スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06/29(Tue)

【ラブプラス】愛花と過ごす日々~ご当地カプセルを求めて秋葉原へ、Twitterとラブプラスは相性がいいのかな?

データ引継が終わったラブプラス+。起動してみてすぐに変わったと分かることも結構たくさんあったのですが、みんな後回しにしてとりあえず「ご当地ラブプラス」。
エクストリームなマナ彼氏さんと違ってあまり愛花と外出することはなかったのですが、すれ違い通信があるとなれば話は違います。すれ違い通信が盛り上がれば楽しいのは、すれ違い通信1,000人を達成したドラゴンクエストIXで経験済みです。

初回特典で出身地の「ご当地カプセル」を入手

メニューから「ご当地ラブプラス」を選んでみると、プレゼントをもらいました。
ラブプラス+ ご当地ラブプラス 初回特典で出身地の「ご当地カプセル」をもらいました

初回特典 あなたの出身地の「ご当地カプセル」をプレゼントします。

初回特典だそうですw
取りあえずこの「ご当地カプセル」を自分の名刺の裏面に「プレゼント変更」でセットしてお出かけです。
行き先は、用事があった秋葉原。

大量入手

出かけたのは6月26日の土曜日。
この日はゲームが大量に発売された6月24日の直近の土曜日だったので、ゲーム屋さんは大変な人出でした。
すれ違い通信をオンにして、最初に向かったのはソフマップ秋葉原本館のDSステーション。人が多く通るメインの通路からは棚ひとつ奥にあって、人目がたくさんあるところで羞恥プレイを体験せずにすみました。周りにはDSを縦持ちしている人が5人ぐらいww。DSを取り出してみると、既に20人近い彼氏さんとすれ違っていたようです。
ラブプラス+ ご当地ラブプラス 案の定秋葉原はすれ違い通信がよく成立します
いただいた名刺やカプセルを見るのは後回しにして、まずは「ご当地カプセル」を回します。引継効果で挑戦回数は5回。
ところが、「挑戦する」を選んでも「DSステーションが見つかりません」と言われます。周りに通信している人がいると、うまく通信できないことがあるみたいです。そういえば、去年のTGS2009でも、なかなか通信が成立せずもどかしい思いをしたんでしたっけ。
それでも諦めずにしつこく「挑戦する」をタッチしまくっていたら、無事通信できました。
もらったのは東京都の「メイド」。
東京都は他にも「江戸前寿司」と「東京タワー」があるようですが、これはDSステーションが設置してある場所で変わってくるのかな?あと、レアは入手できませんでした。

24種類のカプセルを入手

ソフマップのレジ待ちの長い列に並びながら、どんなカプセルをもらったのかチェックしてみました。
結局22都道県(東京は3でカウント)と「SP」が2種、計24種類のカプセルを入手していたようです。

入手できたのは、北海道、宮城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京3種、神奈川、新潟、長野、静岡、愛知、三重、兵庫、広島、徳島、福岡、大分、鹿児島、沖縄。あと、入手条件がよく分からない「チャーム」と「TVBros.」のSP。
ラブプラス+ ご当地ラブプラス 北海道のアイヌネネさん
北海道と沖縄を入手していたのには驚きましたが、これ、よく考えてみたら道民の人や沖縄県の人が秋葉原に来ていたと言うより、出身地を北海道や沖縄にしていた人が初回特典で入手していたものかもしれませんし、それをもらった人がプレゼントに設定していたのかもしれません。

ちなみに、これだけ集めてレアは神奈川の「横浜中華街」だけ。すごく確率が低いのかもしれません。

あと、「SP」の入手条件が分かりませんね。
「TVBros.」は浮き輪をしてシュノーケルをくわえたリンコなんですが、どうやって入手したの?

意外に少ない「とわのふたり」、そしてツイッターアカウントを書くのが流行?

名刺は一日で49枚集まりました。
秋葉原にいたのは3時間ほどだったのでもう少し粘れば相当集まったのではないかと思います。

いただいた名刺を見ていて思ったのは、「とわのふたり」が意外に少ないこと。
12月末からお付き合いしている自分がもう「とわのふたり」になっているので、相当多いかと思いましたが、49人中4人だけ。「とわのふたり」直前の「ベストパートナー」は10人もいましたので、「スキップモードは封印」って彼氏さんが多いのかもしれません。
あと、「恋愛ビギナー」が6人、「平凡カップル」が2人と、ラブプラス+から始めたらしい人が結構多いのにも驚きました。発売前のコナミのプロモーションは大成功だったと言うことでしょうか。

面白かったのは、名刺裏面「メッセージ」欄にツイッターのidを書いている人が3人もいたこと。
こんな話もあったようですし

Twitterで開始12分前に呼びかけた「ラブプラス+」名刺交換オフ会が、盛況だった様子 - アキバBlog

Twitterとラブプラスはユーザーが相当被っているのかもしれませんね。

そしてラブプラスiMにやっと出番が

そして、ダウンロードはしたものの、あんまり出番がなかったラブプラスiMが活躍する日が来たかもしれません。入手したご当地カプセルの画面で、「コード表示」を選んでARコードを表示させ、ラブプラスiMの「ご当地ARモード」を起動、撮影すると…
ラブプラス+ ご当地ラブプラスのARコードをラブプラスiMの「ご当地ARモード」で撮影すると
フレームはラブプラスiMに用意されていたもの。現状で3種類実装されているようです。
うーん、こうなると全種類、コンプリートしたくなりますね。
…てか、ドラクエ9のときのように、コンプリート済みのソフトをヤフオクとかで売れば結構な値段がつくんじゃね?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ラブプラス - ジャンル : ゲーム

タグ : DS ラブプラス ラブプラス+ 高嶺愛花 iPhone3GS

11:50  |  ラブプラス/ラブプラス+  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.03/23(Tue)

【iPhone】iPhone3GSでBluetoothヘッドホンアダプタのPSP-N270を使ってみました

iPhone3GSを買ってから、Bluetoothでヘッドホンをワイヤレスにしてしまいたいとずっと思っていました。
iPodを使っていたときも、PSPを使うときも、イヤホンのコードが絡まっちゃうのが大嫌いです。あれ、ほぐしているとイライラしますよね。
それに、特にSONY製品で多いのですが、しばらく使っているとイヤホンの差込口、イヤホンジャックが接触不良を起こします。それから、混雑したところで、あのコードが何かに引っ掛かって、本体側の差込が外れると大惨事です。満員電車の中でGO MY WAY!!が大音量で流れるとかどんな羞恥プレイだよって感じです。

iPhone3Gは、本体にBluetoothを内蔵しており、さらにiPhone OS 3.0でBluetooth機能がバージョンアップされて、Bluetoothヘッドホンで音楽が聴けるようになったとか。

では使ってみようか、といろいろ調べてみました。

Bluetooth機器で必要なプロファイルに対応していれば何でもいい


まずは「Bluetooth」の下調べ。無線で音楽が聴ける、PSPやPS3のコントローラの接続もできるなんてぼんやりとは知っていましたが、改めて調べてみました。

「iPhone Bluetooth」みたいなワードで検索をすると、たいてい情報の洪水に巻き込まれます。Google先生のご推薦の順番でページを見ていっても、細かい話、個別の機能、レビューやTipsはたくさん見つかるのですが、全体を俯瞰しているページにはなかなか辿り着きません。

そんな中でまず参考になったのがこの辺。
iPhone OS 3.0登場! Bluetoothヘッドホンで“ワイヤレスミュージック”を満喫してみよう - デジタル - 日経トレンディネット
初心者のための「iPhone + Bluetooth」 : 狂った欲望の記録。

  • Bluetoothは規格の名前なので、特に「iPhone対応」を謳っていなくても、「Bluetooth対応」の製品を探せばよい。
  • Bluetoothの機能は細かく別れていて、「プロファイル」と呼ばれる
  • iPhone側で対応しているBluetoothのプロファイルは、HSP、HFP、A2DP、AVRCPの4つ
  • なので、HSP、HFP、A2DP、AVRCPに対応したBluetoothヘッドホンとかヘッドセットとかを買ってくればよい。
  • ワンセグ音声を聞くためにはSCMS-T対応が必要
ということらしい。
ちなみに、HSP見たいなアルファベットの略号をずらっと並べられると面倒くさそうで嫌になりますが、アルファベットの略称の元を調べれば
・HSP:ヘッドセットプロファイル
・HFP:ハンズフリープロファイル
・A2DP:アドバンストオーディオディストリビューションプロファイル
・AVRCP:オーディオ/ビデオリモートコントロールプロファイル
と、これなら字面を見ているだけで何とか見当がつきます。まあ、内容はこの際あんまり気にしなくてもいいみたい。買おうと思った製品の仕様を調べて、この4つのプロファイルが入っていれば大丈夫。

ヘッドフォンなの?ヘッドセットなの?

あとは具体的な製品を探すわけですが、最初に引っ掛かったのがヘッドフォンなのかヘッドセットなのか。
意識して使い分けている場合は少なそうですが、「ヘッドセット」という言葉を使っている場合は、ヘッドホン/イヤホン機能だけではなくてマイク機能がついていて、ハンドフリー通話に使えるということのようです。
ヘッドセットで探すと片耳用の通話に特化した製品もちょこちょこと検索に引っ掛かります。
面倒なのは「ヘッドホン」を名乗っている製品にもほとんどマイクがついていて通話が可能なこと。
まあでも、ヘッドセットで探しておけば間違いないようです。

ヘッドフォン一体型か、レシーバか

決めないといけないのがヘッドフォン一体型にするのか、イヤホンを別に差し込むヘッドセットレシーバーにするのか。
ヘッドフォン一体型は本当にワイヤレスが実現します。
あの鬱陶しいコードが無くなるのは魅力的ですが、Bluetoothを使えない機器、具体的にはgo以外のPSPやニンテンドーDS用に今までどおりのイヤホンを用意しておく必要があります。
コレもばからしい話ですので、今使っているイヤホンを差し込んで使う、ヘッドセットレシーバーを捜してみました。

結局SONY製品か

ここまで決まればあとは製品を見ていくだけ。
価格コムやらレビューサイトやらを見て回って、結局目についたのは、お馴染みのSONY製品。
DRC-BT15と、その後継製品のDRC-BT30の名前をよく見かけます。

…余談ですが、DRC-BT15とDRC-BT15P、DRC-BT30とDRC-BT30Pの違いを調べるのにムダな時間を使ってしまいました。結論は、「販売ルートが違うだけで仕様は同じ。」だそうな。
馬鹿みたい。

で、最初に買うなら、使用者が多そうなソニー製品かなぁ…、使ってみて不満があったらそのうち買い換えようかと思っていたら、意外なものがありました。

PSP-N270

PSPgo用のアクセサリとして発売された、Bluetoothステレオヘッドセットレシーバー、PSP-N270

PSP型番を名乗っているだけあって、PSPgoとの相性はよさそうですし、PS3のワイヤレスヘッドセットとしても使えます。

「使って/試してみました ゲームグッズ研究所【第220回】- GAME Watch

仕様的にはA2DP/AVRCP/HFP/HSP対応が明記されいます。SCMS-Tは記載が見当たりませんが、PSPgoでワンセグ見られるんで、大丈夫なんじゃないかな。

なにより、

これはUSB充電に対応させたDRC-BT15Pですね。当然ガワは違っていますが、中身は完全にDRC-BT15/DRCBT15Pです。

ソニーコンピュータエンタテインメントからPSP go用のBluetoothヘッドフォンユニット『PSP-N270』 | Bluetooth ManiaX

というレビューを見かけたので、仕様的にはこれで必要十分かな。

買ってきました

早速買ってきました。
PSP-N270 パッケージ(表)
SONY純正のPSPの周辺機器の例に違わず、安っぽいブリスターパック入り。
PSP-N270 パッケージ(裏)
裏面。
ちなみに購入したのはソフマップのアミューズメント館。残念なPSPgoの、さらに目立たない周辺機器なので、現物がなかなか見つかりませんでした。
SONY製品のブリスターパックは、開けやすいような工夫がされています。
PSP-N270 ブリスターパックの開け口
開け口を拡大したところ。つまみみたいなのを引っ張ると…
PSP-N270 ブリスターパックを開けたところ Microsoftは日本で商売をするつもりがあるなら見習うべき
このとおり、皮をむくみたいな感じでべろんちょ、ってはがれます。
開けづらさに定評があるMicrosoftのブリスターパックとは大違い。日本で商売するつもりなら、この辺は見習ってほしいところです。
PSP-N270 同梱物一覧
同梱物の一覧。
ヘッドセットレシーバーの本体、充電用のUSBケーブルと取扱説明書。保証書はパッケージの台紙の裏面に印刷されているので、この厚紙を取っておかなければいけないのが面倒です。
USBケーブルはAコネクタとミニBコネクタの一般的なものです。
PSP-N270 前面
レシーバの前面。
ボリュームと曲の再生、停止などは前面で操作します。
PSP-N270 裏面
背面。
固定用の大きなクリップがついています。このクリップは取り外せません。正直言ってかなり邪魔。
側面に見えているのは、電話機能に切り替える際に使うボタン。
PSP-N270 側面
側面。USBケーブルの接続部と電源スイッチなどが見えます。
PSP-N270 側面
反対側の側面。電話機能を使う時のマルチファンクションボタンと、リセットボタンが見えます。

設定、ペアリング

iPhoneにPSP-270を認識させる手順(ペアリング)は簡単でした。

PSP-270の電源を入れておいてから、iPhoneの設定>一般>Bluetoothを選択。
iPhoneでPSP-N270 設定>一般>Bluetooth
Bluetoothをオンにすると…
iPhoneでPSP-N270 Bluetoothを「オン」に
PSP-N270を探してきてくれるので…
iPhoneでPSP-N270 PSP-N270を探してくるので…
探してきたPSP-N270を選択してやると、PINコードの入力待ちになります。
iPhoneでPSP-N270 PSP-N270を選択してPINコードを入力
コードはマニュアルに「パスキー」の名前で掲載されている0000。
「PINコード」と「パスキー」って名前が違うので、混乱の元になるし、ゼロ4つは無意味の極み。アッー!
iPhoneでPSP-N270 設定完了。電池マークの横にBluetoothマークが表示されている
これで設定完了。電池のマークの横に、Bluetoothのマークが表示されています。

使ってみて

使用前に気になっていたのは、
・電池の消費量
・音飛び
逆に、
・音質
・遅延(レイテンシ)
は悪化するのが間違いないので、最初から気にしていません。

電池の消費量、特にiPhone側は気になるところです。
自分の環境では一日中Bluetoothをオンにして、実際に曲を再生しているのが2時間程度だと、電池残量表示で15%くらい普段より多く消費している感じです。
電池の消費を気にして、いちいちBluetooth機能をオフにすると、なぜか音飛びが多発するので、諦めてオンにしたまま使っています。

音飛びは上に書いたとおり、当初マメにBluetooth機能をオフにしていた頃は頻発しました。
Bluetooth機能をオンにし直して、レシーバを認識させ直すと、直後はきちんと受信するのですが、しばらくすると音が飛び出します。ひどい時はまったく受信しなくなってしまうくらいで、こうなると、再度レシーバーの電源のオンオフとiPhone側のBluetooth機能のオンオフをくり返さないと安定しません。
諦めてiPhone側のBluetooth機能をオンにしっぱなしで使うようにしたら安定しました。要は、iPhone側で何か忙しい処理が入ると音が飛ぶみたいで、ホームボタンを押してスリープから復帰させるとやっぱり一瞬音が飛びます。逆に、通信状態に原因がありそうな音飛びはありません。快適です。

普段はほぼiPodとしてしか使っていないiPhoneですが、たまに着信があることもあります。
携帯電話のハンズフリーヘッドセットとして使った感じも良好。レシーバーにマイクがついていますが、レシーバーを口元に持っていかなくてもこちらの声は届いているようです。
…ただ、上記のとおり、Bluetooth機能をオンにしっぱなしなので、イヤホンをつけていない状態だと着信があってもわかりません。これは結構ジレンマです。

あとは、BluetoothがオンになっているつもりでiPhone本体でiPod機能を使って音楽を再生した時に、レシーバの電源が入っていないと、本体スピーカーから音楽が流れ出します。気をつけないと羞恥プレイなので、再生は必ずレシーバの再生ボタンからという自分ルールを作って運用しています。

それから、AVRCPでリモコンに対応しているはずですが、曲の早送り、早戻しには対応していません。
結構有名な話で、Bluetooth対応のヘッドセットのレビューを見ると間違いなく書いてあります。iPhone側が対応していないのが原因のようです。
先日iPhone OSのアップデートがあった時に直るかなとちょっと期待していたのですが、ダメでした。気長に待つしかないようです。

音質と遅延は上記のとおり、最初から諦めています。

音質は、「聞き比べれば絶対わかる」程度に劣化しているらしいのですが、わざわざ聞き比べたこともありませんし、そもそもうるさい屋外で聞いていることが多いので、正直どれぐらい劣化しているのかわかりません。

遅延(レイテンシ)は、iPhoneで使っているうちは別にいいのですが、PSPgoでゲームに使うとどうなるのか、ちょっと気になります。いちおう「ローレイテンシモード」というのが搭載されていて、配慮はされているようです。

手放せません

レシーバーにこれまで使っていたイヤホンを接続して使っているので、完全ワイヤレスではありませんが、レシーバー自体はサイズが極めて小さいので、どこに入れても大丈夫。
混雑したコンビニで鞄から伸びたイヤホンケーブルが何かに引っ掛かるということも無くなったので、そこそこ快適です。もう手放せません。
ホコリをかぶっているPSPgoもそろそろ現役復帰させてBluetooth接続させてみようかしら。
関連記事

テーマ : iPhone - ジャンル : 携帯電話・PHS

タグ : iPhone iPhone3GS

11:50  |  iPhone/iPod  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01/17(Sun)

【iPhone】つけたままユニバーサルドックに置けるケースが欲しい

昨年の12月10日にiPhoneを使い始めてもう一ヶ月。恐る恐る触っていた頃から比べると、ずいぶん手に馴染んできました。扱い方も普段から持って歩くものですから、気をつけていてもちょっと雑になりがちです。
ということで、裸で使っていたiPhoneに、ケースをつけてみました。

こんなケースが欲しい


iPhone用のケースはたくさんあるようですが、自分が欲しいと思っていたのはこんなケース。

 

  •  つけたままApple Universal Dockに置けるもの。いちいちケースを外さないとドックに乗せられないのでは面倒ですし、ケースの付けはずしの時に傷を付けてしまいそう。
  •  つけたままiPhoneが使えるもの。ケースから出して使うのは面倒ですし、だいたい、片手でケースから出し入れができないのでは、外出中はほとんどiPhoneが使えなくなってしまいます。
  •  小傷が防止できるもの。防御力は高いにこしたことはありませんが、妥協するとしたらここかな。
  •  手触りがいいもの。革製とか、ラバーコーティングとかが好きです。ポリカーボネートのつるつるケースはつまんない。



ケースはAir Jacketにしてみた

買ってきたのは、以前コメントで教えていただいた「Airジャケットセット for iPhone 3G/iPhone 3G S」の「ラバーコーティングブラック」。
Airジャケットセット for iPhone 3G/iPhone 3G S ラバーコーティングブラック
Airジャケットセット for iPhone 3G/iPhone 3G S:パワーサポート

薄くて、後述のとおりつけたままドックに置けること、ラバーコーティングで手触りがいいことなど、だいたい条件に合っていて、入手も簡単でした。
価格的にも手を出しやすい。だいたいこれくらいの値段のものって、ポイントで精算するのにちょうどいいので、気軽に買ってしまうと思いませんか?

つけたままユニバーサルドックに置ける?

他の条件はともかく、「つけたままドックに置ける」という条件が結構大変です。

ケースをつけていない状態のiPhoneをユニバーサルドックに置くと
ケースをつけていないiPhoneをApple Universal Dockに置いた状態 左右がジャストサイズ
前面には余裕がありますが、
ケースをつけていないiPhoneをApple Universal Dockに置いた状態 背面もジャストサイズ
左右と背面はジャストサイズです。どんなに薄くても、ケースをつけてしまえば置くことはできません。
iPhone専用のApple iPhone 3G Dockなんかだと、もう手詰まりですが、ユニバーサルドックならまだ打つ手はあります。

他機種用のドックアダプタを使う

まず考えつくのが、より図体が大きい他機種用のドックアダプタを使うこと。
自分が持っているユニバーサルドックに同梱されているドックアダプタで、一番サイズの大きい機種用の、iPod classic用のものをつけてみると…
AirジャケットをつけたiPhoneを、iPod classic用のアダプタをつけたUniversal Dockに置いた状態
はい、無事にケースに入れたまま、ドックに置くことができました。
やっぱり左右が少しきつくて、Dockコネクタが一番奥まで差さっていないような感じがしますが、PCから問題なく認識されますし、iTunesを使った同期作業も充電も不具合はありません。

しばらくこのまま使ってみます。

ドックアダプタを外して使う

今回は無事にサイズがだいたい合いましたが、どうしてもサイズが合わなかったら、ドックアダプタを外して使うことを考えていました。
Universal Dockアダプタを取ってしまったUniversal DockにiPhoneを置いた状態
アダプタを外してしまうと、前面も、そして
Universal Dockアダプタを取ってしまったUniversal DockにiPhoneを置いた状態
左右、背面にも相当余裕ができます。

特にがたついたりすることはありません。
だいたい、ショップで展示されているiPhoneやiPodって、こういう「ドックアダプタ無しでドックコネクタに差さっている」状態だと思うので、これでも特に問題はないのではないかと思います。

ただ、見た目が良くないのと、何かの拍子に無理な力を加えてしまったときにドックコネクタを傷めてしまいそうなので、可能な限りドックアダプタはつけておきたいと思っています。

こんなケースが面白かった

事前に調べたときに、他にもいくつか目に付いたケースがありました。

専用のドックアダプタが付属しているケース。

SwitchEasy CapsuleNeo for iPhone 3G:Black MacPerfect International

ユニバーサルドック用の専用アダプタが付属しているので、つけたままドックに置けるかどうか心配する必要がありません。

このケース、なんかデザインもカコイイし、ポリカーボネートのフレームの上からラバーコーティングしたフレームので覆っていて手触りも面白そうだし、シリコン皮膜インナースキンをiPhoneに被せてからケースをつける構造で防御力が高そうだし、見ているとついポチってしまいそうになります。

あとは、木製ケースのiWood。

https://www.miniot.com/miniot/iphone.htm

見てびっくり、価格を見て二度びっくり。通販で1万5千円ですw

iPhone木のケース:こだわり雑貨屋アイフォーン 

どこかで現物を手に取ってみられるところはないのでしょうか。実際に触ったらその場で衝動買いしてしまいそうです。
関連記事

テーマ : iPhone - ジャンル : 携帯電話・PHS

タグ : iPhone iPhone3GS

17:15  |  iPhone/iPod  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01/16(Sat)

【iPhone】もっと早くUniversal Dockを開封しなかったことを悔やんだ日

Apple Universal Dockを開封してみました。
Apple Universal Dock Apple製品らしいデザイン製を重視した外装 カラーバリエーションで黒があるといいんだけれど
「買ってきました」ではなく、「開封しました」なのは、ずいぶん昔に買ったものだから。iPod nano 第三世代(3G)を買ったときに一緒に買ったものなので、買ってから1年半、未開封のまま積んであったことになります。

どうして開封していなかったかというと、iPod nanoには大げさだったからw。nanoのときは、USBケーブルを差してそのままPCのケースの上に置いておくという使い方をしていました。サイズも小さいのでこんな扱いで十分だったのです。
iPhoneにしてからは、PCのケースの上に放置するには邪魔なサイズになったこと、あと、着信などでバイブレーションが作動したときに、振動でPCケースの上から落下することがありそうだったので、机の上に置き場所が変わったのですが…、これが邪魔です。

で、Universal Dockの存在を思い出して、机の上を整理しつつ設置。ずいぶんすっきりしました。
設置するまでは、「ただでさえ狭い机の上なのに、Universal Dockというモノを持ち出したらよけい狭くなるんじゃないか」と思っていましたが、逆でした。

そう、問題になるのは体積ではなく、水平投影面積だったのです。

iPhoneを机の上に置くより、ユニバーサルドックに差して立てておく方が、必要な机の面積が狭くて済みます。こんなことならもっと早く設置しておくのでした。
あと、すぐにモノをそこらへんに放置してしまう自分にとって「置き場所が決まっている」のも効果的です。

パッケージに同梱されているもの

Apple Universal Dock 何が「ユニバーサル」かというと、右側の「Universal Dock アダプタ」を取り替えればiPod、iPhoneのすべての機種で使えるから
開封したところ。
パッケージにはApple Remote コントローラ(リモコンですね)、Apple Universal Dock本体、そしてパッケージの右側にApple Universal Dock アダプタ各種。左上に写っているiTunes Cardは同梱物ではありませんw

このApple Universal Dock、何が「ユニバーサル」かというと、サイズがそれぞれ違うiPodの各種、各世代、そしてiPhoneのどれでも、ドックアダプタを取り替えれば使えるようになっているから。

自分の買ったのはiPhoneの3GSが出る前でしたので、同梱されているiPhone用のドックアダプタは、単に「iPhone 4GB 8GB」と書いてあるものだけでしたが、サイズ的には問題なく3GSでも使えました。
(iPhone 3G/3GS用に、ドックアダプタだけ別売りしているみたいです:Apple iPhone Universal Dock アダプタ(3パック)-iPhone 3G
ユニバーサルドック本体とアダプタ
右側のドックアダプタをユニバーサルドックの凹みにはめ込んで使うようになっています。

こんなものでトラブルに見舞われるとは

机の上を整理して、設置場所を決めます。
思った以上にすっきりして、もっと早く開封すればよかったと思ったのは上に書いたとおりなのですが…
早速トラブル発生。
いったんはiPhoneが認識されるのですが、同期が終わるとすぐにこんなメッセージが出て…
「このアクセサリはiPhoneでは動作しません オーディオ干渉を緩和するために機内モードをオンにしますか?オンにすると、通話できなくなります。」

「このアクセサリはiPhoneでは動作しません オーディオ干渉を緩和するために機内モードをオンにしますか?オンにすると、通話できなくなります。」

直後にiPhoneが認識されていない状態になります。さらに、数十秒ごとに繰り返し同じメッセージが表示されます。
PC側では、数十秒ごとに、USBに周辺機器を差したときのサウンドが流れて、iTunesが起動します。

簡単に言うと、USBの端子の接触不良のような状態です。
当然各端子をしっかり差し直し、iPhoneもきっちりドックに差し込みなおして見ましたが、状態は改善されません。たかがドックでトラブルなのかよとため息をつきつつ、いつもどおりGoogle先生にお伺いを立ててみると、似たような症状で悩んでいる方がいらっしゃいました。

Apple Universal DockとiPhoneの組み合わせについて - プログラマになりたい

お互い苦労しますね…と思いつつ一通り読むと、結論は…

 Universal Dockには旧型と新型があるようです。

旧型の方はiPhone非対応。新型は対応とのことです。

見分け方は、次の通り

区別するポイントは、赤外線受光部の形が円形(旧型)か角丸四角(新型)か。

だそうです。
うーん、うちのUniversal Dockは受光部が角丸四角です。そもそも、同梱のユニバーサルドックアダプタに「iPhone」と明記したものが入っているので、対応していないということはないはず。

しかし、普段と違って、今回は何となく原因の見当が付いているような気がします。

自分が使っているPCのマザーボード、ASUS P5QはUSB周りに不具合持ちで有名です。Monster-Xがうまく動かなくて苦労したときにさんざん調べたのでしっかり記憶に残っています。
ASUS P5Q 不具合持ちで「有名」かどうか、きちんとGoogle先生が証言してくれます
対処方法は、パッチとかジャンパの差し替えとか色々あるみたいですが、最初に試すべきなのは、PC側のUSB端子を別の端子に差し替えてみること

はい、これで何とか安定しました。
ドックにiPhoneを乗っけた状態でPCを起動すると、たまに「機内モード」のメッセージが表示されることがありますが、その他は問題なく使えています。
これ、Monster-Xのとき調べていなかったら、本当に原因不明だっただろうなと思うと、ぞっとします。

リモコンとLINE OUTはいらないんだけど…

ところで、同梱のリモコンでiPhoneを制御して、LINE OUTに接続したスピーカから、iPhoneに保存された音楽を出力することができるようですが、自分のようにPC横に置いておく分にはどちらも不要です。PCに保存された音楽をiTunesで再生してPCに接続されたスピーカに出力しています。

わざわざiPhone/iPodをリモコンで操作する必要があるって、どういう状況なんでしょうね。PCはリビングに置いてあって、その他に寝室にミニコンポが置いてある、とかかな?自分には縁がない状況ですねw
関連記事

テーマ : iPhone - ジャンル : 携帯電話・PHS

タグ : iPhone iPhone3GS

19:38  |  iPhone/iPod  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12/14(Mon)

【iPhone】どんなアプリを使ってますか?

iPhone 3GS ホーム画面
水曜日に買ってきてからiPhone 3GSを触り倒しています。
最初のうちは機能どころか入力方法がわからず、恐る恐る使ってましたが、ちょっとわかってくると面白いですね、これ。休日にゲームもせずに、ずっとあれこれ弄っていました。

iTunesがエラーを吐いて焦った

実は、導入直後にトラブルに見舞われました。
最初にPCと接続してiTunesとミュージックライブラリを同期させたときはなんの問題も起きなかったのですが、その後再度接続したらiTunesがエラーメッセージを出してきます。

「このコンピュータで同期が無効になっているため、iTunesはiPhoneと情報を同期できません。同期を有効にしますか?」

ここで「はい」を選択してやると

「iTunesはシンクサービスからプロイバイダデータを読み込めませんでした。接続し直すか、後でもう一度やり直してください。」

と出て、連絡先やメモが同期されません。
iTunesをいったん終了させてみたり、iPhoneをいったん外して、接続させ直してみたりしても同じメッセージが出るばかり。
検索してみると、比較的よくあるエラーで、対処方法はiTunesをアンインストールして、再インストールするしかないようです。

原因がよくわからなくて、対処方法が再インストールしかないというエラーは、MonsterXのときにさんざん悩まされたので、またあんな面倒なことをやらないといけないのかと目の前が真っ暗になりましたが、PCを接続したら何のエラーも出ずにあっさり同期してくれました。

あのエラーは何だったんだろう。

操作方法がさっぱり

iPhoneには紙のマニュアルが付属していません。
ほとんどの操作がタッチスクリーンとホームボタンで行えるので、何となくはわかるのですが、時々意図しない動作をしたり、細かい操作方法を検索しなければならなかったりすることが結構ありました。

最初くらいはマニュアルを読んでおくか、といろいろ探して、結局一番わかりやすかったのはAppleの公式にあったここ。

iPhone:使いこなすためのヒント
http://www.apple.com/jp/iphone/how-to/

タイトルが「使いこなすためのヒント」なのでTipsが集められているのかと思いましたが、初めて使うユーザ向けの情報がよくまとまっているユーザーガイドという感じです。

詳細なマニュアル(ユーザーガイド)もあったのですが、こちらは情報が詳細すぎてユーザーガイドと言うよりレファレンスマニュアルっぽい感じ。体裁も1ページあたりの行数が少ないpdfファイルであまり読みやすくありません。

iPhone:ユーザーガイド
http://manuals.info.apple.com/ja_JP/iPhone_User_Guide_JP.pdf

MMSとEメール(i)とBBモバイルポイントを設定

普通の操作で困ることはなくなったので、これまで使っていた携帯から電話帳を移行しました。
いろいろ方法はあるようですが、最初に試してみた「電話帳簡単コピー」で問題なく移行できました。
グループだけ作り直しになりましたが、これは連絡先をMicrosoft Outlookと同期させ、Outlookでフォルダを作る方法で解決。これまで起動したことすらなかったOutlookが役に立つとは。

しかし、びっくりするような機能がたくさんあるのに、iPhone側では連絡先のグループ分けができないっていうのはずいぶん割り切った仕様です。

続いてMMSとEメール(i)の設定をしました。
こちらは契約時にSoftbankショップが設定方法を印刷したものを渡してくれましたので、そのとおり設定しただけ。設定は簡単でしたが、アドレスを決めるのにえらく時間をかけてしまいました。

さらに、Wi-Fiの設定。
自宅の無線LANは真っ先に設定しましたが、その他にBBモバイルポイントが無料で使えるようです。
設定はWi-Fiの電波が届くところでしなければならないということなので、わざわざ手近なマクドナルドまで出向いて設定しておきました。

たくさんあるとは言えないBBモバイルポイントですが、自分の行動範囲に限れば意外に使えそうなところがたくさんあります。特に新幹線のN700系の中で使えるのが便利そう。
もともと無料で使えるFREESPOTとあわせれば、結構実用になるかもしれません。

Microsoft Wordで写真が取り込めた

面白かったのがiPhoneで撮った写真のPCへの取り込み。
方法は色々あるようですが、面倒だったので写真を撮ってから何も設定せず、とりあえず接続してみたらこんなウィンドウが出ました。
iPhone 3GS 写真の同期に使えるアプリケーション
Microsoft Word。ワードですか…多機能すぎだろww
このウィンドウでワードを選んでやると、ワードが起動して白紙の文書にiPhoneから取り込んだ写真が貼り付けられた
ものが表示されました。

写真をPCに取り込むたびにワードが立ち上がるのも間が抜けているので、調べてみました。
マニュアルにはAdobe Photoshop Elementsで写真が同期できると書いてありますが、手許にありません。VISTAだったら標準でついているWINDOWS フォトギャラリーが使えるようです。

XPにはこちらもないのですが、結局、Microsoft OfficeのおまけについてきたMicrosoft Photo Editorというソフトで同じことができました。

iPhoneを接続している状態で、メニューから「ファイル」→「スキャナ ソースの選択」と進み、
Microsoft Photo Editor 「スキャナ ソースの選択」
出てきた「ソースの選択」ウィンドウでWIA-Apple iPhone 1.0を選択。
Microsoft Photo Editor 「ソースの選択」
再度メニューに戻って「ファイル」→「イメージのスキャン」と選択すると
Microsoft Photo Editor 「イメージのスキャン」
「Apple iPhoneから画像を取得」というウィンドウが出てきます。
iPhone 3GS Apple iPhoneから画像を取得
取り込みたい写真を選択してやると、選択した写真がMicrosoft Photo Editorに表示されました。

てか、何もソフトが無くても、「Microsoft スキャナとカメラのウィザード」を使えば取り込みはできるみたい。要はTWAINドライバが使えるソフトなら何でもいいんでしょうね。

どんなアプリがあるんだろう

必要そうで基本的な機能は把握したので、APP STOREを覗いてみました。
…アプリ、こんなにたくさんあるんですね。無料のものもずいぶんたくさんあります。

とりあえず、このあたりを参考にブラウザをダウンロード。

あとは何があると便利なんだろう。
どんなアプリを使ってますか?

乗り換え案内とデジタル大辞泉あたりはあると便利そう。あ、Twitterのクライアントも探さないといけないかな。
明日あたりiTunes Music Cardを買ってくるか。
関連記事

テーマ : iPhone - ジャンル : 携帯電話・PHS

タグ : iPhone iPhone3GS

05:55  |  iPhone/iPod  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。