スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02/01(Mon)

【11eyes】PSP版11eyes CrossOverの初回限定版を開封しました

1月28日に買ってきたPSP版の11eyesCrossOverの初回限定版を開封しました。
PSP 11eyes CrossOver 初回限定版 パッケージ(表)とソフマップの店舗特典のテレホンカード
ギャルゲーには珍しく、落ち着いたブラウンを基調としたパッケージ…と、それを台無しにするソフマップの店舗特典、アニメではヤンデレだった水奈瀬ゆかのテレホンカード。
パッケージを飾っているは黒芝かなえと百野栞ですが、この洗濯にはちょっと首を傾げざるを得ません。だいたい、「罪と罰と贖いの少女」編と「虚ろなる鏡界」編とでは、ボリュームも、面白さも大きな差があります。
パッケージにするなら草壁の美鈴ちんと菊里たんだと思うんですけれど。
あと、ソフマップのテレカもわかってないなw予約特典のテレカを比べたら、どう考えてもメッセサンオーが大勝利だというのに。
あと、イラストの栞がちょっとデッサンが狂っているっぽくて、ちょっと不安になります。
PSP 11eyes CrossOver 初回限定版 パッケージ(裏)とソフマップの店舗特典のテレホンカード
パッケージの裏面。こちらも、「虚ろなる鏡界」編ばかり大きく扱われています。Xbox360でのおまけ程度の分量の追加シナリオをそんなにプッシュしていいの?
PSP 11eyes CrossOver 初回限定版のパッケージは、ケース状の外箱に内箱がしまわれているという珍しいパターン
初回限定版のパッケージは、ビデオテープのケース状の外箱に内箱が入っているという珍しいパターン。
PSP 11eyes CrossOver 初回限定版のパッケージ ケース状の外箱と取り出した内箱の背面
取り出した内箱の背面。
PSP 11eyes CrossOver 初回限定版のパッケージ ケース状の外箱と取り出した内箱の内面
そして、取り出した内箱の内側。
同梱の特典がUSBメモリーだけとボリューム感に欠けるのですが、それを補って余りある凝ったパッケージです。これはなかなか満足度が高いかも。
PSP 11eyes CrossOver 初回限定版 同梱物一覧 ソフトウェア本体、カスタムテーマ入りオリジナルUSBメモリー 1GB、ソフマップの店舗特典、水奈瀬ゆかのテレホンカード PSP 11eyes CrossOver 初回限定版 同梱物一覧 ソフトウェア本体(裏)、カスタムテーマ入りオリジナルUSBメモリー 1GB、ソフマップの店舗特典、水奈瀬ゆかのテレホンカード
取り出した同梱物の一覧。ソフト本体のパッケージ、カスタムテーマ入りオリジナルUSBメモリー 1GB、そしてテレホンカード。

USBメモリの内容は?

5pb.の限定版の特典は、CHAOS;HEAD NOAHの限定版の特典「将軍の贈り物」セットとか、シュタインズ・ゲートの数量限定版の特典「未来ガジェット3号機「もしかしてオラオラですかーッ!?」とか、全く実用にならないものの、ブログのネタになりやすい面白い特典が印象的だったのですが、今回はいきなり実用に振ってきましたね。
USBメモリー自体は1GBとどうしようもない容量ですが、なかにいろいろとデータがインストールされています。
入っていたのは、
・PC用の壁紙
・Windowsのシステム音声用のファイル
・PSP用のカスタムテーマ
とやたら実用的。
で、「カスタムテーマ入り」と宣伝されている肝心のPSP用のカスタムテーマですが…
PSP 11eyes CrossOver 初回限定版特典のカスタムテーマ入りオリジナルUSBメモリー 1GB収録の橘菊里のカスタムテーマ PSP 11eyes CrossOver 初回限定版特典のカスタムテーマ入りオリジナルUSBメモリー 1GB収録の草壁美鈴のカスタムテーマ
全キャラ分あります。駆くんのカスタムテーマとかどこに需要があるのかよくわかりませんがw

それで、自分がPSPのカスタムテーマを作った時のことを考えると、ちょっと造りが甘いです。
いい点としては第一階層のアイコンが、ただのキャラ絵ではなくて、キャラ絵の横に縮小したUMDとかコントローラとかのアイコンを配置してあり、どんな機能のアイコンなのかきちんとわかるようにしていること、そして、ダメなのは、第二階層以下のアイコンが作り込んでいないこと。
常時見える第二階層まではきちんとアイコンを作り込んで欲しかったと思います。だって公式ページとかで無料でほいほい配布しているものではなくて、限定版の特典として添付されているカスタムテーマなんだぜ?

壁紙は、うん、まあいいや。
あと、システム音声ですが…これもまあいいや。あんまりPCのこの辺は触りたくありません。

ということで、パッケージには満足感があったのですが、特典の内容はちょっと不満足。1GBのUSBメモリの価格は…うーん、2,000円くらいなのか?だとしたら、まあまあの特典なのかもしれませんけれど…。


追加要素あり?

さて、今回も事前に情報をほとんど集めていないのですが、Xbox360版でもあった追加シナリオ、PSP版にもきっとあるはず、と思いつつ起動したら、
PSP 11eyes CrossOver 起動画面 「罪と罰と贖いの少女」編と「虚ろなる鏡界」編の間に「???」が
「罪と罰と贖いの少女」編と「虚ろなる鏡界」編の間に「???」がありますね。これが追加シナリオなのかな。

起動して気になったこと

ゲーム内容は1回プレイ済み、面白いのは十分承知しているのですが、気になったことが。
まず、ロード。Xbox360からPSPへの移植では当然気になるところです。このゲームでは特にインストール等の機能も用意されていないので、UMDからロードすることになります。
で、やっぱりキャラの音声前にちょっと引っ掛かるような間があります。
これが気になるか気にならないかは個人差があると思います。自分はあまり気になりませんでした。

あとは、一定以上アップになった立ち絵がボケること。
PSP 11eyes CrossOver これ以上アップになると、立ち絵が全部ぼけている
このレベル以上にアップになったものは全てぼけています。逆に、これより引いた立ち絵はボケていません。
うーん、これはどうしてなのかな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : PSP - ジャンル : ゲーム

タグ : PSP 限定版 11eyesCrossOver

11:55  |  11eyes CrossOver  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01/28(Thu)

【積みゲー】今週の積みゲーは、アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く、LastRebellion、END OF ETERNITY、MAG(MASSIVE ACTION GAME)、不思議のダンジョン 風来のシレン3 ポータブル、11eyes CrossOver 限定版でした

上段左から、アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く、LastRevellion、下段左から11eyes CrossOver 限定版、不思議のダンジョン 風来のシレン3 ポータブル MAG、END OF ETERNITY
今週の積みゲーは、アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾くLastRebellion/END OF ETERNITYMAG(MASSIVE ACTION GAME)不思議のダンジョン 風来のシレン3 ポータブル11eyes CrossOver 限定版

MAG(MASSIVE ACTION GAME)が本当に売り切れ続出でびっくり。ネットでネタにしているだけで、おまえらどうせ買わないんだろって思っていたんですが…。自分の1本はメディアランドで発見したもの。
発見した勢いで買って帰ったら、いきなりこんなネタが出ていて涙目ですww
社会人涙目wwwwオンライン専用FPS『MAG』は平日の19:00~21:00にゲームできない事が判明wwww:オレ的ゲーム速報@刃

まあ20時半くらいにはもうプレイできたみたいだけどな。

ドラクエ6は全力でスルー

よりによってPS3でRPGが3本重なるという集中日だったので、ドラゴンクエストVIは全力でスルーしました。てか、まだまだドラクエIXを普通にやり込み中なんだけどなあ。
それにしても今年のスクエニはどうしてしまったんでしょうね。頑張りすぎです。

優先候補はMAGとアルトネリコ3と11eyes CrossOver。
11eyesは何かパケ絵の栞のデッサンが乱れていてちょっと不安なんですが…。
関連記事

テーマ : 新作ゲーム - ジャンル : ゲーム

タグ : PS3 PSP アルトネリコ3 11eyesCrossOver 積みゲー 限定版

21:28  |  積みゲー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12/25(Fri)

【11eyes】「12闇夜の暁」えっと、これ本当に最終回なんですか?

11eyes「12闇夜の暁」、最終回…なのか?
あれですね、きっとDVDとBlu-rayを発売するときに、映像特典で13話を追加するって言うオチですね。

ゲーム版の面白さを全て殺しているアニメでした

Xbox360版の11eyesCrossOverをプレイしたときの楽しさは何よりもまずその異能バトル。とくに、主力の美鈴ちんの、陰陽の術を使った華麗な戦闘。

さらに、各キャラの見せ場。
菊里たんの「キュキュッ」という効果音とスケッチブックに書かれる筆談の文字と下手くそなイラスト、雪子の異常な能力、ゆかの壊れっぷり、リーゼロッテとリゼットのギャップ。

そして、黒騎士、特に草壁美鈴の圧倒的な強さを目の当たりにしたときの絶望感。
真相がわかって、「世界を救うために自殺しろ」って言われたときの美鈴ちんの苦悩、ラストバトル前に敷かれた伏線、大逆転、そして、操の頭蓋を両断したときに感じるカタルシス。

主人公の駆くんは、ギャルゲの主人公ですから空気でもいいのですが、ラストバトルでのリーゼロッテ戦、劫の目の真の能力を発揮したときの演出も最高でした。

加えて、トゥルーエンド的な位置づけの菊里エンドとそのエピローグでのいちゃつきっぷり。


アニメでは、全部ぜーんぶダメにしちゃってました。
シナリオライターと演出を担当した人はゲーム遊んでないんじゃないのか?

どうして最後黒騎士と共闘しちゃうんだよ。
操vs美鈴戦はゲーム中の最高最大の見せ場だろうに。

どうしてリーゼロッテをヴェラードに殺させてやらないんだよ。
あれがなければ、あまりにもリーゼロッテが救われなさすぎだろうに。

どうして菊里たんが最初から最後まで空気なんだよ。
世界の成り立ちに深く関わっているところだろうに。

どうして劫の目と魔石の欠片が光るとリーゼロッテが時空の狭間に封印されるんだよ。
劫の目の真の能力は「無数の可能性の中から望む可能性をつかみ取る能力」だったはずだろうに。

大人の事情…なのか?

「各キャラにファンが付いているから、全員に出番を」っていう方針なのでしょうか。
尺が絶対的に足りないのに、彩子先生どころか、照屋匡と奈月香央里まで出演させて、足りない時間をさらに削ってしまっています。切られたのはツィベリアダのマスターだけ。

あの程度の出番だったら、賢久と雪子も、そして空気だった菊里たんも切らないと、絶対まともなストーリーになるわけがありません。

そして、まとめきれないストーリーを強引にまとめるために、都合よく使われた並行世界設定で、ストーリーは混沌の極みに突入してしまいました。
「ゆかの並行世界」に「駆を呼んだ」ってどういうことなのさ。
もう絶対ライターも世界の成り立ちについて説明できないだろこれ。

エロと萌えだけあればいいの?

最近の深夜アニメは「萌えとエロさえあればいい」って話を聞いたのですが、そういうものなのでしょうか。
確かに、エロシーンだけは充実していましたね。
てか、どうしてラストバトルでのゆかは下着姿になっていたんでしょうか?

個人的には、お金を取ってはいけないレベルのアニメだと思うのですが、一般的には萌えとエロがあるからこれでもDVDとBlu-rayが売れるの?本当に買う人いるの?

PSP版の11eyes CrossOverは予約をしていますが、アニメのDVDは絶対にスルー。
関連記事

テーマ : 11eyes - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 11eyesCrossOver

03:14  |  11eyes CrossOver  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12/18(Fri)

【11eyes】「11滅亡という選択」 全部ゆかの妄想だったってオチなのか?

11eyes「11滅亡という選択」、ゆかどころかアニメ事態が滅亡しかけてます。

どういう感想を書いたらいいか、もうわかりません。
…「どこからつっこめばいいのかすらわからない」ってよく聞きますが、まさにそんな感じ。

以下ネタバレあり。
まあ、もうネタバレがあろうと無かろうと関係ないんですけれど。


全員死亡

えーと、リーゼロッテたん以外の主要キャラが全員死亡しました。
死に様は、

・アワリティア様:リーゼロッテたんに負けて「戦死」
・スペルビア/操:リーゼロッテたんを羽交い締めにして、アワリティア様のブレスに焼かれて瀕死、駆くんと美鈴ちんに余分な一言を言ってから死亡
・ゆか:リーゼロッテたんに欠片を抜かれて死亡
・菊里:よくわからないけれど、リーゼロッテたんにやられたらしい
・栞:リーゼロッテたんに欠片を抜かれそうになって自殺
・美鈴ちん:何だかよくわからないけれど、リーゼロッテたんが呼んだ黒い霧に包まれて死亡?
・駆くん:ゆかに化けたリーゼロッテたんに刺されて死亡、「劫の目」をリーゼロッテたんに抜かれる

なんかもうアニメ版のシナリオを書いたライターが、自暴自棄になったとしか思えません。

はいはい、妄想乙

はい、次回予告で駆くんが「違うっ!!!!」って叫んでましたんで、これは現実ではないというオチがつくんでしょうね、きっと。

ゆかの妄想世界だったってオチか、それともゆかの作った並行世界だったってオチか、どちらにしたってろくなもんじゃありません。
欠片を抜く直前、「お前の願いを叶えてやろう」ってゆかに向かってリーゼロッテたんが言った台詞もあることですし、ラストでゆかの姿をしたキャラが劫の目に頬ずりしているシーンがありましたので、どっちにしたってゆかが絡んでいることは間違いなさそうです。

とにかく、ゲームをクリアした自分にとってすらもはやストーリーは理解不能の域に達しています。もうシナリオを書いたライターさんにしかわからないのでは。もしかしたらライターさんにもわかっていないかもしれません。

もしかして、リーゼロッテたん×ヴェラードをゆか×駆くんの関係にオーバーラップさせたかったのでしょうか。
そのためにゆかを思い切りヤンデレにしてしまったとか。


美鈴ちんが駆くんに抱かれて腹筋が崩壊した

きっとエロシーンを入れる必要があったのでしょう、衝撃の超展開で美鈴ちんが駆くんに抱かれてしまいました。

「能力を飛躍的に高める方法がひとつだけある」
「草壁の血を持つもの同士が結ばれることだ」
「契りを、男女の関係を交わすことだ」
「次の戦いで、私は駆の盾となって死ぬだろう」
「せめて愛する者の手で、私を一人の女にして欲しい」

「…愛している、駆」

そして、「赤い夜への道を開いたのだ 私達の力で」

ごめんなさい、あまりに唐突で、ずっと笑いが止まりませんでした。
何というテンプレート。何というご都合主義。

私達の力で赤い夜への道を開いたって、おまえらセクロスしてただけだろうがwww

あと2話しかありません

欠片がバラバラの並行世界に散逸した、っていう設定は、ゲームではラストで見事に活かされています。
「劫の目」の能力、無数の可能性の中から自分の望む可能性を選び取る能力、これもラストバトルでなかなかカコイイ演出と共に、きっちりと説明が付いてカタルシスを感じさせてくれました。

このアニメ、あと2話でちゃんと話に片が付くのでしょうか。
ゲーム版のラストのようなエンディングはもはや望むべくもありませんが、まさか「並行世界」を引っ張り出してゆかに「菊里エンド」の菊里役みたいなことをやらせて無理矢理ハッピーエンドって展開にしちゃうのか?

タイトルの意味は?

ところで、タイトルの「滅亡という選択」の意味がよくわかりません。
滅亡を選択したのは?ヴェラードの望みを叶えるべく滅亡を選択したリーゼロッテたんってつもりなのかな?
関連記事

テーマ : 11eyes - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 11eyesCrossOver

03:14  |  11eyes CrossOver  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12/11(Fri)

【11eyes】「10魔女覚醒」リーゼロッテたんキタ!!

11eyes「10魔女覚醒」、とうとうゆかが壊れてしまいました。
相変わらず放映時間の半分近くを設定の説明に使ったわりに楽しめたのは、全部水奈瀬ゆかさんのおかげです。

以下ネタバレあり。
念のため。

ゆかがヤンデレに、そして菊里たんが空気にされてしまいました

前回あたりからどんどん存在感を増しているゆかが、完全に壊れてしまいました。
「違うよ、駆くん。草壁先輩でしょ」→美鈴ちんの紅茶にカミソリの刃って展開が強烈。その後のいきなり下着で「一緒に寝よ」もなかなかの怖さです。
そして魔石の欠片をリーゼロッテたんに向かって放り投げるエンディング。

駆くんと一緒にいられさえすれば、世界なんかどうなっても全然構わない、っていうゆかの本質を踏まえた展開です。
前回の放送を見たときにも思ったのですが、もっとゆかのヤンデレ設定でストーリーを全面的に書き換えちゃえばよかったのに。

だいたい、「この並行世界はゆかの世界」っていう設定は、突き詰めたら面白くなったんじゃないかっておもいます。
…まあ、ハルヒとかカオスヘッドとか、他にもいくらでも似たような設定はありますが。でも世界の主がヤンデレってのは面白くなるんじゃないかなぁ。

実は、今回のタイトル「魔女覚醒」の「魔女」って、もしかしたらゆかのことなんじゃないかなって、ラストでゆかが欠片を放り投げるときまで期待していたりしたんです。


ですが、「この並行世界はゆかの世界」って、本当はそういう意味ではないはずですよね。
ハルヒとかカオスヘッドみたいに、「誰かの想像/妄想で成立している世界」ではなく、無数の並行世界の中でたまたまゆかの欠片がたどり着いた世界です。栞たんの説明を聞いてもそれで間違いなさそう。
だから、ゆかが望めば幻影の菊里たんを作り出すことも、消すことも自由自在っていうのはかなり変です。


ただ、ゆかの存在感の裏で他のキャラ、特に菊里たんが空気化して、しまいには消えちゃうってちょっと酷くありませんか。

絶望感が足りない

ストーリーにはもう全く期待できませんが、それでも残念なのがスペルビア/草壁操戦前の絶望感が全然感じられないこと。たった一回戦って、刀を折られただけであそこまで美鈴ちんが凹んでしまうのも、そしてそれを駆くんにハグしてもらって乗り越えようとするのも、とにかく薄っぺらさだけが目に付きます。

美鈴ちんの絶望と、最終的にそれを乗り越える強さが、最終回までに見られるといいなぁ。無理でしょうけれど。

あと、完全に犬死にの雪子とか、教皇庁・禁書目録聖省の使徒なのにタロット占いしちゃう栞とか、スケッチブックに文字を書くのではなく書いてある字をスケッチブックから探す菊里たんとか、いちいちキャラの魅力を消してしまうようなディテールは本当に残念。

リーゼロッテたんキタ━(゜∀゜)━ !!

覚醒してくださいました。目の描き方がよかったですね。
ストーリーとか設定とかもうどうでもいいので、思いっきり見せ場を作って欲しいと思います。
11eyes CrossOver リーゼロッテ・ヴェルクマイスター
関連記事

テーマ : 11eyes - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 11eyesCrossOver

05:55  |  11eyes CrossOver  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12/04(Fri)

【11eyes】「09壊れた絆」ゆかの存在感がヤバい

11eyes「09壊れた絆」ゆかがどんどん存在感を増しています。
最初からこの方向のストーリーにしておけば良かったのに。

ネタバレあります。ゲームやった人以外もう見てないだろうから大丈夫だと思いますが、念のため。


水無瀬ゆかが不気味

どう見ても失敗作のこのアニメで唯一評価できるのが水奈瀬ゆかの描き方です。
ゆかはもともと駆への依存が酷く、言動が「自分と駆がずっと一緒に、幸せに暮らせれば世界がどうなっても構わない」という行動原理に基づいているうえに、その能力が「自らの望む妄想を現実に出現させる」というものであるため、ゲーム中でもウザくてたまらないキャラクターでした。

そのウザさが不気味さに昇華されています。
赤い夜に突入したにもかかわらず、「駆くんがここにいろといったから」虚ろな目でぼーっと椅子に座っている姿、そして、赤い夜の中、平然と栞と紅茶を飲む姿、そしてラストでの雪子の台詞に全く反応せずに微かな微笑みを浮かべたまま指を動かしている姿。

あれはヤンデレとかを通り過ぎて、もういっちゃってる人です。

ゲーム中ではウザかったものの不気味さまでは感じなかったゆかを、ここまでヤバそうなキャラに仕立てた目の付け所は面白いと思いました。
最終話までこの線で突っ走ってくれるのを期待。

説明不足の反動が噴出

ストーリーや設定の説明不足のつけがまとめてやって来たような回でした。

そもそも、タイトルの「壊れた絆」にしたって、キャラクター達が考現学部やツィベリアダで絆を育んできた様子がこれまで全然描写されていないので、それが「壊れた」と言われても何が何やら。

スペルビア姉さん=草壁操の絶望的な強さにしても、ラルヴァや黒騎士たちとの戦いにたっぷりボリュームを割いて、「苦戦してやっと倒した黒騎士たちより圧倒的に強い」ことが丁寧に描き込まれていたゲームと違い、美鈴ちんの「実力が違いすぎる」という一言だけ。あの凶悪な強さは伝わりようがありません。

賢久の暴走にしても、栞の存在も、全部同じ。
どうして賢久が暴走したのか、栞はどういうキャラなのか、さっぱりわかりません。

あまりにも陳腐な展開

製作サイドももう自棄になっているのか、テンプレ的な陳腐な展開が多数ちりばめられていました。
これまでに倒された黒騎士が雑魚として駆くんの前に立ち塞がるとか、その再生ボスに駆くんが言い放つ「お前の攻撃は見切っている」という台詞とか、栞が駆に言い放つ「あなたの実力を試させてもらいました」という台詞とか。

こういう使い古された展開や台詞って、きっと「ここが笑いどころだよ」ってわざと使ってるんだよね?え、違うの?

菊里たんは相変わらず空気だし

今回はパンツが見えませんでしたね。
菊里先輩は相変わらず空気だし、たかはし智秋さんの出番も終わってしまったし。
残念。
関連記事

テーマ : 11eyes - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 11eyesCrossOver

08:45  |  11eyes CrossOver  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.11/27(Fri)

【11eyes】「08 逢魔が時」超展開の連続、やっと本気出してきたみたい

11eyes「08 逢魔が時」結構いろいろ超展開で面白かったです。
あ、ネタバレあります。



死亡フラグ立ちまくりw

黒騎士も残り二人になって、そろそろスペルビアが乗り込んでくる頃。
ということは、そろそろ彩子先生の出番も終わりw

…と言う予備知識を持っているだけに、これでもかと出てくる死亡フラグが笑えます。
絶対わざとやってるだろこれw
賢久の「赤い夜が終わったら、ツーリングでも行こうぜ。俺と、彩子と、雪子と。きっと楽しいはずだから」って台詞なんて、『死亡フラグ』っていうタイトルを付けて額に入れて飾っておきたいくらい。

でも、次回予告までに死亡シーンがなかったから、次回まで生き長らえた?って思っていたら、ラストで死亡wそれも、何か逆さ吊りにされてるww何あの死に様www超展開wwww

ゲームでの死に様はきれいだったんだけど、ああいうのもいいかもw
11eyes CrossOver ゲーム版での赤峰彩子先生の死に様 ゲームでの死に様は綺麗なんだけどね

ゆかはウザいだけではなく、「目覚めた悪魔」?

ゲームではメインヒロイン的ポジションなのに、ウザかった水奈瀬ゆか。
アニメでも言動がかなりウザいと思っていたのですが、今回は、何か目が怖い。作画のせいかもしれませんが…いや、あの目は何か企んでいる目だ。
そんなことを思って見ていたら、なんか、駆と菊里たん、駆と栞の会話で「悪魔を目覚めさせてしまった」という悪魔がなんかゆかのことを差しているような気がしてきました。

そうしたら、何とゆかが美鈴ちんの血を舐めるという超展開が出てきました。もしかして、マジでゆかが悪魔?

ウザいという評価を知っていて、それなら徹底的にウザくしてやろう、っていうそういう展開になるの?草壁の血を舐めて、身体能力を急上昇させて能力を使いまくるのか?いきなり妄想世界に突入??

いきなり本性暴露の栞

やっと栞に出番がw
駆を魔法で攻撃して、「教皇庁・禁書目録聖省の書架のウルスラ」って名乗りを上げるとかww展開強引すぎでしょう?どうやって収拾つけるつもりなのよw

ゲーム前提ですね

限られた尺の中で多数の登場人物と複雑な設定を説明しようとして、説明的な場面や台詞が多いという欠点がある一方で、それでも説明が足りずに、ゲームをやっていない人は置いてけぼりだろうなと思わせるこのアニメ。
ゲームをプレイしたことがあるファンがターゲットなのか、来るべきPSP版の発売を控えて新規ファンの取り込みを狙っているのか、えらく中途半端だなと思っていましたが、今回で確定。

ゲームやってない人には、今回の展開はもう何が何だかわからないだろうと思います。
逆にゲームをプレイ済みだと結構面白い回でした。
自分は、今回で制作側がはっきりと「ここからはゲームとは別展開だよ」って宣言をしたと受け取りました。やっと本気を出してきたのかw
残り5回、お手並み拝見です。

感想マンガが面白い

実は、公式HPの黒騎士ほのぼのアニメ感想マンガのほうが面白かったりします。
こんなブログの感想なんかより、そして、もしかしてアニメ本編より面白いかもしれません。一度ご覧あれ。
関連記事

テーマ : 11eyes - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 11eyesCrossOver

08:45  |  11eyes CrossOver  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。