スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.10/23(Sat)

【PSP】PSP用のグリップ「CYBER・ラバーコーティンググリップ」を使ってみました。何このハードウェアチートww

PSP用のグリップを買ってきました。グリップって言うのは、PSPに取り付けるPlayStationのコントローラの握りみたいなパーツで、PSPが持ちやすくなります、っていうパーツです。

正直言って、これまで馬鹿にしていたパーツでした。「コンパクトで持ち運びしやすいのがウリの携帯ゲーム機にあんなもの付ける意味なんかないじゃん、だいたい、多少持ちやすくなったところで、操作性にそんなに影響するわけがないしww」って思っていたんです。

きっかけは2つ

馬鹿にしていたのに、買ってこようと思ったきっかけは2つ。

1つ目は、TGS2010(東京ゲームショウ2010)の入場待機列で、グリップを付けている人を初めて見たこと。ゲームショウの待機列ですから、整列待機中はたいていの人がPSPかDSで遊んでいるのですが、自分のすぐ後ろの人がグリップを付けたPSPでメタルギアソリッドピースウォーカーを遊んでいたのです。

わざわざTGSの会場まで持ち込んでいるってことは、もしかしてアクションゲームを遊ぶときにはグリップを付けた方が操作しやすいのかなあ、と思って記憶に残りました。

2つ目は、「けいおん!放課後ライブ!!」、「Happy!? Sorry!!」の難易度HARDの澪パートが全然フルコンボ(PERFECT)できなかったこと。単純な連打が続く譜面なのですが、指が連打について行かずにどうしても途中でコンボが切れてしまうのです。
連打の途中でだんだん親指に力が入ってきて動かなくなる、というパターンが多かったので、「もしかして、PSPが持ちやすければ親指も動かしやすいんじゃね?」なんて思ったのです。

大正解でした

実際に使ってみたら、これがとても使いやすい。それまであんなに苦労していた連打地帯があっさり繋がってフルコンボできました。
PSP用のグリップ「CYBER・ラバーコーティンググリップ」を使ってあっさりフルコンボ達成
この性能は、ハードウェアチート並み。便利すぎます。

持ちやすく、誤爆しにくい

便利なのは2点。

まず、何よりもPSPが持ちやすくなり、親指が動かしやすくなったこと。

普段PSPで遊ぶときは、自分は中指と薬指、そして人差し指の腹でPSPを持っています。人差し指の先はLRボタンに置いて、親指でボタンを操作します。グリップを付けると、PlayStationのコントローラと同様に、付けたグリップを薬指と小指で握ることになり、中指と人差し指がほぼフリーになります。

たったこれだけのことですが、それでも親指に力が入らず、とても動かしやすくなりました。

さらに、LRの誤爆がなくなったこと。

音ゲーのような、ボタン操作が激しいゲームでは、つい人差し指に力が入ってしまってLRボタンを誤って押してしまうことがあったのですが、グリップに人差し指をかけられるところがあるので、この誤爆が全く無くなりました。

もちろん人によって効果は違うと思いますが、自分はこの2点のおかげでそれまで苦労していたフルコンボがあっさり達成できました。

どの製品でも同じだと思うけど

今回買ってきたのは、サイバーガジェットの「CYBER・ラバーコーティンググリップ(PSP2000/3000用)」という製品。
どのメーカーのどの製品でもグリップの形はだいたい同じですので、使い勝手はほとんど変わらないと思いますが、特徴なんかを書いておきます。
CYBER・ラバーコーティンググリップ(PSP2000/3000用)
パッケージの表。
「UMD交換可能」「周辺機器類接続可能」「バッテリーパック(2200mAh)対応」「スタンド機能」「ラバーコーティング」と製品のウリが列記してあります。
CYBER・ラバーコーティンググリップ(PSP2000/3000用) パッケージ(裏)
パッケージの裏側。

バッテリーパック(2200mAh)をご使用になる場合:本製品はバッテリーパック(2200mAh)を装着した状態でも使用する事ができます。PSP-2000/3000シリーズ本体にバッテリーパック(2200mAh)を装着し、バッテリーカバーを取り付けない状態のまま本製品を装着してください。本製品をバッテリーカバーの代わりとしてご使用頂けます。

という注意書きがあります。それって「対応」しているって言えるのか?
CYBER・ラバーコーティンググリップ(PSP2000/3000用) パッケージから取りだしたところ
パッケージから取りだしたところ。
PSP本体をグリップ上部のツメのようなところとグリップ下部のツマミがついている押さえ板で挟んで保持します。
CYBER・ラバーコーティンググリップ(PSP2000/3000用) PSPの取付 上部のツメにPSPを引っかける
PSPを取付中の写真です。
まずPSPの上の部分をグリップのツメのようなところの隙間に突っ込みます。
CYBER・ラバーコーティンググリップ(PSP2000/3000用) PSPの取付 PSP下部もグリップにはめ込みます
続いてPSPの下の部分をはめ込みます。
PSPをグリップに固定するために、グリップ下部にある押さえ板を奥に押し込みます。
押さえ板は開く方向にバネでテンションがかかっているので、PSP下部をはめ込んだ後、押さえ板を閉じる方向にスライドさせます。
CYBER・ラバーコーティンググリップ(PSP2000/3000用) PSPの取付 グリップ下部の押さえ板を押し込んで、ツマミをロック位置に合わせます。
押さえ板を押し込んだら、ツマミをロックの位置に合わせて取付完了です。

グリップを取り付けたままあちこちが開閉できるのがウリです

このグリップは、PSP本体に取り付けたままでPSPのスロットや端子を利用できるというのがウリです。
CYBER・ラバーコーティンググリップ(PSP2000/3000用) 電源ボタンの操作のため、グリップに切り欠きがある
まずは、電源ボタンと電源端子部。
電源ボタンの操作のために、グリップに切り欠きがあります。
ACケーブルは取り付けやすくはありませんが、コードの向きを合わせれば取り付けることができます。
CYBER・ラバーコーティンググリップ(PSP2000/3000用) ヘッドホン/イヤホン端子部
ヘッドホン/イヤホン端子付近。
イヤホンは問題なく使うことができます。
CYBER・ラバーコーティンググリップ(PSP2000/3000用) ヘッドホン/イヤホン端子部 D端子ケーブルはあまり取り付けやすくありません
D端子ケーブルはあまり取り付けやすくありませんがケーブルをちょっと多目に曲げれば取り付けることは可能です。
CYBER・ラバーコーティンググリップ(PSP2000/3000用) 背面。開くとUMD取替ができるととともに、スタンドとして使用する場合には「足」になります
グリップの背面は開閉が可能です。
開くとUMDの交換ができるほか、スタンドとして使用する場合の「足」になります。
「ツメ」がカーブしているので、UMDの交換、無線LANスイッチのオン=オフが行える
PSP本体上部を支えるための「ツメ」のような部品がカーブしているので、UMDの入れ替えや無線LANスイッチのオン=オフを操作することができます。

他のゲームでも試してみようか

自分にとって、音ゲーでを遊ぶときにはなくてはならないパーツになりました。
他のアクションゲームも試してみるつもりです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : PSP - ジャンル : ゲーム

タグ : PSP グリップ

11:50  |  その他PSP  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。