2017.05/21(Sun)

【ライフログ、記録します】Googleマップの「タイムライン」機能が最高です

ライフログ」を残すのが好きです。このWikipediaの解説では
人間の生活・行い・体験(Life)を、映像・音声・位置情報などのデジタルデータとして記録(Log)する技術、あるいは記録自体のこと
となっています。

確かに、GPSやカメラを搭載したスマートフォンの普及で、これまで記録できなかったようなデータが記録できたり、簡単/手軽に記録ができるようになったりしたことは間違いありませんが、でも、定義を「デジタルデータ」に限定しているのにちょっと違和感があります。「ログ」って言葉を使っているからデジタルデータに結びついているんでしょうけれど、そもそも「日記」が元祖ライフログ、なのは間違いないと思うんですよね。
まあ、この定義自体、NHKのクローズアップ現代からの孫引きだそうなので、「最近話題になっている」ライフログ、という視点から、「デジタルデータ」になってしまっているんでしょうけれど…。

GPSロガーに関心がありました

ところで、以前からGPSロガーに興味がありました。愛してやまない「デイリーポータル Z」にGPSロガーの記事が出るたび、いいなー、でもちょっと敷居が高いなー、なんて思っていました。

敷居が高かったのは、専用のハードを買う話題が出たり、iPhoneだったらアプリをインストールする話が出たりしていたから。
でも、やってみたら簡単でした。

iPhoneでGPSログを取るのは、旅行やドライブ、散歩、ジョギングなど、明確な目的があることが多く、そのためにかなり精度の高いGPSロガーがAPPストアで配信されています。たくさんあってどれがいいのか迷いましたが、しばらく見ていてなんとなくグループ分けして頭の整理ができました。

経路を記録するためのもの

第1グループは本格的なGPSロガー。iPhoneを所持して移動したルートを記録するための物で、ドライブ記録だとか、登山だとか、GPS地上絵だとかに使います。
ZweiteGPSとか、Geographicaとか、以前書いたe燃費もそんな機能があります。これ、歩いたとおり、車で走ったとおりマップに軌跡が表示されるのは最初感動しましたが、一方で、お手軽ではないところ、具体的には、電池消費が激しいことやログを明示的に保存しなければならないことに難があります。

運動量を記録するためのもの

第2グループはiPhoneのヘルスケアと連動して運動量を記録するためのもの。あんまり突っ込んで調べませんでしたが、ジョギングした経路と時間と距離を記録してラップタイムや平均速度、消費カロリーを記録したり、ヘルスケアに連動したりするもの。当面はあまり縁がありません。

ライフログを記録するためのもの

そして第3グループが、ライフログを記録するためのもの。
このグループはバックグラウンドで起動しておくだけ、という手軽さが大きな、最大の利点です。どんどん貯まるログは勝手にサーバに保管してくれます。Movesとか、そして本命Googleアプリなんかがこのグループ。

ちなみに、Googleはアカウントを作る、ロケーション履歴をオンにするという手順が必要です。あとはGoogleアプリをバックグラウンドで起動してあるiPhoneを持ち歩けば履歴が記録されます。その後Googleマップのメニューから「タイムライン」を選択すると滞在したポイントが点で、移動したルートが線で表示されます。
GoogleMapの「タイムライン」機能
Googleにそこまで何でもかんでも把握されていいのか、って懸念はもちろんありますが、もう悩むのはやめました。タイムライン自体はどうやっても公開はできないようになっているみたいだし、何らかのクラウドサービスを利用すればいずれにせよ何らかの履歴は把握されるだろうし。スマートフォンを持っていてクラウドサービスを全く利用しないのはもう現実的ではありませんし。

第1グループや第2グループを見たあとで記録された履歴を見ると、その精度の低さに愕然とします。履歴は(移動量に応じているのだと思いますが)徒歩ではおそらく10分に1回程度、電車移動では1~2駅に1回程度、移動ルートはまあ何となくどこを通ったかイメージがわかる程度のもの。

でも、この状態で1週間、2週間使ってみると良さがわかってきます。
ログを残してみて改めておもうのですが、平日は毎日記録するほどいろんなところに行っているわけではないのです。毎日同じような時間に同じような経路を通って同じようなところに向かうだけ。でも、過去のログを見るとそんな平坦な毎日でも、小さなハイライト、そういえばこの日は帰りにアニメイトに寄ったよなとか、雨降ったんで泣く泣くタクシー拾ったよねとかが克明に記録されています。ライフログとして使うのにこれ以上向いているロガーはありません。

「道路にスナップ」が神機能

この簡便な「タイムライン」ですが、第1グループの本格的なGPSロガーに負けない機能があります。それが「道路にスナップ」。
自分がタイムラインを記録し始めたちょうどその頃追加された機能のようです。

で、これ、「飛び飛びで記録されているポイントからどの道路を通ったか推測して、経路を道路の上に示す機能です。Googleの勝手な推測を、手動で修正することもできます。
直接画像を掲載できなくて申し訳ないのですが、こんな感じです。

GoogleMapsのタイムラインに新機能 - うろうろ…

これで、鉄道の乗り潰しならぬ、道路の「走り潰し」ができるなあ、とほくそ笑んでいます。
現在スナップできるのは車で移動した経路だけですが、徒歩・鉄道に拡大してくれることを切に希望します。

テーマ : ライフログ - ジャンル : 日記

タグ : Google Googleマップ タイムライン ライフログ

23:59  |  ライフログ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04/07(Fri)

【ライフログ、記録します】iPhoneに燃費管理ソフト「FuelRec」を導入しています

いきなりこれまでとは毛色が違うことを書きますが…

ライフログ」を残すのが好きです。
「ライフログ」という言葉自体は何となく「意識高い系」の臭いがして好きになれないのですが、でも、「生活を記録すること」に名前がついたことで、初めて「自分はライフログを記録することが趣味なんだ」と意識することができました。

無意識でいろいろと続けていました

考えてみれば、コレクター気質がありますので、「一定の形式のものを集めたり保管したりする」ことは大好きですが、それだけでなく、そういったものを「記録する」ことも好きでした。

このブログ自体がまずゲームやアイドルマスターについて記録するものですし、本を読んだらブクログに、食べたものは写真をつけてtwitterへ、それぞれ残しています。どれも「ライフログ」という言葉を意識せずに始め、細々と長い間続けています。

思い返せば、チケットやレシートなどの「もの」を残すだけでは飽き足らず、行った店の感想やら見た映画の感想やら旅行の行程やら思いつく限りのことを、アナログですが手帳に書き込んだりしたのがおそらく始まりで、iPhoneを持ち歩くようになってから加速してきたように思います。
持ち歩けるのはほぼ1年分、保管性や検索性に難のある手帳に比べて、iPhoneはメモリが許す限りの記録が持ち歩けます。一番多いのは写真。何でもかんでも写真を撮るようになりました。

見返すと面白いじゃないですか

この気持ちって、分かる人には共感してもらえるし、分からない人にはどれだけ言っても分かってもらえないと思います。
でも、昔の記録って、見返すと面白いじゃないですか。

自分は、このブログを読み返すのが大好きです。
ブログを始めて間もない頃の自分って、すごく楽しそうです。
あ、でも、iPhoneの「写真」アプリも、twilogも、「1年前の今日」をレコメンドしてくるので、昔の自分を見返すと楽しい、って気持ちはみんな持っているんでしょうかね…。

続かなかった「燃費、給油記録」

そんな感じで色々記録していた中で、「燃費、給油記録」は「ガソリンスタンドのレシートにトリップメーターの数字をボールペンでメモして、その現物を保管する」ことで記録をしていました。が、メモするのは面倒だったり、忘れてしまったりしますし、保存しているレシートも増えてくると邪魔です。なので、だんだん手を抜くようになっていたのですが…

ある日、ネットを徘徊しているときに「iPhone 燃費管理」というキーワードが目に飛び込んできました。
あー、確かにこういったデータを記録するのにはスマホは本当に向いています。

ざっくり検索して、候補として残ったのは「e燃費」と「FuelRec」の2本でした。

「e燃費」と「FuelRec」

とりあえず両方ダウンロードしてみました。無料ってすばらしい。

e燃費と、
iOS e燃費

FuelRecです。
iOS FuelRec


しばらく使って思ったのですが、
多機能の「e燃費」、必要十分の「FuelRec」といった印象を持ちました。

「e燃費」はWEBサービスと連動して、燃費を同じ車のオーナーと競い合ったりガソリンスタンドの価格を投稿して集約したり、、レシートの写真を撮って送ると入力してくれたり、GPSを使ってドライブログを記録してくれたり、と面白い機能が満載です。
でも、データのエクスポートができないようです。サービス終了やアプリの更新停止といった万一の事態が起きないとは限りません。そんなときにデータをエクスポートできないのでは非常に困ります。
あと、給油以外の支出についてもメモしておきたいのですが、家計簿的な「車計簿」という機能があるようですが、型にはめすぎてあまり使いやすくありません。

「FuelRec」はe燃費のSNS的な機能も、GPSロガー的な機能もありません。でも、データはCSVファイルにエクスポートしてメールで送信することもできますし、逆にインポートもできます。さらに、給油の入力の仕組みが結構緩く、積算距離と給油量を入れなければそのまま6ヶ月点検や12ヶ月点検などのメンテナンス費用の記録に転用することもできます(e燃費の自由度の低さと対照的です。)。ドライブログの記録は心惹かれるところはありますが、Googleマップのタイムラインや、「Moves」でも同じようなことができます。

ということで、しばらく併用しましたが、このまま行けば[FuelRec」に落ち着きそうです。
やっぱりデータがエクスポートできる安心感は何者にも勝ります。

テーマ : ライフログ - ジャンル : 日記

タグ : iPhone アプリ 燃費

00:35  |  ライフログ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |