2010.04/16(Fri)

【アイマス】アイドルマスターRelations(1)(2)を読んでみたけど、面白いよこれ

REXコミックス アイドルマスター Relations (1)CD付限定版(1)(2) 上田夢人
4月3日に届いたREXコミックス アイドルマスター Relations (1)(2)を読んでみました。
通常版はamazonで新品を購入、(1)のCD付限定版はマーケットプレイスで中古を。転売ヤーの巣窟のマケプレですが、今回は新品の値段並の価格で入手できたので、まあよしとします。

これは面白い

「アイドルマスター」は、ゲーム以外の展開はあまり成功しているとは言えません。むしろ、アニメのアイドルマスターXENOGLOSSIAにしても、コミックのTHE iDOLM@STER BREAK!あたりは、多くの既存ファンの反感を買っている始末。成功していないってレベルじゃなく、大失敗でしょう。

そんな先入観があるので、ゲームとCD以外のアイマス関連商品には手が出しにくかったのですが、このアイドルマスター relationsに関しては例外的にいい評判をよく聞きます。フレンドさん数人に薦めていただいたので、絵柄にちょっと尻込みをしつつ、ポチってみました。

読み始めてみると、これは面白い。
冒頭から引き込まれ、そのままラストまで引きずられてしまいました。

何が面白いかというと、まず第一にしっかりしたストーリー。
些細なすれ違いからチームを離れていた味方と再会し、魅力的な悪役(ヒール)を倒して栄光を掴むまでの過程を、ラブコメ的な展開をあまり交えずに一気に描いています。
もしかして、ゲームでプロデュースをしている最中には、ディテールの差こそあれ、こんなストーリーを脳内で展開していたりしませんか。

さらに、随所に織り込まれた、ゲームをプレイしたプロデューサーがニヤッとできる設定やら小ネタやらが楽しさを盛り上げてくれます。
尻込みの大きな原因だった絵柄は一度物語に引き込まれたあとはあまり気になりませんでした。

まだ読んでいないプロデューサーさんに、ご一読をおすすめします。

relationsが面白くてBreak!がムカツクのは、正しいテンプレートを使っているかどうかの差

REXコミックス アイドルマスター Relations (1)(2) 上田夢人
読み終わったあとで、relationsとBreak!の違いについて考え込んでしまいました。
どうしてrelationsは面白いのに、Break!はつまらない…というより、読んでいて腹が立つんだろう。

絵柄は圧倒的にBreak!の勝ちです。relationsは春香さんのリボンみたいな「記号」の無いキャラクター…たとえばあずささんとか真とか雪歩とかが誰なのか分からなくなる程度の絵柄なのに対し、Break!は見事な萌え絵柄な上に書くキャラクターの特徴をよく掴んでいます。
「強力なライバルに挑む」というプロットも似ています。むしろ、アイマスSPを下敷きにしているBreak!のほうが、響・貴音・そして美希という961組がライバルに回っている分、その強大さがイメージしやすいような気がします。

…ああ、そうです。Break!は実はそこそこよく描けていると思うのです。

結局のところ、面白いかどうかの差は、使っているテンプレートの違いなのではないかと思います。

relationsのストーリーは面白いし、ゲームでプロデュースしたときの展開を思い起こさせて上手だと思いますが、でもどこかで読んだことのあるようなストーリーです。このストーリーって、「努力・友情・勝利」の少年ジャンプの王道ストーリーのテンプレが当てはまりそうです。
才能に恵まれたチームのエース、コーチとエースの確執、そんなチームにやってきた新入生。汚い手を使う悪役。コーチの秘策、決戦前の賭け。和解、チームワーク、そして栄冠。似たような要素を持つ野球マンガやサッカーマンガがいくらでもありそうです。

Break!のストーリーは大枠はSPの舞台を使いつつも、やっぱり何となくどこかで読んだことのあるストーリーです。これは、誤解・和解を積み重ねていくラブコメのテンプレが当てはまりそうです。
開始早々、転倒して春香さんのスカートに顔を突っ込んだあとは、裕太郎君が真摯に行動する→誤解される→行動の真意が理解され、見直されて好感度が上がるの繰り返しでストーリーが進みます。まさにラブコメです。

そして、自分がアイマスに求めているのは少年ジャンプ的展開であって、萌えやらPとアイドルの恋愛感情やらではないから、relationsが楽しめて、Break!はムカツクということになるのでしょう。

他のコミックスとノベルも

これまでノーチェックだったコミックスとノベルですが、amazonで検索してこんなに種類があったのかと驚いています。食わず嫌いをせずに読んでみようと思います。
ああ、でもXENOGLOSSIAのコミックスはどうしようかなー。
関連記事

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : アイドルマスター relations

11:50  |  アイドルマスター(その他)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04/03(Sat)

【アイマス】控えめ・フニフニ~ちっぱいマウスパッドとアイドルマスターRelations(1)(2)が届いた

「ポチる」とは、一部のインターネット利用者の間で使われるインターネットスラングである。ウェブ上で通信販売されている商品の購入を確定する行為のことを意味する。「ポチッとな」から派生したものだといわれており、「購入ボタンをポチッと押して買う」という意味を動詞として表したものである。支払いをクレジットカードで行うことの多いインターネット通信販売での、物品購入の気軽さも表現しているとされる。

ポチッとな - Wikipedia

発売日前にポチったものって、発売日には非常に高い確率でポチったことを忘れています。重複するのもよくあることで、お店で買ったゲームが入った袋をぶら下げてホクホクしながら部屋に帰ってきて、郵便受けを開けて不在票を発見するなんて日常茶飯事です。
ポチったサイトがよく使うamazon.co.jpならば、何かをポチったついでに注文履歴を覗いてみることもあります。
でも、尼以外のサイトで何かを注文した場合、ポチったものが届いたときには何が来たのか全然思い出せないことも多かったりします。

ちっぱいマウスパッド

今日は、箱を開けてみたらこれが出てきました。
千早ちっぱいマウスパッド - ドリームランド -
千早ちっぱいマウスパッド
妙にでかい箱の底にひっそりと梱包されて送られてきました。大きい人のマウスパッドならともかく、控えめな人のマウスパッドを作ってしまおうと思いついたアイデアに敬意を表して購入したものです。
千早ちっぱいマウスパッド 思っていたより一回り大きかった
マウスとの比較。想像していたのより二回りくらい大きかった(面積的な意味で)ので、ちょっと意外。考えてみたら、マウスの可動範囲の大きさになっている普通のマウスパッドと違い、マウスパッドの下部はアームレストになっているので、面積は大きくなるわけです。
狭くて散らかっている机の上で設置場所を確保するのに苦労しましたが、なんとか空き面積を机表面に確保して使用開始。素材的にかなり汚れそうですが、割り切って使うことにします。少し前だったらもったいなくて開封できなかったと思いますが、最近はアイテムは使ってなんぼだと思えるようになりました。大きな進歩です。

でも、あずささんおっぱいマウスパッドと同じ値段なのはちょっと納得できません。ゲルの量が違うと思うんだけど。

REXコミックス アイドルマスター Relations (1)(2)

こちらは既刊のものをポチったので、忘れる前に届いてくれました。
REXコミックス アイドルマスター Relations (1)(2) 上田夢人
REXコミックス アイドルマスター Relations (1)(2)
アイドルマスターブレイクを買ったときとか、いろいろな機会に複数の人から「面白かった」って感想を聞いた覚えがあるこのマンガ、Twitterでポチったことをつぶやいたら「名作だよ」って@が飛んできたりしたので、相当期待できそうです。
REXコミックス アイドルマスター Relations (1)(2) 上田夢人 カバー(裏)
アイドルマスターブレイクの限定版の品薄騒ぎが頭にあって、何となく絶版で入手困難なのかと思っていたのですが、通常版なら新品が普通に入手できるんですね。
限定版は品切れ、ドラマCDがついているのか…。Relations(1)巻の限定版付属のドラマCDって、そういえばちょっとだけ名前を聞いたことがあるような。中古で1,200円ちょっとなのね。

ていうか、amazonの「和書」カテゴリで「アイドルマスター」を検索すると、持っていない本がずいぶん引っ掛かることに気がついてしまいました。コミックスも、文庫本も出てるのか。完全にノーチェックでした。
ぼちぼち読んでみるとしましょうかね。

あ、積読って、積みゲーより遥かに昔からある由緒正しい言葉なんですよ。
関連記事

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : アイドルマスター relations

22:11  |  アイドルマスター(その他)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |