FC2ブログ

2011.03/11(Fri)

【リッジ3D】RIDGE RACER 3Dを遊んでみました~ファーストインプレッション

HOME画面とプリインストールされているソフトを触っているだけで面白かったニンテンドー3DSですが、どれもあまり食指が動かない本体と同時発売のソフトの中からリッジレーサー3Dを買ってあったので、引っ張り出してきて遊んでみました。

長いお付き合い

リッジレーサーシリーズとはPS時代から長い間お付き合いを続けています。
現世代機では、PSPのリッジレーサーズリッジレーサーズ2とXbox360のリッジレーサー6はクリアしていますし、PS3のリッジレーサー7もちゃんと買って積んであります。

1月11日のニンテンドー3DS体験会でも触ってみて、まあこれまでどおりのリッジかな?という感想だったのですが、どんなゲームに仕上がっているのかな。

3DSソフトのパッケージ

これがリッジレーサー3Dのパッケージです。
リッジレーサー3D パッケージ(表)
大きさは、これまでのDSソフトと全く同じ。ただ、厚みが少し薄くなり、持った感じが軽く、さらに剛性感がなくなってちょっとやわやわな感じです。
リッジレーサー3D パッケージ(裏)
パッケージ(裏)。
パケ裏には「3D映像の表示 あり」「すれ違い通信対応」などの項目が表示されているのが3DSのソフトって感じがして、目新しいです。
リッジレーサー3D パッケージを開封したところ
開封したところ。
なんと、ケースに「肉抜き」が施されて、裏から見ると穴が空いています。どおりで軽くてやわい感じがするはずです。

DSソフトとサイズが同じこと、厚みが薄くなったことは、小売店店頭での展示を考えてのことなのでしょうけれど、どうしてケースの肉抜きしてあるんでしょ。もしかして、出荷するときに重量で輸送料金が変わってくるのでしょうか。

ちなみに、パッケージを包んでいるシュリンク包装には、開封用のリボンがついていません。DSソフト以来ずっとこうなっているようですが、開けにくいんですよね、これ。

ちょっと遊んでみました

まずソフトを3DSにセットしてみます。
リッジレーサー3D HOME画面でのメニューに現れました
HOME画面でのリッジレーサー3DSはこんな感じです。
ちなみに、こんなメニューの状態でも上画面は3D描写を続けています。

起動してみると…ロードにそれなりの時間がかかります。
PSソフト並み、ぐらいの感じかな?

こんなところにもアイマスが

さて、起動直後にプレイヤー名などを設定するのですが、その中に「エンブレムの設定」がありました。
今作から車の上に、誰が運転しているかを示すための「ユーザーウィンドウ」が表示されます。まあ、アイコンみたいなものだと思っておけば間違いがないでしょう。

そして、このウィンドウには自分で撮影した写真の他、ゲーム内に予め用意されている「エンブレム」を表示することができます。そのエンブレムに…
リッジレーサー3D エンブレムにアイマス、765、961がありました
アイマスロゴ、765プロのロゴ、961プロのロゴがありました。

ゲーマーアイコンと違って、残念ながら市販はされていないようです。

少し遊んでみて

4時間ほど遊んでみての感想です。
  • 昔ながらのリッジです。
    リッジの車は物理的にあり得ない動き方をすることが多く、ドライブシミュレーター色の強いレースゲームのプレイヤーからは「変態挙動」と揶揄されます。ですが、ドライブシミュレータではなく「レースゲーム」として見ると、うまく走れたときの爽快感は健在です。

  • 3D映像は微妙
    コース紹介などで表示される3D映像は美しく、特に夜のコースの街路灯などの表現は素晴らしいのですが、いざレースを始めると、ドリフト操作をする度に本体が微妙に動き、3Dに見えなくなることが多発します。
    単に3Dに見えなくなるだけならまだいいのですが、右目用と左目用の映像が別々に見えてとても画面が見づらくなってしまいます。
    こうなってしまうととても走りにくいので、結局3D表示をやめて2Dにして走ることが多くなってしまいました。
    3D映像はほぼリプレイ専用です。

  • 起動の都度設定し直さなければならない視点
    自分はシリーズ全て自分の車が見えないドライバー視点で遊んできました。
    自分の車が見える後方視点(ビハインドビュー)では遊びにくいので、ドライバー視点に固定して遊びたいのですが、視点の変更はオプションから行うことができず、ボタンで変更することもできず、スタート直前にタッチパネルで「ビューチェンジ」をタッチしてやる必要があります。
    レース中にタッチペンを使うことは他にないので、わざわざこれだけのためにボタンから手を離して、画面をタッチしなければなりません。しかも、このビューチェンジ、ゲームを終了するたびに「ビハインドビュー」に設定が戻ってしまうので、起動後最初のレースではかならずビューチェンジ操作をしなければなりません。

    自社が見えるビハインドビューの方が臨場感のある3D映像が楽しめるからこんな設定方法にしているのかもしれませんが、正直イライラします。設定の押しつけはやめて欲しいところです。

  • 実況が女声になった
    リッジと言えば、レース中のDJアナウンスが楽しみの一つです。リッジレーサー6では、通常のDJを「鉄拳」の三島平八のDJに変更することができ、なかなか楽しかった思い出があります。
    そのDJが、なぜか女声に変更されてしまっています(一部男声は残っていますが)。とても残念です。改悪です。


…と、こんな感じかな。ビューチェンジとかDJとか、どうしてこんなことしたんだ、という不満がかなり残る仕上がりになってしまっています。

ああ、いよいよすれ違い通信だ

しばらく遊んですれ違い通信用のゴーストデータが用意できたので、明日こそすれ違い通信を試してみたいと思います。
関連記事

テーマ : リッジレーサー - ジャンル : ゲーム

タグ : 3DS RidgeRacer3D

02:55  |  リッジレーサー3D/RIDGE RACER 3D  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

家庭用リッジ3に相当するレイジレーサーの実況も女性でしたよね
 | 2011.03.11(金) 07:46 | URL | コメント編集

●>3月11日7:46の名無しさん

そうだったんですか。シリーズ初めてというわけではないんですね。

今回、なんか男声に比べて女声のほうはテンションが低目なんですよねー。
はね | 2011.03.13(日) 22:06 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/1074-2b5472f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |