2009.09/26(Sat)

【レポート】TGS2009に行ってきた~アイマスDSスペシャルステージとドリームクラブのドリーム☆ライブ2009、ミンゴスのかわいさと原田ひとみさんの谷間で地球がヤバイ

東京ゲームショウ2009~TGS2009に行ってきました。

お目当てはいろいろあったのですが、メインはバンダイナムコゲームスのブースで行われるアイドルマスターDearlyStarsのスペシャルステージとイベントステージで行われるDreamCClubのドリーム☆ライブ2009。

TGS2009サポーターズクラブを買ってみました
TOKYO GAME SHOW 2009 TGS2009サポーターズクラブ
昨年のTGSは休日出勤でおまけに午前様というひどいありさまで見に行けなかったので、今年はがんばってみました。

まずはこれ、TGS2009サポーターズクラブ。「朝の会場から一定時間(20~30分を予定)の優先入場が可能です」というのがウリの「プレミアムチケット」です。

優先入場が可能なチケットが発売されるって最初に知ったのは、7月1日のGigazineの記事、実際に発売が開始されたのは7月15日でした。

この時点ではアイドルマスターのステージがあるのかどうか、あるとしても9月の26日なのか27日なのか、何もわからない状態でした。そんな状態で、一般の前売り券の3倍の3,000円を払うのはちょっとギャンブルかなあ、コンビニにゆっくり目に行って、まだ売り切れていなかったら買うくらいのつもりでいいかな、と、副業帰りにローソンのLoppiを叩いてみたら、あっさり買えて拍子抜け。

「こんなにカンタンに手に入るチケットがプレミアムチケット(笑)なわけないじゃんw優先入場って言ったって、待機列の先頭に並ばせてくれるだけなんじゃないの?」とあまり期待していなかったのですが、実際にはとてもよいものでした。

入場まで

「優先入場」が一般入場に比べてどれくらい有利なのかが全然わからなかったので、気合いを入れて東京駅から5時32分海浜幕張着の京葉線の始発を利用。海浜幕張駅での階段の降り口に近いと思われる車両は結構立っている人がいましたが、それ以外の車両は座席が7割方埋まる程度の混み具合。座っていたら、現地で合流する予定のフレンドさんとばったり。やっぱり同じ電車になるよね、って話をしていたら、車で現地入りしていた別のフレンドさんから連絡が。

現地の駐車場は5時から開いており、すでに車利用の人の列ができていたそうです。

やがて海浜幕張着。案の定というか何というか、階段近くの車両から10人くらい、ダッシュで階段を下りて会場に向けて走っていく人がいます。困ったものです…。

ゲート前に到着すると、すでにそこそこの長さの列ができています。一般入場とサポーターズクラブは分かれていません。まとめて手荷物検査をした後、別の待機場所に並び直すみたいです。検査を待っている間、駅のほうから向かってくる人がよく見えるのですが、始発から後はパラパラとしか人が来ません。もしかしたら、1~2本後の電車でも、それほど差が付かないかも。

意外ににスムースにやる気のない手荷物検査を通過して(やる気がないからスムースなんですね)一般入場とサポーターズクラブが分かれます。
サポーターズクラブは先着順に一列に並ばせてから受付でチケットに受付番号をスタンプして特典のTシャツとピンバッチを渡してもらい、さらに別の待機場所に受付番号順に待機という手順でした。受付は一人ずつですが、その前の手荷物検査が律速段階になっているためか、スムースに進み、すぐに待機列へ。受付番号は200番台でした。間隔に余裕があるので全員座って待機、厳密に受付番号順なので、トイレやタバコで列から抜けても大丈夫。雨の中立ったまま待たされ続けたアイマス4周年ツアーIN東京の物販に比べると全然楽です。座り込んでドラゴンクエストIXのゴールデンスライムを狩りながらのんびり待っていました。
TOKYO GAME SHOW 2009 TGS2009サポーターズクラブ 2大特典(笑)オリジナルTシャツとオリジナルピンバッジ、オリジナルビニール袋、入場前のご案内
待機列に並ぶ人を見ていると、遅めの時間から来る人が結構多いのがわかります(って、本当はそういう人のための優先入場なんでしょうけれどねw)。9時を過ぎて、9時半近くまで受付をしている人を見かけました。実際、9時過ぎに来ても、十分にメリットを感じられたと思います。

9時30分過ぎに入場。

まずドリーム☆ライブ2009の整理券を確保しました。FinalFantasyXIIIの試遊の整理券にちょっと後ろ髪を引かれつつも、すぐにバンナムのブースに向かいます。

しかし、一般入場までの30分間は、本当に無双状態。ステージを見ないのならば、配布されている整理券を全部確保してから、気になるゲームの試遊に突撃するのも余裕です。来年もぜひサポーターズクラブを買っておこうと思いました。

アイマスステージ

整理券を確保して、いよいよバンダイナムコゲームスのブースへ。相当前のほうのポジションが確保できました。15分ほど待っていると、コンパニオンがステージに出てきて諸注意。サイリウム・ジャンプ禁止とかwかなりギュウギュウに詰めて立っているからまあしょうがないですね。

開演の時刻になって、”Hello!!"とともに戸松遥さん登場。
スカート短いですwステージの後ろのスクリーンに映る映像を取っているカメラがステージの下にあるため、余計に中身が見えちゃいそうです。
サイリウムが無くても、ジャンプ禁止でも、客席はそんなの関係なく盛り上がります。みんなどこでコールの練習してるのw

1曲歌い終わってちょっとトーク。
アイマスDS、戸松さんは日高愛で始めて水曜日までしか進んでいないそうですwそんなトークがちょっとあって、「一人でアイマスDSを紹介するのは難しいので、アシスタントをお願いしています」という台詞。
そして会場の期待どおりサプライズゲスト、ガミP登場。相変わらずオレンジのポロシャツ、会場から大きな「変態!」コールが巻き起こります。てか、戸松さんも一緒になってHENTAIコールをしていたように見えたのですがww「やめなさい。会社の人は知らないんだから…」とデレるガミPがかわいいです。続いてこちらもおなじみ、白衣を羽織り、怪しいメガネをかけてブンケイPが登場しました。

ブンケイP、ガミPと戸松さんで掛け合いをしながらアイマスDSを紹介していきます。
キャラクター紹介で、豆タンク愛のママ、舞は重戦車だとか、ブンケイPがメガネっ娘大好きだとか、暴走気味、時間使いすぎ気味のゲーム紹介。「5分で紹介します」って前フリしてたのに、絶対10分以上使っていますw

では、ステージモードを「実際にプレイしてみましょう」、買った人にはブンケイP手作りのケーキを進呈という流れで、シークレットゲスト登場。
登場したのは…今井麻美さんでした。
ミンゴス今日は太ももの見えない長目の黄色のスカート、共布のヘアバンドで髪をまとめています。至近距離で見るミンゴスのかわいいことかわいいこと。とても23歳には見えません。

DSを3台、うち1台はブンケイPの私物の痛々しいDSを使ってガミP、戸松さん、ミンゴスの3人でコールプレイの点数を競うことになりました。戸松さんがミンゴスに「音ゲーすごく得意だよね」って言われていました。

で、戸松さんのDSの画面がステージ後方のスクリーンに流れる状態でステージモードのコールプレイスタート。曲は"Hello"ですが、贅沢なことに、歌は戸松さんの生歌です。さらに、スクリーンに流れるClap、Hai、Fuのコールに合わせて、当然のごとく観客からコールが湧き起こります。
戸松さんの生歌でプレイする、なんて贅沢なリアルLiveForYou!状態。これはマジで楽しかったです。

結局1位は戸松さん、本当に音ゲー得意なんですね。

ゲーム紹介はこれで一段落、続いて今井さんの曲。
アイドルマスターSPのDLCでの新曲、「しっとりとしたバラードで、コールは入れにくいと思いますが」と前フリをして「またね」を歌ってくれました。いい曲、DLCで聞けるのが楽しみ、てか早くM@STER VERSIONをCDで出して欲しい曲です。

歌い終わって、戸松さんとミンゴスの2人のトークがちょっとあったのですが、時間が相当押している(ブンケイPのアイマスDS紹介が長すぎたんですねわかります)とのことで、二人揃ってGO MY WAY!!を歌ってステージ終了でした。

やっぱりアイマスのライブは楽しいです。

【追記】
レポート記事。
今井麻美さんが乱入!新曲も披露された「アイドルマスターDS」のイベント【TGS2009】
だいたい合ってる。

ステージが終わって振り向くと

バンナムのブースに来たときは無双状態だった会場内が超人込み状態。いかに30分間の優先入場がありがたいものだったのか、身に染みてわかりました。

長くなったので

続きは別エントリで。
関連記事

テーマ : アイドルマスター - ジャンル : ゲーム

タグ : PSP アイドルマスターSP DS アイドルマスターDearlyStars 今井麻美

23:45  |  アイドルマスター(その他)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |