スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11/03(Tue)

【PSP】PSP goのBluetooth機能でPS3のコントローラを接続してみました

買ってきたばかりのPSP goは、昨日、風呂場で液晶保護シートを貼ったので、念のため一日乾かしておいたのですが、いよいよ充電して電源を入れてみました。

電源投入
PSPgo ディスプレイパネルをスライドさせて本体を開け、ってことね
おなじみのロゴの後、最初に表示されたのはこんなピクトグラム(アイコン?)。ちょっと拍子抜け。
ディスプレイパネルをスライドさせて本体を開け、ってことでしょうね。言語設定をするより前に表示されるので、文字を使わずに表示したと言うことでしょう。

あとは通常機種のPSPと同様、言語設定、時計の設定などが続くのですが、最後に誕生日を聞いてきました。
PSPgo なぜか最初の起動時に誕生日を聞いてきた
なぜでしょう。バースデイのメッセージが出たりするのでしょうか?

メモリースティックマイクロ(M2)をセット

まず、メモリースティックマイクロを突っ込んでみました。
PSPgo サンディスクのメモリースティックマイクロ(M2)16GB
今さらですが、小さいですね。
本体内蔵メモリと合わせて32GB分がPSPgoの中に入っているとか、自分の今の携帯電話に入っているSDメモリカードが128MBなので、ちょっともう信じられません。
PSPgo クロスメディアバー(XMB)にメモリースティックと本体メモリーの両方が表示される
この状態だと、クロスメディアバー(XMB)にはメモリースティックと本体メモリーの両方が表示されます。PCで言えば、ユーザーディスクが2つあるのと同じ状態です。

さっそくBluetooth機器登録でPS3のコントローラを認識させてみる

PSPgoの仕様を見てから期待していたのがBluetooth機能です。
外に持ち出したときはワイヤレスヘッドホンを、そして、部屋で使うときにはPS3のコントローラを接続して使いたいと思っていました。

特に、PS3のコントローラを使うことができれば、アナログスティックを多用するため、PSPでは操作がちょっと厳しかったようなゲームでも楽にプレイできるのではないかと思っていたのです。

なので、最初に試してみたのがPS3コントローラをBluetoothを使って接続すること。
設定の方法は、取扱説明書には記載が全くありませんでしたが、本体に手順が表示されるので問題なく認識させることができました。

以下、手順です。

1.クロスメディアバーから「設定」→「Bluetooth機器設定」→「Bluetooth接続」とメニューをたどり、「Bluetooth接続」を「入」に設定する
PSPgo クロスメディアバーの「設定」の下に「Bluetooth接続設定」がある

2.「Bluetooth機器が登録されていません。Bluetooth機器を登録しますか?」に「はい」
PSPgo 「Bluetooth機器が登録されていません。Bluetooth機器を登録しますか?」

3.「Bluetooth機器を検索する」と「PS3のコントローラを登録する」のメニューから「PS3のコントローラを登録する」を選択
「PS3のコントローラを登録する」を選択

4.必要なものはPS3のコントローラ、PS3本体、PSPgo専用のUSBケーブルと普通のUSBケーブル
PSPgo PS3コントローラを登録するには、コントローラ、PS3本体、USBケーブル2本が必要

5.PSP goとPS3をPSP go専用のUSBケーブルで接続
6.PS3とPS3のコントローラをUSBケーブルで接続(すでに接続されている場合は、いったんケーブルを抜き差しする)
PSPgo PSPgoとPS3、PS3コントローラとPS3をそれぞれUSBケーブルで接続するだけ

7.ケーブルを抜き、PS3コントローラのPSボタンを押して完了。

あっけなく認識してくれました。
いったん認識させた後は、全く違和感なくPS3のコントローラでPSPgoが操作できます。

ゲームをダウンロードしようとして、システムアップデートを求められました

メニューの操作だけではなく、実際にゲームで試してみたかったので、PlayStation Storeにアクセスしようとしたら、いきなりシステムアップデートを要求されました。
PSPgo いきなりシステムアップデートを求められる 出荷時設定はVer.5.70
本体のファームウェアのバージョンを確認してみたら5.70。
現在最新のシステムソフトウェアは10月1日から6.10。
いろいろ事情があるとは思いますが、発売日に買ってきていきなりシステムアップデートを要求されるのってまずいと思わないのでしょうか。

このあたりって、メーカとユーザーの意識に大きな溝があるような気がします。
メーカはほとんど自動だからアップデートぐらいいいじゃん、って思っているのかもしれませんが、ユーザにとっては面倒です。
とくに新しいハード、買ってきたばかりのソフトをすぐに試したいときにアップデートを要求されると、本当にイライラします。

ゲームをダウンロードしてみました

メニューの操作だけではなく、実際にゲームで試してみたかったので、ゲームをダウンロードしてみました。
PSPgoスタートキャンペーンとして、1本無料でダウンロードできるプロダクトコードが付いてきたので、この中から選んでみました。
PSPgoスタートキャンペーンプロダクトコード 圧着ハガキ状
ゲームアーカイブスなんかは、一度購入すれば複数のハードにダウンロードできるのですが、これはPSPgoにしかダウンロードできないって書いてあります。妙にけちくさいです。
PSPgoスタートキャンペーンプロダクトコード 結構微妙なラインアップ
ダウンロードできるのはPSP初期のゲームがほとんど。面白そうなのは持っていますし、持っていないゲームはかなり微妙そうです。
PSPgoスタートキャンペーンプロダクトコード 結構微妙なラインアップ

ゲームタイトルリスト

下記タイトルの中からいずれか1つお選びいただけます。

クランク&ラチェット マル秘ミッション☆イグニッション PSP® the Best
サルゲッチュ サルサル大作戦 PSP® the Best
サルゲッチュ ピポサルレーサーPSP® the Best
ジャンヌ・ダルク PSP® the Best
バイトヘル2000 PSP® the Best
PATAPON(パタポン)PSP® the Best
ピポサルアカデミ~ア2 あいあいサルゲ~ジャンケンバトル! PSP® the Best
ピポサルアカデミ~ア -どっさりサルゲ~大全集-PSP® the Best
ポポロクロイス物語~ピエトロ王子の冒険~ PSP® the Best
みんなのGOLF ポータブル PSP® the Best
みんなのGOLF ポータブル2 PSP® the Best
無限回廊 PSP® the Best
勇者のくせになまいきだ。 PSP® the Best
ラチェット&クランク5 激突!ドデカ銀河のミリミリ軍団 PSP® the Best

なげやり臭の充満するラインナップから、「バイトヘル2000」を選んでみました。
PSPgo 悩んだ末に「バイトヘル2000」に決定
ダウンロードに15分、インストールに7分。
DLとインストールにやたらと時間がかかるのもマイナスです。
システムアップデートとダウンロード、インストールで30分はかかっています。もう面倒くさくなって、ゲームをする気が萎えてしまっています。
テストプレイは結局「みんなのテニス ポータブル」の体験版で
結局、本体メモリにプリインストールされていた「みんなのテニス ポータブル」の体験版を遊んでみました。

操作は上にも書いたとおり、Bluetoothで接続したPS3のコントローラを使いましたが、気になるような遅延もなく、アナログスティックもきちんと機能して、とても快適に遊ぶことができます。
まだクレードルが手に入っていませんが、「PSPのゲームをPS3のコントローラで遊ぶ」ことに関しては、期待どおりでした。

これならば、今後、PSPのゲームはかなりDL販売の方を買ってしまうような気がします。
スポンサーサイト

テーマ : PSP - ジャンル : ゲーム

タグ : PSP PSPgo

15:43  |  PSPgo  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.11/02(Mon)

【PSP】PSP goを買ってきました――ファーストインプレッション

下段左から本革ケース&ハンドストラップ、PSPgoピアノブラック(PSP-N1000PB)、D端子ケーブル、上段左からディスプレイ保護フィルム、PSPgoスタートキャンペーンプロダクトコード、メモリースティックマイクロ(M2)16
PSP goを買ってきました。色はピアノブラック。
型番はPSP-N1000PB。型番にNがつきました。

同時に購入した各種周辺機器は、D端子ケーブル(PSP-N170)、本革ポーチ&ハンドストラップ(SCZM-92086)、ディスプレイ保護フィルム(PSP-N510)、サンディスクのメモリースティックマイクロ(M2)16GB、プレイステーションネットワークカード10,000円。
同日発売のはずのクレードル(PSP-N340)はソフマップ秋葉原本館にはありませんでした。新発売のハードの周辺機器を置いていないようなら、もう小売店はいらないな…現物を見る必要がない新品だったらAmazonがあれば十分。ソフトがDL販売で小売店不要のPSP goを象徴するような品揃えでした。

PSPgo パッケージの時点で小さい PSPソフトのパッケージとの比較
PSP goの魅力はその小ささだと思っています。
箱から出す前、パッケージのサイズからすでに小さい。PSPソフトのパッケージと並べてみるとこんな感じです。
箱に大きく16GBと印刷してあるってことは、本体メモリで16GB以外のものを出す予定があるのでしょうか。

PSPgo パッケージを開けたところ いきなり液晶が目に入って驚く
箱を開けたところ。
いきなり液晶が目に入ってきて少し驚きます。PSP-3000までは本体は不透明の薄い緩衝材で包まれていたのですが、PSPgoはホコリよけの透明のフィルムで包まれているだけです。
PSPgo 同梱物一覧 上段左から 取扱説明書、パッケージ(裏)、ACアダプター(プラグアダプター付き)、USBケーブル、PSPgo本体、Media GoのCD-ROM
箱を開けて中身を取り出してみました。
同梱物は、上段左から 取扱説明書、パッケージ(裏)、下段左からACアダプター(プラグアダプター付き)、USBケーブル、PSPgo本体、Media GoのCD-ROM。
必要最低限のものしか入っていません。

とりあえず、液晶保護シートを貼ってみます

いろいろと弄くる前に、まず何より液晶保護シートを貼っておかなければなりません。
今回はSONYから純正の「ディスプレイ保護フィルム」(PSP-N510)が出ていますので、試しに使ってみました。ちなみに価格は2枚入りで800円(実売700円でした)、ゲームテックの「目にラクシート」が定価525円、ホリの液晶保護フィルターが定価300円なので、800円はちょっと高過ぎ。2枚入りって言われても、PSP go2台買う予定はありませんし。それとも、失敗前提なの?

液晶保護シート貼り自体はいつもどおり風呂場で全裸。
きれいに貼れて幸せになれました。
PSPgo 液晶保護シート、純正の「ディスプレイ保護フィルム」を貼ったところ きれいに貼れてうれしい
参考:
PSP-3000に液晶保護シートを貼ったけど失敗した
http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/blog-entry-463.html

大きさを比べてみた

液晶保護シートを貼って、弄くり回せるようになったので、まず大きさを比べてみました。
PSP各世代の比較 上段左からPSP-1000、PSP go、下段左からPSP-2000、PSP-3000
PSP各世代の比較 上段左からPSP-1000、PSP go、下段左からPSP-2000、PSP-3000。
余裕で二回り小さいサイズです。
DSとの比較 左からPSP-3000、ニンテンドーDSi、PSP go
ニンテンドーDSとも比べてみました。
左からPSP-3000、ニンテンドーDSi、PSP go。
ニンテンドーDSiより一回り小さいサイズです。
それにしてもDSはDSi LLで一回り大きくなって、PSPはPSP goで二回り小さくなったわけで、何となく面白いですね。
厚みの比較 上からPSP go、PSP-3000、PSP-2000、PSP-1000、ニンテンドーDSi
並べて横から見てみました。上からPSP go、PSP-3000、PSP-2000、PSP-1000、ニンテンドーDSi。幅も、厚みも、笑ってしまう程小さくなっています。

早速ネガキャンされていたACアダプタ

同梱のACアダプタを使って充電にかかります。

ていうか、ACアダプタが某巨大匿名掲示板で早速ネガキャンされていて笑いました。
ニュー速クオリティ:PSPgoのACアダプタが本体に負けない存在感を放っていてGK困惑www

確かにこれ、このままコンセントに挿すことを考えるとかなり異様な形状です。
PSP go 早速ネガキャンされたACアダプタ
けど、これ、電源ケーブル(メガネ型)を買ってきて、ウォールマウントタイプのプラグアダプターの代わりに使えば、ごく普通のACアダプタです。
ちょっと異様な形状に思われるが、メガネ型電源ケーブルを買ってくればごく普通のACアダプタになる

不便そうな「マルチユース端子」

それより不便そうなのが、本体側の端子が「マルチユース端子」ひとつしかないこと。
どちらかというとネガキャンされるべきは本体側の「マルチユース端子」ではないかと
本体下部の左側の丸いのがヘッドホン/マイク端子、そして右側の細長いのがマルチユース端子。このマルチユース端子が、USB経由の入出力、充電、そしてD端子等への外部出力すべての端子を兼ねています。
本体同梱のUSBケーブルは片側がマルチユース端子用、そして反対側がUSB A端子
ACアダプタのゲーム機側のソケットもUSB A端子。
ACアダプタから充電するときも、USBから充電するときも、同じこの専用USBケーブルを使うことになります。

でも、携帯ゲーム機って、実は部屋ではACケーブルと外部出力用のD端子ケーブルを繋いで、実はただのコントローラに成り下がっていること、多くありませんか?自分は部屋ではそんな使い方がほとんどです。
それが、今のままだと、外部出力と充電が同時にできないので不便です。
クレードルかコンバーターケーブルアダプター(PSP-N440)があると違うのかも知れません。

充電してくる

本格的に弄くり回す前に、充電してきます。

テーマ : PSP - ジャンル : ゲーム

タグ : PSP PSPgo

14:51  |  PSPgo  |  TB(1)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。