2009.12/12(Sat)

【アイマスDS】THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 03 ALIVEを聴いてみました

先週買ってきたTHE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 03 ALIVEです。iPod nanoの空き容量にとどめを刺してくれたCDになりました。

ジャケットはおなじみ杏仁豆腐さん

ジャケットの表側。
THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 03 ALIVE パッケージ(表)
ジャケットのイラストはもうすっかりおなじみ、杏仁豆腐さん。
下の方で>ω<みたいな表情をしているのは何なんでしょう。客寄せパンダ?
ジャケットの裏側。
THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 03 ALIVE パッケージ(裏)
左下にあしらわれているのはハイヒール、右下にバッグ、右上は金魚?
Dazzling Starのときは曲の内容にあわせているんだろうなと見当が付いたのですが、ハイヒールとか金魚とかが関係するエピソードってどこかにあったかな?靴とバッグは愛ママ、日高舞の暗喩かな?金魚はなんだろう…。
THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 03 ALIVE 開封したところ
ヴァイスシュヴァルツのPRカード「”とつげき豆タンク”愛」が同封されています。

聴いたら吹いた

一回目に聴いて思わず吹いてしまいました。
パッと浮かんだ例えは「ジャイアンリサイタル」。
「"Hello!!"」と「ALIVE」はともかく、他の3曲が下手くそ。曲調がなんとなく「みんなのうた」とか「おかあさんといっしょ」を思わせる「はなまる」も別格として、特に既存曲2曲「私はアイドル♡」と「GO MY WAY!!」は歌が下手くそな人がカラオケで大声を張り上げて「がなり立てている」ようにしか聴こえません。

TGS2009のアイドルマスターDearly Starsスペシャルステージで戸松遥さんの生歌を聴いたときは、ご本人の歌は普通に上手でしたし、そもそも収録後にいくらでも補正できるだろうCDなのですから、これはもちろんわざとそうしているのでしょう。

曲の収録順がDREAM SYMPHONY01、02と違い、「"Hello!!"」が一曲目、「ALIVE」が最後になっていることと考え合わせると、これはきっと楽曲の収録順にもストーリー性を持たせているつもりなのだろうと思います。アイマスDSのイントロダクションとしての「"Hello!!"」、幼少期の「はなまる」、オーディションに落ちまくっていた頃の「私はアイドル♡」「GO MY WAY!!」、そしてトップアイドルへの最後の一歩「ALIVE」。
そう思うとしっくり来ます。確かに愛のストーリーの最初で、彼女がオーディションに落ちたときに歌っていたのが「GO MY WAY!!」でした。

と、そんな意図はわからないでもないのですが、でもCDに下手くそな歌を収録するのはちょっと勘弁。
「見てる」が「見てれぅ」になるとか、「溶かしつくして」がとかちになるとか、「私は飛ぶ」が「私は(・3・)トブー」になるとか、朝ご飯がメカご飯になるとかは味だと思うけど、「元気に歌っているつもりなのに大声でがなり立てているだけ」っていうのはもはや味を通り越してしまっていると思うんですけれど…。

なんかアイマスDSに関してはいろんなことが空回りしているって印象があるなあ。

ALIVE

下手くそな歌を聴いてきて最後に収録されている「ALIVE」、曲調と歌唱力が前の4曲とはぜんぜん違います。
一枚のCDとして通して聴くと違和感ありまくり、とか、アイマス曲っぽくない、とかいう感想はありますが、それはそれとしてこの曲だけを聴いていればいい曲です。

深いのは歌詞。
愛のストーリーでは、愛の歌う「ALIVE」に、舞が自分が歌うのをやめて聴き入ってしまうという場面がありました。
歌詞を見ると、舞の「ALIVE」として聴いた時と愛の「ALIVE」として聴いた時と、意味合いが違ってくるような内容です。

舞の「ALIVE」は母の歌です。

愛する人と出会いやがて子を身籠もる舞。
しかし、愛の父は愛が幼い頃にこの世を去ってしまいます(!)。
「幸せ全てのみこまれ」て「独りで寂しかった」舞の救いは、愛する人の忘れ形見「いつも微笑みくれた」愛でした。つまずきながらも成長する愛を「母の温もり」「父のおもかげ」を「憶えている?」と見守っていた舞は、愛がトップアイドルに登り詰めたことを見届け、自分も再び歩き出すことにしたのです。

「見守っててね 素敵な私が飛び立つまで」。
それまでずっと「あなた」に語りかけていた私が、最後に飛び立つ決意をし、そして舞は再デビューします。

愛の「ALIVE」はもちろん飛び立つ自分の歌です。

舞の娘として見られたくない愛は、舞の娘であることを隠して、トップアイドルへの道を「ゆっくり一人で立ち上がって歩き始め」ました。
しかし、オーディションで連戦連敗。公園で「希望失って悲しみに暮れる」愛に、手を「暖かく差しのべ」たのは春香さんでした。「光り輝く未来目指」して一歩一歩アイドルとしてランクを上げてきた愛の前に最後に立ち塞がったラスボスは舞。舞との対決前にどの曲を歌うべきか悩んだ愛は、子守唄代わりに舞に聴かされてきた「ALIVE」のことを思い出し、そして「ALIVE」に舞が込めた「母の温もり」「父のおもかげ」に気付きます。

自分なりの「ALIVE」を歌うことにした愛は、母に「見守っててね 素敵な私が飛び立つまで」と言い残し、ステージに上るのでした。


最後が「見守ってるわ 素敵なあなたが飛び立つまで」ではないのがきっとポイントですね。
あと、ALIVEの歌詞がそうだからと言って、ゲーム中の設定で愛の父が亡くなっているかどうかはわかりませんが、でも、なんかそういう裏設定があるような気がしますね。

特典

全巻購入特典が揃いました。

まずは『アニメイトオリジナル「DREAM SYMPHONY 00」~「03」連動購入特典:オリジナルCD収納BOX』。
アニメイトオリジナル「DREAM SYMPHONY 00」~「03」連動購入特典:オリジナルCD収納BOX
片面はCDのジャケットのイラスト3人分を一枚に並べたもの。
新規のイラストというわけではありませんが、かなりのお得感があります。
アニメイトオリジナル「DREAM SYMPHONY 00」~「03」連動購入特典:オリジナルCD収納BOX
反対側の面はゲームのパッケージのイラスト。
アニメイトオリジナル「DREAM SYMPHONY 00」~「03」連動購入特典:オリジナルCD収納BOX 上面 アニメイトオリジナル「DREAM SYMPHONY 00」~「03」連動購入特典:オリジナルCD収納BOX 背表紙
上面と背表紙に当たる面。
下面には特にイラストは入っていませんでした。

そして、「THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY シリーズ全巻購入者対象 イベント応募ハガキ」。
THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY シリーズ全巻購入者対象 イベント応募ハガキ
「お好きな番号」「お好きなキーワード」「プロデューサーネーム」はパスワードの代わりなのかな?
締切は12月28日(月)必着だそうですので、申し込める方はお忘れなく。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスター アイドルマスターDearlyStars

16:24  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.11/15(Sun)

【アイマスDS】THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 Dazzling Starを聴いてみました

THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 Dazzling World、2曲目に収録されている「ヒミツの珊瑚礁」のリピートが止まりません。11月5日に買ってきて、しばらく放置してからiPodに放り込んで聴いていたのですが、iTunesに歌詞を入力するためにきちんと読んでからは「ヒミツの珊瑚礁」ばかりリピートしています。

ジャケットのイラストは杏仁豆腐さん

ジャケットの表側。
THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 Dazzling World 表
こちらは裏。
THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 Dazzling World 裏
アイマスのキャラクターはいろいろな人に描かれていますが、アイドルマスターディアリースターズの3人は登場してまだ間もないためか、杏仁豆腐さんのイラストでイメージが固定されてしまったような気がします。
タイトル曲の「Dazzling World」の歌詞からか、地球っぽいイラストと星っぽいイラストが涼ちんの回りに配されています。裏面は「ヒミツの珊瑚礁」のイメージからか、涼ちんの回りに描かれているのはフルーツと、右側で螺旋になっているのはきっとトロピカルドリンクに添えられているストローじゃないかな。

特典は全巻購入者対象応募券とヴァイスシュヴァルツのPRカード

THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 02 Dazzling World 開封したところ
開封してみました。
特典は下段右からTHE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY シリーズ全巻購入者対象 応募券と、ヴァイスシュヴァルツのPRカード「アイドルのいとこ涼」。
内訳はドリームシンフォニー01と同じです。

ところで、ヴァイスシュヴァルツのカード、一番下に「POWER 3000」とか、「アイドルのいとこ涼」とか描いてあって、その下にオレンジの枠の中に二つ、キーワードみたいなのが書いてあるのですが、それが「音楽」と「女装」。

そりゃ女装だけど、なんかこんなところに「女装」って書かれているのを見るとついつい吹き出してしまいます。

聴いてみました

収録されているのは、「Dazzling World」、「ヒミツの珊瑚礁」、「エージェント夜を往く」、「shiny smile」、「"Hello!!"」の5曲。
「Dazzling World」はアイドルマスターDearlyStarsの隠し機能で、ステージモードでLかRを押しながら曲を選択すると聴ける男声バージョンも収録して欲しかったかな。せっかく収録したんだからフルコーラスCDで聴いてみたかったと思います。
もともとはボクっ娘真の持ち歌、「エージェント夜を往く」は男の娘が歌っても似合います。

構成は曲が5曲入って、最後にボーナストラックとしてドラマパートが入っています。
アイマス初期のCD、MASTER PIECEシリーズと同じ構成で、ドラマパートもMASTER ARTISTシリーズやMASTER SPECIALシリーズとは雰囲気が異なり、キャラ紹介的な内容です。
ゲームが発売になってまだ日が浅く、キャラクターが定着していないという判断なのかもしれません。ドラマパートには涼ちんの「ぎゃおおおおおん」も収録されています。

「ヒミツの珊瑚礁」

なにより気に入ってしまったのは「ヒミツの珊瑚礁」。
Aメロ、Bメロ、サビ、いずれも同じメロディーラインが繰り返されるという構成になっていて、サビの疾走感(陳腐な表現ですが、語彙が少ないので…)が半端ではありません。「蒼と碧が融けて交じる」「緋と紅が融けて交じる」などの押韻、「波に爆ぜた」「琥珀の地平線」「瑠璃の水平線」といった堅めの言葉が使われていることも、これに拍車をかけています。

そして、歌詞。
「太陽のジェラシー」みたいなリゾートでカップルがじゃれ合っているラブソングに聞こえますが、歌詞をよく読むとこれ、妄想ソングです。
「ごはん食べ終えたら ふたり旅に出よう」が伏線、そして感想の後の「見慣れた風景さえ 特別になる」が種明かし。実際の珊瑚礁ではないけれど、二人でいっしょに過ごす時間なら見慣れた景色でも南の島、珊瑚礁に感じられる、っていうそういうストーリーです。

さらに、「夢と夢が恋に落ちる」は夢子ちゃんの暗喩だと読むのは深読みをしすぎでしょうか。

Bメロの後、サビに入る前にちょっとだけ間奏があるのですが、例えばこの曲のPVを作るとしたら、ここできっと画面にキラキラっと光るような効果が入って、見慣れた景色がみるみるリゾートに変わっていく場面が描かれるに違いありません。
2コーラス目はAメロの繰り返しの回数が1コーラス目の半分ですが、ヒミツの珊瑚礁に連れてきてもらった「キミ」が要領がわかってきて、すんなり空想のヒミツの珊瑚礁に入り込めるようになったからでしょうか、そして、Bメロの後の間奏が、2コーラス目はちょっと長くなっているのは、空想がさらに詳細になって、見慣れた景色がより細部までくっきりと南の島に変容していっているんでしょう。

と、そんな妄想を垂れ流しながら聴いていたら、再生回数があっという間に50回を突破。カラオケ収録されたらヒトカラで歌ってこよう。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスター アイドルマスターDearlyStars

19:32  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.11/11(Wed)

【アイマスDS】アイドルマスターディアリースターズデリシャスアルバムを読んでみました~大丈夫。ファミ通の攻略本だよ。

アイドルマスターディアリースターズ デリシャスアルバム 表紙
買ってきてあったTHE IDOLM@STER Dearly Stars Delicious Albumを読んでみました。
アイドルマスターディアリースターズ デリシャスアルバム 裏表紙

充実した攻略情報、「大丈夫。ファミ通の攻略本だよ。」のキャッチフレーズが通用します

攻略情報が非常に充実していて、珍しく(失礼)「大丈夫。ファミ通の攻略本だよ。」のキャッチフレーズがそのまま通用します。

有用な攻略情報としては、主にこんな感じです。

・ 「765プロ所属のアイドルとレッスン」
765プロのアイドルの出現条件、親密度変化の法則、ラストパネルをもらえる条件、765プロのアイドルからもらえるパネルの一覧が全て網羅されています。

・ 「トップアイドルをめざしてオーディションに挑戦する」
プレイ中には判らなくて気持ちが悪くて仕方がなかったオーディションの仕様が詳細に解説されています。
アイドルマスターディアリースターズ デリシャスアルバム オーディションの仕様も詳細に解説されている
まあ、合否はほぼ思い出ルーレットでBadボムを引かなくて済むかどうかにかかっているのですが、仕様が分かっていれば多少は有利にオーディションに臨むことができます。

なお、オーディションについては、訂正ページが公開されています。

・ ストーリーガイド
各アイドル別に、ストーリーの分岐条件、分岐した各ルートで見ることができる営業、サブ営業(ストーリーの進行上必須ではなく、受けなくてもオーディションを受けることができる営業)の発生条件、衣装の一覧とレアリティ(レアさの度合い)が全て網羅されています。
アイドルマスターディアリースターズ デリシャスアルバム 分岐条件とルート別の営業を全て網羅している
分岐とエンディングの種類がこんなにたくさんあるとは思っていませんでした。

分岐した各ルート毎に見ることができる営業が違うので、全ての営業を見てみたいと思う人にはこの情報はとても有用です。
アイドルマスターディアリースターズ デリシャスアルバム サブ営業の発生条件も全て網羅されている
なかなか発生しなかったサブ営業の発生条件も全部載っています。休みが条件になっている営業なんて攻略本なかったら見られるわけないじゃん。

衣装、アクセサリー、振付パネルの一覧と性能の情報も非常に助かります。
アイマスDSの衣装集めは、Xbox360のアイマス無印やアイドルマスターSPのように空欄を埋めていく形式ではないので、全部で何種類合って、まだ入手していないのが何種類なのかがゲーム画面では確認できません。また、衣装の性能を気にする必要が少ないのでTHE iTEM M@STERのようなネットの情報も充実していないようです。

レアアイテム「シルクハット」が入手できるQRコード付き

アイテム一覧のページに、レアリティA(入手できる確率が最も低い)のHEADアクセサリーのシルクハットが入手できるQRコードが付いています。

ただ、QRコードが掲載されているのは、本を買って読んでみて初めて気が付きました。
帯にも内容紹介にも、「レアアイテムが入手できるQRコードが掲載されている」という告知がなく、わざわざ掲載したQRコードが販売促進に全く貢献していないような気がしますw

さらに、アンケートハガキを送ると、抽選で直筆サイン入りのアイドルマスターDearlyStarsが当たるようです。
アイドルマスターディアリースターズ デリシャスアルバム 直筆サイン入りプレゼントのお知らせ
でも、ゲームの攻略本の景品として、その攻略本で扱っているゲームをプレゼントされても困ってしまうような気がw。

新鮮味に欠けるインタビュー

巻末には開発スタッフインタビューとしてディレクターの梶岡俊彦さん、ガミP、中川浩二さん、ブンケイPのインタビューが、そして、戸松遥さん、花澤香菜さん、三瓶由布子さんのインタビューも掲載されています。
スタッフインタビューは、ブンケイPが結構色んなところで色んな話をしているので、聞いたことがあるような話が多い気がします。涼ちんが入った経緯なんかを読んだのは三回目くらいじゃないかな。

それと、

――この作品を遊んだファンの中には、愛たちを自分でプロデュースしたいと思うファンが必ず居ると思うんですが?
坂上:声が届いたらやれるんじゃないですか?(笑)。

ガミP、()笑とか言ってないでとっとと作ってください(笑)。

――逆に「尾崎より俺の方がもっとうまくプロデュースできるのに!」って人もいるでしょうね。
田中:そういった声はありがたいので、たくさん要望を寄せてもらえればと思います。

そうですか。アンケートにも書いたし、ブログにも書いたんで、よろしくお願いしますね^^
http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/blog-entry-543.html

最近はスタッフの本音に近い声をネットで見かけることが多くなったので、できれば「ドリームクラブやラブプラスと発売日が近かったのは想定外でした」みたいなインタビュー、一回読んでみたいんだけどなぁ。
…出版物じゃ無理かw。

ファミ通の攻略本らしさも残っています

上にも書いたとおり、内容に誤りがあって訂正ページが公開されていたり、アイドルの名前を間違えたりと、ファミ通の攻略本らしいミスも。

ゲームのジャンルが変わったから

アイドルマスターディアリースターズ デリシャスアルバムは、実は攻略本としての構成自体はこれまでのアイドルマスター関係の攻略本アイドルマスターツインズ プレシャスアルバムや、アイドルマスターSP プロデューサーズガイドとほとんど変わりません。
にもかかわらず、攻略本として有用な内容に仕上がったのは、ゲームの内容自体がオーディションやレッスンの「コツ」を、最終的にはプレイヤーが体で覚えなければいけないものから、情報があれば有利に進めることができるものに変わったからでしょう。
ジャンルがアドベンチャーですから、攻略本はやっぱり有用です。

切るべき部分を間違えたのが浮き彫りに

蛇足ですが、攻略本を読んで改めて感じたのは、「アイドルマスター Dearly Starsは、やっぱりゲームとしての取捨選択を誤った」ということ。

例えばオーディションについては、プレイ中には判らなかった様々な仕様が細かく設定されているようですが、プレイしての自分の感想は「ただの運ゲー・目押しゲー、単純すぎてつまらない」というもの。「ストーリーを楽しんで欲しいからオーディションは簡単にした」ってインタビューで語ってますが、もういっそのこと無くしちゃえばよかったんじゃないかな。

サブ営業についても、わざわざ発生条件をこんなに詳細に設定しなくてもいいのに。やっぱりインタビューで「今回はシナリオの分岐はありますけれど、そのあたりは読んでしまえば終わりですから」って語っているように、何周もして全営業を見ようとする人はほとんどいないはず。自分の感想は「営業がずいぶん少ないな」ってものでした。わざわざ条件を設定して、営業を見づらくしている意味って全くないと思います。

ちょっと力を入れる場所を間違っているんじゃないかな。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスター アイドルマスターDearlyStars

08:45  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10/18(Sun)

【アイマスDS】THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 01 プリコグを聴いてみました

THE IDOLM@STER ドリームシンフォニー01 プリコグを買ってきました。
購入日は10月15日の木曜日。シュタインズ・ゲートやらラブプラスやらアンチャーテッドやらと一緒に買ったので、実際に聴くのが遅くなってしまいました。

アルバムアートワーク

ジャケットの表裏。こちらが表。
THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 01 プリコグ 表
こちらは裏。
THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 01 プリコグ 裏
ジャケットのイラストは杏仁豆腐さん。
もうアイマス関係のイラストではおなじみ、CDのジャケット絵はこの方のイラストでなければなんとなく落ち着かなくなってしまいました。ブログpixivも更新が止まっていますが、きっとお忙しいのでしょう。

表面と裏面ではキャラクターの水谷絵理の部分は同じ。表はキャラのイラストの周囲をプリクラのフォトフレーム風に埋め尽くしたうえで、大きく「プリコグ」と曲名が入っています。裏は絵理のテーマカラー、水色を基調に、趣味のジグソーパズルのピース、そして、左下から右上にかけて、「映像編集」からの連想なのでしょうか、映画や銀塩写真のフィルムを思わせる模様が入っています。

アルバムのジャケットに個別の曲名が入っているのはアイマスでは比較的珍しく…というか、初めてです。アイドルマスターDearlyStarsでは各アイドルと、その持ち歌(ディアリースターズでは「勝負曲」でしょうか)との出逢いが語られていて、なかなか感動的でしたし、曲を聴くときの気持ちの入り方も違うので、敢えて曲名を出してきたのでしょうか。

…でも、自分の回りの反応を見ていると、『俺、ディアリースターズやってないんだけど、「プリコグ」聴いていいのかなぁ』って純粋な人がいます。自分も、ディアリースターズの絵理でTrueEndを見ていなかったら、買うのに躊躇してしまったかもしれません。なかなか難しいものです。

特典は全巻購入者対象応募券とヴァイスシュヴァルツのPRカード

THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 01 プリコグ 開封したところ
開封してみました。
特典は下段右からTHE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY シリーズ全巻購入者対象 応募券と、ヴァイスシュヴァルツのPRカード「マルチアーティスト絵理」。

今回の特典はどちらもすっきりしません。
シークレットイベントの応募券はコロムビアの企画なのかバンナムの企画なのかよくわかりませんが、告知されたのがCDの発売日翌日、しかも、どの店舗でもらえるんだかよくわからないという体たらく。

参加をご希望の方は、01をアニメイト、ゲーマーズ、とらのあな、石丸電気、ディスクピアなどのCD販売店または左記の通販サイトでご購入ください。その際に店頭でもらえる応募券を、大切に持っておいてください。

 なお、応募券は他の販売店様でももらえるお店があります。イベント参加ご希望の方は、必ずご購入前に各店舗様に応募券の有無をお問い合わせください。

何このgdgd感満載のいい加減な告知。
少なくとも店舗特典じゃないのなら、全店舗で配るか、最初から封入するかしておけよ。

ヴァイスシュヴァルツも、自分は基本は「無関心(=別に好きでも嫌いでもない、ただトレーディングカードには興味がない)」なんだけど、こんな具合に何を買っても必ず付いてくるみたいな感じになってくると、「ウザい」方に針が振れちゃうよ。

アイドルマスターDearlyStarsでは、キャラはいいのに、脇役とストーリーとシステムが邪魔をして楽しめませんでしたし、DREAM SYMPHONYでは余計な特典でイライラさせられるし。何か最近のアイマス回りはちょっとイヤな感じがします。

聴いてみました

そんなつまらないことを考えながらPCに突っ込んで聴いてみました。
気に入ったのは、やっぱり「プリコグ」。
ゲーム内でこの曲を歌えるようになるまでのストーリーと歌詞がシンクロして聞こえてきます。絵理の声が曲調とよく合っているように思えます。

M@STER ARTISTシリーズやM@STER SPECIALシリーズとは違い、今回のDREAM SYMPHONYシリーズは曲と曲の間にトークがはさまっておらずに、CDの最後に長目のドラマパートがある、M@STER PIECEシリーズやM@STER WORKシリーズと同じような構成です。

買う前はこのドラマパートにあの尾崎玲子が出演していたらどうしよう、声はなくても名前が出てくるだけでも嫌だと思っていたのですが、聴いてみたら安心、影も形もありませんでした。

ていうか、

通販は、届いたら、もう安心?
使いたいときに売り切れてたら、悲しいから?
選んで、買うときが、いちばん楽しい?

という、この絵理の台詞が最高でした。やっぱりDearlyStars発売前からのお気に入りだっただけのことはあります。
本当、買うときがいちばん楽しい、買うまでがゲームです。

あと、これが聴けたのも幸せ。

ぬっこーぬこぬこぬっこぬこー♪
ぬっこぬこー♪
ぬっこぬっこぬこー♪

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスター アイドルマスターDearlyStars

15:53  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10/15(Thu)

【アイマスDS】ユーザーにできること~『NDS「アイドルマスター ディアリースターズ」発売記念アンケート』に回答しておきました。

残念ながら自分はあんまり楽しめなかったアイドルマスターDearlyStars、次こそはきちんとした「アイマス」を作って欲しい、とアンケートに答えておきました。

NDS「アイドルマスター ディアリースターズ」発売記念アンケート
http://www.bandainamcogames.co.jp/cs_support/enq/list/idolmaster_ds/

こんなネットの片隅の糞ブログで文句を言っているより、多少は建設的だと思いますし。
回答できるのは11月22日(日)まで。壁紙ももらえますし、アイマスDSを購入した方はお忘れなく。

Q.1【アイドルマスターディアリースターズ】における以下の項目について、5段階で評価してください。

NDS「アイドルマスター ディアリースターズ」発売記念アンケート
・映像・グラフィック
据置機とは比ぶべくもありませんが、DSiの実機で見るなら十分です。

音楽・効果音
楽曲はさすがアイマス、クオリティの高さは折り紙付きです。

ストーリーや世界観・雰囲気
絵理のストーリー、特に尾崎の位置付けが好きになれません。以前書いたとおり。
http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/blog-entry-543.html

主人公や登場キャラクター
ヒロイン3人はかわいく、またそれぞれキャラも立っていると思います。

遊び方・ゲームシステム(わかりやすさ・面白さ)
オーディションが単調かつ運と目押し任せで、買っても嬉しくなく、負けても悔しくありません。

操作性・操作方法(わかりやすさ・やりやすさ・覚えやすさ)
可もなく不可もなし。

難易度(進めやすさ・適切な設定)
2周目からは作業になりました。
ただ、やみくもに難易度を上げたからといって楽しさが増えるゲームではないと思いますので、これくらいの難易度でいいのではないでしょうか。

内容の新しさ・オリジナリティ
オーディションでの読み合いやオンライン対戦、HD画質での美しいグラフィックとダンスなど、据置機でないとできない部分を切るのは仕方がありませんが、それに代わるDSならではの楽しさがないように思います。


Q.2 このソフトを遊んでいただき、ご満足いただけましたか。5段階で評価してください。

やや不満

システムは箱マスやSPからなくなったものばかり、DSならではの要素が無く、ゲームとしてはあまり面白くない。アイマスとしては、アイドル3人のキャラクター設定はよかったものの、ストーリーに不満が大きい。
結局自分はあまり楽しめませんでした。

Q.3 このソフトのことをどこで知りましたか。知るきっかけになった情報を全てお教えください。

ゲーム専門誌
ゲーム情報サイト
インターネット通販サイト
イベント

確か、セブンイレブンの通販サイトに載ったゲーマガの予告に「アイマスDS」の文字があって、その後ファミ通のフラゲがゲーム系のニュースサイトに掲載されて確定、って感じでしたよね。
4周年ツアーの東京会場で、ガミPが「もう知ってるかもしれませんが」って発表したのが印象的でしたw

Q.4 このソフトを購入することを決定するにあたり、どの情報が一番のきっかけになりましたか。

インターネット掲示板やブログ

まあ、「アイマスの新作」という時点で購入は決定していたわけですが。

Q.5 このソフトをどこで購入されましたか。

家電店

ソフマップの本館とamazonなんですが。ソフマップの本館って「テレビゲーム専門店」じゃなくて「家電店」だよねぇ、やっぱり。
それにしても、この項目、ラジオボタンで1箇所しか選択できないのは作りが甘いな。

Q.6 このソフトを購入した理由を全てお教えください。

NDS「アイドルマスター ディアリースターズ」発売記念アンケート

「アイドルマスター」シリーズのファンだから
新登場キャラクターに興味があったから
従来のアイマスキャラが好きだから
ストーリーが面白そうだったから

ミンゴスがCVやってるゲームを全部買っているわけではないので
「お気に入りの声優が声をあてているから」これは当てはまらないな。

Q.7 このソフトをどのように購入されましたか。

新品を予約して購入した
アイドルマスター Dearly Starsの予約券

Q.8 このソフトで登場した新人アイドルの中で、最も好きなキャラクターをお教え下さい。

水谷絵理

「おはよう、ございます?」で悶絶余裕でした。

Q.9 このソフトの中で好きなキャラクターを全てお教えください。

NDS「アイドルマスター ディアリースターズ」発売記念アンケート

Q.10 このソフトの中で、あなたが魅力に感じている点を全てお教えください。

NDS「アイドルマスター ディアリースターズ」発売記念アンケート
『「レッスン」や「スケジュール」を通じて、アイドルとして成長していくこと』、『オーディションを勝ち抜き、ファンを増やしていくこと』、『様々な衣装・アクセサリーに着せ替えできること』は箱の無印アイドルマスターやアイドルマスターSPでは重要な要素でした。けれど、DSではその重要性は大きく下がってしまいました。このあたりもアイマスDSが楽しめなかった理由かもしれません。

Q.11 このソフトの中で、あなたが最も魅力に感じている点をお教えください。

登場キャラクターの性格(キャラクター性)

『ゲーム中のイベント、ストーリーの内容』であればよかったのですが…。

Q.12 「アイドルマスター ディアリースターズ」の次回作が発売されるとしたら、購入すると思いますか。 ※()内は購入確率

たぶん買わないだろう(40%)

『ディアリースターズの次回作』なら微妙だな…。少なくともこれまでのアイマス関係のアイテムのようには飛びつかないと思う。

Q.13 「アイドルマスター」の次回作が発売されるとしたら、どのゲーム機で発売を希望しますか。あてはまるものを全てお教えください。

NDS「アイドルマスター ディアリースターズ」発売記念アンケート
PS3へ無印+Live For You!のベタ移植でもいいから、そろそろ据置機に戻って欲しいなぁ。
PSPはあれだ、アイドルマスターSPの961プロ編をぜひ。

Q.14 予約特典についてお聞きします。
予約特典:アイマス用アイドル雑誌「VIDAVO!“ビダヴォ!”」はご満足いただけましたか。5段階で評価してください。

満足

ViDaVoはクオリティ高かったと思う。
http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/blog-entry-531.html

Q.15 その他、このソフトを遊んでのご意見、ご感想がありましたらお聞かせください。(1000字以内)

自分はアイマスはXbox版から入ってかなりやり込んでいる方だと思います。
アイドル3人全てTrueEndを見ての感想です。

ストーリー、特に絵理のストーリーが肌に合いませんでした。
尾崎の性格が破綻していて、どうして絵理が尾崎を信用し、慕うのかが納得いきません。さらに、プレイヤーが尾崎を信用できないにもかかわらず、「信用する」を選ばないとTrueEndに分岐できない選択があり、キャラクターへの感情移入を大幅に阻害しています。

もう少し、よく言えば「王道」、悪く言えば「ありきたり」なストーリーにしてほしかったと思います。

ゲーム部分はXbox版やPSP版でしかできないオーディションでの読み合いやオンライン対戦、HD画質での美しいグラフィックやDLCでの着せ替えなどの要素を切り捨てたのは仕方がないと思いますが、その代わりにDSでしかできない要素を入れて欲しかったところです。
特にオーディションやタッチコミュなど、タッチパネルを使ったインターフェイスを活かす余地は十分にあると思うのですが、はっきり言って練り込み不足だと思います。

自分は据置機でHD画質にこだわっているわけではありません。携帯機ならその特徴を活かして、アイマスということを抜きにして、「ゲームとしてみても面白い」ものを作って欲しいと思います。
逆に、このレベルの続編しか出てこないのであれば、購入意欲は大きく下がります。



Q.16 下記の「アイドルマスター」シリーズの中で、所有しているソフトを全てお教えください。

NDS「アイドルマスター ディアリースターズ」発売記念アンケート
ゲームオンデマンドの項目がないw

Q.17 「アイドルマスター」関連商品のうち、発売されたら購入したいものをすべてお教えください。

NDS「アイドルマスター ディアリースターズ」発売記念アンケート
尾崎がしゃしゃり出てきそうなドラマCDはいらない。
あと、普通のフィギュアとヴァイスシュヴァルツはあんまり興味ありません。
コミック、オリジナルアニメは痛い目に遭わされまくりです。もうやめて下さい。


Q.18 このソフトの発売元である「バンダイナムコゲームス」をご存知でしたか。

以前から知っていた

ナムコさんは中村遊戯機器製作所へ就職活動しようかと思ったこともあった程のファンです。

Q.19 このソフトを遊んでみて、今後も「バンダイナムコゲームス」のゲームを購入したいと思いますか。

まあ購入する

バンナムさん、特に旧ナムコさんのソフトは好きなシリーズが多く、もともと購入意欲は高いです。ただ、アイマスDSはあまりいい出来とは思えませんでしたので、「このソフトを遊んでみて、どうか?」と聞かれると、「ちょっと微妙…かな?」って回答になります。

Q.20 以下のうち、あなたが所有しているハードを全てお選びください。

NDS「アイドルマスター ディアリースターズ」発売記念アンケート
PCと携帯電話を選択肢に入れる意味があるのか?
入れるんだったら機種とスペックを聞かないと意味がないんじゃないのか?

Q.21 あなたのお好きなゲームジャンルをあてはまるもの全てお教えください。

NDS「アイドルマスター ディアリースターズ」発売記念アンケート
基本なんでもやります。

Q.22 今回購入のソフトを除いて、最近1年間で何本程度、新品で家庭用ゲームソフトを購入されましたか。最も近いものをお教えください。

10本以上

今度本数を数えてみよう。


NDS「アイドルマスター ディアリースターズ」発売記念アンケート
女子小学生ですが何か?

どれくらい

こんなアンケートって、どれだけ読んでるんでしょうね。

             _,,..r'''""~~`''ー-.、
            ,,.r,:-‐'''"""~~`ヽ、:;:;:\
           r"r          ゝ、:;:ヽ
   r‐-、   ,...,, |;;;;|       ,,.-‐-:、 ヾ;:;ゝ
   :i!  i!  |: : i! ヾ| r'"~~` :;: ::;",,-‐‐-  `r'^!
    !  i!.  |  ;| l|  ''"~~   、      i' |
     i! ヽ |  | |    ,.:'"   、ヽ、   !,ノ イェ~イ
    ゝ  `-!  :| i!  .:;: '~~ー~~'" ゙ヾ : : ::|  ブンケイP見てる~?
   r'"~`ヾ、   i! i!   ,,-ェェI二エフフ : : :::ノ~|` 
  ,.ゝ、  r'""`ヽ、i! `:、   ー - '" :: : :/ ,/
  !、  `ヽ、ー、   ヽ‐''"`ヾ、.....,,,,_,,,,.-‐'",..-'"
   | \ i:" )     |   ~`'''ー----''"~
   ヽ `'"     ノ

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスターDearlyStars

05:55  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10/05(Mon)

【アイマスDS】【ネタバレ】絵理のストーリーが楽しめなかった3つの理由

アイドルマスターDearlyStars、絵理のTrueEndを見終わりました。
登場する日高愛、水谷絵理、秋月涼の3人分、全てTrueENDを見たので、一応「クリア」したと言える状態なのですが、正直言って自分はあまり楽しめませんでした。

楽しめなかった原因の多くは、絵理のストーリーにあります。
発売前から気になっていたキャラ、プレイを始めてからもやっぱりかわいいと思った絵理なのですが、TrueEndを見た後でもストーリーには納得がいきません。

最初にBadEndを見たときは感情的になりすぎたかもしれませんので、TrueEndを見てから、少し時間をおいて、頭の中をまとめてみました。

プレイヤーの記憶は消せない

絵理での一周目は「囚われた過去の真実」で敗退、ランクCで袋小路の「過ぎゆく時間 止まった光」へ分岐してのBadEndでした。このBadEnd、尾崎が信じられなくてリアルアイドルを引退し、平和にネットアイドルをやっている絵理を、尾崎が潰しに来るというハードな内容です。

実は、自分は、「過ぎゆく時間 止まった光」に分岐した直後には、レッスンも普通にできるし、流行情報も表示されるので、もしかしたら元のルートに戻れるのではないかと思っていました。尾崎が挑発してきたのは、「絵理、やっぱりあなたはできる子じゃない。私の事情を全て話すから、お願いだからもう一度一緒にリアルアイドル活動をやってみない?」という展開の前フリではないか、と信じていたのです。それはもう、オーディション直前のセーブデータに上書きをしてしまうくらい。今から思えば、自分はなんて純真だったんだろうと思います。尾崎の本性を見抜けないなんて。

その後の展開は以前に書いたとおり。勝っても負けてもとっても後味の悪い展開が待っています。

考えてみたら、尾崎は絵理に対する憎しみのため、絵理だけではなく、涼にもひどいことをしています。突然リアルアイドルを引退した絵理と接点を持ちたい、という涼の優しい気持ちを利用して、オーディションに引っ張り出すとは。勝っても負けても、涼はいい気持ちがしなかったでしょう。

このBadEndが、この後の全ての違和感の原因であるのは間違いありません。
なにしろ、自分の一番身近にいて、本来は一番信じられなければならないはずのプロデューサーが、「信じられない」と言われただけで、自分を潰しに来るのですから。

そんなプロデューサーを信用できるわけがありません。側近に呂布を置いているようなものです。
リセットをしたり、新しくアイドル活動を始めたりすれば、尾崎の裏切りは絵理の記憶からはきれいさっぱり消えてしまいます。でもプレイヤーの記憶から尾崎の裏切りを消すことはできません。

2周目、TrueEndを見たときでも、最後まで「選択肢を間違えたら尾崎に裏切られてBadEndに落ちてしまうのではないか」とビクビクしながらプレイすることになりました。
そして予想どおり、オーディション全勝、「囚われた過去の真実」のオーディションでも勝利した後の選択肢で「信じられない」を選んでみたら、やっぱり「過ぎゆく時間 止まった光」に分岐してしまいました。
アイドルマスターDearlyStars アイマスDSの究極の選択
もしかして、オーディション無敗で分岐したら、エンディングが変わるかも、と思って「過ぎゆく時間 止まった光」を最後までプレイしてみましたが、結果は変わりませんでした。

どうして絵理は、尾崎がいいの?

ところで、絵理はどうして尾崎と二人でリアルアイドル活動を続けていこうと考えたのでしょうか。
TrueEnd直前、アイドル時代の自分の風評が、絵理の可能性を狭めることになるかもしれない、と思いこんだ尾崎は、絵理の前から去っていこうとします。そんな尾崎を、健気な絵理は引き留めます。
アイドルマスターDearlyStars なんて健気な絵理の一言。でも、どうして?
でも、どうして絵理は尾崎のことをこんなに信用するようになったのでしょう。仮に、あの強烈なBadEndを見ていなかったとしても、絵理の尾崎に対する思いには違和感を覚えます。

確かに絵理という素材を発掘してきたのは尾崎です。確かに序盤のレッスンでは、舞台の上手、下手、そして表情の作り方を教えてくれたもしれません。でもそれだけ。それ以外に尾崎は絵理に何をしてくれたというのでしょう。

その後は、レッスンを繰り返すのも、強敵の765プロのアイドルに勝てる方法を見出すのも、絵理は全部一人でこなしているのです。尾崎はといえば、自らの過去に縛られ、ランクEでは絵理の理解者たるサイネリアといがみ合って絵理に心労をかけ、ランクCでは絵理に何の説明もせずに不審な行動をくり返して絵理のオーディションでの集中を妨げ、あまつさえ、ランクAではそれでもまだ彼女を信用し、彼女を必要としていた絵理の前から姿を消そうとします。

絵理は、尾崎にサポートされるどころか、ほぼずっと尾崎のために集中力を欠き、悩みを抱えた状態でオーディションを勝ち抜いているのです。

愛のストーリーでのまなみ、涼のストーリーでの夢子と、尾崎は立場が違います。何しろ、尾崎はプロデューサーです。Xbox360版、そしてPSPのアイドルマスターのプロデューサーは全力でアイドルをサポートしてきました。自分の悩みなんかおくびにも出さず、レッスンをサポートし、アイドルを元気付け、絶妙なタイミングでオーディションで指示を出し続ける、それがプロデューサーだったはず。

アイドルをサポートするどころか、アイドルを悩ませるような存在がプロデューサーであっていいはずがありません。そして絵理は、どうしてそんなプロデューサーの風上にも置けないような尾崎にこんな信頼感を持ってしまうのでしょうか。
絵理をサポートし、絵理と共に苦労をし、オーディション勝利を絵理とともに喜んできたのは他ならぬプレイヤーだというのに、絵理はどうしてプレイヤーではなく、尾崎を信頼するのでしょうか。

そして自分はアイドルにはなれなくなった

ストーリーを先に進めるために、プレイヤーとしては全く信用できない尾崎を「信じる」という選択肢を選ばざるを得なくなり、そしてプレイヤーが全く納得できないのに尾崎と信頼関係を気付いていく絵理を見せつけられて。自分は、ランクB以降は絵理の言動に感情移入できなくなってしまいました。

薄紙一枚を挟んで、その向こう側でストーリーが勝手に展開している、そんな感覚。

「俺がアイドルだ!」とはアイドルマスターDearlyStarsの発売前に、アイマスDSがアイドル視点だと発表されて付いた二つ名でしたが、自分は絵理のストーリーではアイドルにはなれなかったようです。
アイドル視点でトップアイドルになるまでのストーリーを楽しむゲームで、アイドルの言動に感情移入できなかったら、そりゃ楽しめるはずがありません。

だから何?

いくら冷静に「楽しめなかった理由」を分析したって、発売済みのゲームの内容が変わるわけでなし、何の意味もないんですけれどね。むしろ、絵理と尾崎の関係に感動した、とか、プリコグを歌うまでの過程に涙した、とかの感想を持った人も多いでしょうし、そういう人を不愉快にさせるだけだと思います。ただ単に、ずっと楽しみにしていたゲームが楽しめなかったので愚痴を書きたかっただけなんです。
ごめんなさい。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスターDearlyStars

08:45  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(2)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09/30(Wed)

【アイマスDS】アイドルマスターDearlyStars振付パネルの集め方?

アイドルマスターDearlyStars、水谷絵理のTrueEnd終了しました。

いつものように記録を取っていたので、振付パネル関係で気が付いたことなどをメモしておきます。

765プロアイドルのレッスンスケジュール~水谷絵理版~

愛版はこちら:http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/blog-entry-528.html
涼版はこちら:http://hanemitsuru.blog105.fc2.com/blog-entry-530.html

水谷絵理版
  Vo.Da.Vi.
春香雪歩
千早あずささんやよい
雪歩春香
やよい千早あずささん
雪歩  
あずささんやよい千早
きっともっと正確なデータがとっくに攻略Wikiとかに上がってると思うので、需要なんてないでしょうけれど。
ちなみに金曜日のビジュアルレッスンが埋まっていませんが、登場回数から推定して春香さんで間違いないと思います。涼版でも春香さんのスケジュールだけ抜けがあったし、きっとレアキャラなんだな、春香さんw

振付パネルについて

新たな収集要素の振付パネル、全部集めるのは通信での交換を駆使してもかなり大変そうです。とりあえずプレイしてわかったことを書き出しておきます。需要ないでしょうけれど。

○ 種類:合計156種類
・ ベーシック27種類(BAS1~BAS27)
・ 曲別 各曲3種類×22曲=66種類
 → 曲は無印の16曲+キラメキラリ+shiny smile+"Hello!!"+ALIVE+プリコグ+Dazzling World
・ アピール6種類(愛、絵理、涼のアピール各1、ボーカル、ダンス、ビジュアルのアピール各1)
・ アクシデント3種類(ボーカル、ダンス、ビジュアル)
・ 765プロアイドル各3種類(日常1、日常2、サンクス)×10人(響、貴音はない)=30種類
・ エキストラ24種類

○ 出現条件
・ 対応するイメージのレッスンをしたときに、ランダム?でベーシック、エキストラ、曲別を獲得
 → ALIVE、プリコグ、Dazzling Worldについては、ストーリー上それぞれの曲が使用可能になった後にしか獲得できない?
・ アピール、アクシデントは不明、ランダム?
・ 765プロアイドルはレッスン場でそのアイドルからもらう

○ 765プロのアイドルから貰えるパネル
・ ランクE~ランクCの間はレッスン場に765プロのアイドルが出現する。
・ レッスン場で出会うたびに好感度が上がる?、他のアイドルにレッスンを見てもらうと好感度が下がる?同時攻略が可能なのは2人まで?
・ 好感度上昇に応じて、そのアイドルの持ち歌A3(蒼い鳥3)→そのアイドルの持ち歌B3(思い出をありがとう3)→日常2→日常1→サンクスの順でもらえるパネルが変わる?
・ ただし、パネルをくれるかどうかはランダム?

※ 「?」付きの項目は仮説、要検証。

と、おそらくこんな感じではないかと。
ちなみにサンクスまで揃ったのは嫁とあずささんの二人だけです。同時攻略できるのは2人までかもしれません。
あと、自分の現状は、ALIVEとDazzling Worldが全然揃っておらず、アピールも6枚中2枚しか揃っていません。

振付変更は

パネルの確認がてら振付変更をやってみましたが、どうしてもモーションとモーションの継ぎ目でぎくしゃくしますね。不自然でなく使えるのってアクシデントのパネルくらいだったりして。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスターDearlyStars

08:45  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09/24(Thu)

【ネタバレ】アイドルマスターDearlyStars~アイマスDSの予約特典ViDaVo!と取扱説明書を読んでみた

アイドルマスターDearlyStars 初回特典のViDaVo!とヴァイスシュヴァルツのPRカード
ゲームのほうは水谷絵理で2周目のアイドル活動中のアイドルマスターディアリースターズですが、ちょっと一息入れて、予約特典のViDaVo!と、取扱説明書を読んでみました。

ViDaVo!

版型はA4版、全20Pのなかなか気合いの入った冊子です。

「巻頭特集 876プロ新人アイドルDebutパーティ!」に8頁、"Hello!!"の振付の解説、「パーフェクトダンスレッスン」に2頁、あとは座談会とか投稿コーナーとか。

一読して思ったのは「作りたいもの作っただろw」って感じ。ニヤニヤしながら座談会やら「読者コーナー ウルオレ!!ULTRA ORANGE」(まさかガミPが書いた…わけじゃないだろうけど)やらの原稿を書いている感じがひしひしと伝わってきます。

巻頭特集は、愛、絵理、涼のキャラ紹介の詳細版ですが、ちゃんとストーリーを踏まえているのもポイント高いです。
愛のインタビューの「撮影の合間に3人で相撲したりとかしちゃいました」とか目標としているアイドルは「えっと、目標というか、えっと、いないっていうか、秘密ですっ!」とか。

それから、「パーフェクトダンスレッスン」、画像付きで丸々2頁使って"Hello!!"のダンスを紹介してます。これを見て練習すれば、カラオケで踊れるようになるマジで実用レベル。これ、他の曲も出してくれないかなぁ。

Special Thanksを探してみたら

巻末に「Special Thanks:三瓶由布子、戸松遥、花澤香菜、中村繪里子、ぷろとん」の表示がありました。ぷろとんさんは4コマが載っていましたが、他の方は何を書いているのか、探してみたら…
アイドルマスターDearlyStars ViDaVo 「似顔絵onステージ」に投稿してた
似顔絵onステージに三瓶さん、中村先生、花澤さん発見。花澤絵半端ねぇww
戸松さんが見つからないですが、もしかして、愛のグラビアページの自己紹介の字を書いたのかな?

10月号はまだですか?

アイドルマスターDearlyStars ViDaVo10月号マダー
巻頭グラビア「クールな歌姫がホットな南の島で大胆ビキニに挑戦!」すごく気になるんですが。

ついでに取扱説明書も読んでみた

ゲーム自体はもう3周目、システムにもずいぶん慣れてきた一方で、いろいろと疑問に思うことが出てきました。もしかしたら取説に書いてあるんじゃね?と思って読んでみたら案の定。

・ 営業が少ない件
 オーディション受験に必須の営業以外の営業(「!」マークが付いていない営業)が出現する条件とタイミングがわからなかったのですが、13ページに書いてありました。

なお、流行イメージが変化すると営業が増えることがあります。

ノーマルメモリーばっかり引いてボムが心許ないときは、とりあえず流行が変わるまで週を送るとよさそうです。それにしても、この仕様だと全営業を見るにはだいぶ時間がかかりそうです。

・ 765プロのアイドルの好感度について
レッスンを見てもらうと、たまに振付パネルをくれる765プロのアイドルたちですが、やはり好感度のようなものの設定があるようです。16ページに記載があります。

何度も会話して先輩アイドルと仲良くなると、振付変更で使える振付パネルをもらえることがあります。



・ オーディションでの勝敗による分岐について
引退に追い込まれる条件は負け数の累計なのか、それとも特定のオーディションで敗退したときなのか、どちらだろうと思っていたのですが、ゲームオーバーになるオーディションは決まっているようですl。10ページに記載がありました。

オーディションで不合格になっても、基本的には次のシナリオに進みます。ただし、オーディションによってはゲームが終了してタイトル画面に戻ることもあります。

この書き方だと負けても大丈夫なオーディションのほうが多いように見えますが、どうなんでしょうか。

それでは、また絵理でアイドル活動してきます

アイドル活動にもずいぶん余裕が出てきたので、コミュで明らかに地雷とわかる選択肢をすすんで踏んではニヤニヤしています。
絵理かわいいよ絵理。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスターDearlyStars

22:18  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09/23(Wed)

【ネタバレ】アイドルマスターDearlyStars~涼でTrueEnd、これは面白い…ほか、アイマスDS小ネタ的攻略

アイドルマスターDearlyStars、涼ちんでTrueEndにたどり着きました。
今回はオーディション無敗でトップの座を射止めたのですが、無敗と途中でオーディションでの敗退経験があるのとでは、エンディングが変わるのでしょうか。無敗だとちゃんとアイドルアルティメイト予選で勝利してエンディングだったのですが、1敗した愛の場合はIU予選とは関係なくママとの対決に勝利してエンディングだったので…。ちょっと気になっています。

765プロアイドルのレッスンスケジュール~秋月涼版~

日高愛版に引き続き、涼のレッスンスケジュールも記録を取ってみました。

秋月涼版 765プロアイドルレッスンスケジュール表
  Vo.Da.Vi.
春香亜美美希
律子雪歩伊織
美希律子亜美
伊織  雪歩
雪歩伊織春香
亜美美希律子

木曜日のダンスレッスンだけ抜けていますが、登場回数から考えて、春香さんで間違いないと思います。

ところで、社長からもらったメールで

レッスンの時、先輩アイドルのみなさんに誰彼かまわず甘えてないかしら?

アドバイスをもらうのは良い事だと思うし、ありがたい事だけれど……八方美人は、いい加減な人だと思われるかもしれないわよ。

『この人!』と決めたら、他の先輩は、時にはお断りすることも必要よ。気をつけてね。

って書いてあったんですが、もしかして765プロのアイドルにも「好感度」のようなものが設定してあるのでしょうか。
そういえば、「サンクス」の振付パネルはもらえなかったなぁ。

ストーリー

笑えるストーリーだといいな、と思っていましたが、失禁あり露天風呂ありの希望どおりコミカルなストーリーでした。
それも、ただ笑えるだけでなく、最後に超展開があって、その上エピローグになかなかのオチがついていました。微妙だと思っていたアイドルマスターディアリースターズ、そして色物だと思っていた涼ちんですが、これは一本取られたと言わざるを得ません。

掟破りのデビュー

女性的な容貌の秋月涼はなぜか男の子からモテます。今日も同級生の男子から告白された彼は、「アイドルになってイケメンになるんだ」と思い立ち、従姉妹の秋月律子に相談します。律子が紹介してくれたのは876プロのまなみさん。ライブ会場にまなみさんを訪ねていった二人でしたが、急遽876プロ所属のアイドルが出演できなくなったため、涼が代打でステージに立つことになりました。それも、女の子として。
出演後、876プロの石川社長とデビューについて話し合った涼でしたが、女の子にならなければデビューさせない、という社長に押し切られ、女の子アイドルとしてデビューすることになってしまいました。

仲間? ライバル? 同期と勝負

絵理と愛のストーリーにも出てきたエピソード。876プロに割り当てられたTV出演枠1つを巡って、同期の絵理、愛と涼が競い合います。

絵理には尾崎が、愛にはまなみがついているのに、涼を応援してくれる人がいません。困った涼は律子に相談して、菊地真を紹介してもらいました。涼は真とトレーニングを重ね、同期とのオーディションを勝ち抜きます。

この章、ボクっ子と男の娘の掛け合いが深夜の密会デートとしてゴシップネタになるとか、なんかもうカオスな展開で笑ってしまいました。

小さな騎士様

愛のストーリーにも出てきたエピソード。

人気の出てきた涼ですが、行きすぎたファンが学校にまでやってくるようになってしまいました。学校では男で通している涼は、悩みをまなみに相談しますが、まなみと一緒に話を聞いていた愛が、涼のボディガードをすると言い出しました。
涼が男であると知らない愛のボディガードは空回りばかり。

涼は愛の無理矢理なボディガードをかわしつつ、追っかけをしていたファンを説得してストーカーのような行為を止めさせます。

ドキドキ? キュートなライバル登場

オーディションの説明会場で、涼は同じぐらいの実力を持ったアイドル、桜井夢子と出会います。会場からの帰り道で話した二人は意気投合し、メールアドレスを交換します。

しかし、桜井夢子は実は目的のためには手段を選ばないアイドルでした。
夢子からウソのオーディション会場を教えられたり、クツが滑るように小細工されたりといったありがちな嫌がらせを受けた涼ですが、なぜか夢子のことが気になる涼は、彼女を呼び出して、そんな行為を止めるように説得します。でも、歌番組「オールド・ホイッスル」に出演することが夢、そのためにはどんなことでもする、と夢子は自分の行動を改めません。

そして、夢子の妨害にも係わらず、涼は無事オーディションに合格するのでした。

南の島♪バカンス

社長の思いつきで南の島にバカンスに出かけることになった876プロの一行。
もうストーリーとか関係なしに、お約束の展開を楽しんでください、って感じ。さすがCERO C。

試される心・チャンスをつかめ!

涼と夢子は、TV曲でばったり武田蒼一に出会います。武田は、夢子の憧れの番組「オールド・ホイッスル」のプロデューサーで作曲家。アイマス初のイケメンキャラです。

武田に気に入られた二人は、武田から彼の歌に対する考えを聞き、そして次のオーディションの相手、高槻やよいと引き合わされます。
やよいのパワーの源はその心にあると感じた涼。

そしてオーディションに臨んだ涼は、やよいと「楽しみましょう」と約束を交わしてステージに上るのでした。

玉砕覚悟!? 新しい力を手に入れろ

涼の次のオーディションの相手が決まりました。嫁です。
ライブを見に行ったり、一緒にチャリティコンサートの仕事をしたりして、彼我の実力差を悟り、このままでは勝てない、と思い悩む涼が思いついたのは、武田に曲を作ってもらうことでした。

インスピレーションが湧かないと曲は作れない、いつになるかわからない、と言う尾崎でしたが、オーディション開始を待っている涼の控え室に新曲「Dazzling World」が届きます。

新曲を手にして、涼はオーディションに臨むのでした。

夢・ゆがみの果てに

夢子から涼にメールが届きました。
「私、アイドル辞めることにした。じゃあね。」とだけ書いてあるメールに驚いた涼は、夢子を呼び出して話を聞きました。武田にこれまでの夢子の所行が知られてしまい、「オールド・ホイッスル」に夢子を出演させることはないと、武田に言われたというのです。

夢子のことが気になる涼は、武田に会って、夢子のことを取りなします。
しかし、武田は涼が男であることを見抜きます。男性歌手としての才能を涼に見出した武田は、涼に対し、ずっと嘘を吐き続けるのか、と逆に問いかけます。

悩んだ末、自分が何のためにアイドルをやっていたのか思い出した涼は、社長と直談判し、トップアイドルになったら男の子に戻ってもいいという約束を取り付け、オーディションに臨みます。

オーディションの相手はあずささん。夢子はあずささんを「お姉さま」と呼んで、普段から何かと相談をしていたようですが、その当たりの詳細は語られません。

僕は男だ!

オーディションに勝ってランクAのトップアイドルに昇格した涼。
とうとう出演したTV番組で、自分が男の子であると白状します。

しかし、放送された番組では、涼の告白はカットされていました。女の子アイドルの秋月涼を失うことを恐れたTV曲、レコード会社や出版社は結託して涼を生番組に出演させないように、ライブの会場も使わせないように手を回してきたのでした。

再び武田に相談する涼。そして、武田から、アイドルアルティメイトの予選に勝ったなら武田の番組、「オールド・ホイッスル」で男の子に戻らせてあげる、夢子のことももう一度考える、という約束を取り付けます。

自分の夢、夢子の夢、いろいろな夢を背負って、涼はオーディションに臨みます。

面白かったです

「女装で散歩」のような笑えるコミュ(ノーマルを引くと思いつつ、ついつい「はみだしそう」を選んでしまいます)や、「TV局見学」のような失禁コミュ、「深夜のトレーニング」のようなボクっ子×男の娘のコミュ、そして、「ドキドキ温泉!」(愛、絵理と一緒に温泉に入る)みたいなお約束のコミュ、さらには「全滅」→「わずか3分でか?」のガンダムネタとか「アッーーー!」とかの台詞とか、とにかく腹を抱えたり、ニヤニヤしたり、ニヤッとしたりといった笑いどころ満載のストーリーでした。
アイドルマスターDearlyStars 愛と絵理に剥かれる涼
絵理のBad Endが地雷だったり、愛のストーリーが「ALIVE」との出会い以外はもうひとつだったりしたので、涼ではぜひ笑わせて欲しいと思っていたので、これは満足。

そして、最後まで女の子のままで通すのかと思っていたら、武田に見抜かれて男の子に戻るという急展開には驚かされました。最後のステージ、男の子に戻って衣装はどうするのだろうと思っていたら、衣装はそのままだったので、ちょっと残念。まあ仕方がないのかもしれませんが。

さらにさらに、エピローグで夢子がどうやら涼に思いを寄せているらしいことが語られています。

笑えるだけのストーリーかと思っていたらこんな展開があったので、ちょっと一本取られたかなという感じです。

でも、これってアイマスなのかな?

でも、このストーリー、これまでのアイマスにない要素が入っています。

男性キャラは、ゲームではこれまで全てシルエットで表現され、顔のある男キャラはいなかったアイマスですが、今回の武田はしっかり立ち絵付き。しかもイケメン。
さらに、今回はアイドルとプロデューサー以外のキャラ(桜井夢子)との恋愛がほんの少しですが語られています。

こうなってくると、ゲーム内でのプレイヤーの居場所がどんどん無くなって来てしまうような気がしてなりません。「アイドルマスター」を冠していても何かもうアイマスとは別物のような。

やっぱりプロデューサーをやりたいなぁ。
アイドルマスターDearlyStars 嫁のプロデューサーが羨ましい
嫁の声のトーンも、涼に対するものとプロデューサーに対するものとで全然違います。さすがミンゴス、よくわかっていらっしゃいます。このシーンに出てくるプロデューサーがどれだけ羨ましかったことか。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスターDearlyStars

23:41  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09/22(Tue)

【ネタバレ】アイドルマスターDearlyStars~愛でTrueEnd、アイマスDSにもいいところがありました

アイドルマスター ディアリースターズ、日高愛でトップアイドルになりました。
オーディションで1敗していますが、ラスボスに勝ったのでおそらくTrueEndだと思います。

ストーリー

愛のストーリー、大まかなあらすじはこんな感じでした。

1.熱血ダメ候補生の挑戦!

歴史的アイドル日高舞の娘の日高愛。いつもママと比べられるのがイヤでたまらなかった愛は、日高舞の娘であることを隠して何度もオーディションに挑戦しています。でも、声が大きいだけで、歌になっていない愛は何度オーディションを受けても落ちるばかり。今日もオーディションを受けてやっぱり不合格、あんまり悔しくて、帰り道の公演で大泣きしていた愛に、そのオーディションで審査員をしていた春香さんが声を掛けます。

愛のことが気になっていたという春香さんは、愛を876プロに紹介します。

876プロに入社した愛は、社長に「日高舞の娘だということ」を公表するように迫られます。社長の見立てに寄れば、愛の実力は、同期のアイドルたちと比べて大きく劣ります。実力差をひっくり返す切り札が、彼女が舞の娘だということだという社長の言葉。しかし、ママの娘ではなく、日高愛として自分を見て欲しい彼女は、社長に頼み込み、舞の娘だということを公表せずにオーディションを受けられることになりました。

マネージャーの岡本まなみさんに助けてもらい、努力を重ねた愛は、無事オーディションに合格するのでした。

オーディション 勝ち(合格率90%、1勝0敗 →ランクEに)

2.仲間? ライバル? 同期と勝負!

876プロに回って来たわずか1つのTV出演枠。愛、絵理、涼の3人は、TV出演をかけてオーディションで競い合うことになります。

愛は、またもやまなみさんに手伝われ、無事にオーディションに合格するのでした。

オーディション 勝ち(合格率90%、2勝0敗)

3.小さな騎士様

愛は涼とまなみさんから相談を受けます。どうやら、涼がしつこいファンにストーカーされているようなのです。
涼のボディーガードを引き受けた愛は、女装する前の涼をストーカーと勘違いして撃退してしまいます。そんな空回りを続けながらも、涼に感謝された愛。そして、無事オーディションにも合格。

オーディション 勝ち(合格率90%、3勝0敗 →ランクDに)

4.スターへの挑戦

絵理と二人で765プロのトップアイドル、星井美希に挑戦することになった愛。絵理と愛はダブル・トレーニングをするのですが、あまり順調ではない様子。
しかし、リハーサルで顔を合わせた美希から、デビュー当時の話を聞いた愛は、自分を振り返り、自分が子供であったことに気付き、改めて絵理との練習に打ち込みます。

そして迎えたオーディション。絵理は破れたものの、油断があった美希に、愛は見事勝利するのでした。

オーディション 勝ち(合格率90%、4勝0敗)

5.思いがけない試練

これまでずっと愛を助けてくれていたマネージャーの岡本まなみ。しかし、876プロのような小さな事務所では、マネージャーはただアイドルの世話をしているだけではなく、仕事を取ってこなければなりません。押しの弱い彼女は営業には向かず、見かねた社長はまなみを解雇することにします。

ショックを受けた愛ですが、「解雇は、向かない仕事を続けるより、別の仕事に就かせるための社長の思いやり」というまなみの言葉にアイドル活動をがんばることで彼女への恩を返すことにします。

オーディション 勝ち(合格率80%、5勝0敗 →ランクC)

6.新たな一歩

まなみに去られて寂しく過ごしていた愛は、公園で765プロのアイドル、萩原雪歩と出会います。雪歩と意気投合し、一緒に遊んだり、合同レッスンをしたりする愛。
しかし、2人はオーディションで戦うことになるのでした。

オーディション 負け(合格率70%、5勝1敗)

7.騒然!帰ってきた巨星

愛に勝った雪歩は、アイドルアルティメイトの特別予選に挑みます。「パーフェクト勝ちを」と愛に送り出された雪歩。しかし、オーディションから帰ってきた雪歩の口から愛が効いた言葉は、「パーフェクト負け」。
雪歩を鎧袖一触で下した相手は愛のママ、日高舞。さらに驚いたことに、876プロを解雇された岡本まなみさんが、今はママのマネージャーだというのです。

ママに勝ってまなみさんを取り返す、と意気込む愛。
他の出場者がみな舞を恐れて出場を辞退し、参加者が2人きりになったオーディションで愛と舞は対決します。

オーディション 勝ち(合格率50%、6勝1敗 →ランクB)

8.照らされたブリリアント・ロード

愛は自分を発掘してくれた大恩人、春香さんとオーディションと戦うことになりました。

さらに、一度は愛に破れた舞が、「絶不調だった自分に勝っても自慢にならない」と、自らの最大のヒット曲「ALIVE」で愛に再戦を挑みます。

まなみさんを取り返すため、と異様な意気込みの愛は、春香さんの目の前で壮絶なステージを披露します。そんな愛を、春香さんはステージを楽しんでいない愛は本当の愛ではない、とたしなめるのでした。

春香さんの言葉で目を覚ました愛。そして、愛と春香さんはオーディションで対決します。

オーディション 勝ち(合格率90%、7勝1敗、→ランクA)

9.とどけ 愛の歌

ランクAになった愛の前に最後に立ち塞がるのは、大ヒット曲の持ち歌「ALIVE」を歌うママ、日高舞。

どうしてもママを越えたい愛でしたが、舞との勝負の時に歌うべき歌が見つかりません。思い悩んだ愛でしたが、最後にたどり着いた結論、それは、舞と同じ歌、「ALIVE」で舞と戦うことでした。
自分も「ALIVE」を歌いたいという愛の申し出を舞は快諾します。

そして迎えたオーディション。

オーディション 勝ち(合格率90%、8勝1敗、→TrueEnd)

舞は途中で歌うのを止めてしまいます。愛の歌う「ALIVE」を聞いていたかったのだ、と語る舞。
アイドルマスターDearlyStars 日高愛 王位継承

持ち歌との出会い

これまでゲームとしても、ストーリーにもあまりいい印象を持てなかったアイマスDSですが、愛が「ALIVE」を歌うことになるまでのエピソードはいい話でした。

考えてみれば、嫁と「蒼い鳥」、やよいと「おはよう!朝ご飯」みたいに、アイドルと切っても切れない強烈な印象を残すような、各アイドルの「持ち歌」のあるアイドルマスターなのに、アイドルと持ち歌との出会いが語られたことは、これまでありませんでした。

「ALIVE」、越えるべき目標である母の最大のヒット曲、幼い頃から子守歌代わりに聞かされて育った曲。愛にとっては「ALIVE」は母への羨望を掻き立てられる曲でもあり、逆に思い出のつまった曲でもあったのでした。
そんな曲を、愛は勝負曲に選びます。それも、舞と同じように歌うのではなく、自分なりの歌い方で。

…と、こんな感じのエピソード。
オーディション勝利後のステージで始めて「ALIVE」を耳にしたこと、そして、「ALIVE」の曲調と歌詞との相乗効果で、とっても印象的なエピソードに仕上がっています。


シナリオは、坂本正吾さん?

印象的なエピソードもありましたが、全体的に不満が大きかったアイマスDSのシナリオ。
アイドルマスターSPのシナリオは、CHAOS;HEAD NOAHのシナリオも担当した林直孝さんが書かれたもの(全部かどうかはわかりませんが)だそうですが、今回のシナリオはちょっと同じライターさんが書いたものとは思えませんでした。
誰がシナリオを書いたのか知りたくて、エンディングでのスタッフロールを眺めていたら、シナリオに「坂本正吾」と「マイクロビジョンスタッフ」というクレジットがありました。

「マイクロビジョンスタッフ」は「株式会社マイクロビジョンのスタッフ」なのかどうかよくわかりませんでしたが、坂本正吾さんは、ホームページが見つかりました。

ドラマの城 ~Der dramatisch Burg~

ホームページを見ると、アーケード版のアイドルマスターと、Xbox360版のアイドルマスターのシナリオもご担当されていたようです。バッドエンドが容赦なかったのはアーケード版と同じ方がシナリオを担当されていたからなのかもしれませんね。

9月17日の日記で、アイマスDSに対する想いを語っていらっしゃいました。

愛と記憶の結晶です。
『老若男女、im@sを全然知らない人にも楽しんでほしい』という想い。
『この5年、いっしょに歩いてきてくれたみんなに、その歩みの分だけ確かに報いたい』という想い。
ふたつの想いが満ちています。



やっぱり、ずいぶん思い入れをお持ちのようですね。


でも、ごめんなさい岡本さん、自分は最初に踏んだバッドエンドが強烈で、その後のシナリオを素直に楽しめません…。次にシナリオをお書きになるときは、鬱エンドに耐性がないプレイヤーのために、少し手加減をお願いしますね。あと、Ever17のドラマCD、聞いてみます。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスターDearlyStars

23:23  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09/21(Mon)

【ネタバレ】アイドルマスターDearlyStars~気を取り直してアイマスDSを少し攻略

水谷絵理のストーリーが酷い地雷で打ちのめされたアイドルマスターDearlyStarsですが、気を取り直して2周目を始めました。

攻略するほどの難易度ではありませんが、小ネタ的に気が付いたことを何点か書き留めておきます。

765プロのアイドルのレッスンスケジュール

レッスンをしていると、レッスン場で765プロのアイドルと顔を合わせることがあります。彼女たちにレッスンを見てもらうと、レッスンが終わった後に「振付パネル」をもらえることがあります。
もらえる振付パネルは、レッスンを見てくれたアイドルの名前がついた「○○日常」(「やよい日常」とか、「あずさ日常」とか)というパネルと、おそらく「○○日常」パネルを3枚集めた後にもらえる「○○サンクス」(「律子サンクス」とか「亜美サンクス」とか)を合わせた4種類。

で、マネージャーのまなみさんからもらったメールに誰がいつどのレッスン場にいるかはキッチリ決まっているって書いてあったので、少し記録を取ってみました。

日高愛版 765プロアイドルレッスンスケジュール表
 Vo.Da.Vi.
やよい律子
あずささんやよい
律子亜美
亜美 
 律子 
あずささん亜美
空欄はプレイ中に誰が出てくるのか調べきれなかったところ。やよい、真、あずささんが2箇所しか埋まっていないので、空欄にはこの3人がそれぞれ入るのだろうと思われます。

ちなみに、プレイしているアイドルで、スケジュールは変わってきそうです。絵理でプレイしていたときは、嫁、あずささん、春香さん、真、雪歩が出てきた覚えがあります。

あと、ランクBに昇格したら「もう教えることは何もない」みたいなことを言って765プロのアイドルたちは出てこなくなってしまいました。振付パネルを集めるならランクCまでにがんばった方がよさそうです。

能力値の上昇限界について

レッスンで上げられる能力は、各章毎に上限があるようです。
上限まで能力が上がってしまっていると、レッスンの時に、アイドルが「もうレッスンは十分だと思うけどなあ」って言うほか、オーディションが受けられる状態で月曜日を迎えると、社長が「オーディションの合格率だけれど、ボーカルとダンスは十分、あとビジュアルだけをなんとかすれば」みたいなことを言うのでわかります。

ところで、振付パネルを集めるために、能力が上昇限界まで上がりきってもレッスンを続けて時間が経過すると、どうなってしまうのでしょうか。
時間切れの概念はなさそうですが、ライバルの能力も上昇したということでオーディション開始時の合格率が下がるような気がしています。


愛でアイドル活動中です

もう一度絵理のストーリーを見る気力が湧かなかったので、2周目は「豆タンク」日高愛でプレイ開始。
最初は、また尾崎がプロデューサーとしてまとわりついてアイドル活動の妨害をしてくるのかと思っていましたが、そうではありませんでした。
各アイドルのストーリーはどうやら並行しているようで、愛でプレイするときでも尾崎は相変わらず絵理のプロデューサー(絵理がかわいそうすぎます)、そのかわり、マネージャーのまなみさんが愛を応援してくれることになりました。
その後も、ストーリーは並行していて、絵理のストーリーで絵理と愛の二人が美希とオーディションで競うことになる章があったのですが、愛のストーリーでもきちんと愛と絵理の二人が美希にオーディションで挑むところが描かれています。

無事ランクAに

各アイドルとも、1周目くらいはリセットせずにストーリーを見てみようと思っているので、できるだけ地雷を踏まなくて済むように、十分すぎるほど能力を上げてからオーディションに臨んでいます。その甲斐あって、なんとかオーディション1敗だけでランクAまでたどり着きました。

…しかし、勝率70%でオーディション敗退っていうのはやっぱり納得がいきませんねぇ。
据置のゲーム機だったら、むかついてコントローラを投げたい気持ちをグッとこらえるところですが、DSiはその点便利です。タッチペンを思いっきり投げ飛ばしてストレスを解消していました。

ラスボスはママ

アイドルマスターDearlyStars ラスボスはママ
ストーリーは愛の猪突猛進っぷりが描かれていて、絵理の時よりはアイドル活動をしている気になります。オーディション受験に必要ではない営業の数も絵理の時より多いような気がしますが、なんででしょうね。もしかして、イメージレベルが上がるたびに営業が追加されるとか、そんな感じの制御をしているのでしょうか。

でも、こういうゲームに「マネージャーの解雇」みたいな要素を持ち込んでしまうのはちょっと、いや、かなり違うのではないかと思います。絵理のBadエンドといい、アイマスDSのシナリオはどうもおかしい。素直に楽しむことができません。

ランクBに上がって、ラスボスの正体がわかりました。ラスボスは日高舞。愛ママです。

でも、この設定にも首を傾げざるを得ません。歴史的アイドルだったママを越えたいと頑張ってきた愛の前に立ちはだかるのがママ自身って、シナリオライターは「びっくりしただろ?」って言いたいのかもしれませんが…。

「偉大すぎる親を持った子の苦悩」は物語の定番。親が(例えば、もう死んでしまっているので)子にとっては越えられない壁となって子がやさぐれてしまうパターンもありますし、実際に親子が争うパターンもあります。例えば「美味しんぼ」なんかは親子が争うパターンですよね。
その親子が争うパターンでは、子の側はともかく、子と争う親の側には何かそれなりの理由がないとどうもストーリーの据わりが悪いような気がしてなりません。

舞が語った「現役当時はライバルと呼べるような同じレベルのアイドルはいなかった。ライバルと戦うためには、娘でも生まなければいけないんじゃないかって予感がしてた」台詞、何となくオィディプス王のお話の裏返しみたいな感じがします。
そんな理由だけで行く手に立ち塞がるママに、もしオーディションで負けたとしたら、愛を待っているのはまた悲惨な運命なのでしょうか。

できれば、もう少し、こう、笑ったり、かわいさに目を細めたり、ちょっと涙ぐんだりもしながらも、後味の爽やかなストーリーにしてほしいんですけれど、ね。例えBadエンドだとしても。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスターDearlyStars

23:31  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09/20(Sun)

【ネタバレ】アイドルマスターDearlyStars~なんと後味の悪いストーリー、アイマスDSは地雷原だった

アイドルマスターDearlyStars A級戦犯、フリーのアイドルプロデューサー(笑)からチーフプロデューサー(笑)に出世した尾崎玲子(笑)
アイドルマスターDearlyStars、水谷絵理でエンディングまでプレイしました。
辿り着いたエンディングはランクCでアイドル引退、いわゆるBadエンドでしょうね。

プレイした感想は、「微妙」から二階級特進して「地雷」。
オーディション周りの仕様とか、いろいろと悪い点は目に付きますが、何よりもストーリーがひどすぎます。

再挑戦する気力を無くさせる、後味の悪いストーリー

このエンディングまでのストーリーを抜粋してみます。

1.歌わないアイドル

フリーのアイドルプロデューサー(笑)の尾崎玲子(氏ね)に熱心に口説かれたヒキコモリのネットアイドル水谷絵理。尾崎の熱心さにほだされて話を聞いた絵理は、知らない世界を見てみたくて、リアルアイドル活動に足を踏み入れます。
しかし、人見知りで内気な絵理は、ステージで緊張してしまってうまく歌うことができません。
絵理は、ネットで知り合った親友サイネリアとともに緊張しない方法を探り、尾崎の妨害にもめげずに無事、ステージに立って歌を1曲、最後まで歌いきります。

オーディション 勝ち(1勝0敗) →ランクEに

2.仲間? ライバル? 同期と勝負

876プロにTV番組の出演枠が一人分、割り当てられました。
この出演枠を賭けて、876プロのアイドル、絵理、愛、涼の3人がオーディションに臨みます。心優しい絵理は、自分がトップアイドルに近づくためには仲間を踏み台にしなければならないという事実に悩みますが、仲間と心を通わせることで悩みを乗り越え、オーディションでは正々堂々と仲間と競い合うのでした。

オーディション 勝ち(2勝0敗)

3.リアルで勝負! ネットアイドル・サイネリア

営業に出た尾崎と絵理は、ばったり絵理の親友サイネリアと出会います。
ネットアイドルに異常な嫌悪感を示す尾崎は、絵理にサイネリアと絶交するよう迫ります。心優しい絵理は、尾崎とサイネリアの仲を仲裁しようとしますが二人は互いに譲ろうとしません。信者を引き連れたサイネリアは、絵理にどちらが人気があるのか、オーディションで決着をつけようと持ちかけ、尾崎がこれを引き受けてしまいます。

オーディション 勝ち(3勝0敗)

4.潜入・呪いの館

876プロに仕事が舞い込んできました。
「呪いの館」という噂がある建物を調査するレポーターの仕事です。さらに、オーディションで勝てば、番組のエンディングテーマを歌うことができるという夢のような仕事です。
社長は順調にオーディションを勝ち進んでいる絵理にこの仕事を任せます。さらに、少し調子が出ない涼に絵理の手伝いをさせることになりました。

呪いの館に出向いてみると、誰もいないはずなのに足音が聞こえます。冷静で論理的な考え方ができる絵理は、館じゅうに赤外線センサーと隠しカメラを仕掛ける作戦を思いつき、不鮮明ながら足音を立てていた人影を撮影することに成功するのでした。

オーディション 勝ち(4勝0敗) →ランクDに

5.スターへの挑戦

また876プロに仕事が舞い込んできました。
今度の仕事はTV出演、ただし、出演枠を、トップアイドルの星井美希と争わないといけません。876プロからは絵理と愛の二人がオーディションに出場することになりました。絵理は、自分のトレーニングの他に、愛のコーチも任されます。

愛のコーチと自分のトレーニングに時間を取られ、このままでは二人とも共倒れになってしまうことを懸念した絵理は、同じ事務所の愛だけでもオーディションに勝てるようにと自分のトレーニングより愛のコーチを優先します。しかし、尾崎は「自分たちが勝たなければ意味がない」と冷然と言い放つのでした。
そして迎えたオーディション。精神論だけの尾崎と違い、冷静で論理的な思考のできる絵理には策がありました。これまでネットにムービーを投稿して蓄積したノウハウをフル活用して、自分はビジュアルだけ、愛はボーカルだけ、それぞれ得意ジャンルだけでも美希に勝って、独走を阻止すれば活路が開ける!

オーディション 負け(4勝1敗) →ランクCに

6.アイドルの呪い? しのびよる影

トップアイドルの星井美希という強敵相手に破れはしたものの善戦した絵理は、ランクCになることができました。いよいよアイドルの頂点「アイドルアルティメイト」優勝を目標に、その登竜門であるトーナメント「アイドルクラシック」優勝を目指して始動します。

しかし、絵理の周りで不可解な事件が次々と起こるようになりました。CMに出演予定だった他の事務所のアイドルが、立て続けに二人、CMの仕事を辞退して出演枠が絵理に回ってきたり、愛や涼が嫌がらせを受けたり。

自殺したアイドルの呪いなのではないか、「呪いの館」をレポートした絵理に憑いたアイドルの霊が呪いをかけているのではないか、それとも絵理が汚い手を使ってライバルを潰しているのではないか、そんな噂に、このままではオーディションに集中できないと考えた絵理は、「呪いの館」の再調査を決心します。

絵理とサイネリア、そして、縁会って調査に協力してくれることとなった秋月律子が調べた結果、「自殺した」と言われているアイドルは「riola」という名前だったらしいということが判明しました。

オーディション 勝ち(合格率30%、5勝1敗)

7.囚われた過去の真実

「riola」についての調査を続ける絵理とサイネリアでしたが、人気の出なかったアイドルの情報はあまり残っていません。
このままではアイドルクラシックに集中できないと、思い余った絵理は、尾崎に事情を話し、「riola」について調べてくれるよう頼みます。

しばらくして、尾崎から「合わせたい人がいる」と連絡が来ます。待ち合わせ場所に出かけていった絵理の前にあらわれたのは、ほっそりしてきれいな人。尾崎がプロデューサー仲間の伝手を頼って探し当てたという「riola」本人だそうです。他のアイドルを恨んでいるなんてことはない、という彼女の言葉にいったんは安心した絵理。

絵理は「riola」と会ったことを調査に協力してくれた律っちゃんに報告します。しかし、その場に居合わせた亜美から、「riola」アイドル一人の名前ではなく、2人組のアイドルグループの名前だったことがわかります。

「riola」を連れてきた尾崎からはそんな話を一言も聞いていなかった絵理は、尾崎の態度に不信感を感じます。尾崎が何か隠しているのではないかと疑念を持った絵理は、「riola」がデュオだったということを尾崎には話さずに、彼女の様子を見ることにしました。

そして迎えたアイドルクラシックのオーディション当日。

尾崎から「営業周りをしてから会場入りするので、一人で会場入りしていて欲しい」と連絡を受けた絵理。そして、一人で会場入りした絵理が目にしたものは、ステージの照明装置のそばで、不審な動きをしている尾崎の姿でした。

ステージで何をしていたのか、これまで絵理の周りで起きた不審な事件は尾崎の仕業ではないのか、あなたがもう一人の「riola」のメンバーではないか、と尾崎を問いつめる絵理。しかし、尾崎が事実を語る前に、オーディションの時間は迫り、割り切れない気持ちを抱えたまま、絵理は戦いに臨みます。

オーディション 負け(合格率60%、5勝2敗)

集中できず、オーディションに敗退した絵理に尾崎は心ない言葉をかけます。「今のステージは何?これまでやってきたことの、10分の1も出せてなかったじゃない」と。
絵理は涙ながらに、もう尾崎のことが信用できなくなった、と告げ、リアルアイドル活動から引退してしまいます。

8.過ぎ行く時間 止まった光

リアルアイドル活動から引退した、ネットアイドルに戻った絵理。ネットの外の世界の経験を生かし、自主トレーニングを相変わらず続けている彼女は、ネットでは圧倒的な人気を誇ります。

しかし、ある日、876プロが汚い手を使ってネットに殴り込みをかけてきました。
ムービーに出演しているのは涼。
ネットは涼のムービーのバナー広告で埋め尽くされ、涼のムービーを再生した人には記念品が贈られるという金の力にあかせたあくどいプロモーションに、絵理は自分たちの居場所が潰されてしまうのでないか、という危機感を抱き、尾崎に連絡を取ります。

久しぶりにあった尾崎は、絵理に対する憎しみを剥き出しにして、絵理に勝負を挑みます。涼と絵理でオーディションをして、絵理が勝ったら尾崎は芸能界から出て行く、絵理が負けたら絵理はネットアイドル活動を辞める、そんな絵理にとっては何の得にもならない条件です。

尾崎との関係にケジメをつけるため、絵理はオーディションの勝負を受けるのでした。

オーディション 勝ち(合格率70%、6勝2敗)

エンディング

尾崎は芸能界を引退、絵理はネットアイドルを続けることになりました。
リアルとネットの境界が低くなっていることを感じた絵理は、自分がリアルとネットの防波堤、かつ架け橋になることを決意します。

※ ちなみに直前のオーディションに負けると、絵理は再びただのヒキコモリに戻ります。

もう二度と尾崎の顔なんかみたくない

なんて後味の悪いストーリーなんでしょうか。
ここまで後味の悪いストーリーを書ける才能に驚嘆します。

元はといえば、絵理をリアルアイドルの世界に引きずり出したのは尾崎、それなのに、ネットアイドルという絵理の最後の居場所まで奪おうとするとは。
アイドルクラシックで絵理がオーディションに集中できない原因を作ったのも尾崎がきちんと絵理に事情を話さなかったため、それなのに、「自分の過去もろとも、あなたをつぶす」とは何という言い分でしょう。

思い起こせば、無印で最初にプロデュースをしたときも、自分は担当アイドルをランクCまでしか連れて行けませんでした(ちなみに春香さんです)。でも、その時は、自分のふがいなさを心の中で詫び、「いつかきっと腕を上げて、トップアイドルまで連れて行ってやるからな」誓って、すぐ次のプロデュースに向かうことができました。

それが、今回はどうでしょう。

自分はもう尾崎(笑)なんかには、絶対信頼感を抱けません。でも、絵理がトップアイドルになるには、そんな尾崎(笑)を信頼しているように振る舞わないといけないなんて。ストレスどころか、苦痛を感じてしまいます。

もう絵理ではプレイしたくない、絵理がこれ以上騙されたり傷ついたりするところを見たくない、そんなふうに思わせるとは、なんというストーリーでしょうか。

スルー推奨です

プレイすると、かわいくて健気な絵理が傷ついてヒキコモリに戻っていく過程を見ることができる、そんなアイドルマスターDearlyStars。こんな気持ちになるならば、プレイするのではなかったと思います。
まだ買っていない人は買わない方が、買ったけれど開封していないという人は開封しない方が、開封したけれどステージしかやってないという人はストーリーをプレイしない方がいいです。力一杯スルー推奨です。もしプレイするのであれば、攻略本なり攻略サイトなりを使って、トゥルーエンド以外は見なくて済むようにプレイした方がいいです。

絵理がかわいそうで、もう一度絵理でプレイする気になれません。次は、愛の人生が尾崎にボロボロにされる過程を見てみようと思います。てか、DLCで「riola」時代の尾崎(笑)がボロボロになって引退するまでのストーリーを出せば売れるんじゃないかな。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスターDearlyStars

19:28  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09/18(Fri)

【ネタバレ】アイドルマスターDearlyStars~あんまり楽しめないのはきっと自分が悪いんだろう

アイドルマスターDearlyStars テンション低の絵理
アイドルマスターディアリースターズ、水谷絵理でランクCまでたどり着きました。
ここまでオーディションは6回受けて、5勝1敗。

感想は昨日のエントリとあまり変わりません。自分にとっては微妙。

とりあえず、感想を。

改めて、現時点の感想を。

いい点から。

○ 絵理は可愛い

最初に選んだアイドルは水谷絵理。

最初から選べるアイドルは3人、どうやら日高愛がボーカル得意、テンション高め、秋月涼がダンス得意、テンション中ぐらい、水谷絵理はヴィジュアル得意、テンション低めという性格付けがされているようです。

で、テンションが高くない状態の絵理の反応がいちいちかわいい。

テンション低だと、事務所の前で「ひうっ」、愛から大きな声で「おはよう!」ってあいさつをされると「ひうっ」、メールが届くと「ひうっ」。これを聞きたいがために、できればずっとテンション真っ黒の状態を維持したいくらいです。
テンション中だと、朝のあいさつで「おはよう、ございます?」。普段の会話から体言止めに「?」を付けた片言の会話で意思疎通を済ませてしまう絵理ですが、この「?」付きの朝のあいさつの破壊力もなかなかのもの。

○ 快適操作

操作は完全にタッチペンだけで行えます。
タッチペンでの操作があまり洗練されていなかったドラゴンクエストIXでは、DSiの小さくて押し込んだ感触が固いボタンと十字キーにストレスが溜まり続けていたのですが、アイマスDSではそのストレスから開放されました。

○ 新しいタッチコミュは面白い

タッチコミュは1種類新しい形式の物が増えています。新しいタッチコミュは、下画面にアイドルの顔が表示されて、視線が向いている方向をタッチペンでドラッグして指定する形式で、視線の方向でアイドルの表情が大きく変わるので、見ていて面白いです。

いい点ではカバーし切れません

続いて悪い点。

× アイドル視点は間違いなく失敗

やっぱりアイドル視点には相当違和感があります。このあたりは昨日のエントリに書いたとおり。

さらに、プロデューサーはいないのではなく、尾崎という女性プロデューサーが付いてくれるのですが、この尾崎が無能です。
人前に出るだけで緊張する元ヒキコモリの絵理の初オーディション前、ガチガチになっている彼女に向かって「負けたらどうなるかわかっているでしょうね?」って言い放っちゃうプロデューサーははっきり言って不要です。

アイドル視点で唯一良かったと思えたのはファンからのプレゼントをもらえたとき。絵理が「うれしい」と言うのですが、これが本当にうれしそうです。プロデューサーがプレゼントを受け取ってしまって、肝心のアイドルの反応が見えなかったアイドルマスター無印に比べて、大きな進歩です。


ちなみに、プレイヤーの立ち位置に関しては、アイマスはずっと失敗を繰り返していると思います。

アイドルマスターLiveForYou!しかり、アイドルマスターブレイク!しかり。どちらも、プレイヤーが自分を投影すべき相手の造形を失敗して、大きなブーイングを受けています。この失敗を反省してアイドルマスターSPのプロデューサーは理想的な立ち位置になったと思っていたのですが、今作のプレイヤーの立ち位置も自分にとっては大失敗です。

尾崎なんかに任せずに、自分で絵理をプロデュースしたいです。

もう、プレイヤーの立場はプロデューサー、気恥ずかしい台詞を平気で口に出せる熱血変態敏腕プロデューサー(要するにアイマスSPのプロデューサー)で固定して欲しいと思います。

× オーディションは致命的につまらない

オーディションは思い出ルーレットを回すだけ、ただの目押しゲーです。面白くありませんし、思い出ルーレットが苦手(画面の左端ギリギリでタッチができますので、難易度は多少下がってはいますが)な自分にとっては苦痛だったりします。
また、思い出ルーレットを回せる回数は、その章でのコミュの結果に左右されます。1章当たりのコミュの数は、だいたい4回、これだと獲得できる思い出の数は最高でおそらく20個(テンション高でパーフェクトコミュニケーション×4回)、自分はノーマルコミュを連発しているので、平均で6個です。そうすると、思い出ルーレットを6回回した後は、時間の経過とともにじりじりと下がり続ける合格率をオーディション終了までぼんやり眺めつづけることしかできません。

さらに、オーディション中にプレイヤーが関与できるのは、そのオーディションの「合格率」です。思い出ルーレットで失敗を重ねて、合格率20%でオーディションを終了しても合格することもあれば、合格率90%でオーディションを終了しても不合格になることがある、ということです。
自分のオーディション合格5回はいずれも合格率50%以下でのもの。勝っても達成感がありません。逆に、負けたときは乱数のせいにしたくなります。

…ていうか、これ、合格率は表示されていますが、もしかしてRPGのイベント戦闘のように、合否は予め決まっているのではないでしょうか。

アケ版からアイマスをプレイしている「やっぱりアイマスはオーディションだよね」ってPさんはアイマスDSはスルーした方がいいです。がっかり感が半端ないです。

× コミュがアイドル活動をしている感じがしない

コミュの内容が、最初のうちは「人前では緊張して歌が歌えない絵理を何とか最後まで歌わせる」といった内容で楽しめたのですが、ランクCになってくると迷走しています。「幽霊屋敷の謎を解明する」コミュって、アイドルのプロデュースと何の関係もありませんよね…。

× 美希はまた悪役かよ

765プロのアイドルはアドバイザー役で次々と登場するのですが、久々に765プロのアイドルとして登場した美希は、他の765プロのアイドルと違い、またしても「倒すべき敵」として登場します。
ちなみに、自分が1敗しているオーディションは美希に負けたもの。優秀なプロデューサーが付いているはずの美希に、無能な尾崎がプロデュースしている絵理が勝てるはずがありません。負けてほっとしました。

× ステージはやっぱりDS

これは言っても仕方がないことですね。
…でも、ステージに立った絵理があんまりかわいく見えないんです。一番かわいく見えて欲しい場面でかわいく見えないのは困ります。


時期尚早であることはまちがいありませんが

アイドル一人のエンディングすら見ていない段階で断言することはできませんが、でもDearlyStarsは自分にとっては微妙。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスターDearlyStars

08:45  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09/17(Thu)

【ネタバレ】アイドルマスターDearlyStars~ファースト・インプレッション?

アイドルマスターDearlyStars ViDaVo!とソフト本体、ローソン特典
とうとうアイドルマスターディアリースターズの発売日。
早速ローソンから引き取ってきました。

以下、2時間ほどプレイした感想です。
当然ながらネタバレ注意

水谷絵理でスタート

最初に選んだアイドル候補生は、以前から時々公言していたとおり、水谷絵理。
元ヒキコモリのネットアイドルです。

こんな感じです

アイドルマスターDearlyStarsは、ジャンルが「トップアイドルアドベンチャー」です。Xbox360のアイドルマスター無印や、PSPのアイドルマスターSPと違って、「ファン人数をたくさん集めること」がプレイの目的ではなく、「ストーリーを進める」のがプレイの目的です。

ストーリーは、章仕立てになっていて、ストーリーを進めるために必要な営業をこなすとオーディションが受けられるようになり、オーディションを受けると次の章にストーリーが進みます。
ドラゴンクエストで例えると、営業はクエスト、オーディションは中ボス戦って感じ、クエストを3つクリアすると中ボスと戦えるようになる、と例えるとわかりやすいでしょうか。あ、レッスンはレベル上げですね。
おそらくオーディションに負けても即ゲームオーバーになるわけではなく、エンディングが分岐するんだと思われます。今のところ負けていないので正確なところはわかりませんが。


各章はストーリーに沿ったテーマが決まっています。

絵理だったら、
・ 人前で緊張して歌が歌えないのを克服する章
・ 876プロとしてもらった番組への出演枠を賭けて、愛、涼と競い合う章
・ サイネリアと競い合う章
といった感じ。(章にはタイトルも付いていますが、メモするのを忘れました…)

それぞれの章では、オーディションに向けてレッスンで能力を上げつつ、営業で思い出を貯めます。

また、営業には、ストーリーを進めるために必要となる営業(営業のタイトルの前に「!」マークが表示されています)と、任意に選択出来る営業があり、ストーリーを進めるために必要となる営業を全てこなすと、オーディションが受けられるようになります。(オーディションを受けられるようになると、メニューのオーディションの前に「!」マークが表示されます)。


プレイを始めると、その章のタイトルが表示されるアイキャッチが出て、ストーリー開始。

各章は、1週間単位で進行します。
月曜日には事務所へ顔を出して、流行情報を社長から聞き、衣装の着替え、楽曲の選択、メールの受信などを行います。
その後、月曜日~土曜日は毎日レッスン、営業、オーディション、休みから好きなスケジュールを一つ選ぶことができ、日曜日は愛か涼のステージを観客として見に行くか、何もしないかを選ぶことができます。


…と、こんな説明でわかってもらえるでしょうか。

レッスン

レッスンはボーカル、ダンス、ヴィジュアルの3種類、アイマスSPの「制限時間内に何回課題をこなせるか」ではなく、箱と同じ6回の試行でどれだけ好評価を得られるかという方式に戻っています。
ボーカルレッスンをプレイしているところを「ディアリーステーション」で視聴できるので、くどくど書くよりそちらを診てもらった方が早いかもしれません。

なお、アイマスSPまで通用した「ポーズ技」は封じられています。ガチの実力勝負。プレイした感じでは、ダンスレッスンとヴィジュアルレッスンの難易度が高いように思います。

ダンスレッスンはアイマスSPのボイスレッスンと同じだと思えばだいたい合ってます。流れてくるノート(2種類)に合わせて、ノートにあったマークをタッチするレッスンです。SPと違うのは、「タッチできればおk」なのではなく、「できるだけジャストのタイミングでタッチすると評価が上がる」こと。
このタイミングが相当シビアです。

ポーズレッスンはSPと同じ。というか、カーソルを方向キーやアナログパッドで操作するのではなく、画面を直接タッチできるので、アーケード版のアイマスの表現力レッスンと同じと言うべきかもしれません。

営業

営業はまあ箱版無印アイドルマスターやアイドルマスターSPと同じです。ただ、やはりというべきか、タッチコミュがとてもたくさんあります。
タッチコミュは二種類合って、これまでのアイマスと同じタッチコミュに加え、顔の上でタッチペンをスライドさせることによってスライドさせた方向へ視線が向くタッチコミュ(ディアリーステーションにありましたよね)が増えています。

オーディション

オーディションは大幅に変わっています。

オーディションには合格率が設定されています。最初のオーディションなら合格率は90%でした。合格率は審査員の興味値として表示されており、オーディション開始後、時間の経過に比例して減少していきます。
この興味値は思い出ルーレットを成功させることで回復させることができます。
思い出ルーレットは、思い出一つにつき一回、回すことができます。回すことのできる回数の上限はありません。その時点で持っている思い出の数だけ回すことができます。

と、こんな感じでわかっていただけるでしょうか。

はっきり言って、オーディションはつまらないです。

微妙?

感想は、今のところちょっと微妙。

絵理はかわいい(おはよう、ございます?のクエスチョンマークにやられました)ですし、感情移入もできます。
何よりもアイドルも、コミュも、全て新しくなっていますので、新鮮です。

ただ、やっぱり、自分の立場がプロデューサーでないのが問題です。

自分は別にアイドルになんかなりたくありません。
でも、目の前に「大空の高見に羽ばたきたい」って言ってるアイドル候補生がいたら、手を差しのべたくなります。応援したくなります。
それが今までのアイマス。

ディアリースターズはそうではありません。

プレイヤーとしての自分は別にアイドルになりたいと思っているわけではないのに、ゲーム中の自分の分身たる絵理は、なにやら胡散臭げな尾崎とかいう「フリーのアイドルプロデューサー」っていかがわしい奴に無理矢理説得されて、不承不承アイドルをさせられてるわけです。

このギャップがどうしても埋められません。

しわ寄せはコミュニケーションの結果に出ます。

プロデューサーとしてアイドル候補生とコミュニケーションを取るのであれば、「アイドル候補生のやる気を一番引き出せる」選択肢を選びます。イラッとして叱りとばしたくなったり、ムラッときてπタッチしたくなったりしても、アイドル候補生の気持ちを優先して抑えるのがプロデューサー。

でも、アイマスDSでは、自分がアイドルです。プロデューサーの尾崎の気持ちなんか別に考える必要はありません。そんな感じで、自分の気持ちに正直な選択肢を選んでいくと、結果はやっぱりノーマルコミュニケーション。

これはストレスが溜まります。何でアイドルがプロデューサーに気を遣わないといけないの?

まだ保留ですね

まあ、たかだか2時間のプレイですし、もしかしたら評価が一変するかもしれません。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスターDearlyStars

08:45  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09/13(Sun)

【アイマスDS】THE iDOLM@STER DREAM SYMPHONY 00 "HELLO!!" を買ってきました

THE iDOLM@STER DREAM SYMPHONY 00
THE iDOLM@STER DREAM SYMPHONY 00
アイドルマスターDearlyStarsに出演するアイドル候補生3人が歌うTHE iDOLM@STER DREAM SYMPHONY 00 "HELLO!!"を買ってきました。

背中を押された

アイマスDS、正直なところまだテンションが上がり切りません。ドラクエで言うならテンション50ぐらい。
765プロのアイドルも出演しているようですし、絵柄も、楽曲もアイマスらしさは十分ですし、バンナムがそう大きく外したものを作ってくるとは思いませんし。

でも、嫁をプロデュースできないアイマスは自分にとってはやっぱり寂しいもの。だから、アイマスDSの評価はプレイしてみるまで保留、CDもゲームが楽しめたら買おうと、いつになく慎重な態度だったのですが…、
狐汁:始めよう、SAY “HELLO!!”
文章を書いてお金を稼いでいる人は大したものです。
今の宙ぶらりんな気持ちをずばり指摘されて、アイマスらしいいい曲だから買ってこい、って背中を押されたので、重い腰を上げて買ってきました。

アニメイトの特典って

そんなきっかけだったので、特典なんかよく調べずにいつものアニメイトで買ったら、いつものとおりスタンプラリーシートをもらいました。連動購入特典は、いつものとおりオリジナルCD収納BOX。まあシリーズ物のCDの特典としてはこれがベストでしょう。

初回限定封入特典はヴァイスシュヴァルツのオリジナルカード

開封してみました。
THE iDOLM@STER DREAM SYMPHONY 00
CDのピクチャーレーベルは大好物、これだけで得をしたような気がしてしまいます。
そしてCDの下に移っているのが初回限定封入得点のヴァイスシュヴァルツのオリジナルカード。最近何にでも入っていますね。腋がよく見えます。

聴いてみました

iTunesに落として聴いてみました。
収録されているのは"HELLO!!"とハッピースの2曲。

"HELLO!!"はいい曲ですね。
これまでにもTHE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR'S!! IN TOKYOでのお披露目も、その後「たるき亭」でも聴いていましたので初めて聴くわけではありませんが、とっても新鮮です。

これまでのアイマス曲よりちょっとケレン味があるように感じます。
例えばサビの「ほら何だって本当になる」のメロディとか、間奏の後の「今咲き誇る芽生えた蕾」で伴奏がキーボードだけになるところとか、そのさらに後ろの「いっせーの!」とか、歌詞にDSを連想させる「BRAND NEW TOUCH」って言葉が入っているところとかが印象的です。
これまでより少しゲームミュージック寄りに振ってある感じでしょうか?そう言えばオーバーマスターも初めて聞いたときはずいぶん感じを変えてきたなあ、って感想を持ったので、意図しているものなのかもしれませんね。

ハッピースのほうは伊織、やよい、亜美真美のトリオに歌わせても似合いそうな感じです。楽曲のどこが「アイマスっぽい」のかきちんと指摘できないのが歯痒いところですが…。
ところで、「やっぱずっと3人でいたいね」って歌詞があるのですが、桜井夢子って本当に4人目のアイドル扱いなんでしょうか?

今週発売なんですね

アイドルマスターDearlyStars発売日の9月17日ってまだまだだと思っていたのですが、今週発売なんですね。水曜の晩にはプレイを始めているってちょっと信じられない感じ。
てか、もうフラゲした人がいるとかちょっと^^;;;;;。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : DS アイドルマスター アイドルマスターDearlyStars

21:38  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09/10(Thu)

PDCAのサイクルを回して人生の勝ち組になろう!(※ただし二次元に限る)

アイドルマスター Dearly Starsの予約券
アイドルマスターDearlyStarsの発売まで、あと1週間を切ってしまいました。

時間が経つの早過ぎです。
Xbox360の実績が10,000になったのも、ドラゴンクエストIXが発売されたのも、つい昨日のような気がするのですが、現実はあっという間に9月の第2週。

アイマスDSは結局2本予約しています。
本命はLAWSON。

ですが、ローソン限定セットではありません。
アイマスDSの店舗特典は結局欲しいと思うものが一つもありませんでした。
はっぴとかメガネとかぜんぜんいらないんですけど…。かといって、秋月涼クンのタペストリーもなあ。実際にゲームをしたら、この娘(でいいのか??)が気に入るかもしれませんが、プレイするまではどうなるかわかりませんよね。だいたい、タペストリーは嫁のペタストリーに毎朝毎晩あいさつをしていますので、他のタペストリーが割り込む余地はありません。

ローソンでの予約のお目当ては、特典ではなく、入手可能時間。
コンビニで予約した商品は日付が変わってすぐに入手できます。9月16日の水曜日の晩、木曜日の未明に入手してプレイを始めることができるはずです。

計画の進捗状況をチェックしてみる

あまりの積みゲー率の高さに、アイマスDSとシュタインズ;ゲートの発売に向けて8月24日にゲームプレイ計画を立てました。仕事じゃないんだから何もそんなことまでしなくても…と思いつつ、でもそこまでしなければならないほどやりたいゲームが集中して発売される現状は幸せなのかもしれません。
ともあれ、そろそろ計画(Plan)の進捗(Do)状況をCheckして、処置を行うべき時期です。PDCAのサイクルを回し続ければ、きっと積みゲーも減るに違いありません。

ということで、計画と現状。

○ 最優先
 ・ アイドルマスターSP フリープロデュースでトロフィーコンプリート(9月16日まで)
→ローソンで予約したことにより、締切が一日繰り上がりました。
 現在8周目のあずささんをプロデュース中。9月15日までに9周は終わると思いますが、あと3周は絶対無理。残り3周はSteins;Gate終了後に先送りです。

 ・ アイドルマスターDearlyStars(9月17日~10月14日)

→ローソンで予約したことにより、プレイ開始が一日繰り上がりました。
 面白いかどうか、ハマるかどうかはやってみないと分かりません。発売直後に連休があるのはグッドタイミングです。ただ、連休に野暮用で浸食されつつあるのがちょっと不安。 

 ・ Steins;Gate(10月15日~)

→変更はありません。アイマスDSが面白かったり、やり込み要素が充実していたりしても、いったん保留してこちらを優先する予定。


○ 最優先ソフトと並行、出先限定
 ・ ドラゴンクエストIX(最強装備揃えるまで?)

→とても最強装備は揃いそうにありません。現状はクエストコンプリートの途中、コンプリート後にオーブ集めを始めるつもりですが、9月16日までにクエストがコンプリートできるかどうかも疑問です。
 DSiはアイマスDSに占領されるので、もしかしたらアイドルマスターSPより優先すべきだったかもしれません。

○ 次点、せめてこのラインまでは何とかしたい
 ・ Xbox360で実績11,111(Steins;Gateは実績コンプすると思うので、その前に何とか)

→目標に掲げたもの全て手つかずです。
 携帯機のアイマスDSと並行してやれそうな据置Xbox360の実績11,111を優先することにします。

○ 野望、Steins;Gateの後にでも…もしかしたら途中で浮気するかも
 ・ おおかみかくし
 ・ To Heart、To Heart2
 ・ Ridge Racer 6
 ・ オーバーロード:魔王サマ 復活ノ時
 ・ アマガミ
 ・ グランツーリスモ

→これが無秩序に増えつつあります。
 とりあえずグランツーリスモが増えてしまいました。このカテゴリに入っているゲームが「積みゲー」ですね。

○ 絶望
 ・ 戦場のヴァルキュリア
 ・ DEADRISING
 ・ テイルズ オブ ヴェスペリア
 ・ ロロナのアトリエ

→見事に手つかずです。せめてやりかけの戦ヴァルくらいはエンディングまでやっておきたい。

○ 自重
 ・ ラブプラス
 ・ DREAM CLUB

→いずれも誘惑と激しい戦いを繰り広げつつ、スルーしています。唯一計画どおりになっている部分かもしれません。

どうActionしろと

…激しく計画から遅れています。
どうやらプレイが遅い自分には無理な計画だったようです。

とりあえずの小目標として、
「この土日でアイマスSPフリープロデュースの9周目を終わらせる」
くらいを掲げておきます。
本格的な計画見直しはアイマスDSをプレイしてみてからですね。

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : アイドルマスターDearlyStars

08:45  |  アイドルマスターDearlyStars  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |