FC2ブログ

2011.05/30(Mon)

【キャプチャ】USBゲーム動画キャプチャーを買ってきたのですが、いつもどおり動きません。パッケージにはPSP-2000対応となっていますが、対応していないという情報があったため、サポートに問い合わせてみました

ものすごく久しぶりにキャプチャーネタを書いてみます。

事情があって、4月以来、ノートPCでブログを更新する環境を構築してきました。
ネットを開通させ、Xbox360とPS3の両据置機を設置し、ほぼ環境は整いました。メインの環境ではありませんので、この程度で満足しておくべきなのですが、少しだけ不満が残ります。

キャプチャ環境です。
ほぼプレイ日記、時々レビュー、まれに攻略ぐらいの割合で書いているブログですので、プレイ動画までは必要ありませんが、せめてリザルト画面やメニュー画面のスクリーンショットが欲しいのです。
USBゲーム動画キャプチャー プレイ動画はともかく、リザルトやメニューのスクリーンショットは残したい
こんな感じの画面ですよね。

以前、USBを使ってPSPのキャプチャができる製品の記事を何かで見かけた記憶があって、大きめなお店のゲーム売り場に行くたびに探していたのですが、見つけました。

USBゲーム動画キャプチャー

USBゲーム動画キャプチャー(PSP2000/3000用)

PAR(Pro Action Replay;いわゆる「改造ツール」です)を作っているメーカから発売されています。
USBゲーム動画キャプチャー パッケージ
「キャプチャーボード」ではなく、本体はUSBケーブルにつながったACアダプタぐらいの大きさなので、パッケージはコンパクトです。
USBゲーム動画キャプチャー パッケージ裏
パッケージ(裏)。
環境的に心配だったのが、導入予定の環境がWindwows7の64ビット版であることだったので、購入前にパケ裏をよく見たのですが、対応環境にWindows7は入っています。
USBゲーム動画キャプチャー 開封したところ 本体、USB延長ケーブル、ドライバが入っている8cmCD。
開封したところ。
中央でとぐろを巻いているのが本体、とぐろの中心にあるのがドライバが入っている8cmCD、その右がUSBの延長ケーブル。てか、8cmCDなんて久しぶりに見ました。8cmCDが読めるドライブがない環境の人って、結構多いんじゃないのかな?

インストール

Windows7にドライバをインストールするのは初めてで、インストーラがCDの中までドライバを探しに行ってくれないのでとまどいました。
USBゲーム動画キャプチャー インストーラがCDにドライバを読みに行ってくれないので、デバイスマネージャから手動で読ませた
本当にマイクロソフト製品はUIに関してはクソです。
以前から使えたUIは全部残しておいてくれ。あと、一つの目的に対し複数の方法でアプローチできるのは混乱の元。
…とにかく、面倒でしたが、インストールは問題なく終了。
USBゲーム動画キャプチャー 面倒だったが、インストールは問題なく終了

録画/プレビュー用のアプリケーション(honestech DVR)のインストールも問題なく終了しました。

起動してみます

さて、本体をPCにつないで起動してみます。
ちなみに、上の写真でケーブルの端にくっついている本体ですが、片側がキャップのようになっていて…
USBゲーム動画キャプチャー ケーブル端の本体。キャップを外すとUSBのMini-A端子が露出する
キャップを外すとUSBのMini-Aコネクタが現れます。こっちをPCのUSB端子に接続します。
ケーブルの反対側が、PSP用の外部出力ケーブルと同じ形状になっているので、そちらをPSPに接続します。

接続してPSPの電源をオン、さらにPSP側で「外部モニタへ出力」を選ぶと、無事、PSPのXMB画面がPCのプレビュー画面に映し出されます。

MonsterXでさんざん苦労したので、あっさり映って拍子抜けだったのですが、事態はそれほど甘くありませんでした。
PSPでXMB画面からゲームを起動しようとすると…
USBゲーム動画キャプチャー 「この画面を外部機器へ出力するにはコンポーネントまたはD端子ケーブルを接続し、プログレッシブ形式で出力する必要があります。」

この画面を外部機器へ出力するにはコンポーネントまたはD端子ケーブルを接続し、プログレッシブ形式で出力する必要があります。

と、こんなメッセージが表示されて、ゲームが起動しません。

またトラブルか

MonsterXの設定で1ヵ月以上悩まされたのを思い出して、目の前が暗くなります。
時間を無駄にする前に諦めようかと考えましたが、一応その前に検索してみると…

どうやらPSPがPSP-2000だったのがよくなかったみたいです。

MonsterXのときにもお世話になったページがヒットしました。
VIPで初心者がゲーム実況するには@ Wiki - キャプチャーボードの選び方

•注意が必要なのはPSP-2000の場合です。コンポジット / S端子の欄に△が記入されていますが、これはPSP規格のゲームをPCではプレイできないということです。つまり、コンポジット / S端子のみを搭載したキャプチャー製品を購入しても、PSP-2000のゲーム映像・音声をPCで楽しむことはできません。PSP-2000の場合は、キャプチャー製品がコンポーネント / D端子を搭載している必要があります。

っと、用はUSBゲーム動画キャプチャーがPSP-2000には対応してないってことか?

詐欺だろこれサポートの回答で解決しました。

この製品、パッケージを見る限り、「PSP-2000でもPSP-3000でもゲームの映像をPCに保存できる」としか読めません。

これがPSP-2000に対応していないなら詐欺です。

【追記 2011年6月4日】
サポートに問い合わせ、その回答をもとに改めて設定したところ、無事キャプチャできました。

【キャプチャ】USBゲーム動画キャプチャー、PSP-2000でもキャプチャできました



いろいろ調べてみるとけっこうおもしろいことになっています。

ビックカメラのネットショップでは、商品名にPSP-2000が入っていますが、

DJP3UCABK・デイテルジャパン・PSP2000/3000用USB動画キャプチャー【PSP-2000/3000】

本体サイズ(H×W×D) mm 【ケーブル長】約175cm
対応ハード PSP-3000
【対応OS】Windows XP/Vista/7(32bit)
【必要環境】USB2.0、Direct9.0c、8cmCDが読み込めるドライブ
【付属ソフト】honestech(MPEG1/2/4で録画が可能)

…対応ハードはPSP-3000だけしか入っていません。

もう少し探したら、製品発表当時のプレスリリースが見つかりました。

4Gamer.net ― PSPのゲーム画面を動画でキャプチャできるツール,4000円で発売

型番:「USB Grabber DM231C」
JAN:1171171171239
(税込店頭売価:3980円)

参考資料:
http://www.newmi.com/en/productsshow.asp?id=584

仕様:
本体サイズ(USBドングル部分) 110×27×14mm 重量 82g USBケーブル長 175cm PCとの接続 USB2.0(Aコネクタ) 対応OS WindowsXp/Vista/7(USB2.0環境、Direct9.0Cインストールが必要) MPEG1/2対応 30fps/720×480(NTSC) オーバーレイ対応 明るさ、コントラスト調整可能

PSP-2000では、動画のみ出力対応、PSP-3000ではゲームも対応しております。
付属ソフト honestech DVR MPEG1/2/4でリアルタイム録画が可能(付属品)本体/簡易日本語マニュアル/ドライバCD

発売予定日:2009年12月末

こんな大事なことがパッケージには一言も書いてありません
製品のパッケージを見る限り、PSP-2000でもPSP-3000でも、PSP用ゲームの映像をPCに保存できる、というふうにしか読めません。

とりあえずサポートにメールを送って、PSP-2000のゲーム画面をキャプチャするにはどうすればよいか質問してみようと思います。

【追記 2011年6月4日】
上記のとおり無事キャプチャできました。

ただ、情報が「PSP-2000ではゲーム画面はキャプチャできない」というものばかりです。そもそも、メーカー自身が出しているプレスリリースに『PSP-2000では、動画のみ出力対応』って書いてありますし。

正確な情報と、PSP-2000での起動手順を公式ホームページあたりにきちんとまとめておいたほうがいいんじゃないかと思います。

関連記事

テーマ : キャプチャー - ジャンル : コンピュータ

タグ : キャプチャ USBゲーム動画キャプチャー PSP デイテル・ジャパン

00:00  |  キャプチャー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/1155-5bf00cc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |