、ボス戦では、すぐに救助に行くとかえって被害が大きくなるのでいったん回避してうえで攻撃の隙を見て救助に行くなどのノウハウが必要になります。
    PlayStation Vita 地獄の軍団 時間内に救助できたゴブリンは「死んだゴブリン」にカウントされない
    「絶対助けに来るからな」と呟きつつその場をいったん離れ、敵の攻撃を回避してから再度救助に戻るという(脳内)展開が熱く、楽しめます。

兵種について
ゴブリンは3種類います。
【戦士】
  • 攻撃力が高く、「一斉攻撃」でOverkillを狙えるが、射程が短く、また、Overkill狙いで敵に張り付かせようとしている間は魔王が移動できません。
【槍兵】
  • 攻撃力は低くOverkillは狙いにくいものの、射程が長く(無限です)、また、「一斉突撃」することで一体ずつの低い攻撃力をカバーして高いダメージを与えることができます。
【魔法使い】
  • 攻撃力は戦士と槍兵の中間。間接攻撃ができるため、被害を受けにくく、炎や雷の属性持ちの中ボスやトラップの多い面では重宝します。
で、特徴に応じてこの3兵種を使い分ける必要があり、連れて行ける100体のうち何体をどの兵種にするのか作戦を立て、適切なタイミングで適切な兵種を使う…のが楽しいゲーム、にしたかったんだろうなあ、と思います。
でも、実際は、戦士は使いどころがほとんど無く、ザコには魔法使い、ボスにはそのボスに特効がある武器を持たせた槍兵、割合は4:6か3:7くらい、がほぼ全ての面で通用してしまいます。
これが、「面白い、おすすめ!」と言いにくい大きな要因です。
関連記事

テーマ : PlayStation Vita - ジャンル : ゲーム

タグ : Vita 地獄の軍団

05:18  |  地獄の軍団  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/2161-6dd73b3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |