FC2ブログ

2011.09/23(Fri)

【イベント】東京ゲームショウ2011(TGS2011)のアイマスステージのレポートをだらだら書いてみる。その2「THE IDOLM@STER TGS SPECIAL EVENT 03 アイドル×アイドル!!」

東京ゲームショウ2011(TGS2011)昨日のエントリの続きで、一般公開日二日目のアイマスイベント「THE IDOLM@STER TGS SPECIAL EVENT 03 アイドル×アイドル!!」の様子をだらだらと書いておきます。

二日目はゆっくり出撃

初日は始発で出撃して会場を出たのが17時30分ごろ(闘劇の決勝戦を見ていました)、さらにその晩はオフでガバガバ飲んだので、二日目の朝は早起きできるわけがありません。
結局東京を9時ちょうど出発の特急「わかしお」で海浜幕張に向かいます。海浜幕張到着は9時25分。「TGS2011 SUPPORTERS CLUB TICKET(TGS2011 サポーターズクラブチケット)(サポチケ)」の入場開始時間の直前なので、効率的には最高のはずです。

ただ、実際は、運営の誘導が悪くて途中で時間がかかり、入場したのは9時45分を過ぎていました。サポチケ用のショートカットがあるはずなのが、手荷物検査のところだけショートカットがなかったのが問題で、待たされたサポチケ組で運営に文句を言う展開に。

受付の番号は1,600番台。
いつもサポチケて何枚売り出すのだろうと思っていたのですが、この時間で1,600番台なら販売は2,000枚なんでしょうか。

さて、二日目に配布されていた整理券は6種類。
ライバルは、「モンスターハンター3(トライ)G」「FINAL FANTASY XIII-2」「ニノ国 白き聖灰の女王」の試遊券と、『生誕20周年記念!スパロボスペシャルライブ』の整理券。
顔ぶれから見ると、アイマスステージと被るものが少ないので、もしかしたらアイマスステージの整理券の配布が終わってしまっているのではないかと一瞬心配になりましたが、まだまだ整理券配布は続いているどころか、番号はまだ200番台後半。
TGS2011 「THE IDOLM@STER TGS SPECIAL EVENT 03 アイドル×アイドル!!」の整理券
待機列に並んでいると、サポチケ組が全員アイマスステージ目当てみたいな気がしてくるのですが、世の中はそこまで偏ってはいないようです。

gdgdな入場整理

さて、時間になったら集合場所へ。
ほぼ50版ごとに区切られた細長い待機スペースに列を作るのですが、待機スペース内で整理券の番号順に並んでいる様子がありません。
TGS2011 「THE IDOLM@STER TGS SPECIAL EVENT 03 アイドル×アイドル!!」の整理券
そのへんに突っ立っていたバンナムの社員っぽい人に聞くと、「後で番号順に整列する」とのこと。周りで待機している人に聞いてみると、どうやらそれを信じているようです。

でも、初日のステージと違って、会場はバンナムブースの中のステージ、座席なんかはありません。
「絶対言っているだけで番号順に整列しなおしなんてするわけねぇ」と思っていたら、案の定何となくごちゃごちゃっと集まったままの順番で入場となりました。

自分は絶対怪しいと思っていたので、自分の整理券の番号相当と思われるあたりに待機していたのですが、バンナム社員の口から出まかせを信用して割を食った人もいたのではないでしょうか。
本当に、この業界のこういう無責任体質、やったもの勝ちのところは見ていて嫌になります。

ステージの周りが人で埋まってくると、「できるだけ間隔を詰めずに並んでください」とあまり聞いたことのないアナウンスがありました。
ステージ周りは相当の暑さだったので、熱中症なんかで倒れる人が出るのを心配したのだと思います。

いよいよステージ開始

ステージ上のスクリーンで流れる「機動戦士ガンダム EXTREAME VS.」のPVにwktkしつつ待つこと20分、いよいよステージ開始。

ステージ上には(右から)下田麻美さん、今井麻美さん、若林直美さん。
少しトークした後、坂上洋三プロデューサーを呼びます。
相変わらず満場の変態コールに包まれて登壇したガミP。昨日も聞いたような気がするPS3版アイドルマスター2の限定版を紹介してくれました。

続いてステージに上がったのが初音ミク-Project DIVA-チーム。
えー、名前を忘れちゃったので「新曲も含めて全部で5曲も披露した『アイドルマスター2』イベントリポート【TGS2011】 - ファミ通.com」でカンニングをしたのですが、クリプトン・フューチャー・メディアの企画・広報を担当する目黒久美子さん、セガの『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ-』の元広報担当である馬場克美さん、そして初音ミクの声を担当する藤田咲さんが登場。
藤田咲さんを生で見るのは初めてだったので、ちょっとうれしかったりしました。

ひとしきり初音ミク -Project DIVA-とアイドルマスターのコラボの話題を宣伝していったのですが…ミクとアイマスのコラボ自体はアイドルマスターSP初音ミク -Project DIVA- 2ndの頃からやっている話ですし、衣装のコラボを発表されても今さら感満点。

しばらくアイマスチームとDIVAチームでトークになりますが、どうもイマイチ盛り上がりに欠けました。DIVAチームにちょっと遠慮があったような…。もっとはっちゃけていいのよ。
実際、せっかくミク担当の藤田咲さんと、アイマス・ボカロ共通で担当している下田麻美さんがいるんだから、もう少しぶっちゃけ話とかで盛り上がってもいいような気がするんですが…。

と、なんとなく消化不良気味のトークが終わって、後半はライブステージ。
若林さんの「いっぱいいっぱい」で会場が温まって、ミンゴスの「arcadia」、あさぽんの「ポジティブ!」と三曲続きます。

初日のステージもそうですが、有名な既存曲多めのセットリストで、その辺も無印以前の既存ユーザーに気を使っているのかなとちょっと思ったり。まあ、手遅れですけれど。

三曲歌った後、ちょっとトークがあって、竜宮小町の新曲「七彩ボタン」(これで「なないろ」なんですね)、そしてラストは「READY!!」で締めでした。

二日目も平和でした

ちょっと文句も書きましたが、初日、二日目ともいずれもライブメイン、新情報全くなし、ユーザーに対する挑発もなし、の、総じて平和なステージでした。

去年の9月18日で懲りたのかもしれませんが、バンナムでゲームを作っている人たちって、懲りないとわからない人たちなんでしょうか。
でもせっかく懲りたんだったら、今後ともずっと平和な展開をお願いします。ぜひ。
関連記事

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : TGS TGS2011 東京ゲームショウ 東京ゲームショウ2011 PS3 アイドルマスター アイドルマスター2

04:01  |  アイドルマスター(その他)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

お疲れ様でした。

>ユーザーに対する挑発なし

こんなものはあってはならないんですけどねw

>新情報全くなし

せっかくTGSと言う場で3回もステージがあったにも関わらずこれは無いですね。
ライブの情報さえ無かったのは本当に意外でした。
 | 2011.09.23(金) 09:15 | URL | コメント編集

●>9/23 9:15の名無しさん

ありがとうございます。

去年の9月18日以来の一連の騒動は、公式側がどういうつもりだったかはともかく、ユーザーから見るとものすごく挑発的でしたよね?

新情報が無かったのは、訂正したりできないステージの上でステージ慣れしていないガミPなんかが新情報を発表する危なさに気を使っているせいかもしれませんね。
それか、発表できる新情報が何もないとかw
はね | 2011.09.24(土) 09:37 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/1271-41d8d0db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |