2011.09/07(Wed)

【Corpse party】コープスパーティー Book of Shadows~ファーストインプレッション

コープスパーティー Book of Shadows
コープスパーティー Book of Shadows、プレイを開始しました。
プレイ時間2時間程度の時点でのファーストインプレッションです。
ちなみに、以下のエントリには前作コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーのネタバレがあります


オープニングムービーにいきなり伏線があって期待度満点

例によって事前情報をほとんど仕入れずにプレイを開始します。このソフトだったら事前情報がゼロの方が絶対楽しめるはずです。

起動してみて、オープニングムービーが始まるよりも前に、ムービーシーンが始まりました。篠原世以子が「いなかったこと」にされて荒れ狂う直美。どうやら「逆打ち」をして脱出してきた前作の続きからストーリーがスタートするようです。

ちなみに、前作は伏線をそこら中に巻き散らかしっぱなしでほとんど回収しないまま消化不良のエンディングを迎え、そのエンディング自体もバッドエンドみたいな終わり方でした。作者に続編を出したいという意向があったようです。

フルプライスを支払って購入した家庭用ゲームソフトで、同人ソフトのような「毎年続編が出続ける」商売のやり方は正直反則だと個人的には思っています。続編や番外編、ファンディスクはいくら出してくれても構いませんが、本編自体はソフト1本できれいに完結させるべきだと思います。

…まあ、それはそれとして、でもいろいろなところが気になっているのは悔しいけれど事実です。
コープスパーティー Book of Shadows オープニングムービーより。やっぱりあれは伏線だったんだ。そりゃそうですよねぇ。。。
この娘の苗字の話とか、経血の話とか、気になりますよねえ。ましてや、オープニングムービーにこんなシーンを発見して、期待ではち切れそうです。

データ引継?

起動直後にこんな画面が表示されました。
コープスパーティー Book of Shadows 前作「コープスパーティー ブラッドカバー リピーテッドフィアー」からの引継があるのか?

『コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー』のデータを探して『コープスパーティー Book of Shadows』に反映させますか?

引継があるのでしょうか?
前作「コープスパーティー ブラッドカバー リピーテッドフィアー」からの引継は画像のようです

「心霊写真館」に『コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー』の画像が追加されました。

どうやら引継の内容は、前作の画像、CGがギャラリー相当の「心霊写真館」に追加されることのようです。

前作プレイ前提

ストーリーは学園祭当日、天神小に飛ばされる前日からスタート。
どうやら世以子を見捨てる形で帰ってきた直美、それを悔いるあまりか、何らかの形で天神小に飛ばされる日を何度もリピートしている、という設定のようです。

と、前作を最後まで遊んだ経験ではすんなりここまでの話が理解できるのですが、かなり細かい説明を省かれており、さらに場面転換もたびたびあるため、前作ストーリーの知識がないとほぼ置いてけぼりなのではないでしょうか…まあ、そんな人はあまりいないと思いますが、それでも、必ず前作コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーから先に遊ぶことをオススメします。

RPGからADVに

さて、立ち絵を使った会話シーンがかなりの長さで続いたので、「もしかしてノベルゲーになっちゃたの?」と思ったのですが、そうではありませんでした。
コープスパーティー Book of Shadows マップ?から行き先を選択
このような簡易マップから行き先を選択して…
コープスパーティー Book of Shadows 画面をクリックで調べる探索モード
目的地ではカーソルを動かして気になるところを調べる「探索モード」に入ります。
天神小のマップはほぼ前作と同じ形をしているようで、仕掛けやオブジェクトも前作どおりの場所にあるようです。

ノベルゲーではあの不気味でものすごく「嫌な感じ」が出しにくそうだと思っていたのですが、この方式なら似たような雰囲気が出ていそうです。ただ、ツクールとは言え前作のRPG風のマップはよくできていたと思うので、あまり変えない方がよかったかも。

SAN値がある

ところで、このゲームには「精神汚染度」というパラメータがあります。
コープスパーティー Book of Shadows 名札集めをしていると嫌らしく上昇していく「精神汚染度」
前作でも同様の要素がありましたが、前作はフラグ管理でした。
今作は数値化されて、名札集めで死体を確認しただけで嫌らしくジリジリと上昇していくようになっています。この嫌らしさが持ち味ですね。

今週中にクリアできるかな?

テーマ : コープスパーティー - ジャンル : ゲーム

タグ : PSP 限定版 コープスパーティー 今井麻美

02:05  |  コープスパーティー/Corpse party  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.09/03(Sat)

【Corpse party】コープスパーティー Book of Shadows 初回限定版を開封しました

昨日買ってきたコープスパーティー Book of Shadows 初回限定版を開封しました。

ちょっと思い出してみると、最後にゲームを開封したのはリッジレーサー3D以来。

【リッジ3D】RIDGE RACER 3Dを遊んでみました~ファーストインプレッション

開封した日は3月10日、東日本大震災の前日でした。ほぼ半年ぶりになります。
地震以降、2ヶ月ぐらいゲームをする気にならない日が続き、気持ちが戻った後もドラゴンクエストIX初音ミク Project DIVA Arcade、そしてラブプラス アーケード カラフル Clip / ラブプラス MEDAL Happy Daily Lifeと、やりかけの作業ゲームとゲーセンのアーケードに気持ちが向いていました。

でも、昨年の夏の暑い盛りに遊んだ前作コープスパーティーブラッドカバーリピーティッドフィアー無類に面白かったので本当に久しぶりの購入即開封となりました。

初回限定版、店舗特典付き

コープスパーティー Book of Shadows
買ってきたのは初回限定版です。
店舗特典のソフマップ限定クリアファイルとテレホンカード付き。
コープスパーティー Book of Shadows 初回限定版 店舗特典のソフマップ限定クリアファイルとテレホンカード
パッケージの裏側です。
コープスパーティー Book of Shadows 初回限定版 店舗特典のソフマップ限定クリアファイルとテレホンカード
コープスパーティー Book of Shadows 初回限定版 パッケージ(表)
限定版のパッケージだけを拡大したところ。
正面からでは分かりませんが、かなりの厚みがあります。
コープスパーティー Book of Shadows 初回限定版 パッケージ(裏)
パッケージの裏側です。

開封します

さっそくシュリンクを外して開封してみます。
コープスパーティー Book of Shadows 初回限定版 開封したところ
中を覗いてみたところ。
初回限定版の同梱特典「直美&世以子デフォルメフィギュア」のパッケージと、ソフト本体のパッケージらしきものが確認できます。
コープスパーティー Book of Shadows 初回限定版 同梱物一覧 左は「直美&世以子デフォルメフィギュア」、右は謎のデジパック状の何か
同梱物を引っ張り出してみました。左は「直美&世以子デフォルメフィギュア」、そして、右側はBlu-rayのデジパック状のパッケージなんですが…これはなあに?

直美&世以子デフォルメフィギュア

初回限定版の同梱特典のうち一つは、最近同梱特典としては流行のフィギュア。
コープスパーティー Book of Shadows 初回限定版 同梱の「直美&世以子デフォルメフィギュア」 パッケージ(表)
しかし、ねんどろいどでもfigmaでもない、独自製作の「直美&世以子デフォルメフィギュア」です。
コープスパーティー Book of Shadows 初回限定版 同梱の「直美&世以子デフォルメフィギュア」 パッケージ(裏)
フィギュアの開封はゲームをクリアした後ですね。

デジパック状のパッケージはスペーサーでした

さて、もう一つの同梱物、デジパック状のパッケージですが、これ、スペーサーをデジパック状に成形した物でした。
コープスパーティー Book of Shadows 初回限定版 デジパック状のスペーサー
片面は篠崎あゆみと冴之木七星ですかね。
コープスパーティー Book of Shadows 初回限定版 デジパック状のスペーサー
そして裏側は中嶋直美と篠原世以子でしょうね。
コープスパーティー Book of Shadows 初回限定版 デジパック状のスペーサー 開いてみたところ
デジパック状になっている物を開いてみるとこのとおり、CDとPSPソフト本体が限定版のパッケージの中でがたつかないようにするスペーサーを成形して、デジパック状にし、さらにキャラクターのイラストをつけています。
限定版らしい、お得感のある仕様です。

スペシャル音楽CD

上のデジパック状のスペーサーに納められていた初回限定版のもう一つの同梱特典、「スペシャル音楽CD」。
コープスパーティー Book of Shadows 初回限定版 同梱の「スペシャル音楽CD」
今井麻美さんとARTERY VEINの神々しいお姿です。
コープスパーティー Book of Shadows 初回限定版 同梱の「スペシャル音楽CD」
裏側。いつも思うのですが、ピクチャーレーベルだと嬉しいのになあ。

ソフト本体を開封します

そして、やっと辿り着いたPSPソフト本体。
コープスパーティー Book of Shadows ソフト本体のパッケージ(表)
直美と世以子がパッケージの表側。
前作のふたりのエピソードを思い出します。この二人がメインのストーリーがあるのでしょうか。
コープスパーティー Book of Shadows ソフト本体のパッケージ(裏)
パッケージの裏側。限定版のパッケージのパケ裏とあまり変化がなくて、ちょっと面白くありません。
コープスパーティー Book of Shadows ソフト本体のパッケージ 開封したところ
開封したところです。

起動しただけでいきなり引き込まれる

コープスパーティー Book of Shadows タイトル画面
開封してタイトル画面を見てみたのですが、ほんのわずか起動しただけでいきなり引き込まれました。
発売が9月にずれ込んだのが残念ですが、このままどっぷり遊んでみたいと思います。

テーマ : コープスパーティー - ジャンル : ゲーム

タグ : PSP 限定版 コープスパーティー

02:50  |  コープスパーティー/Corpse party  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.08/23(Mon)

【Corpse party】【ネタバレ】コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー~コンプリートしたのでネタバレありで感想なんかを書いてみる

コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP
PSPのコープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー、EXTRAを含めた全エンディングと名札をコンプリートしました。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP エンディングコンプリート

ちょっとだけ攻略~CHAPTER4の★3エンド

TRUE ENDを見たあとのコンプリート作業では、コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 攻略 Wikiにお世話になりました。エンディング・名札とも完璧に網羅されているのですが、CHAPTER4の★3エンドだけ埋めるのにちょっと手間取ったので、チャートを書いておきます。

同WikiのENDING LISTでは、ネタバレ回避のためか、ちょっと持って回った書き方になっていますが、このエンドは保健室で霧崎凍狐に刺殺されるエンディングです。
自分は、
・ 直美の携帯を取らずに本館3階女子厠へ行って、直美を見殺しにする
・ 戻って本館1階、5のAで逃げる光のイベント(「一人では取れない」のを確認)→保健室に霧崎凍狐出現
・ 保健室で霧崎凍狐と話す(これがWikiにある「一回目の保健室イベント」)
・ 本館1階用務員室前で世以子の携帯を拾う
・ 保健室で霧崎凍狐と話し、「殺しにきたのか?」に「はい」と回答
で、無事(Wrong Endで無事というのも変ですが)に★3エンドが発生しました。

改めて、感想

ネタバレなしの感想も書いたのですが、やっぱりいろいろと書き難いので、ストーリーを中心に、ネタバレありで改めて感想を。
何はともあれ、とにかく楽しめました。クリアまでは夢中でプレイしました。

サスペンスホラーとしてよく練られたストーリー

まず何よりも、緊迫したストーリーが面白い。小野不由美さんあたりにノベライズしてもらえばヒットするかも。

「多重閉鎖空間に存在する呪われた小学校から脱出する」のが目的というわかりやすい大筋があり、脱出のためには呪いの根元を突き止め、真犯人に懺悔させる必要があるという目的が示され、探索により徐々に事態の全貌が明らかになる過程は興味をかき立てます。

事件の真相は二重三重に重なり合っていますが、昔と思われていた1973年の事件は、さらに昔の1953年の事件の続きに過ぎないこと、1973年の事件の犯人は、実は操られていた被害者に過ぎなかったという事実など、プロットはよく練られています。

そして、テキストがストーリーをよく盛り上げています。
このゲームの「怖さ」の源泉であるグロテスクな表現は、グラフィックの面ではドット絵が使われていることで歯止めがかかっていますが、テキストと音声がグラフィックを補って余りあるほど暴走しています。被害者の舌が切り取られる場面や眼球がえぐり出される場面などのテキストは、読んでいて嫌な汗が出てくるほど。

さらに、被害者の、事件に巻き込まれる前の平和な日常を描いた「EXTRA」が悲惨さを一層強調しています。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP 犠牲者の名札リスト 名前を選択すると死因が表示される

最後に、TRUE ENDのエピローグで語られる、世以子と直美のエピソードでカタルシス。
死者から同じ文面のメールがどんどん届くというのは間違いなくホラーですし、連続で鳴り響くメールの着信音は精神をささくれ立たせるものであるはずですが、それがカタルシスになるとは。


ただ、不満点もいくつかあります。

まず、せっかくのストーリーが最後の最後で腰砕けになるのはいただけません。

エンディング直前まで、真犯人に懺悔させ、雪たち怨霊を除霊し、多重閉鎖空間を崩壊させてこれ以上の被害を防ぐはずだったのに、全ての真相が明らかになっているのにこれをあっさり諦めて「逆打ち」で単に脱出してくるのは本当に、力一杯脱力しました。

原作者さんが続編製作に意欲を見せているから、ということらしいのですが、いったん全部解決させて欲しかったと思います。

そして、ストーリーが腰砕けになったのと関係があるのかもしれませんが、回収されてなさそうな伏線があるのが気になります。
自分が気になるのは、篠崎あゆみに関係する二つ。

一つは、あゆみの名字です。
そう、サチコと同じ名字の「篠崎」。EXTRAで彼女の姉「ひのえ」がちょっとだけ登場しますが、「コープスパーティー - Wikipedia」によれば、ひのえは霊能力者だとか。あゆみ自身もいろいろと「見える」ようですので、彼女たち姉妹の能力は生来のものなのでしょう。
そういうことを考え合わせると、やはり「篠崎」という名字には意味があるように思うのです。

もう一つは、あゆみが生理中だったこと。
事件に巻き込まれる前日から「貧血が始まっていたんだ」と本人が語っていますし、その後は制服のスカートを経血で汚したまま探索を続けています。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP 制服を血で汚したまま探索を続ける篠崎あゆみ
特にスピリチュアルな物事が語られる局面では「穢れ」として扱われる(その当否はとりあえず脇に置いておきます)生理が、単に岸沼良樹のデリカシーの無さを示すイベントのネタとしてだけ使われているわけはないと思うのですが。

さらに、ストーリーで気になったのがサブキャラの扱いの軽さ。
CHAPTER1から登場しており、準メインキャラなのかと思っていた結衣先生や森繁朔太郎、鈴本繭たちが、ろくなエピソードもなくあっさり死んでいくのは違和感がありました。

学校という舞台を活かした怖さの演出

ホラーですから、プレイを始めたときからどれだけ怖がらせてくれるか期待していました。
「怖さ」に対する嗜好はきっと個人差が大きくて、さらに一定の限度を超えてしまえば例え「怖いのが好き」という人であっても先に進めなくなってしまうこともあるでしょうから、さじ加減が難しそうです。

で、このゲームで怖がらせてもらえたかというと…自分は「結構怖かった」ぐらいかな?限界まではまだ余裕がある感じです。

怖さの元になっているのは、一つは「グロさ」。
ドット絵のマップ画面の表現力をテキストや音声が補って、グロさを盛り上げます。

もう一つは、雰囲気の出し方。
「学校」という舞台を活かした怖さの演出が光ります。
例えば、音楽室。誰もいない音楽室から聞こえてくるピアノの音、壁に貼られた過去の音楽家の肖像、そして近くまで行くと止んでしまうピアノの音、とか。他にはトイレの個室。学校のトイレの個室といえばもうそれだけで気味が悪そうですが、5つぐらいあるトイレの個室全てに首つりの日もがぶら下がっているのが見える場面とかはぞっとします。
その他にも、戸棚を調べると、戸棚いっぱいに髪の毛が詰め込まれている、と不気味なテキストが表示され、もう一度調べるとそこに一瞬うっすらと人間の顔が浮かび上がるとかの演出も雰囲気十分です。

逆に、ちょっと怖さを削いでいると思ったのが、危害を加えてくる相手と対処方法が明らかになってしまうこと。
過去の事件で惨殺された子供の霊が登場するのですが、マップ画面でぼんやりと光るキャラクターとして表示され、マップ上で接触するか、自分のキャラクターと霊のキャラクターが正面から向き合う状態になると、目があったことになり、いずれもWrong Endになります。
でも、これは逆に、「マップ上で敵のシンボルに接触しないように」探索を進めることで回避できることになります。霊のキャラクターに自分のキャラクターが追いかけられる場面もあるのですが、しばらく遊んでいると「まずX座標を合わせてからY座標を合わせようとする」敵の動きがわかってきて、何ともゲーム的な方法で接触を避けることができるようになります。こうなってしまえば、霊であってももう怖くなくなってしまいます。

もしかしてツクールから進歩していないシステム

ストーリーを支えるはずのゲームシステムで、特筆すべきは音声です。

以前のエントリで書いたとおり、ダミーヘッドマイクを使ってバイノーラル録音されたフルボイスの音声は、声優さんの熱演も相俟って、ストーリーの演出に大きな役目を果たしています。

しかし、それ以外の部分では、ゲームとしての出来はあまりいいとは言えません。

まず、不具合。
CHAPTER1でのフラグ管理に不具合があってハマリ状態になってしまうバグや、突然のフリーズに悩まされました。特にフリーズは、マップ切替のタイミングで、何の前兆もなくPSPが一切のキー入力を受け付けなくなった上、しばらくすると電源が落ちるという性質の悪いもので、自分は6回ほどやられました。

そして、遊びやすさがあまり考慮されていないこと。
作れるセーブデータがCHAPTER一つにつき5つ、という制限があり、「引き返せなくなりそうな分岐の前ではセーブ」というRPGやADVを遊ぶときの一般的な方法が使いにくくなっています。実際、CHAPTER5で足りなくなって、CHAPTERの最初からやり直す羽目になりました。

さらに、スキップができないこと。
長いイベントの後にゲームオーバーになると、再度そのイベントを読み返す必要があり、これをボタン連打で飛ばすことになるのですが、これがもう面倒でたまりませんでした。ゲームの性質上、突然ゲームオーバーになることも多く、さらにフリーズで直近のセーブデータからやり直しになったこともあります。緊迫したやり取りがされているはずのイベントが、不十分なシステムのために面倒なものになってしまうのはちょっと悲しいことです。

面白そうなゲームを見つけてくるのは上手です

5pb.はPCで面白そうなゲームを見つけてきてコンシューマーに移植するのが得意で、またいいゲームを見つけてきたなあと思いました。
今後も期待しています。

テーマ : コープスパーティー - ジャンル : ゲーム

タグ : PSP 限定版 コープスパーティー

12:26  |  コープスパーティー/Corpse party  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.08/21(Sat)

【Corpse party】コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー~限定版の特典を開封してみました

コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー、Good Endまでクリアしたので、クリア後のお楽しみ、限定版の特典を開封してみました。
限定版の特典は、資料集 「裏天神小連絡週紙」とコープスーパーティーBRスペシャルCD「厄払い音楽盤」です。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 初回限定版パッケージ 同梱物一覧

資料集「裏天神小連絡週紙」

A5より一回り小さいサイズ(B6?)の小冊子です。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 初回限定版特典の資料集「裏天神小連絡週紙」
40頁、厚めの紙質で安っぽさはありません。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 初回限定版特典の資料集「裏天神小連絡週紙」 (裏表紙)
内容は、こんな感じ。
パッケージイラスト:2頁
キャラクター設定集:14頁
メインキャラ相関図:2頁
<事件の舞台「天神小学校」背景>:2頁
織衣美歌さんの4コママンガ:2頁(3話)
イラストレーションギャラリー:12頁
チームグリグリスタッフコメント:2頁
コラボ企画の宣伝:2頁
コープスパーティーの歴史:1頁

ページ数を多く取っている「キャラクター設定集」は、原画やラフスケッチ、絵コンテなどがあるわけではなく、マニュアルに載っているキャラクター設定に、原作シナリオライターの祁答院慎さんのコメントが入っている程度のものです。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 初回限定版特典の資料集「裏天神小連絡週紙」 キャラクター設定集

WARNING
このページには大きなネタバレを含んでいます!
ゲームをクリアしてからご覧になることをお勧めします。

という刺激的な見出しが付いている<事件の舞台「天神小学校」背景>。ゲーム中ではエンディングに向けて徐々に明らかになっていく事件の背景事情が見開き2ページにダイジェストされています。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 初回限定版特典の資料集「裏天神小連絡週紙」 <事件の舞台「天神小学校」背景>
また、やはり多めのページ数が割かれているイラストレーションギャラリーは、店舗特典のテレホンカード、コラボレーショントレカ&ポスター、販促イラスト、PCの同人版や一般流通版のパッケージなどに使われたイラストが収録されています。

自分が限定版同梱の資料集のような小冊子に期待しているのは、未公開イラスト、制作者や声優さんのインタビュー、裏設定や世界観解説のようなゲームでは語られなかった部分なのですが、「裏天神小連絡週紙」はちょっと物足りない感じです。
声優さんのインタビューなどはvol.001~004まで4種類が配布されていたというフリーペーパー「月刊コープスパーティー」に結構充実したものが掲載されているようです。自分の手許には、発売日にもらったvol.004があり、主人公持田哲志役の下野紘さんのインタビューが掲載されています。限定版特典にはないのに、今からでは入手が難しいフリーペーパーに載っているというのはなんとなく釈然としない気持ちになります。

5pb.の限定版の同梱特典の小冊子では、Ever17 -the out of infinity-の限定版に同梱されていたものが異様に充実していて、打越鋼太郎さんのインタビューどころか攻略チャートまで掲載されていて、攻略本顔負けだったのが印象に残っています。ですが、今回はちょっと期待はずれでした。

コープスーパーティーBRスペシャルCD「厄払い音楽盤」

もう一つの特典は、コープスーパーティーBRスペシャルCD「厄払い音楽盤」。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 初回限定版特典のコープスーパーティーBRスペシャルCD「厄払い音楽盤」
今井麻美さんの歌うオープニングテーマ「シャングリラ」のショートバージョン、喜多村英梨さんと今井麻美さんのユニット「ARTERY VEIN」の歌うエンディングテーマ「Confutatisの祈り」のショートバージョン、挿入歌「闇に濡れたCatastrope」のフルバージョンのARTERY VEINバージョン、今井麻美さんバージョン、喜多村英梨さんバージョンのほか、ゲーム中で使用されたBGMが収録されています。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 初回限定版特典のコープスーパーティーBRスペシャルCD「厄払い音楽盤」 裏面
今井麻美さんのシャングリラは「シャングリラ/今井麻美 DVD付き初回限定盤」が手許にあるのですが、「Confutatisの祈り」と「闇に濡れたCatastrope」はまだCDが発売されていません。「闇に濡れたCatastrope」のフルバージョンとソロバージョン2種類が収録されているので、かなりお得感があります。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 初回限定版特典のコープスーパーティーBRスペシャルCD「厄払い音楽盤」 開封したところ
5pb.の限定版特典のCDはちゃんと歌詞カードまで付いているのが嬉しいですね。

テーマ : コープスパーティー - ジャンル : ゲーム

タグ : PSP 限定版 コープスパーティー

12:51  |  コープスパーティー/Corpse party  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.08/20(Fri)

【Corpse party】グロい!コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー~クリア後感想【ネタバレなし】

コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー、クリアしました。

楽しめたので感想などを書いておきたいと思います。
できるだけネタバレしないように気をつけますが、パッケージ、マニュアル、公式サイト、体験版で遊べるCHAPTER1で入手できる程度の情報は書いてしまうかもしれません。

なお、怖いのやグロいのが大丈夫な方は全5章中の第1章が無料体験版としてダウンロードできるので、そちらを遊んでみるほうが手っ取り早いと思います。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP
どんなゲーム?

コープスパーティーBRは分類するとホラーアドベンチャー。
もともとはPC用のRPGツクールで作成され、無料で配布されている同人ゲームだそうです。その後、アップデートを繰り返していたものが、今回初のコンシューマ機移植としてPSPで発売されることになったんだそうな。

コープスパーティー - Wikipedia

ゲームの目的は、呪われた廃校の謎を解き、そこから脱出すること。

プレイヤーは、キャラクターを操作して、廃校の中を探索し、手掛かりを見つけたりイベントを発生させたりしてストーリーを進めます。
ちなみにCERO D(17歳以上対象)。
年齢制限の対象となった表現を示すコンテンツアイコンは「暴力」「犯罪」の2つが付けられています。ちなみに、アイコンには、
CEROの「コンテンツディスクリプターアイコン」:恐怖
↑こういう「恐怖」というのもありますが、これは付けられていません。

廃校とキャラクターはドット絵で表現されています。
そこそこ細かく描き込まれていて、チマチマとよく動きます。魔界戦記ディスガイア PORTABLEあたりのドット絵を思い浮かべてもらえれば大体あってると思います。
イベントシーンではキャラクターの立ち絵や、場合によっては一枚絵が表示されます。いずれも相当グロテスクな表現がされていることがあります。

音声はフルボイスです。
ダミーヘッドマイクを利用したバイノーラル録音が効果的に多用されています。

ストーリーはマップに落ちている手掛かりを拾う(マップ上のシンボルの隣でAボタンを押す)ことや、特定の場所に立つ(キャラクターシンボルを移動させる)ことでフラグが立ち、イベントが発生して進行します。あまり複雑なフラグ管理はされていないので、深刻な手詰まりはないと思います。

攻略サイトも既に存在しており、グッドエンドだけではなく、全てのエンディングを回収するためのフラグの立て方が掲載されています。

コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 攻略 Wiki

コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP
怖い?

「怖い」とネット上で評判になっているようですが、自分は「怖い」よりも「グロい」と感じました。

怖さの表現にも色々あって、突然画面がフラッシュして大きな音がしたりする「驚き」や、凄惨なシーンがイラストやテキストで表示される「グロさ」、想像力をかき立てる「不気味さ」などに分類できると思います。

このゲームでいちばん怖いのは「グロさ」。廃校のマップには、あちこちに血が飛び散り、白骨死体や腐乱死体が点在しています。ドット絵だからCERO Dにレーティングされていますが、バイオショックのように3Dで表現されていたらCERO Zになっていたでしょう。
さらに、イベントシーンの一枚絵は凄惨なものばかり。公式サイトのトップにあるムービーを見れば大体どんな感じかわかると思います。

一方、頑張ってはいるのですが「驚き」に関してはいまひとつ。
理由は2つあります。

ひとつは、何かありそうな場所が予想できること。パッケージ裏に「ボタンを押す恐怖!!」という煽り文句が書いてあります。まさにそのとおりで、「ここでボタンを押すと怖いイベントが始まりそう」という予測ができるのです。まあ、だからこそ、「怖くて先に進めない」っていう感想も見かけるのでしょうけれど。

もうひとつは、読み込み。PSPのUMD読み込みです。
例えば、何もない場所を移動しているときに、不意に床が軋む音がしたりすると「ビクッ」とするのではないかとおもいますが、音がする前にUMDの読み込みが入るのです。読み込みが入ると、マップを移動中のキャラクターが何かに引っ掛かったかのように一瞬止まったりするので、「ああ、何か音がするのかな」というのがわかってしまいます。

「不気味さ」に関してはかなり力が入っています。
例えばパッケージに使われているイラスト。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 初回限定版 ソフト本体のパッケージ
ヒロイン中嶋直美篠崎あゆみの右肩あたりにうっすらと人の顔が描かれています。こういった、本筋に関係はないものの、薄気味の悪い雰囲気を盛り上げる仕組みがあちらこちらに仕掛けられています。舞台が学校であることもあり、こういう演出のネタには事欠きませんよね。別館の一階のあの部屋なんかはゾクゾクしました。

ただし、本筋に関係する部分に関しては、あまり「不気味さ」「薄気味の悪さ」を感じることはありませんでした。不気味さというのは、悪さをしてくる相手が見えなかったり、そもそも何に悪さをされているのかがわからなかったりして、その相手について色々と想像をすることで感じるものではないかと思うのですが、かなり早い段階で「敵」がわかってしまい、さらにその「敵」にはゲーム的な対処方法があるため、想像力を働かせる予知がなかったからではないかと思います。

なお、「恐怖」に関してはCEROのアイコンが付いていない(=「恐怖」に関しては年齢制限の必要を認めない)というのは上にも書いたとおりです。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP
ストーリーは?

このゲームの面白さの大きな部分を占めるのはストーリーです。

このような凄惨な事態が起きてしまった背景や事情、主人公たちが巻き込まれた経緯、異常な状況におかれた登場人物たちの葛藤や苦悩や恐怖、少しずつ状況が明らかになるに連れ増していく絶望感などが、丁寧でわかりやすいテキストで語られています。
本筋に関する部分は、きちんと書き起こせばサスペンスホラーとしてノベライズできる程度の出来だと思います。
Good Endのエピローグで語られるエピソードには大きなカタルシスを感じました。

ただ、気になる点も多くあります。

まず、原作ゲームが何度も要素追加を重ねて更新されて続けていることに起因するであろう「つぎはぎ」感。第一作目から登場しているキャラクター以外のキャラクターに関するエピソードは、本筋と関係のない唐突なものだったり、そのキャラクターについて多くが語られる前に(死亡により)物語から退場してしまって影が薄かったりするものが多く、本筋のストーリーとの差が目立ちます。

さらに、Good Endの内容の消化不良感。
最終章のラストに突入する前の段階で、事態の全貌が明らかになっており、対応策も示されているので、Good Endでは大団円が見られるのかと思っていましたが、かなり消化不良な感じのエンディングを迎えてしまいました。加えて言えば、回収されていない伏線(と思われる表現)がいくつか。しかも、結構気になる伏線です。

なーんか消化不良だなあ、これってもしかして続編への引き?って思ったら、やはり原作者さんが続編製作の意欲を示しているのだとか。

後に原作者続編製作の意欲有りとの事で完結ではなくあくまで含みのある終わり方に留まっている。
コープスパーティー - Wikipedia

フルプライスを支払ってコンシューマー版を購入した者としては、この仕打ちはちょっと納得がいきません。

あとは、細かい点ですが時代考証をもう少しして欲しかったと思います。
舞台になっている「天神小学校」の内部は1973年当時という設定なのですが、30年前=すごく前という連想が働いたのか、ものすごく古い、戦前みたいな感じで表現されているものがいくつかあります。例えば新聞の日付が「昭和四拾八年」ってなっているとか、机と椅子が木製だとか。
1973年、昭和48年って確かに相当昔かもしれませんが、時は高度成長まっただ中、ちょうどNHKの「ゲゲゲの女房」の長女、藍子ちゃんが通っている小学校のような状態が普通だったはずです。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP
システムは?

システムについて特筆すべきは音声や効果音のすばらしさ。
上にも書いたとおり、ダミーヘッドマイクを利用したバイノーラル録音と、声優さんの熱演が光るCVと雰囲気を盛り上げる各種効果音は、ぜひ一度聞いてもらいたいと思います。

ただし、それ以外に関しては不満が大きい部分です。

まず、不具合。
フラグ管理がおかしいことによるハマリ状態に陥ったことが1回。「CHAPTER1で壁に埋まる」っていうもので、Wikiに報告がある症状と同じ。

バグ - コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 攻略 Wiki

フリーズも3回。HOMEボタンを含めて一切の操作を受け付けず、しばらくすると強制的にPSPの電源が切れてしまうと言う奴です。

続いて、読み込みの頻繁さ。
長いロードこそありませんが、部屋の出入りの度にロードが入り、操作しているキャラクターが何かに引っ掛かったかのように止まってしまう現象とか、効果音の読み込みが入り、「あ、何か音がするな」ってわかってしまう現象とかは著しく興を削ぎます。さらに、セーブデータの読み込みが異常に遅くてイライラします。

加えて、スキップがないこと、セーブデータが1つのCHAPTER1あたり5つしか作れないこと、そのセーブデータにはセーブした時間ではなく、プレイ時間が表示されるため、どのファイルが最新なのかわからないこと、など、遊びやすさに関する配慮が足りません。

そして、「フラグ立て」の総当たり感。
フラグ→イベントのつながりが、「レバーを引く」→「離れたところの仕掛けが作動する」のように因果関係があるものばかりではなく、「あるキャラと放す」→「離れた場所にアイテムが出現する」のように全く因果関係がないものがかなり多く、結局学校内をしらみつぶしに調べることが必要になります。校内があまり広くないのが救いです。

まとめ

色々書きましたが、全体を通した感想は、「色々と不満はあるけれど、でもとっても面白かった」。雰囲気、ストーリーとミンゴスで十分元は取れたと思います。

では、エンディング集めと名札集めに行ってきます。

テーマ : コープスパーティー - ジャンル : ゲーム

タグ : PSP 限定版 コープスパーティー 今井麻美

21:13  |  コープスパーティー/Corpse party  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.08/18(Wed)

【Corpse party】コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー~開封してプレイ開始

コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 今井麻美さん演じる篠崎あゆみ
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSPコープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーPSP
8月12日に買ってきたコープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアーの初回限定版を開封しました。

ネット上ではちょっと話題になっているようですね。自分のTwitterのタイムラインでも、ちょこちょこと「コープスパーティー」の名前を見かけます。
自分はミンゴスこと今井麻美さんがオープニング/エンディングテーマを歌っている上に、出演もしているという時点で限定版予約余裕でした。

丸一日遊んで、現在最終章でGood Endを探しているという、感想を書くには非常に中途半端な進度ですので、取りあえず限定版を開封した様子などを書いておきます。

…ああ、でも少しだけ感想を。
1.怖いのとグロいのが苦手な人にはこのゲームは向きません。ていうか、無理です。
2.ミンゴスのバイノーラル録音での囁きとか悲鳴とか絶叫とか断末魔とかを聞いてみたいって人は怖いのを我慢して遊びましょう。ミンゴスの本気が味わえますし、こと収録されている音声に関しては、非常にハイクオリティだと思います。
3.迷っている人は、「PlayStation®StoreにてCHAPTER1がまるまる遊べる無料体験版を配信開始!
」だそうですので、試してみるといいと思います。レビューで半端な予備知識を仕入れるぐらいだったら、体験版を遊ぶべきです。

発売記念抽選会は参加賞

ということで、購入は発売日当日の8月12日。発売記念抽選会にも行ってみたのですが、もらえたのは参加賞のクリアファイルとコラボレーショントレカとやらでした。
ちなみに、クリアファイルはちょっとした仕掛けがしてあって感心しました。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 発売記念抽選会参加賞のクリアファイルとコラボレーショントレカ
初回限定版のパッケージとクリアファイル、そしてコラボレーショントレカ。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 初回限定版パッケージと発売記念抽選会参加賞のクリアファイルとコラボレーショントレカ
こちらが裏側。クリアファイルの裏面は、今井麻美さんと喜多村英梨さんの顔に当たる部分が半透明に加工され、ぼんやりと不気味に顔が浮き上がるような仕組みになっていました。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 初回限定版パッケージを開封したところ。
パッケージを開封したところ。
初回限定版の梱包は、外箱の中に内箱がスライドして入っているタイプ。左側が外箱。右側が内箱に入っている初回限定版の特典資料集「裏天神小連絡週紙」。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー 初回限定版パッケージ 資料集 「裏天神小連絡週紙」の下にはコープスーパーティーBRスペシャルCD「厄払い音楽盤」
「裏天神小連絡週紙」の下からコープスーパーティーBRスペシャルCD「厄払い音楽盤」が出てきました。てか、ジャケットの写真のミンゴスが怖いw
コープスパーティー ブラッドカバー リピーテッドフィアー 初回限定版パッケージ コープスーパーティーBRスペシャルCD「厄払い音楽盤」の下からソフト本体
さらにその下にソフト本体がありました。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーテッドフィアー 初回限定版パッケージ 同梱物一覧
同梱物を全て並べてみました。
上段左から、パッケージ外箱、パッケージ内箱、資料集 「裏天神小連絡週紙」、下段左からコープスーパーティーBRスペシャルCD「厄払い音楽盤」。内箱の中にもイラストが入っているのが嬉しい。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーテッドフィアー 初回限定版パッケージ 同梱物一覧(裏)
同梱物の裏面。
特典の資料集とCDはいつもどおりクリア後のお楽しみ。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーテッドフィアー 初回限定版 ソフト本体のパッケージ
ソフト本体のパッケージ。
直美の右側あたりに浮かび上がっている顔がいかにもホラー。
コープスパーティー ブラッドカバー リピーテッドフィアー 初回限定版 ソフト本体のパッケージ(裏)
ソフト本体のパッケージ(裏)。
「ボタンを押す恐怖!!」はなかなかのキャッチフレーズだと思います。

続き

では続きを遊んできます。
今晩中に天神小学校から脱出できるかな?

テーマ : コープスパーティー - ジャンル : ゲーム

タグ : PSP 限定版 コープスパーティー 今井麻美

22:02  |  コープスパーティー/Corpse party  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |