2013.08/23(Fri)

【3DS】「一緒にフォト スーパーマリオ」をダウンロードしてみました

最近はPS3の「プレイステーション ネットワーク カード」や「iTunes Card」がコンビニにずらっと並んでいるのが当たり前になりました。某ゲームの有料DLCを買うための「ゲイツ」が足りなくなって、わざわざゲーム屋さんに足を運んだのも今は昔。思い出になってしまいましたね。

そのたくさん並んでいるプリペイドカードにはニンテンドープリペイドカードもあるのですが、最近その中にちょっと気になるものが混じっているのを見かけるようになりました。

「いっしょにフォト スーパーマリオ」 1000円のクリボー柄。
ニンテンドー3DS 「いっしょにフォト スーパーマリオ」 1000円のクリボー柄
こんなやつ。金額別に柄が違って、何やらソフトがおまけで付いているっぽいです。

これ、「ラブプラス」関係でよくあった「ARフォト」が撮れるソフトでした。

「いっしょにフォト スーパーマリオ」

ニンテンドー3DSは、3D写真が撮れることもあるからか、最初から「ARゲームズ」がプリインストールされ、ARカードも付属していますし、クラブニンテンドーのポイントとの引換賞品にARカードがあったり(去年まで)と、ARフォトには結構力が入っています。

そして、この気になっていたプリペイドカードは、通常の「ニンテンドープリペイドカード」として使えるのと同時に、おまけとして「いっしょにフォト スーパーマリオ」というAR写真が撮れるソフトがついている、というものでした。

今回買ってみたのは、一番額面が安い1,000円のもの、柄はクリボー。
もちろん、普通の1,000円分のニンテンドープリペイドカードとして使えますので、額面の1,000円は「Newスーパーマリオブラザーズ2」の追加パック購入に回します。

「いっしょにフォト スーパーマリオ」 1000円のクリボー柄 裏面。
ニンテンドー3DS 「いっしょにフォト スーパーマリオ」 1000円のクリボー柄 裏面
コンビニにおいてあるようなプリペイドカード類は、レジでアクティベートしなければ有効になりませんので、不用心にぶら下げてありますが、このカードってカード自体がARカードになっていますので、その辺にぶら下げておいていいんでしょうか。

「いっしょにフォト スーパーマリオ」 1000円のクリボー柄 開いたところ。
ニンテンドー3DS 「いっしょにフォト スーパーマリオ」 1000円のクリボー柄 開いたところ
3ツ折りになっている中を開くと、一番左に表面がARカード、裏面がニンテンドープリペイドカードとしてのコードが書いてあるカードが貼り付けてあって、その下に、AR写真を撮るためのソフト本体をDLするためのQRコードがあります。中央は遊び方、そして右側はカードにはなっていませんが、こちらもARカードとして使えるようです。

「いっしょにフォト スーパーマリオ」 ソフトをニンテンドーeショップでダウンロード。
ニンテンドー3DS 「いっしょにフォト スーパーマリオ」 ソフトをニンテンドーeショップでダウンロード
ご承知のとおり、ARカード自体には、マリオやクリボーなどのキャラクターのデータが入っているわけではありません。データと、あと写真を撮るためのソフト本体は、QRコードを使ってニンテンドーeショップからダウンロードします。相変わらず使い勝手のよくないニンテンドーeショップですが、QRコードで直接目的のソフトのダウンロード画面に飛べるなら迷うこともありませんし、ソフト自体は無料と言っても、「いっしょにフォト スーパーマリオ」付きのニンテンドープリペイドカード購入者以外はダウンロードできない歯止めにもなっています。

アイデアがないとすぐ飽きる…当たり前ですが

ダウンロードした「いっしょにフォト スーパーマリオ」を起動して、カードについていたARカードを見てみると、こんな感じです。

「いっしょにフォト スーパーマリオ」 1000円のクリボー柄 土管とパックンフラワーはサービス。
ニンテンドー3DS 「いっしょにフォト スーパーマリオ」 1000円のクリボー柄 土管とパックンフラワーはサービス
ARカードからはクリボーが、そして台紙の右側のARマークからは土管と中からはパックンフラワーが生えてきます。AR写真自体はこの「いっしょにフォト スーパーマリオ」で撮りますが、撮ったAR写真はJPGとして保存して「ニンテンドー3DSカメラ」から参照することができます。もちろん3D。

「いっしょにフォト スーパーマリオ」 3DSで撮った写真 本当は3Dです。
ニンテンドー3DS 「いっしょにフォト スーパーマリオ」 3DSで撮った写真 本当は3Dです
撮った写真を3DSで見るとこんな感じ。

で、AR写真って、最初は感動してあれこれやってみますが、あっという間に飽きます。こんな写真が撮れると面白いんじゃないか、ってアイデアやクリエイティビティがない凡人の自分は特にそうです。キャラクターがクリボーだけで、追加したければ残り5キャラ分全部で11,000円必要、マリオだけでも2,000円を追加する必要があります。おまけだからいいじゃん、って考えなのでしょうけれど、考えてみたらちょっとタチが悪いです。

プリペイドカードに何か付加価値を付けて、コレクション需要を喚起することは、古くはアイマス柄のゲイツ、最近ではミクさん柄のPSNカードなど、ゲームキャラの柄を印刷した限定カード商法がメインでした。
この「いっしょにフォト スーパーマリオ」はプリペイドカードをARカードにして、ソフトは無料ダウンロード、という新しい試みで、面白いと思います。
ただ、「クリボーなら1,000円だけど、マリオは2,000円、ピーチ姫は3,000円」って言われるとかなりがめつく感じてしまうのではないでしょうか。
無料でDLできるARマーカーを数枚、公式ページに公開する、なんてことを考えてもらえると、だいぶ違うのですけれど…。どうでしょうか。
関連記事

テーマ : ニンテンドー3DS - ジャンル : ゲーム

タグ : DS 3DS いっしょにフォト スーパーマリオ

23:55  |  その他3DS  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |