2009.02/15(Sun)

Tom Clancy's HAWXのデモをやってみたけど激しく微妙でした

実は飛行機ゲーが大好きなんです。飛行機が好きなのかもしれませんが。
シビアなフライトシミュレーションより、エースコンバットシリーズに代表される「フライトシューティング」が好きです。

で、Tom Clancy's H.A.W.Xです。
以前、InsideXboxに制作者のインタビューがあって、「俺もエースコンバット好きだよ」なんて言ってたからちょっとだけ期待してたんです。情報弱者の自分は普段はデモ(体験版)なんかチェックしたりしないのですが、今回は特別。2月11日から配信になっていたのを、今日落としてみました。

事前情報では

ちょっと仕入れた事前情報では、公式情報として、なにやら初心者向けには「アシスト」という機能があって、地面と接触しないようになっていること、上級者は「アシスト」を切れば、機体の性能をフルに引き出せることなどを耳にしていました。
また、巨大匿名掲示板の普段覗いているスレッドで、「固定視点がどうたら」って話題が出ていて、固定視点って何だろう、って思っていたわけです。

で、そんな情報を見て、勝手に『「アシスト」っていうのはAC6で言う「ノービス操作」なんだろう』
『「固定視点」っていうのは、精密爆撃か何かのミッションで、カメラがどこか一点に固定された状態で操作を要求されるんだろう』って妄想していたわけです。

これがアシストオフ、「ラジコン操作」だ

11分と冗長ですが、最初のほうだけ見れば分かってもらえると思います。

これ、リプレイではなくて、このカメラで飛ばないと行けないらしいです。正直言って、ヘタレの自分はまともに飛べません。さらに言うと、酔います。確実に酔うと思う。

自分はこのカメラでは、考えないと旋回できません。特に、カメラが横に回ったりするとロールする方向から考えないと行きたい方と反対に旋回しちゃったりします。プレイ動画でも考え考え旋回している様子がよく分かります。
加えて、カメラの動きが全然予想できません。自機の後ろに回ってくれればいいのに。

「戦闘機の機動性が向上し、第三者視点で限界に迫る操作が可能に。」って謳ってますが、フライトシューティングでの第三者視点って、TPSみたいに常に自分の機体のお尻が見えているカメラのことを言うんじゃないの?
ちなみに、ネットでアシストオフのカメラの評判を見てみたら、「問題ない」とか、「慣れれば楽しめる」とか、「攻撃はアシストオンで、回避はアシストオフで」とか。みんな空間認識能力高過ぎます。自分にとっては、問題大ありだし、そもそも慣れるとは思えないし、ミサイルアラートが鳴っているなかでアシストのオンオフを切り替える余裕があるとはとても思えません。

アシストオンの状態では

デモにはステージが二つあって、そのうち一つがこの途中で強制的にアシストがオフになるチュートリアル、もう一つは普通の面で、アシストのオンオフは自由に選べます。普通の面でアシストをオンにした状態では、主観視点にしてAC6とほぼ同じ感覚で飛ぶことができます。
AC6と比べると、慣性がほとんど感じられず、まるでAC6のアイマスF/A-18かアイマスSu-47で飛んでいるような感じがすること、ターゲットコンテナと地上のグラフィックの影響でしょうが、画面では遠近感が掴みにくいこと、逆に、ターゲットのロックオンの切替が素直なことなどがAC6との違いでしょうか。まさしく、慣れれば問題ないような些細な違いです。

箱○のデモって

デモとか体験版とかって、「面白いから製品版も買おう」というのを期待しているのだと思いますが、自分は箱○のデモって、遊んでみたものはこれまで全て「微妙だから買うのをやめておこう」ばっかりです。自分にとって、デモは最早買わないための言い訳探しの道具になっちゃってますね。

当然、今回もこんな気持ち悪い視点で飛びたくないので、回避です。


今日の義理チョコ疑惑

昨日こんなコメントをいただきました。
義理かどうかなんてわざわざ確かめなくてもの気持ちは手に取るように分かるのですが、の言葉で聞きたかったので、ちょっと尋ねてみたら…
好きな人はいるの?
だそうです。
なかなか自分の気持ちに素直になれないみたいですが、そんな性格のももちろん大好きです///
関連記事

テーマ : Xbox360 - ジャンル : ゲーム

タグ : HAWX

04:44  |  XBOX360  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |