2013.05/20(Mon)

【リッジ】トロフィー「友か敵か」が獲れて、これでトロフィーコンプリートの目途が立ちました

最近こんなのが多いのですが、約一年間の放置期間を挟んで再開をしたPlayStation Vitaローンチタイトルのうち一本、リッジレーサー。PlayStation Vita本体の発売日に同時に購入したものの、開封して遊び始めたのが発売から約1ヶ月後。

ただ、せっかく遊び始めたのに、内容があまりに単調なので、トロフィー獲得ぐらいしかプレイの目標にすべきマイルストーンがなく、そのトロフィーも解除条件が不明なものが5つほどあって誰もコンプリートしてプラチナトロフィーを獲った人がいないような状況だったので、積みかけていました。

その不明だったトロフィーの獲得条件が判明したのが発売から約4ヵ月経った2012年の3月頃。感染型で拡散していく条件で、感染開始がPlayStation Vitaの北米・欧州での発売が開始された2012年2月22日だったようで、拡散してユーザーがコミュニティに書き込んで、条件が判明しだしたのが3月中旬だったということだったのでしょう。

自分はほぼ詰みかけていた状態のところにこの情報を知って、プレイを再開したのですが、それが2012年の5月頃。
結局、自分が小悪魔化して「お届けもの」のトロフィーが獲れたのが2012年の5月12日のことでした。

そこまでの経過は一昨日のエントリにまとめました。トロフィーの取得条件が全て判明したのですから、プレイ再開後、勢いに乗ってそのままトロフィーコンプリートまで進めればよかったのですが、すぐにまた積みゲー化してしまいました。
その原因は、トロフィー「友か敵か」。
取得条件は簡単。フレンドとオンライン対戦をするだけなのですが、PSNのフレンドはみんなのGOLF 6で作ったフレンドか、「みんなといっしょ」で作ったフレンドがほとんどで、リッジを遊んでいる人はほとんどいません。
某匿名掲示板のスレで募集するほど度胸がなく、オンラインでレースをしている人にフレンド依頼を送りつけるような勇気もない自分は、この単純すぎる取得条件のトロフィーが獲れそうになかったので、せっかく再開をしたにもかかわらず、少し遊んだだけでやっぱりすぐに積んでしまいました。

それから一年。

何となく再開したのが絶妙のタイミングでした

ゴールデンウィークにかけて、nasneを買ってtorneのトロフィーを調子よく解除したりして、またトロフィーを集めたくなってきて、何となく獲りやすいトロフィーを狙ってみようかと思っていったんは積んだリッジをまた引っ張り出してきました。

「友か敵か」以外は全部獲れるんだから、それ以外を全部揃えておこうか、とゴーストバトルを再開し、ゴーストを50人分倒してもらえるこのトロフィーを獲ったところまで進めたのですが…

トロフィー「量のゴーストハンター」を獲得 『GHOST BATTLEで50人以上のゴーストを倒した。』。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 トロフィー「量のゴーストハンター」を獲得 『GHOST BATTLEで50人以上のゴーストを倒した。』
どうやら、アクティビティを見ていたようで、「みんゴル」で作ったはずのフレンドさんからメッセージを頂きました。

再開のタイミングが、フレンドさんのトロフィーコンプ狙いのタイミングとちょうどあっていたようで、偶然ながらプレイ再開のタイミングが本当によかったみたいです。
待ち合わせをして、無事このトロフィーを獲得。


トロフィー「友か敵か」を獲得 『フレンドと一緒に対戦した。』。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 トロフィー「友か敵か」を獲得 『フレンドと一緒に対戦した。』
もう一つ、これはゴーストバトルをしていた時に解除条件を達成したのかもしれませんが、「悪魔のギフト」を他人に感染させてもらえるこのトロフィーも獲得しました。

トロフィー「おくりもの」を獲得 『今度は悪魔になったあなたから、ネットワークを通じて他のプレイヤーに「悪魔のギフト」が贈られた。』。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 トロフィー「おくりもの」を獲得 『今度は悪魔になったあなたから、ネットワークを通じて他のプレイヤーに「悪魔のギフト」が贈られた。』
「リッジレーサー」のトロフィーコンプリートを目指すうえで最大の懸案だった「友か敵か」を獲得して、これで一気にプラチナトロフィーを目指すモチベーションが大幅にアップしました。
ちなみに、一緒に走ってくださったフレンドさんは、「友か敵か」を獲ってトロフィーコンプ、プラチナトロフィー獲得になったとか。おめでとうございます。

やる気になったときに面倒なのを揃えておくか、と、オンライン対戦で獲得しないといけないラスト1個のこれを、野良でオン対戦に参加して獲ってきました。

「リッジレーサー」 トロフィー「サインください」を獲得 『VIPなプレイヤーと通信対戦レースをした。』。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 トロフィー「サインください」を獲得 『VIPなプレイヤーと通信対戦レースをした。』
プレイ人口が相当減っていると思われる今、SPOTLIGHT VIPには相当高い確率でなれますので、簡単に獲れました。

トロフィーコンプリートに向け、プレイ再開

せっかくやる気が出たのですから、冷めないうちに進めておこうと、いろいろ獲ってきました。

まずは、「悪魔のギフト」が解禁される前、取得条件が不明で、バグじゃないかと言われていたこれ。

トロフィー「ひとめぐり」を獲得 『各レースモードを1回以上プレイした。』。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 トロフィー「ひとめぐり」を獲得 『各レースモードを1回以上プレイした。』
「悪魔のギフト」をもらわないと、レースモードの「DUEL RACE」が解禁されないので獲れなかったわけですね。

続いて、走っているうちにクレジットが貯まって、「マシン強化マップ」が全部埋まりました。

トロフィー「電子戦装備」を獲得 『「レースデータアナライザー」と「ジャミング」。インテリジェントな2つの電子戦装備を手に入れた。』。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 トロフィー「電子戦装備」を獲得 『「レースデータアナライザー」と「ジャミング」。インテリジェントな2つの電子戦装備を手に入れた。』

トロフィー「強化王」を獲得 『「マシン強化マップ」を完全制覇した。』。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 トロフィー「強化王」を獲得 『「マシン強化マップ」を完全制覇した。』

プレイ時間13時間49分

プレイ開始以来約1年と4ヵ月、いろいろなモードを走って、トロフィーもだいぶ揃ってきたのですが、ここまでのプレイ時間はなんと13時間49分。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 プレイ時間13時間49分
全然遊んでいません。
…いかに内容が薄いか分かってもらえると思います。

この先、いったんレベルを下げないといけないみたいな「感謝状」を獲って、悪魔と天使とのデュエルに時間を取られたとしてもトロフィーコンプまで50時間はかからなさそうです。
関連記事

テーマ : リッジレーサー - ジャンル : ゲーム

タグ : Vita リッジレーサー RidgeRacer

00:00  |  リッジレーサー/RIDGE RACER  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.05/18(Sat)

【リッジ】「お届けもの」が届きました

PlayStation Vitaローンチタイトルのうち一本、リッジレーサー。Vitaの発売日に本体と同時に購入したのですが、開封したのは発売から約1ヵ月後。ゲームにストーリー等のモードや解禁される要素があまりなくて単調なことや、そして、当初は解禁条件が不明なトロフィーがあって、プラチナトロフィー取得の目途が立たないこともあって、その後、だんだん起動間隔が開き、とうとう積みゲーと化してしまっていました。

その後、翌年の3月頃、それまで不明だったブロンズトロフィー「ひとめぐり」と、隠しトロフィー4つの解禁条件が明らかになってきました。これら5つのトロフィーは全てお馴染みスペシャルカーの「天使」と「悪魔」とのデュエルに関係するもので、肝心の「天使」「悪魔」の解禁は、2012年2月22日の北米と欧州でのこのソフトの発売を機に解放された感染型の条件だったみたいです。

「リッジレーサー」が“小悪魔化”していく(?) オンライン対戦プレイで新モードの扉を開く「悪魔のギフト」が拡散中

「感染型」って、「悪魔」と「天使」が解禁された人と対戦することで自分も解禁され、解禁された状態で他人と対戦すると、その対戦した他人も解禁されるってもので、Xbox360の実績では「製作者と対戦した」なんて実績でよく見かけます。

ただ、感染をさせ始めるのを全世界での発売まで遅らせたことで、国内で遊んでいた人が内容の薄さにあきれて離れていってしまうのに拍車をかけたような気がするのですが。

Lv.16に昇格して、ゴーストバトルに着手

さて、前回リッジの記事を書いたのは、昨年、2012年5月14日。ほぼ1年前です。
…なんだかこんなのばっかりですがw

で、この時は淡々とCPU対戦の「SPOT RACE」モードを走り、Lv.10まで昇格するのと、トロフィー「地道な努力」を回収しました。
ここから先、Lv.16までは「SPOT RACE」モードではレベルは上がりません。オンライン対戦やゴーストバトルなど、ネットを使った対戦モードを使う必要があります。

ということで、レベルが自分のレベル以上で、なおかつ遅いゴーストを一生懸命探します。

ゴーストバトルで自分と同レベル以上のゴーストと対戦して、Lv.16に昇格。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 ゴーストバトルで自分と同レベル以上のゴーストと対戦して、Lv.16に昇格
あまり苦労せずにLv.16に昇格して、ゴールドトロフィー「マッハの世界」を獲得しました。

トロフィー「マッハの世界」獲得 『スキルグレードの最高位、「Lv.16」に認定された。名実共に「最強のリッジレーサーの1人」といえます。この強さであれば、世界各地のリッジレーサーたちが、あなたの名前を記憶しているかもしれません。』。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 トロフィー「マッハの世界」獲得 『スキルグレードの最高位、「Lv.16」に認定された。名実共に「最強のリッジレーサーの1人」といえます。この強さであれば、世界各地のリッジレーサーたちが、あなたの名前を記憶しているかもしれません。』
「レベルが高くて遅いゴースト」を探したついでに、10G以上の(10人以上が戦ってきた)ゴーストで自分が勝てそうなものを探してきて、こちらのトロフィーも獲得しておきました。

トロフィー「質のゴーストハンター」 獲得 『GHOST BATTLEで10G以上のゴーストを倒した。』。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 トロフィー「質のゴーストハンター」 獲得 『GHOST BATTLEで10G以上のゴーストを倒した。』

マシンの性能が最高になったので、こちらのトロフィーも獲っておきました

レベルが最高のLv.16になり、マシンの性能が最高になったので、次のトロフィーを獲得するために、まずニトロ系の開発を最後まで進めて「ハイニトロ」が使えるようにしておきます。

トロフィー「ニトロマスター」 獲得 『「マシン強化マップ」で、ニトロユニットを全種類手に入れた。それぞれに個性を持つニトロを、ぜひ使いこなしてください。』。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 トロフィー「ニトロマスター」 獲得 『「マシン強化マップ」で、ニトロユニットを全種類手に入れた。それぞれに個性を持つニトロを、ぜひ使いこなしてください。』
開発した「ハイニトロ」を早速装着して、340km/hで走行中にハイニトロのトリプルニトロ発動で入手できるこのトロフィーも獲っておきます。

トロフィー「究極の加速」 獲得 『最高の基本性能のマシンで最高のスピードに乗り、最高のニトロで加速した。』。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 トロフィー「究極の加速」 獲得 『最高の基本性能のマシンで最高のスピードに乗り、最高のニトロで加速した。』
さて、ゴーストを50人倒すトロフィーもありますので、クレジット稼ぎを兼ねてゴーストバトルを続け、稼いだcr.で開発を続けてこのトロフィーも獲得。

トロフィー「風を操る力」 獲得 『「SSブースター」と「SSキャンセラー」。スリップストリーム効果を制御する2つのユニットを手に入れた。』。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 トロフィー「風を操る力」 獲得 『「SSブースター」と「SSキャンセラー」。スリップストリーム効果を制御する2つのユニットを手に入れた。』

「お届けもの」が届いたよ

さて、そんなことをしてゴーストバトルばかり遊んでいたら、自分のところにも「悪魔のギフト」のお届けものがようやく届きました。

トロフィー「お届け物」 獲得 『「悪魔のギフト」が届くとき、「RIDGE RACER」と彼女はその姿を大きく変える…。』。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 トロフィー「お届け物」 獲得 『「悪魔のギフト」が届くとき、「RIDGE RACER」と彼女はその姿を大きく変える…。』
メニュー画面が赤く染まり、永瀬麗子の衣装が変わり、そして、「DUEL RACE」モードが解禁されました。

モード「DUEL RACE」が解禁されました。
PlayStation Vita 「リッジレーサー」 モード「DUEL RACE」が解禁されました
無事ここまでくれば、トロフィーコンプリートが狙えるはずですが…
関連記事

テーマ : リッジレーサー - ジャンル : ゲーム

タグ : Vita リッジレーサー RidgeRacer

23:55  |  リッジレーサー/RIDGE RACER  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05/14(Mon)

【リッジ】新車種・新コースが配信になり、天使と悪魔と隠しトロフィーも解禁されましたので、久しぶりに起動しました

PlayStation Vitaのローンチソフトの一本、リッジレーサー。Vitaの発売日に本体と同時に購入し、開封して淡々と遊んでいま…したが、あまりの単調さにだんだん起動する感覚が開き、とうとう積みゲーと化してしまっていました。

ところで、積んでいる間に、不明だったブロンズと隠しトロフィーの取得条件が判明し、さらに「天使」「悪魔」が使えるようになったとか。
「リッジレーサー」が“小悪魔化”していく(?) オンライン対戦プレイで新モードの扉を開く「悪魔のギフト」が拡散中

さらに、「リッジレーサーパス」での追加車種・追加コースもすべて配信されて、これならまた遊ぼうか、とモチベーションが上がって、久々に起動してみました。

やることは同じ

新車種・新コースが配信されたと言ってもやることは同じ。淡々とレースを重ねて、淡々とクレジット(CR)を貯めて、淡々とパーツを買っていくだけ。
どうにも日記の書きづらいソフトです。何かをクリアした、ゲームが先に進んだ、っていうイベントがあまりないため、どうしても、トロフィー取得が中心になってしまいます。
ということで、今回取得したトロフィー一覧。

「勝利ランカー」。
「ウィニングポイントランキング」の上位にランクインしていたことにより、VIPプレイヤーに認定された」って条件ですが、そんなに頑張って勝った覚えはないのですが…。どういうことなの?
PlayStation Vita リッジレーサー トロフィー「勝利ランカー」獲得

「基本は完璧」。
「マシンの基本性能が最高になった」が条件。これでやっとまともにタイムトライアルやGHOST BATTLEができます。てか、やっぱりここに来るまでにイベントらしいイベントもなく、ストーリーらしいストーリーもないっていうのは、ゲームとしてはどうなの?って感じがします。
PlayStation Vita リッジレーサー トロフィー「基本は完璧」獲得

「上級レーサー」。
「スキルグレード「Lv.10」に認定された」が条件。オフで普通にレースしてれば勝手に獲れます。
PlayStation Vita リッジレーサー トロフィー「上級レーサー」獲得

「私がゴーストだ」。
「GHOST BATTLEで、自分の走りをゴーストとして送信した。」が条件。
マシンの性能がやっと最高まであがってくれたので、「GHOST BATTLE」を始めました。このトロフィー、ネット使えないと獲れませんよね。
PlayStation Vita リッジレーサー トロフィー「私がゴーストだ」獲得

「地道な努力」。
「SPOT RACEモードを50回以上プレイした。」が条件。
これまでのリッジだったら、メインのモードになるはずのオフラインのレースです。レース自体はこれまでのリッジと同様に楽しいと思います。実況があんまり白熱してないのがちょっと気に入らないぐらいかな。
だから、このモードを走るのが本来は「地道な努力」ではいけないはずなんですが…。

やっぱり問題は、上に書いたとおり、淡々とレースを走るだけ、っていうゲームの作りにあると思います。
PlayStation Vita リッジレーサー トロフィー「地道な努力」獲得

「"リッジレーサー"iM@Sパス」を買っちゃった

以前のエントリで「どうしよう」と悩んでいた「"リッジレーサー"iM@Sパス」ですが、結局手を出してしまいました。
いや、PSNのアンケートに答えたら1,000円もらえたのでついうっかり。まあ、単調なレースに少しでも潤いがあるといいなあと思ってのことです。
PlayStation Vita リッジレーサー DLC「

早速、このパスでダウンロードできるコンテンツを落としてみました。
「EXソング "GO MY WAY!!"」。
やっぱり、トップバッターはこの曲ですよねー。
PlayStation Vita リッジレーサー DLC「EXソング

「EXカラー "RAUNA×真」。
やっぱり曲だけじゃなくて痛車もあるんですね。
PlayStation Vita リッジレーサー DLC「EXカラー

「EXカラー "FIERA×春香」。
春香さんトップじゃなかったんや。
PlayStation Vita リッジレーサー DLC「EXカラー

「これ以上のダウンロードはできません」

ところで、「リッジレーサーパス」や「iM@Sパス」でダウンロードできるDLCを片っ端からダウンロードしていったら、途中で「これ以上のダウンロードはできません。しばらく待ってからダウンロードし直して下さい」ってエラーが出ました。

まさか、メモリーカードがもう一杯になったわけがないし、その時は「一日当たりのダウンロード数の上限があるのかな?」と思って翌日に試してみたらまた同じエラーがでます。
「いきなり故障かよ?」と慌ててGoogle先生にお伺いを立ててみたら、いったんゲームを起動してダウンロードしたコンテンツをインストールしないといけないんだとか。

「そんな単純な話なの?」と慌ててリッジを起動してみたら、片っ端からダウンロードしたコンテンツが片っ端からインストールされました。その後にもう一度PlayStation Storeに繋いでみたらあっさり他のコンテンツもダウンロードできました。
なるほどー、と思ったものの、考えてみたら、こんな基本的なことがGoogleで検索しないとわからないなんて、ちょっと困りますよね。
関連記事

テーマ : リッジレーサー - ジャンル : ゲーム

タグ : Vita リッジレーサー RidgeRacer

01:15  |  リッジレーサー/RIDGE RACER  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.03/17(Sat)

【リッジ】iM@Sパス…だと……?

PlayStation Vitaのローンチソフトの一本、リッジレーサー。Vitaの発売日に本体と同時に購入し、開封して淡々と遊んでいます。

トロフィー4つ

Vitaのリッジは内容が薄いってこれまでさんざん書いてきました。
いったんコースに出て、レースを走り出せばいつものリッジ、爽快感満点なのですが、1レース終わってメニュー画面に戻ってくると、すぐ次のレースに出ようというほどにはモチベーションが保てません。

一日一回「TEAM VISION」を見ると、日給とSPOTLIGHT VIPの奨励金がもらえるのでそこそこ起動はするのですが、一回のプレイ時間は30分程度。
これ、リッジレーサー3Dのときと同じくらいですね。
累計のプレイ時間はまだ10時間行ってません。困ったものです。

そんな手抜きプレイですが、トロフィーはそれなりに獲れています。

トロフィー「眺めのいい場所」。
リッジレーサー - PSVita トロフィーまとめwikiの情報が無かったら取れなかったでしょう。情報感謝です。
PlayStation Vita RidgeRacer トロフィー「眺めのいい場所」獲得

トロフィー「海から山まで」。
やっと初期コース全部走破です。
PlayStation Vita RidgeRacer トロフィー「海から山まで」獲得

トロフィー「シートあわせ」。
少ない車種ですが、全車種乗ったらもらえるトロフィーです。
…なんですが、このゲーム、UIの使い勝手があまり良くなく、車を乗り換えるのが思った以上に面倒です。

普通、「このモードで」→「このコースを」→「この車で」走りたいって選んでいくと思うのですが、このリッジは、「この車で」→「このモードで」→「このコースを」走りたいって選ばないといけないので、車種を変えるのが面倒なのです。
PlayStation Vita RidgeRacer トロフィー「シートあわせ」獲得

トロフィー「中堅レーサー」。
普通に走っていれば普通にもらえるトロフィーです。
PlayStation Vita RidgeRacer トロフィー「中堅レーサー」獲得

5コース目が配信された

発売されているパッケージは3コース、5車種のみなのですが、その後毎週DLCが追加配信されています。
BGMは無料で、そして追加コースと追加車種は「リッジレーサーパス」で比較的安価に手に入る仕掛けになっていて、このあたりはDLC商法に長けたバンナムの面目躍如といったところです。

先週、追加コースとしては2つ目の「SUNSET HIGHTS」が配信されました。
アップダウンが激しいこのコース、ミスらずに走り切った時はとても爽快で、嫌いではありません。
PlayStation Vita RidgeRacer 新コース「Sunset Hights」が配信された

iM@Sパス…だと……?

そんなDLCですが、予想外なものが配信されていました。
PlayStation Vita RidgeRacer iM@Sパス…だと……?
iM@Sパス…だと……?

正直、コースも車種も少ない状態で、痛車が配信されるとは思ってもみませんでした。
アイマスとのコラボは、ACE COMBAT6のときはずいぶん楽しめた記憶があるのですが、コースも車種も少なすぎる状態で発売されたこのリッジで、DLCで予定されたコースがまだ全部出揃っていないうちにアイマス痛車が配信されるとは思ってもみませんでした。

もっとゲーム自体が充実している状態で配信されたなら歓迎なのですが、内容が薄い状態で配信されてしまうとちょっと感情的にすんなりと購入する気になれません。
お値段もそれなりにしますし、さて、どうしよう…?
関連記事

テーマ : リッジレーサー - ジャンル : ゲーム

タグ : Vita リッジレーサー RidgeRacer

04:36  |  リッジレーサー/RIDGE RACER  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.03/15(Thu)

【リッジ】トロフィーブースターにすら使えない

PlayStation Vitaのローンチソフトの一本、リッジレーサー。Vitaの発売日に本体と同時に購入し、開封して遊んでいるというのに熱中できません。

無くなって初めてわかるグランプリモードの必要性

あんまり面白くない理由は前回書いたとおり、車種・コースが少なすぎること、そして何よりもグランプリモードを失くしてしまったこと。

確かに、一通りオフで遊び終わった後は、最終的にはオンライン対戦かタイムアタックで走り込むって遊び方をするのですが、かと言ってオフで遊びようがないとは…。
みんゴルのチャレンジモードを失くしちゃったら、やっぱり非難囂々だと思うんだけど。

って、ここまでは前回書いたのと同じですね。

で、そんなリッジですが、たまに起動しています。
チームビジョンを見て1000CRもらうのが目的ですw。気が向くと3回ぐらい走ったりしますが、それでも1回の起動時間は30分は絶対ありません。

トロフィーも揃わない

あんまり面白くないゲームでも、せめてトロフィーブースターとして使えるのなら一生懸命プレイしようと思うかもしれません。
でも、リッジは全ての隠しトロフィーと、ブロンズが一つ(当然プラチナも)まだ誰も獲れていません。

最近、海外での発売を受けてそれぞれ情報が入ってきたのですが、隠しは天使・悪魔戦、ブロンズの「ひとめぐり」はまだ解禁されていないモードがあるって噂が流れています。

グランプリモードがない現状では、トロフィーはゲームの進め方の一つの指針になっているのですが、それが揃わないのなら、しばらく積んでおくのがいいかもしれません。ちょうどディスガイアにはまっていることですし。

ちなみに、獲得したトロフィーは

上に書いたように、最近はトロフィーの獲得条件を満たすように遊んでいます。
ここ数日で獲ったトロフィーは、

「賞金ランカー」。賞金ランキング上位になんて入っているはずがないのに、どうして獲れたのか、さっぱりわかりません。
PlayStation Vita リッジレーサー トロフィー「賞金ランカー」獲得

「マイルドの頂点」。本作はドリフトの滑り具合が車種毎に決まっているわけではなく、自分で決めることができます。同じ車で走れるんだったら、ダイナミック側一杯に振る人はあんまりいないと思いますが、マイルド側一杯に振っても、コーナーでドリフトに入りにくくてあんまり走りやすくないですね。
PlayStation Vita リッジレーサー トロフィー「マイルドの頂点」獲得

「指先のテクニシャン」。背面タッチを使いこなしているソフトは今のところありません。これもあんまり使いやすくありません。
PlayStation Vita リッジレーサー トロフィー「指先のテクニシャン」獲得

「ストイック」。獲ったときにはなんとなく笑えてきました。このリッジ自体がストイックすぎると思います。
PlayStation Vita リッジレーサー トロフィー「ストイック」獲得

ちなみに、トロフィーの獲得処理は全てレース終了後のロード中に行われるみたいなので、黒バックの面白くないスクリーンショットが並びます。


…ゲームの内容が薄いとプレイ日記の内容も薄くなりますね。
関連記事

テーマ : リッジレーサー - ジャンル : ゲーム

タグ : Vita リッジレーサー RidgeRacer

02:45  |  リッジレーサー/RIDGE RACER  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02/27(Mon)

【リッジ】リッジレーサーパックを買ってしまいました

PlayStation Vitaのローンチソフトの一本、リッジレーサー。Vitaの発売日に本体と同時に購入し、ぼちぼち遊んでいます。

やっと新コースと新車種が追加されたので、「リッジレーサーパス」を買ってしまいました

3コース5車種で内容が薄い!って不満を書いたばかりですが、やっと新コースと新車種が配信されました。
これまで毎週BGMばかり無料で配信されていましたが、やっと待ちに待った新コース、新車種です。ただ、これまでのBGMは無料だったけれど、今回は有料。それでもやっぱりコースト車種が増えないことには単調すぎます。諦めて、割引パックになっている「リッジレーサーパス」をダウンロードしました。
PlayStation Vita リッジレーサー 今後配信される有料DLCの一括前売りチケット、「リッジレーサーパス」 定価1,600円、2月末まで期間限定で1,000円也
この「リッジレーサーパス」は、今後配信される有料DLCのいわば一括前売り割引チケットです。定価1,600円を払って購入しておけば、その代り今後配信予定の有料DLCは全て無料でダウンロードできます。さらに、2月末までに購入すると、割引価格1,000円。

…こうやって書きだすと、怪しげな商売に聞こえますね。
前にも書いたとおり、3コース5車種では内容が薄すぎで、せめて同じように新携帯機向けのローンチソフト、「リッジレーサー3D」並みのボリュームで発売され、そこへさらに追加コースと追加車種が有料で配信されるんだったら、歓迎なのですが…。

早速新コースの「OLD CENTRAL」と新車種の「PROMESSA」を、こちらは無料で、ダウンロードしておきました。
PlayStation Vita リッジレーサー 新コース「OLD CENTRAL」と新車種「PROMESSA」をダウンロード
新コースの「OLD CENTRAL」は初収録なのかな? 初めて走りましたが、センターラインに対して斜めに走る部分がある、ちょっと難易度が高めのコースに感じました。
でも、やっぱり新コースは楽しいですね。

グランプリモードがないので、トロフィーを目標に遊んでいます

PS Vitaのリッジには、みんゴルの「チャレンジモード」やリッジレーサー3Dの「グランプリモード」のような、「準備された順番にトライアルをクリアして、パーツや車を充実させていく」と言ったモードがありません。

できることはほぼタイムアタックとオンライン対戦だけなので、プレイの目標がありません。
仕方がないので、トロフィー獲得を目標に遊んでいます。

今日は2つ、トロフィーが獲れました。

トロフィー「開発に着手」。
ニトロなどのパーツは、レースで獲得したポイントと引き換えに入手できます。
初めてポイントを引き換えてパーツを購入したらトロフィーがもらえます。
…このあたりをもう少し充実させてくれれば、こんなに内容が薄いと感じることがなかったんでしょうけれど、ねえ。
PlayStation Vita リッジレーサー トロフィー「開発に着手」獲得

トロフィー「ダイナミックの極み」。
今回のリッジは、すべての車種の最高速が同じ。さらに、ドリフト時の起動をダイナミックに振るのか、マイルドに振るのかは自分で決めることができます。

ならばどの車を使っても同じかというとそうではなく、実際に走ってみるとグリップ感や加速感が車種ごとに違います。
でも、車種ごとにどういう特徴があるのかはゲーム内で一切情報がありません。実際に走って、自分に合う車を選べということなんでしょうが、それにしてもとても不親切です。

そのドリフト時の挙動を、ダイナミック側いっぱいに設定してレースで優勝すると、このトロフィーがもらえます。
PlayStation Vita リッジレーサー トロフィー「ダイナミックの極み」獲得
しかし、最高速が同じ、ニトロの貯まり方も同じだったら、トロフィー目的以外でダイナミック側に振り切った設定を使う人っていないんじゃないのかな。

所属チームは最下位

今回のリッジは、プレイヤー全員が4つあるチームのうちのどれかに所属し、所属プレイヤーのレース結果で各チームの順位が決まる仕組みとなっています。

自分はよく調べずに、プレイ開始時に「ボーナスポイントがもらえる」って表示された「スクアリス」(□チーム)を選んだのですが、このチームが万年最下位です。

所属チームが再開だと何か不利益があるか、というと、毎日一回もらえる「日給」の金額が低くなります。
PlayStation Vita リッジレーサー 所属チームの「スクアリス」は万年最下位
最下位の「スクアリス」だと20CR。聞いたところだと、1位チームは100CRもらえるとか。
レースでポイントを貯めようと思うと結構大変なので、この日給の差は意外に大きかったりします。

この状況って、「MAG(MASSIVE ACTION GAME」を遊んでいたころと似ています。
MAGのときも、よく考えずに選んだ「レーブン」は最弱チームでした。

早くCRを貯めて移籍したいです。

…久しぶりにMAG、やりたくなったなあ。
関連記事

テーマ : リッジレーサー - ジャンル : ゲーム

タグ : Vita リッジレーサー RidgeRacer

01:51  |  リッジレーサー/RIDGE RACER  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02/25(Sat)

【リッジ】リッジ、内容薄いよ!何やってんの!?

初代PlayStation以来、新ハードの本体が発売されるたび、本体同時発売ソフトの座を守り続けてきたリッジレーサーシリーズ。
PlayStation Vitaも例外ではなく、ローンチソフトとしてリッジレーサーが発売されています。自分もVitaの発売日に本体と同時に購入し、ぼちぼち遊んでいます。

ただ、今回のリッジは内容がものすごく薄いように思うのです。

3コース5車種、オープニングムービーもなし

Vitaのリッジは、昨年9月にTGS2011で試遊し、一番大切なレース部分は美しいグラフィックとリアルさよりも爽快感を重視した操作感は過去のリッジと変わらないと感じました。

直近ではニンテンドー3DSリッジレーサー3Dが、本体ボタンの触り心地のせいなのか、小さくて窮屈な画面のせいなのか、頻繁に入ってしかもそれなりに長いロードのせいなのか、それとも気が遠くなるほどの回数レースを繰り返してポイントを貯めないと車種が増えないシステムのせいなのかわかりませんが、ちょっと爽快感に欠けると思っていますが、Vitaのリッジはそんなことはありません。

レース自体はよくできていると思うのですが、でも、PSPのリッジレーサーズのときほど熱中できません。

大きな理由の一つが、「グランプリモード」に相当するものがないこと。

これまでのリッジは、車や新要素の解除を目指す「グランプリモード」のようなものがありました。あらかじめ決められたコースと条件でCPUの車とレースをして、これに勝利することで徐々に最高速度が速い車や新要素が解除されていく仕組みです。
ゲームではよくある仕組みで、他のゲームでは例えば「みんなのゴルフ」シリーズのチャレンジモードなんかも同じ仕組みですよね。

今回のリッジはこれがありません。

いや、全くないわけではありません。
好きなコース、車種でスポット的にレースをして、勝てば自車の最高速度が上がり、また勝つことで貯まるポイントでニトロなどの仕掛けを開発していく仕組みは用意されています。
が、これまでの「グランプリモード」と比べると、内容が薄すぎです。

また「みんゴル」に例えてみると、「チャレンジモード」がなく、ストロークだけで自キャラの愛着度を上げ、貯まったショットポイントでギアを買う、って感じです。

グランプリモードは、わざわざ遅い車で走らなければならないのがダルい、って声もあるのですが、なくなってみるといかに重要な要素だったかがよくわかります。レースを「クリアしていく」のではなく、いきなりタイムアタックをさせられているような感じです。作業感が半端ではありません。

これに拍車をかけるのがコースと車種の少なさ。
コースはわずか3つ、車種はわずか5つしかありません。

さらに、オープニングムービーや、ロード中のミニゲームなど、過去のリッジをやってきた人なら期待する小ネタが全く仕込まれていません。レース中の実況も、なんだか淡々としています。

救いはBGM、コース、車種がDLCで提供されること、もともとのソフト本体の価格が安価で、DLCも高価ではなく、ソフト本体+DLCの価格が普通のフルプライスのソフトとほぼ同じぐらいの価格に落ち着くことでしょうか。発売前にDLCの配信スケジュールが発表された時は「切り売りで儲けるいわゆるDLC商法か」って観測もありましたが、実際にはBGMの多くは無料で配信されており、また有料のDLCも「まとめて1,600円」で購入することもできるようで、それほど悪質には感じません。

ただ、逆に言えばソフト本体は未完成の状態で発売されたということです。コースや車のデータを発売時に準備することができなかったのでしょう。

トロフィーのブーストにも使えない…

内容が薄いので、短いプレイ時間でトロフィーが次々と獲得できます。ほんの20分程度でトロフィーが3つ獲得できました。
「新たな壁」、
PlayStation Vita トロフィー「新たな壁」
「チームオーナーの期待」、
PlayStation Vita トロフィー「チームオーナーの期待」
「話題のレーサー」です。
PlayStation Vita トロフィー「話題のレーサー」
では、トロフィー獲得のブースターソフトとして使えるかというとそうでもありません。
ブロンズトロフィーの「ひとめぐり」と4つ用意されている隠しトロフィーを獲得できた人は一人もおらず、当然プラチナトロフィーを獲れた人もまだいません。DLC必須なのではないかと言われています。

安いとはいえDLC必須のトロフィーって困ったものですね。

新コース新車種の配信でどうなるか

今週はこれまでBGMばかりだったDLCに、初めて新コースと新車種が配信されます。
これで盛り上がれるといいのですが…。
関連記事

テーマ : リッジレーサー - ジャンル : ゲーム

タグ : Vita リッジレーサー RidgeRacer

05:18  |  リッジレーサー/RIDGE RACER  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT