スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.11/04(Fri)

「ママになったら、趣味はあきらめないといけないの?」

ママになったら、趣味はあきらめないといけないの?」って記事を見て、本当にそうだよなと思った話。まあ、TwitterでRTして終わり、程度のことですが、でもちょっとだけ語らせてください。

「こどもという趣味」

リンク先は、「育児には時間取られるけど、ヲタ趣味の多くは家でもできるものだし、結局『こどもという趣味ジャンルが増えるだけだよ!』」ってお話なのですが、実際、本当にそんな感じです。

で、ちょっと語りたいのが『こどもという趣味ジャンル』。
この「ジャンル」って、さらに細分化できるなあ、と思ったんです。
どういうジャンル分けになるかというと、

  1. コンテンツとしての「こども」
  2. こどもが好きな人は言うまでもないと思っていて、こども嫌いな人や身近にこどもがいない人は言われてもピンと来ないかもしれませんが、こどもって基本的に可愛くて面白いです。
    こども全般が嫌いな人にとっては「自分の」こども限定かもしれませんし、自分のパーソナルスペースに常にこどもがいるということは、楽しいばかりではない、可愛いだけではすまない、正直泣きたくなるようなこともたくさんあるのですが、それでもです。責任とか覚悟とか、そんな難しいことは横へ置いといて、こども可愛いよってことはこどもがいる人みんな語るべきだと思ってます。

  3. 「育児」あるあるで盛り上がる
  4. こどもそのものではなく、「こども」を話題にすると盛り上がるってことなんだけど、…何と言えばいいのか、ライブは楽しいけど、ライブが終わった後に行く飲み会がすごく楽しい、って感じでしょうか。もちろん、誰かとリアルにこどもについて語り合うわけではありません。そうではなくて、例えば、数多ある育児ブログを読み歩くとか、プロチチコウノドリが面白いとか、そういう話です。あと、こんなエントリを書くとかw。
    それにしても、今まで視野に入っていなかっただけで、いざ気がついてみるとこういうコンテンツって本当にたくさんありますね。

  5. 広く深い沼「こども向けコンテンツ」「児童書・絵本」「おもちゃ」

  6. そしてもちろんこれ。プリキュアやアイカツをわざわざ引っ張り出さなくても共感して貰えるのではないでしょうか。
    アニメや特撮などの映像作品、児童書や絵本、そして魅惑のおもちゃたち。「こどもをダシにして自分が楽しむ」ことができるほど高いクオリティを誇るコンテンツが揃っています。あんなに欲しかったのになかなか買って貰うことができなかったレゴや、シルバニアファミリーや、プラレールが買い放題です。
    てか、「こどもをダシにする」需要がないと、秋ヨド6Fのおもちゃフロアの充実っぷりは説明がつかないんじゃないかと思っています。


と、言うことで、全力でチラ裏でした。


あ、そろそろゲームのこと書きたくなってきた…

テーマ : 子育て - ジャンル : 育児

01:16  |  育児  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/2068-32a1ba99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。