スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.10/25(Mon)

【Move】PlayStation Moveを開封して、MAG(MASSIVE ACTION GAME)を遊んでみました

買ってきたPlayStation MovePlayStation Moveスターターパックを開封して、MASSIVE ACTION GAME(MAG)を遊んでみました。

スターターパックを開封

「PlayStation Moveスターターパック」はモーションコントローラのPlayStation Move本体、PS3用USBカメラのPlayStation EyeとMove専用ソフト「Beat Sketch!」のセット。
Move単体+Eye単体を買うより1,000円弱安くてソフトがついているというのがウリですが、まあソフトはあまり食指が動くものではありません。どうせならTGS2010(東京ゲームショウ2010)で配ってた体験版詰め合わせも付ければいいのにね。
PlayStation Moveスターターパック パッケージ
パッケージ(前面)。PS3のソフトより一回り大きいだけの小さめなサイズです。
PlayStation Moveスターターパック パッケージ(裏面)
パッケージ(裏面)。ウゴク、エガク、カナデル。
PlayStation Moveスターターパック パッケージを開封したところ
開封したところ。
いきなりMove本体がごろんと入っていました。
PlayStation Moveスターターパック パッケージ下段にPlayStation Eye
段ボールの仕切り板兼スペーサーの下にはPlayStation Eyeが入っていました。かなりスカスカのパッケージです。
PlayStation Moveスターターパック 同梱物一覧
同梱物の一覧。
下段左からPlayStation Eye、モーションコントローラのPlayStation Move本体、ストラップ、上段は「PlayStation Move 専用/対応ソフトウェアガイド」と専用ソフトのBeat Sketch!。
写真に入れるのを忘れましたが、取扱説明書も入っていました。
PlayStation Move モーションコントローラ
PlayStation Moveモーションコントローラ本体。
充電とPS3とのペアリングには、Mini-B -AタイプのUSBケーブルを使います。
スタンドがなしでその辺に転がしておくと結構邪魔です。
PlayStation Eye 設置しにくい
PlayStation Eye本体。
これもPS3との接続にはUSBケーブルを使います。PS3の回りがケーブルだらけになって、正直ものすごく鬱陶しいです。
PlayStation Eye 設置場所に悩んで、結局モニタの上に置いた
Moveの認識に必要なPlayStation Eyeですが、モニタの下に置くととても邪魔です。
結局モニタの上に置くことにしたのですが、これがなかなか設置しにくい。
写真右側のWEBカメラのように、モニタの上に引っかけるためのアームもないし、自重が軽いのでUSBケーブルのクセに引っ張られて斜めに傾いてしまったりします。USBケーブルをWEBカメラで押さえたりしてなんとかモニタの上に安住させました。サイバーガジェットとかゲームテックとかホリとかが、モニタ上置き用のクランプみたいなのを出してくれないかしら。

認識は簡単、すぐにXMB画面で使えました

MoveとEyeの認識自体は簡単でした。
EyeはUSBケーブルを繋げるだけ、MoveはUSBケーブルを繋げてPSボタンを押すだけ。
接続はUSBケーブルを差し込むだけ コントローラ7として認識されている
PS3のXMB(クロスメディアバー)画面ではコントローラ7番として認識されているようです。
この状態でもトリガを引きながら左右に振ると、XMBを操作することができます。尖端についているスフィア(ボールみたいなやつですね)は光っていないので、Moveモーションコントローラの傾き検知機能だけを使っているようです。

MASSIVE ACTION GAME(MAG)を起動して、キャリブレーション

設置が終わったので、本命のMAGを起動してみます。
半年ぶりの起動だったので、長いアップデートが終わって起動。Moveが接続されていることを自動で検知するようで、起動直後に使用上の注意の画面が出ました。
ゲーム起動直後に表示されたPlayStation Moveの使用上の注意画面
wii持ちのフレンドさんによると、「まんまwiiだ」そうです。
wiiリモコンの注意画面
wiiリモコンのほうがよりダイナミックに振り回しているように見えますね。
さらに、キャリブレーション画面が表示されます。
PlayStation Move MAGで表示されたキャリブレーション画面
ここで初めてスフィアが光りました。キャリブレーション中は緑、ゲーム開始後は赤になりました。面白い機能ですね。
PlayStation Move MAGで表示されたキャリブレーション画面
さらに、画面左、画面右、画面上、画面下にそれぞれ向けてトリガを引いて位置を調整します。Moveモーションコントローラをどれぐらい動かしたらどれぐらい照準が動くかがこれで決まるので、ここでちゃんと調節した方がいいみたい。
なお、キャリブレーションはゲーム中でも可能です。

MASSIVE ACTION GAME(MAG)で戦場に出てみました

いよいよ戦場に出て見ます。

最初に出撃したときは、真上を向いたままその場で回転を続ける状態になってしまいました。
Moveのバグか、MAGのバグか分かりませんが、どうやっても直りません。以前MAGで同じような状態になったときは、自滅して再出撃したら直ったのですが、それを試してみてもダメ。
諦めてゲームをいったん終了して再起動したら直りました。

MAG自体は仕様がいろいろ変わっていたり、害人の害悪度がいっそう酷くなっていたりしましたが、Moveとあんまり関係ないから省略。

6戦ほどやってみた感想です。
動画があるとすごく分かりやすいと思うのですが、あまりのヘタレプレイぶりが恥ずかしいので載せません。

  • 落ち着いて狙うときはエイムしやすい

  • 自分が止まっている状態で狙いを付けるなら、スティックよりもはるかにエイムしやすいことは間違いありません。何となくターゲットの方向にMoveの先を向ける感じでエイムできます。照準の移動もスムーズだし、人差し指でトリガを引くのも自然な動作です。
  • 振り向きとエイムは検出方法が違う?

  • 実際に敵のいる戦場に出てみました。

    操作は右手にMoveモーションコントローラ、左手に従来のPS3コントローラを持って行います。

    PlayStation Move操作方法

    左手が担当するのは左スティックでの移動、L1での照準モード切替、L2での武器の持ち替え。それ以外は右手で行います。
    右手のMoveは振り向きとエイミング、トリガ、ジャンプ、しゃがみなどを行います。

    違和感があったのは、振り向きとエイミングの違い。

    止まっているターゲットを打つときは、「何となくMoveの先端をターゲットに向ける」やりかたで良かったのですが、戦場を動き回るときは当然体の向きを変えなければいけません。

    この「体の向きを変える」振り向きの動作が、「Moveの向き」に割り当てられているようなのです。画面に対してMoveを真っ直ぐに構えた状態から、どれだけMoveが横を向いているかの角度で、振り向きの速度が変わります。

    字で書くと分かりにくいのですが、振り向くには、「向きたい方にMoveを振る」のではなく、Moveの真ん中あたりに支点があるような感じで「向きたい方にMoveを回す」動作が必要です。
    言い方を変えると、手首のスナップだけでMoveを振る感じです。もちろん、肘を支点としてMoveを持った腕を振ってもMoveの角度は変わりますが、素早くMoveの角度を変えるためには、手首のスナップでMoveを振った方が効率的です。

    この「手首でMoveを振る」のはかなり不自然な動作です。
    振り向きはエイム中だけではなく、普通に戦場を動き回るための基本的な動作なんですが、いちいち意識してMoveを手首で回すことが必要になります。ストレスですし、他のプレイヤーから見たら「あいつ何フラフラ歩いてるんだ」って感じでしょうし、だいいち、手首がえらく疲れます。

    これに対してエイムは相変わらずスムーズです。
    照準の移動は、おそらくスフィアの位置で検出しているのでしょう。
    「何となく照準を動かしたい方にMoveを動かす」だけで動いてくれます。

    ということで、「敵を視界内に捉えて照準の移動だけで撃つ」のなら直感的な操作が可能です。
    しかし、あたりまえですが敵は止まっているわけではありません。大きく横に移動されて、体ごと振り向かなければならなくなると、とたんに追い切れなくなります。

    そもそも、振り向き動作がぎこちないので「敵を視界内に捉える」前に敵に撃たれますw
    まあこれは自分の立ち回りが相変わらず下手なんでしょうけれど。

    あと、ナイフを振るのが「Moveを突き出す」に割り振られているのは直感的でなかなか楽しいのですが、接近戦になるとやっぱり振り向き動作が追いつかなくなります。「Moveを突き出す」のに気を取られているからなおさらです。

MAGは終わってる

結論として、「振り向き」と「エイム」の操作の使い分けに慣れれば、エイムのしやすさは楽しいような気がします。

…ただ、もうMAGを遊ぶ気はしません。害人プレイヤーの害人っぷりがひどすぎます(いや、日本人だったのかもしれませんけれど)。
わずか6戦中、除外2回(1回はゲームに入った直後に、もう1回は除外合戦に巻き込まれました)、TKされたのが2回。とても野良で遊べるような状態ではありません。

どうでもいいけど

思わず吹いてしまったメッセージ。
MAGの妙な日本語。「ひ、楽しくプレイしてください。」

ひ、楽しくプレイしてください。

スポンサーサイト

テーマ : ■PLAYSTATION®3 - ジャンル : ゲーム

タグ : PS3 PlayStationMove MAG

11:50  |  PlayStation Move  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10/22(Fri)

【積みゲー】本日の積みゲーは、VANQUISH -ヴァンキッシュ、PlayStation Moveスターターパック、CYBER・ラバーコーティンググリップ、「STEINS;GATE」オーディオシリーズ☆ラボメンナンバー005☆桐生萌郁(cv.後藤沙緒里)・☆ラボメンナンバー006☆漆原るか(cv.小林ゆう)、K-ON!! ORIGINAL SOUND TRACK Vol.1・Vol.2、ねんどろいど 高嶺愛花・姉ヶ崎寧々でした

VANQUISH -ヴァンキッシュ、PlayStation Moveスターターパック、CYBER・ラバーコーティンググリップ、「STEINS;GATE」オーディオシリーズ☆ラボメンナンバー005☆桐生萌郁(cv.後藤沙緒里)・☆ラボメンナンバー006☆漆原るか(cv.小林ゆう)、K-ON!! ORIGINAL SOUND TRACK Vol.1・Vol.2、ねんどろいど 高嶺愛花・姉ヶ崎寧々
本日の積みゲーは、
【PS3】
【PSP】
【CD】
【フィギュア】
でした。
VANQUISH -ヴァンキッシュ、PlayStation Moveスターターパック、CYBER・ラバーコーティンググリップ、「STEINS;GATE」オーディオシリーズ☆ラボメンナンバー005☆桐生萌郁(cv.後藤沙緒里)・☆ラボメンナンバー006☆漆原るか(cv.小林ゆう)、K-ON!! ORIGINAL SOUND TRACK Vol.1・Vol.2、ねんどろいど 高嶺愛花・姉ヶ崎寧々
今週は、ハードウェアチートツールが2つ。

PSP用のグリップは、リズムゲーム用のハードウェアチートツールとして購入。多少なりともボタンが叩きやすくなるといいのですが。

そして、PlayStation MoveはMASSIVE ACTION GAME(MAG)用のハードウェアチートツールとして購入。糞エイムが多少なりとも改善されるといいのですが。

あと、なぜか秋葉原で買い物をする度にお家にいるねんどろいどマナカの人数が増える!ふしぎ!
関連記事

テーマ : ■PLAYSTATION®3 - ジャンル : ゲーム

タグ : 積みゲー PS3 PlayStationMove Vanquish Steins;Gate けいおん!! ラブプラス ラブプラス+ 高嶺愛花 姉ヶ崎寧々

11:50  |  積みゲー  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。