FC2ブログ

2011.01/12(Wed)

【3DS】ニンテンドー3DS体験会「NINTENDO WORLD 2011」に行ってきました

ニンテンドー3DS体験会「NINTENDO WORLD 2011」に行ってきました。
1月10日の昼過ぎから約3時間。出展タイトルのうち、5種類を体験してきました。

混雑はひどくなかった

会場は、幕張メッセ 展示ホール9。

幕張メッセといえば、9月のTGS2010での混雑ぶりが記憶に残っています。寒い日で、会場の外で入場待ちをするのはどうしても嫌でしたので、あまり混雑がひどいようなら行くのをやめようと思っていたのですが、ネットで8日・9日の様子を見た限りではそれほどではなさそうです。
Nintendo 3DS 体験会「NINTENDO WORLD 2011」 会場入り口
実際、会場に着いたら拍子抜けで、会場への入場は全く待ち時間がなく、体験のための試遊待ち時間も、長いものでも45分、短いものは5分程度と、もう快適と言っていいぐらい。2時間30分ほどの滞在で5タイトルを体験することができました。
Nintendo 3DS 体験会「NINTENDO WORLD 2011」 会場の様子

5タイトルを体験、デモが1つ、残りはプレイアブル

体験してみたタイトルは5つ。
  • METAL GEAR SOLID SNAKE EATER 3D

  • バイオハザード リベレーションズ

  • nintendogs + cats

  • リッジレーサー3D

  • STEEL DIVER
です。

このうち、「HIDEO KOJIMA'S METAL GEAR SOLID SNAKE EATER 3D "The NAKED Sample"(オートデモ)」。はゲームとして遊ぶことはできず、デモを見るだけ。デモは、9月29日のニンテンドー3DS発表会の席上で公開されたオートデモと同じものです。操作はできませんが、スライドパッドでカメラを動かすことができます。

その他のタイトルは2~8分試遊することができました。

人気があったのは、「レイトン教授と奇跡の仮面」、
Nintendo 3DS 体験会「NINTENDO WORLD 2011」 出展タイトルと待ち時間
あとは、「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」、そして伏兵の「ARゲームズ」あたりで、待ち時間40分程度でした。
Nintendo 3DS 体験会「NINTENDO WORLD 2011」 出展タイトルと待ち時間 その2
ARゲームズは目立たないタイトルですが、体験した人の評判がよかったからでしょう。自分も触ってみたかったのですが、時間的に無理だったのであきらめました。

3D表示は予想以上、画質はPSP並み?

Nintendo 3DS 体験会「NINTENDO WORLD 2011」 実機の展示
触ってみた感想をだらだらと書いてみます。

まず、誰もが気になるであろう3D表示。

これは、予想以上にちゃんと3Dに見える感じです。
画面に奥行きがあり、キャラクターやオブジェクトも書割のようではなく、しっかりと3Dの存在感があります。
特に、画面の中のキャラクターがこちらに向かってくるような場面、例えばnintendogs + catsの犬や猫が画面の中から身を乗り出そうとしているようなところでは臨場感がありました。
…これで次元の壁も越えられる?

気になったのが、3DSを持っている手を動かしたり、顔が動いたりしたときにすぐに3Dに見えなくなること。ちょっと調節するとすぐに直るのですが、3Dに見えないときは画面がぶれたりぼけたりして見えるのでちょっと鬱陶しいです。自分はアクションゲームだと操作中に体が動いてしまうことが多いので、激しい操作を要求されるアクションゲームはちょっと心配です。

目が疲れるという声があるようですが、今までしたことがない目の使い方をするからでしょうか、最初は確かに目に違和感を覚えます。ただ、試遊時間がそれほど長くなかったので、長時間遊んだときにどれだけ目が疲れるかは未知数です。

画質は…スクリーンショットをとってPSPと比較している記事を時々見かけますが、その場で感じた限りでは「PSPと同じぐらい?」ぐらいのイメージでした。

ところで、3D表示は最初こそ感動するのですが、「3Dに見えるだけ」で、3Dを活かし、3Dでなければ体験できない面白さを実現できていたゲームはあまり多くなかったように思います。DSがタッチスクリーンというハードの特性を活かした東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニングを得て飛躍したように、「3Dならでは」のソフト待ちではないでしょうか。

一部の操作に違和感が

一方で、ゲームを遊ぶ時の操作には、違和感を覚えたものがありました。

  • 薄っぺらい十時キー

  • これはDSのときからずっと気になっているのですが、十字キーとABXYボタンが薄っぺらく、さらにストローク(押し込んだときの深さ)が浅く、さらに押したときの感じがペコペコしているので、とても押しにくいこと。
    各種キーやボタンを押したときの感じはDSとなんら変わっておらず、リッジレーサー3Dのような十字キーとボタンを多用するソフトでは指がくたびれます。

    このせいでアクションや十時キーを多用しそうなゲームはDSではなかなか買う気になれません。いい加減に何とかして欲しいところです。
    特に新設されたスライドパッドが大きくてPSPよりはるかに操作しやすくなっているので、余計にそう思います。

  • タッチペンでのカメラ操作

  • スライドパッドが新たに装備されている3DSですが、PSP同様左側にしかありません。
    バイオハザード リベレーションズでは、スライドパッドにはキャラクター移動が割り当てられ、据え置きだと右スティックに割り当てられることが多いカメラ操作は、タッチペンで画面をタッチするという操作になっていました。
    3Dアクションゲームでのカメラ操作は、PSPでもボタン割り当てに苦労しているところです。でも、タッチペンに割り当てられるとABXYボタンを押すためにはいったんペンを放す必要があります。慣れれば何とかなるのかもしれませんが、戸惑ったのは事実です。

  • 3Dスクリーンとタッチスクリーンが別

  • 3DSは上画面が3D表示ができる液晶、下画面がタッチスクリーンになっています。
    ですので、「3D表示されているキャラクターやオブジェクトにタッチペンで触れる」ことはできません。

    …何が言いたいのかというと、nintendogs + cats、そして、もしかしたらラブプラスもそうなるのかもしれませんが、まだるっこしいのです。

    nintendogs + catsでは、画面の中の犬猫をもふもふするのが楽しいゲーム、だと思うのですが、3Dで表示されているキャラクターを直接タッチペンでもふることができないのです。どうやってもふるかというと、下画面にキャラクターのシルエットが出ているのでそれをタッチペンでタッチしてやることで、上画面に手の形をしたカーソルが現れて、そのカーソルがキャラクターをもふっているように見える仕組みです。

    これではDSのタッチスクリーンのよさを殺してしまっているのが、ラブプラスをやった人には(きっとnintendogsをやった人にも)分かると思います。

    タッチスクリーンの愛花のシルエットにタッチすると、3D画面の愛花に「キスしたことになる」んだったら、タッチペンとタッチスクリーンを使う意味が全くありません。
    nintendogsはやったことがないんで断言はできないけれど、事情は同じなんじゃないかなあ。


内側カメラ、ジャイロ、通信機能、内蔵ソフト

どうしても3D表示に目が行って、その他の新機能はあまりチェックしなかったので簡単に。

  • 内側カメラ

  • nintendogs + catsとラブプラスで全く同じ使い方をしていて笑いました。どちらもプレイヤーの顔を認識して任天犬なら飼い主かどうか、ラブプラスなら彼氏かどうかを判定し、キャラクターの反応が変わるんだそうです。

    まあ最初に考え付くアイデアですよね。

    これは、KINECTが顔認識してXboxLIVEにサインインできるなどはるかに先を行っていますし、どうも3DSでは認識率があまりよくなさそう(nintendogs + catsで「顔を動かすと反応しますよー」と言われてやってみたんですが、どうやっても反応してくれませんでした)ですので、あまり期待はできなさそうです。

  • ジャイロ

  • イラネ。
    PS3のコントローラの6軸検知やPlayStaton Moveでも同じですが、思いどおりに操作できないもどかしさが面白さを上回ってストレスがたまるばかりです。

  • 通信機能

  • 最大12種類のソフトで同時にすれ違い通信ができるというのはかなり魅力的です。
    ただ、すれ違い通信自体、ドラクエ並みに売れたソフト以外では、イベントや大きなゲームショップなど特定の場所に行かない限り、ほとんど成立しないので、それ自体が大きな魅力になるかどうかは疑問です。
    「すれ違いが面白くてソフトが楽しい」より「楽しくて売れたソフトはすれ違いもたくさん成立して楽しい」ので、すれ違い自体がソフトの魅力に直接つながることはないと思います。

    あと、「いつの間に通信」とやらは大きなお世話なんじゃないかなあ。
    ただでさえバッテリー駆動時間が短いらしいのに、見たくもない宣伝みたいなものを勝手にダウンロードさせられて、メモリの容量と電池を消耗させられちゃうんでしょ?

  • 内蔵ソフト

  • 「実機を見てもらわないと3DSのよさは分からない」ため、布教用と言う用途も考えているのでしょう、出荷時に数本ソフトが内蔵されているようです。で、これがずいぶん力が入っているようで、出展されていたARゲームズの待ち時間が長かったことでも分かるように、ずいぶんできもいいようです。
    「世界で一番遊ばれているゲームソフトはソリティアだ」という話がありますが、もしかしたらARゲームズあたりは意外な伏兵になるかもしれません。


リアル「社長が訊く」

試遊待ちの列に並んでいたら、nintendogs + catsのプロデューサーさんがステージに上がってプレゼンテーションが始まったのですが、「今日は手伝いを呼んでいます」とプロデューサーさんに紹介されて壇上に登ったのは、なんと岩田聡社長でした。
間近にいわっちを見ることができて眼福でした。

とりあえず

Nintendo 3DS 体験会「NINTENDO WORLD 2011」 退場時にもらった OFFICIAL GUIDEBOOK
「ラブプラス for Nintendo 3DS」も出ることですし、本体は購入するつもりです。
発売1ヶ月で150万台出荷というニュースが流れていましたが、足りるのかな?DSのときはずっと品薄で買おうと言う気が起きなかったのですが、3DSでも品薄商法をするつもりなのかどうか、ちょっと気になります。
関連記事

テーマ : ニンテンドー3DS - ジャンル : ゲーム

タグ : 3DS

17:45  |  その他3DS  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●イベントたのしかったです。

こんにちは
かなりこまかく丁寧にまとめられていますね。お見事です。
3Dの画面がすごくきれいで感激でした。
奥行きがあると、実際の画面よりもかなり大きくかんじるものですね。
トラックバックよろしくおねがいします。
mkd(ピンポイントplus) | 2011.01.13(木) 09:25 | URL | コメント編集

●>mkd(ピンポイントplus)さん

mkd(ピンポイントplus)さんも会場にいらっしゃったんですね。

本当に楽しかったですね。
たくさんゲームさわれましたし、おまけに自分が言った時はいわっち登場のサプライズまであって、本当に行ってよかったと思います。

はね | 2011.01.14(金) 01:02 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/tb.php/1015-16dfebea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |