2009.12/15(Tue)

【iPhone】さよならiPod nano

iPhoneを導入したので、おそらくもう出番は回ってこないであろうiPod nano 3Gを売却することにしました。

2つも前の世代ですが、調べてみたら数千円程度の値段は付くようです。
だったら、部屋の隅でホコリをかぶらせておくより、誰かに使ってもらう方がきっと幸せでしょう。

売却前に「復元」

売却前に、iPodを初期化して、内部に保存されている楽曲などを消去しなければなりません。
そのままお店に持っていけば、店頭でやってくれるような気がしないでもないのですが、まあ念のため。

初期化はiTunesから、「復元」という機能を使って行うようです。

iPodを工場出荷時の設定に戻す
http://support.apple.com/kb/HT1339?viewlocale=ja_JP

しかし、初期化するのに復元っていう用語を使うあたり、無駄に事態を複雑にしているような気がします。

iTunesの画面、これまで使ったことのない「復元」をクリック。
iPod nano 売却前にiTunesを使って「復元」、初期化しておく

上記のAppleのページには、「復元オプションが表示されます」って書いてありますが、そんなものは表示されずに確認のダイアログが開いた後、
iPod nano 確認してくるので「復元」
「iPodソフトウェア更新プログラム」の情報と、使用許諾契約が表示されて復元が始まりました。

ほどなく復元が終了。
iPod nano 復元直後の状態 また同期してしまわないよう、左サイドバーで取り外しを選んだ後、接続ケーブルを外す
設定画面が表示されます。
「完了」してしまうと、再度楽曲のデータが同期されてしまうので、左サイドバーで取り外しを選択してケーブルを外して作業は終了です。

使用期間は1年3ヶ月

iPod nano 第3世代 売却前に記念撮影 左から iPod nano 3G、iPhone 3GS、PSP go、PSP-2000
売却前に記念撮影をしておきました。
左から iPod nano 3G、iPhone 3GS、PSP go、PSP-2000。
iPod nanoの下に写っているのは使用していたハードケースです。

こうやって並べてみると、やっぱりiPod nanoの小ささが際だちます。
iPod買う前はPSP-2000で音楽聴いていたんだよなぁ。今思うとよくそんな面倒なことをしていたなと思います。ウソみたいです。
左がiPod nano 3G、右がiPhone 3GS
iPhoneと並べてみました。
レシートを確認すると、購入したのは08年の8月28日となっています。1年3ヶ月で8GB使い切ってしまうとは思いませんでした。

約2週間後の9月9日には、後継モデルのiPod nano 4Gが発売されています。
4Gには、16GBのモデルもあります。
購入があと2週間遅かったら、4Gの16GBモデルを買っていたでしょうし、まだ容量が半分空いている状態だったら、iPhoneを買おうなんて思わなかったかもしれません。
iPod nano 3G ケースに入れ直して売却準備完了
購入時のケースに入れ直して、売却準備は完了です。

いくらになるかな。

【追記】12/17
6,000円で売れました。
ポイントで受け取ったので6,900ポイント。
iPod nano 6,000円で売れました
関連記事

テーマ : iPod - ジャンル : コンピュータ

タグ : iPod

05:55  |  iPhone/iPod  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12/09(Wed)

【iPhone】ずいぶん調べてもやっぱりよくわからないので、とりあえずiPhoneを導入してみることにしました

いろいろと考えて、iPhoneを買うことにしました。
その際に調べたことなどを自分用にメモ代わりにまとめておきます。

きっかけはiPodのフリーズでした

iPod nanoがフリーズしました。
普段からよくフリーズしてAppleマークを見せつけられることが多かったのですが、今回はいつになく深刻そうなフリーズで、なかなか復帰してくれません。ホールドスイッチを触ったり、PCに接続し直したりクリックホイールをつつき回したりして20分ほどかかってやっと復帰してくれました。

原因はよくわからないのですが、空き容量がほとんど無くなっていることが関係ありそうな気がします。
iPod nano 8GBが残り300MB

乗り換えるなら

空き容量を確保するのに、曲を削除することはちょっと考えられません。
なにせ、7.04GBはほとんどアイドルマスター関係の楽曲です。どの曲にもそれぞれ思い入れがあります。

そうなると、より容量の大きなデジタルオーディオプレイヤーに乗り換えることは避けられません。

候補としては、
・ 最新のiPod
・ walkman
・ PSP go
あたりが思いつきます。

iPodなら

一番無難な乗り換え候補は同じiPod。
持ち歩くことを考えると、iPodの中ではiPod nanoに落ち着きます。
価格は17,800円。

いい点は、買ってきたその日からまったく問題なく使えるであろうこと。曲データを同期するのに時間がかかるかもしれませんが、それもPCに繋いで放置しておくだけです。

不満点は容量が最大でも16GBしかないこと。
どこかが故障しているわけではないのに空き容量の確保に買い換えが必要で、買い換えても容量が単に倍になるだけ。おそらく2年も経たずにまた空き容量確保のために買い換えを余儀なくされることでしょう。

walkmanも調べてみました

別にiPodにこだわりがあるわけではないので、他のMP3プレイヤーでも構いません。
iPodの代わりとしてすぐ思いついたのが、sonyのwalkman

ラインナップを調べてみると、最高で64GBのモデルがあるようです。
64GBのモデルの価格は42,800円。

これは正直ちょっと心が動きました。8倍の容量があれば、容量不足で買い換える必要は当分なさそうです。

でも、調べていくうちに、まず引っ掛かったのが歌詞が表示できないということ。
歌詞表示ができるモデルもあるようですが、今iPodに入力してある歌詞データがそのまま使えるわけではないようです。

さらに、walkmanを使うときのネックになるのは、母艦ソフトのSonicStage
重いという評判を聞いていたので改めて調べてみると不満が出ること出ること。
重さについては改善されたようですが、不安定だとか、新バージョンで広告が出るようになったとか、バージョンが変わるたびに仕様がコロコロ変わるとか。

決定的だったのが、コーデックの詰め合わせのffdshowと相性が非常に悪いという記述です。

キャプチャボードのMonster-Xがなかなか思うように動作してくれなくて、対策の一つとして導入したのがffdshowです。
アンインストールして再びコーデック設定の迷宮に入り込むのは絶対にお断りです。

Sonic Stageの代わりに、Media goを使うこともできるようですが、そこまで苦労して使いたくはありません。

PSP goはどうだろう

手許にあるPSP goはどうでしょうか。

最大の利点は、メモリースティックを任意に取り替えられること。
現在でも内蔵16GB+メモリースティック16GBの容量が使える上に、今後おそらく発売されるであろう32GB以上のメモリースティックを差し替えながら使えば、容量不足による本体買い換えの必要はないと考えていいでしょう。

母艦ソフトのMedia goも、前身のMedeia Maneger for PSPとはうって変わって評判は悪くないようです。

ネックになるのはやはりその大きさ。
PSPとしては画期的に小さいそのサイズも、iPodやwalkmanと比較するとまだまだ大きく、かさばります。
PSPとiPodを一台のPSP goで代替できるのであればまだしも、UMDで供給されているPSPのゲームをPSP goでプレイする手段が提供されていない現状では、ゲーム用にPSP、MP3プレイヤーとしてPSP goを持ち歩く必要がありますが、これはどう考えても馬鹿みたいです。

そしてiPhone

うだうだと悩んでいたときに思いついたのがiPhone

そういえば、今使っている携帯を機種変更しなければ使えなくなるよって、softbankから催促されまくっていたのでした。
第2世代携帯電話終了のお知らせ by softbank

まず気になったのが大きさですが、帰りに実機を触って、何とか許容範囲であることを確認。iPod+携帯電話がiPhone一台になるなら、多少大きくなっても我慢ができます。

その次に気になったのがデータの移行。
今使っている化石のような携帯電話のデータが果たして今でもバックアップできるのかどうか、いろいろググって見たら手段がありました。

庭:[日記]V401SHのデータバックアップできました」で紹介されていたケータイリンクというソフトを使えば、ほとんどのデータはPCに吸い出すことができそうです。
有料ではありますが、1,995円。十分許容範囲です。

この辺まで調べて、ほぼ決意が固まりました。

面白そうな機能やアプリはたくさんあるようですが、そのあたりは調べてもピンと来ません。買った後、いろいろ弄り倒しながらのほうがよくわかりそうです。
今年一年頑張った自分へのごほうび(笑)として近いうちに買ってくることにします。
関連記事

テーマ : iPhone - ジャンル : 携帯電話・PHS

タグ : iPhone iPod

05:55  |  iPhone/iPod  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10/18(Sat)

事故多発地点

事故多発地点
圧倒的に多発します。だって、こんなにあっちこっちに書いてあったら見とれて脇見して当然じゃないですか。
ファーストネーム



8月28日の大雨で冠水して以来、故障して車を出せなかった駐車場からなんとか出庫できた。久しぶりだったし、天気もよかったのであっちこっちぶらぶらしてきました。

大きな地図で見る
マジな話、この交差点は、大きな道路の交差する変形五叉路なので、本当に事故が多い。
リア充のすくつ ブランズウィックスポルト
よくアイマスカラオケオフに使われるブランズウィック スポルト名古屋ってボーリング場。
我が母校(うそです)
小学校もなかなか破壊力が高い。

安物のFMトランスミッター
iPodの車載用に買ったFMトランスミッタ。安物でもいいだろうと思って買ったのだが、iPod側のイヤホンジャックの抜き差しが頻繁に発生する。ウォークマンでもPSPでも、まず最初にガタが来たのがイヤホンジャックだったので、できれば今のイヤホンは差しっぱなしで使いたい。
dockコネクタに差すiPod専用のトランスミッタは馬鹿みたいな値段がするんだけど…ちょっと調べてみようかな。
これな~んだ?
行きつけのお店にも久しぶりに顔を出せました。
関連記事

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : アイドルマスター iPod

17:04  |  アイドルマスター(その他)  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2008.09/13(Sat)

iPod nano 第4世代

俺がどうやって情弱だって証拠だよ
すみません、リンクに意味はありません。はい。

私がiPod nano第3世代(3G)を嬉しそうに買ってきたのが8月28日。そして9月10日には第4世代(4G)の発表です。その間わずか13日間。
ゲーム機、PCを始め、この手の製品って、こんなことは日常茶飯事ですし、モデルチェンジを気にするより早く買って1日でも長く楽しんだ者勝ちってのも良く分かってます。はい。でも買って2週間未満ってのはさすがに悔しい。

実機を触ってきました

あんまり悔しいんでちょっと4Gの実機を触って来たり、仕様を調べてみたりしました。

  • お値段
  • 3G:
    8GBタイプが23,800円
    4G:
    16GBタイプが23,800円
    ※お値段据え置き、容量倍増('A`)

  • 3G:
    全6色、裏は鏡面仕上げ
    4G:
    全9色、裏は梨地
    ※4Gは原色に近い。裏面は傷が付きやすい鏡面から梨地に変更。色は3Gのほうが(・∀・)イイ!!かも。

  • デザインなど
  • 3G:
    2インチ液晶を搭載した正方形に近い「メタボ」型。
    4G:
    2インチ液晶を縦に配置、1G、2Gに近い細長いデザイン。加速度センサを搭載し、持ち方によってディスプレイの向きが変わる。
    ※動画を見るときは横にして持たないといけないのかな?

  • 触ってみて
  • 4Gを祖父の店頭で触ってみました。梨地仕上げは手触りがよく、ケース不要かもしれません。あと、クリックホイールのセンターボタンのクリック感が非常にチープ。

色とかデザインとかはともかく、容量が8GBから16GBになったのは単純にうらやましい。現状手持ちのCD突っ込んだだけでもう8GBのうち2.7GB使ってしまっています。動画入れだしたらあっという間に残りも使い切ってしまうことは目に見えていますから…。
関連記事

テーマ : iPod - ジャンル : コンピュータ

タグ : iPod iPod_nano

15:37  |  iPhone/iPod  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.09/08(Mon)

iPod

先週iPodを買って、今日までかけて手許にあるCDを取り込み終わった。iPod導入はPC購入の動機のひとつなので、嬉しがっていろいろといじっているところ。
CD取り込みに1週間近くかかったのはアルバムアートワーク(CDのジャケット)と歌詞まで取り込んだから。時間はかかったけど、Cover Flowの画面を見ているだけで楽しい。取り込んだ後のCDってしまっちゃって、ジャケット見る機会あんまりないし。
iTunesのCover Flow画面
これはiTUNESだけどiPodのCover Flowの画面も同じような感じ。
XBOX360(箱)に繋げられるのもいい。ゲーム中のBGMを簡単に自分の好きな曲に変更できる箱の機能は、地味に嬉しいのだけれど、CDの取り込みが遅いとか、変なCDDBから探しているのか、曲のタイトルが見つからないことが多いとか、取り込んだ曲の管理機能が貧弱とか、いろいろ大雑把過ぎて使い勝手がよくない。iPodから曲を読ませるとこのあたりが一気に解決できる。USBで繋いでやると、1回更新があっただけであっさり認識してくれた。

いいことばかりではなく、トラブルもあった。

  • →が表示されない。
  • 「スタ→トスタ→」が「スタトスタ」と表示されてしまう。検索してみたら同じ事例が結構ヒットした。ひとつ前の世代では大丈夫だったらしいのだが…。いまどき「機種依存文字だから表示できません」で済まされるのはちょっと不満がある。マカーの人は→表示したいときはどうしているのだろうか?

  • フォント表示が乱れることがある。
  • iPod nano 3G(第3世代)のフォントのトラブル 掲示板やネット上でも同様の情報を見かける
    画面右半分の下側「オリジナルの音量を使用」という文字列の「オ」「ジ」「音量」という文字だけなぜかフォントがでかい。この画面に限らず、他の画面でも同様の状態になることがある。どうしてだろう?

  • 箱でシャッフルして再生すると、「シャッフル時にスキップ」の設定が反映されない。「開演のあいさつ」だけ単独で流れるのって結構間抜け。
関連記事

テーマ : iPod - ジャンル : コンピュータ

タグ : iPod iPod_nano iTunes

01:31  |  iPhone/iPod  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |